北村尚志のブログ

ようこそ!シンガーソングクリエーター尚志のブログへ ライブ情報、CD情報、そして毎日を紹介しています。

2009最後の記録

2009年12月31日 | 尚志の日記
 「こんなに寒くなるのならもっと早くやっとけば良かった・・。」後悔をしてもやっぱり切羽詰らないとやりませんね、掃除も。 そしてやり始めるといつまでも続くのです。 おまけに娘の部屋の大改装まで手伝いさせられました。 娘のパソコンから流れる音楽があまりにも貧弱なので・・・「おい!お前こんな情けない音を聞いてるのか! 大体パソコンで音楽を聞くもんじゃないぞ!!」と説教、 ついでに使ってなかったパ . . . 本文を読む
コメント (4)

今年を振り返って

2009年12月29日 | 尚志の日記
ブログを更新しなきゃと思い、書きかけて途中で止めた・・・ここ数日はそんな毎日。 今年もあと3日、泣いても笑ってもあと3日です。 「来年こそは・・・」と思うけれど、 たぶん大して変わらない日々ではないかと。 せめて今年一年を振り返り、僕なりの重大ニュース記録しておきたいと思います。 ランキング番組ではないのであえて順位はつけません。  ●「政権交代」・・・・・やはりこれは外せませ . . . 本文を読む
コメント (2)

クリスマスイブ

2009年12月24日 | 尚志の日記
ふと気づいたらブログの更新もあまりやっていなかった。 年末だから、今年の重大ニュースでも書こうかな・・・と しかし重大ニュースといっても何があったのかな??? 思い出せない。 年男だったというのに・・・・その程度の一年だったのか? しかし起伏のない毎日は幸福かもしれない。 ・・・がしかし何をしたかさえ思い出せない毎日なら・・・・。 政治が変わり、世の中は大きく変わろうとしている。 . . . 本文を読む
コメント (2)

明治ロマン

2009年12月20日 | 尚志の日記
NHKドラマ「坂の上の雲」をきっかけに今「明治」にハマっています。 「日本人が一番輝いていた・・・」などと紹介されていることが多いのは何故? 日本国内が大きな変化を遂げた幕末-維新。 ついこの前まで外国のことなんて全く知らなかった日本人が、劇的変化を遂げ、わずか30年くらいで中国やロシアと戦争をし、そして勝利する・・・奇跡??何だか不思議です。 そしてこの二つの戦争で活躍した幹部のほとんど . . . 本文を読む
コメント (2)

初雪の日

2009年12月19日 | 尚志の音楽話
 若い頃、「歌手」なんて呼ばれ方をするのは恥ずかしくて嫌でした。バンドやってるにいちゃんたちは、何かと横文字で言ってほしかったのです。 そのくせ「ミュージシャン」なんて呼ばれるのも照れるし・・・粋がって「バンドマン」と呼べるほどでもないしな・・・。じゃ あんた いったい何? 最近「歌手」って呼ばれると嬉しいのです。 何だか少し認めてもらったような気がして。 ピアノやギターだって我流でぜんぜん . . . 本文を読む
コメント

バンドの冬

2009年12月17日 | 尚志の音楽話
寒くなりました。 「すっかり冬やね。」といったら、ライブハウス経営の旧知の先輩Yさんが「今、バンドは冬の時代、ライブハウスは真冬ばい!」と答えました。 60年代にベンチャーズやビートルズを皮切りにバンドをやるのはカッコいいと皆ギターを抱えた時代がありました。 「バンドやりゃ、女にモテる!」 僕らがバンドを始めた70年代もその傾向は続きピークを迎えた気がします。 80年代からはキーボードを . . . 本文を読む
コメント (4)

ちょっといい話

2009年12月15日 | 尚志の日記
●お世話になっているフルーツガーデン新SUN・中島社長のインタビュー記事がフリーペーパーに掲載されていました。 ちょっといい話でしたのでここ紹介させていただきます。 中島さんが子どもの頃、家業は八百屋さん、新鮮さが売りものの仕事はいつも忙しく、毎日手伝いをさせられた。 中島さんが高校生の時のこと、家で試験勉強をしているといきなり父親に木刀で殴られた。 「勉強してるのに何故??」と問う中島さ . . . 本文を読む
コメント

思い出の1ページになる

2009年12月14日 | 尚志の音楽話
娘たちのピアノの発表会でした。 娘たちもピアノを弾いていつの間にか10年以上になりました。 特に長女 栞は高校2年、今回で最後になる発表会です。 先生は12年間の教えの集大成としてラフマニノフの「鐘」という曲を課題に出しました。(最近スケートの浅田真央ちゃんが競技で使った曲です) 表現が大変難しい曲です。先生は長い時間をかけて厳しく仕上げてくれました。 栞もその思いにこたえるような熱い演 . . . 本文を読む
コメント

♪この道

2009年12月13日 | 尚志の音楽話
最近ふとした瞬間に口ずさんでいるうたがあります。そのうたは「この道」。 北原白秋と山田 耕筰の名曲です。いわずとしれた数多くの愛唱歌を生み出した名コンビです。 世の中にはいろんな音楽がありますが、唱歌の魅力はまた格別です。 この曲は日本的であり、また大陸的でもあり、短く美しい旋律、何の飾りもなく、全く無駄がない。本当に素晴らしいうた、この詩と曲のバランスをもし食べ物にたとえるなら ご飯と味噌汁・ . . . 本文を読む
コメント (4)

一生ファン

2009年12月12日 | 尚志の音楽話
 70年代にスマッシュヒット、また吉田拓郎のバックバンドとしても活躍したバンド「猫」のコンサートへ行ってきました。 去年に続いての佐賀、去年はオープニングアクトをつとめさせていただいたこともあり、開演前に挨拶へ・・・・。 メンバーのみなさんも僕のこと覚えていてくれて嬉しかったです。 コンサートは ベテランならではの本物のアコースティックサウンドを聞かせてくれました。  打ち上げでも思い出話 . . . 本文を読む
コメント (2)