こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「ヒトヅマサイミンカウンセリング」 あらすじ・感想

2018年04月17日 00時00分00秒 | INTERHEART系

2018年3月発売タイトル第5弾は、INTERHEARTgrossyの「ヒトヅマサイミンカウンセリング」でした(*'∇')

ヒトヅマサイミンカウンセリング 概要
セックスカウンセラー・成田正典が経営している女性専門のクリニック。そこは性生活や男女間の関係に悩みを持つ女性のカウンセリングや治療を行うが、その実態は催眠療法を使って女性にセックスの快楽を身体に刻み込ませ、セックスへの抵抗をなくさせるというもの。
今回新しく患者となった4人の女性たちはそれぞれ何らかの理由でセックスが苦手になってしまっており、成田に相談を持ちかけ治療を受けることになり、やがて成田とのセックスの快楽に溺れていくことになります。

ヒトヅマサイミンカウンセリング キャラクター紹介
成田正典
本作の主人公。セックスカウンセラーとして性生活に悩みを抱える女性患者の治療を行い、患者とセックスをして自分の虜にしてしまう。彼のクリニックは人気があり毎日予約がいっぱいで、1日に何人もの女性を相手にするが、衰えることのないほどに性欲が強い。
セックスは仕事として捉えており、むやみやたらにセックスはせず、なるべく患者の女性の人間関係を崩さないようにしている。ただ、女性の方は成田に夢中になっているため、トラブルが尽きない。

柊心海

成田の患者の1人。子どもが好きで赤ちゃんが欲しいと思っているが、夫からは反対されているため、成田の下へ相談しにやってきた。夫と結婚したことで、夢だった保育士は諦めたため、余計に子どもが欲しいと思っている。
夫とは合コンで知り合い、当時プレイボーイだった夫にお持ち帰りされ、そのとき夫のことを矯正してあげると言って付き合い、夫が改心して2人は結婚した。しかし、結婚してから心海が夫に禁欲を強いてしまったため、また夫がプレイボーイに戻ってしまうのではないかと心配している。
やや男性への偏見を持っており、成田とのセックスにもなかなか応じなかったが・・・。

佐伯沙緩

成田の患者の1人。研究職に就いていて理知的な雰囲気を持っている。婚約者はいるが婚約者に気を使われているせいか、まだセックスはしていない。そのせいか、性知識についてはほとんどない。
そこそこの年齢ではあるが、未だ処女であることが恥ずかしいと思っており、婚約者との初セックスを前に処女を捨てたいと思っている。

頬城友紀

成田の患者の1人。強気な性格ででよく喋る。保険会社で営業の仕事をしている。既婚者で夫も同じオフィスで働いているが、沙緩が営業で外回り、夫が事務のため、仕事中はあまり顔を合わせることはない。尚、彼女はバツイチで今の夫は2人目である。
年下が好みで夫も年下。夫と付き合う前、当時の夫には彼女がいて、その彼女がビッチだったため、何人ものセフレがいたが、夫は捨てられたくないと思い文句も言わずにその彼女と付き合っていた。しかし、由紀がその彼女とセフレとデートしているところを夫に見せてやり、現実と突きつけたところ、夫は考えを改めビッチな彼女と別れて由紀と付き合うようになり、結婚した。
客から枕営業を持ちかけられたり、今の夫も以前の夫も若いときの彼氏もセックスばかりを求めてきたため、男は全員自分の身体目当てなんじゃないか思ってしまい、夫とのセックスが楽しめなくなってしまったのが悩み。

藤堂ひめか

成田の患者の1人。職業は教師。可愛らしい容姿をしており、明るくてのんびりとした性格。男に対する偏見は特にない。そのため、いきなり成田の股間を見せられても動じなかった。
既婚者で夫のことは“パパ”と呼んでいるが、これは将来子どもが出来たときのことを考えてそう呼んでいるらしい。夫とはラブラブだが、数ヶ月前に教え子の男子生徒達に輪姦され、それ以降男性恐怖症になってしまい、夫ともセックスが出来なくなってしまった。

葛籠坂亜子

成田の下で働く看護師。まだ成田がセックスカウンセラーとして無名だった頃に大学時代の友人を介して出会い治療した元患者。
既婚者だが、成田とのセックスの快楽が忘れられず、成田と一緒にいるために看護師へと転職した。今でも成田と結婚するときを狙っている。
普段から成田にアプローチをしかけてはいるが、公私はしっかり分けており、仕事中は看護師としての職務を全うする。

