北村尚志のブログ

ようこそ!シンガーソングクリエーター尚志のブログへ ライブ情報、CD情報、そして毎日を紹介しています。

季節 移りゆく

2009年03月30日 | 尚志の日記
 桜満開!いよいよ春・・・と思っていたら風は意外と冷たい。 こんな時、花見に行って風邪をひく人が多い、油断禁物だ。 3月も明日で終り。 ETCの一件でゴールデンウィークの話題もちらほら出る。 クルマの中だともう夏みたい。 「早いなあ・・・。」もう季節がわからない。 でも夕方になるとやっぱり寒い。 桜、今週いっぱいもちそうだ。                               . . . 本文を読む
コメント (4)

ガムを噛むこと

2009年03月29日 | 尚志の日記
WBCを見ていてずっと気になってたことがあります。それは選手たちが終始ガムを噛んでいるということです。 一昔前の日本人はやっていませんでしたね。 絶対に「だらしない・・・行儀が悪い。」と言われたはずです。 たしかにガムを噛むことは脳に刺激を与え運動能力の向上にも繋がるといわれ、公認されています。 しかしガムをクチャクチャしながら唾をペッと吐くシーンはあまりカッコいいといえませんね。 もし . . . 本文を読む
コメント (2)

僕の愛器(キーボード篇1)

2009年03月28日 | 尚志の楽器の部屋
久々に所有する楽器の話です。最近はアコギばかりでキーボードへの興味がなくなってきた感があります。 昔から僕を支えてきてくれた古いキーボードを紹介します。 moog プロディジィ (1980) 当時世界中のキーボディストの憧れだったミニムーグの廉価版として登場したシンセです。現代のシンセと比べると 驚くほど単純な機能、キーボードなのにチューニングが曖昧・・などマイナス面はあるものの、それを補 . . . 本文を読む
コメント

3月のライブ

2009年03月27日 | 最新コンサート情報!
★3/28(土) 19:00~ 北村尚志アコースティックライブinマザーズ農場  美味しいマザーズ農場の創作料理を味わいながらゆっくり北村尚志の音楽を聴いてみませんか?  ¥2500(ディナー付)  (問)マザーズ農場0952-62-6700    佐賀市大和町佐賀大和インターを南へ200m  ※。当日ご来場もOKですが、電話予約をいただけると助かります。 . . . 本文を読む
コメント (4)

何度でも見たい!

2009年03月24日 | 尚志の日記
同じシーンを何度見たでしょう。それでも何度でも同じシーンを見たい。 そんなWBC連覇の試合でした。 韓国チームもよかったですね。本当によかった。いい試合でした。 日本人はやっぱり凄いですよ。  野球が好きになりました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

捨ててしまうところだった。

2009年03月23日 | 尚志の日記
 部屋掃除の途中でひょっこり出てきた古いビデオテープ、何が入ってるかな?と見てみると10数年前の我が家の風景、まだよちよち歩きの娘たちの姿だった。 たちまち家族が集まって見出したら、つい何時間もハマッて見てしまった。 「かわいい~。」「ホントかわい~い~。」「う~ん天才!」「きゃ~、かわいか~。」「気のきいとう・・・。」「ブスやけどかわいい。」 みんなで何度「かわいい」と叫んだだろう。 子ど . . . 本文を読む
コメント (2)

1993年からの便り

2009年03月21日 | 尚志の日記
福岡在住の女性の方からメッセージをいただきました。その方は10年以上前にあるコンサートで僕を見てCDを買おうと思ったけれど、たまたま買いそびれたらしく、いったん福岡に帰ったもののCDが気にかかり、福岡で探してもなく、佐賀でもとうとう見つけることが出来なかったそうです。 佐賀のレコード店には置いてあるのですが、もちろんすべての店にあるわけではありません。インターネットが今ほど普及していなかったせい . . . 本文を読む
コメント (6)

ヒーローになるとき

2009年03月20日 | 尚志の日記
負ければボロクソ、勝てばヒーロー、これもプロだから仕方ない。 WBC対キューバ戦は見事な勝ちっぷりでみんながヒーローになりました。 それにしてもイチロー人気は相変わらずですね。 やはりヒーローはヒーローであり続けなければならない宿命なのですね。 そういえば少年マガジン&サンデーの創刊号の表紙はそれぞれ長嶋茂雄さんと初代朝潮さんでした。 漫画やテレビドラマにも多くのヒーローが登場しました。 . . . 本文を読む
コメント

マンガ、漫画 まんが

2009年03月18日 | 尚志の日記
「マガジン」「サンデー」の少年漫画誌が50歳を迎えたというニュースを見た。 黎明期にはどう批判されていたかわからないけれど、思えばこの50年、漫画が与えた功績は大きいと思う。 少年時代は手塚治虫を読み漁った。もちろん巨匠手塚でも駄作といわれる作品はある。 しかし手当たり次第夢中で読んだ。そして本を集めた。 僕の少年期の雑知識や考え方のほとんどは手塚治虫と漫画から貰ったものといっても過言ではな . . . 本文を読む
コメント

WBC考2

2009年03月18日 | 尚志の日記
それにしてもWBCが楽しみだ。野球なんて普段は興味ないのに国際試合はなんて面白いんだろう。 国内のオープン戦が何だかかすんで見える。 北京とはまたレベルが違う、揃いも揃った世界から集まった日本の豪華メンバーの登場をみていると思わず「よっ!日本一!!」と叫びたくなる。 「巨人の星」で星飛雄馬の魔球を「大リーグボール」と名づけたのは米野球への憧れ以外のなにものでもなかった。あの頃、これだけ大勢の日 . . . 本文を読む
コメント