ヒトヅマサイミンカウンセリング あらすじ
いつものように治療を終え患者が診療室を出た直後、既に治療を終えたはずの元患者が成田正典のいる診療室に無断で入ってきて結婚を迫ってきます。成田の説得に応じなかったため、成田は葛籠坂亜子を呼び、元患者を追い払ってもらいます。
亜子と少し話をした後、次の患者を呼ぶと、あまりセックスとは無縁そうな女性が入ってきます。彼女の名前は柊心海。彼女は成田に夫の考えを変えさせたいと相談してきます。その内容とは、夫が赤ちゃんを好きになるようにしたいというものでした。心海はセックスカウンセラーがセックスをしてくるという部分が気になっていたものの、成田からあなたを傷付けることはしない、悩みを解決したいだけだと言われ、ひとまず安心して椅子に座り話を続けます。
心海の夫は元々はプレイボーイで心海も合コンで夫と知り合い、心海のおかげで夫は改心してプレイボーイを止めて心海と結婚しましたが、結婚してから心海が夫に対して禁欲を強いてしまったことから、少しすれちがいが起こって、旦那が1人で出かける時間が多くなっていました。心海は夫がまたプレイボーイに戻って不倫してしまうのではないかと心配していたため、彼女の話を聞いて心海がセックスが下手であると見抜いた成田は、それなら夫が子作りをしたくなる要因を心海が作るしかないと考え、もっと自分の身体を使って誘惑すると良いとアドバイス。そして、問診が終わった後、早速治療を開始。心海は最初は戸惑いやや拒否する姿勢を見せたものの、最後は成田のテクニックのおかげか、次の治療を受けるかどうかは考えさせてほしいと言って診療室を出て行くのでした。
次の患者は研究職の佐伯沙緩。婚約者がいるが、まだセックスはしておらず、彼女自身は処女だったため、婚約者とセックスをする前に経験をして、婚約者を満足させたいという思いから成田の下へやってきたようでした。彼女への問診を続けた成田は、沙緩が仕事優先の考えを持っていることと、セックスという未知の不安を抱えていることが、彼女を処女のままにしていると考え、早速治療を始めてセックスというものがどういうものか教え込みます。成田のテクニックで初めて絶頂を迎えた沙緩はしばらく呆然としていましたが、次も治療を受けるか聞かれて、少し考えさせてほしいと言って診療室を出て行くのでした。
沙緩の次の患者は保険会社で営業をしている頬城友紀。しかし、沙緩が診療室を出てきたときの表情を見て、いやらしいことをしているヤリチンの治療など受けたくないと言い始めたため、亜子が必死に説得して何とかなだめ、診療室に入れます。診療室に入った後も成田のことを疑ってかかっていましたが、成田の治療を受けると彼女もまた考えを改め、次回の治療については考えておくと答えて診療室を出て行くのでした。
次の患者は教師の藤堂ひめか。しかし、時間になっても来なかったため、先ほどまでの治療で汚れていたパンツをはきかえようと脱いだところでひめかが診療室に入ってきて股間をまともに見られてしまいます。しかし、彼女は先ほどまでの患者とは違い、成田のアソコについて質問してきたため、成田の方が驚きます。明るい彼女でしたが、数ヶ月前に複数の教え子たちに輪姦され、それ以降セックスするのが怖くなってしまったと話し、身体が震えていました。遅刻したのも痴漢されていたのが原因でした。その話を聞いて成田は許せない気持ちになり、ひめかに酷いことをした男たちや、妻がそんな酷い目に遭っているのに気付かない夫に憤りを感じます。ひめかはレイプや痴漢をされた経験からエッチどころか男性恐怖症になってしまいましたが、不思議と成田のことは受け入れられ、成田の治療を受けると、これならトラウマも克服できるかもしれないと思い、次回の治療の予約をするのでした。
いつもの催眠治療を行わないでどこまで自分の虜にするか実験していた成田。その結果、この日の新しい患者4人のうち、ひめかだけは次回予約を即答しましたが、他の3人は保留でした。しかし、亜子と話をしていると残りの3人からも予約のメールが届き、成田の患者はまた増えることになりました。しかし、今回の患者の治療は成田にとっても難しく、いつも通りに非催眠療法から始め、次に催眠療法をやってみたところ、彼女たちは成田の思惑通りにはならず、治療に失敗してしまいます。そして、やり直し。次は催眠療法を最初から行うことで全員の治療を完遂することが出来たものの、全員成田とのセックスが好きになってしまい、治療が終わった後も、成田との肉体関係は続けられたのでした。

ヒトヅマサイミンカウンセリング 感想
え?これで終わりなの?っていくらい短い。ぶっちゃけこれでフルプライスは無いでしょ。ミドルプライスくらいの内容しかない。ロープラと言いたいところですけど、Hの回数は1度に一気にやるとはいえ、それなりにあるのでミドルプライスですね。とにかく、今までの作品と比べると明らかに手抜きですよ。内容薄すぎ。本当に単にエッチしただけで終わりだし、1回のエッチで一気に進めちゃう感じで、シチュエーションが同じものばかりでした。しかも、サブキャラの亜子のHシーンがなく、ハーレムでメインの4人と一緒にエッチするだけ。なにからなにまで手抜き状態。
しかも、おっぱい見せる率も低い。これが個人的には1番問題でした。巨乳揃いなのに本番Hになるとおっぱいが隠れちゃうのが多い。惜しかったのは、ひめか。おっぱいは見せてるのに毎回ローターで乳首が隠れちゃってるのでダメでした。巨乳っ子がおっぱい見せないとか、それおっぱいの価値あるの?って思いますね。
はらかつシリーズが良かったので買い続けてて、人妻寝取り屋までは良かったけど、今作はHシーンもシナリオも全然ダメダメでした。次回作は今までの寝取りモノに戻してほしいですね。感想書くことないくらいにダメだとは思いもよらなかったですわ。期待外れでした。ガッカリです。

「ヒトヅマサイミンカウンセリング」の公式サイトはこちらから↓

なんていうか、これ、シナリオ途中で投げてませんかね?あまりに内容が無いんですけどw

『PCゲーム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「9-nine-そらいろそらうたそ... | トップ | 「お嬢様は素直になれない~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

INTERHEART系」カテゴリの最新記事