北村尚志のブログ

ようこそ!シンガーソングクリエーター尚志のブログへ ライブ情報、CD情報、そして毎日を紹介しています。

圧倒!

2006年04月30日 | 最新コンサート情報!
今日は予告どおり武雄市にある御船山楽園でのコンサートでした。昔から有名な観光地ですが、実はじっくり見たことはありませんでした。 ここは楽園というだけあって素晴らしい景色です。ツツジの色の見事なコントラスト、その背景には垂直に聳え立つ岩、御船山です。まるで古い中国の墨絵でも見てるような感覚、さらに驚いたのが、その山にロッククライミングしている人がいたこと。 下から見てるだけでも怖いくらいなのに、世の . . . 本文を読む
コメント (3)

コンサートです。

2006年04月29日 | 最新コンサート情報!
  ライブ情報 とき 4/30(日) ところ/御船山楽園 (武雄市)11:00~ 12:30~ 14:00~花に囲まれた野外ソロライブです。 第7回ほろ酔いコンサート北村尚志 とき 5/27(土)19:00~ところ 矢野酒造酒蔵   鹿島市高津原 (入)¥1000国の重要文化財に指定された古い酒蔵での2時間フルコンサートです。 美味しいお酒も飲めますので是非おいでください . . . 本文を読む
コメント (2)

GWスタート

2006年04月29日 | 尚志の日記
いよいよGWのスタートです。テレビでは10連休で海外旅行の人、各地の祭り、ひたすら仕事をする人・・・などが映し出されています。して僕、どこにも属さずただボーっとしています。毎年GWはこんなもんです。もっと前からきちんと計画していればいいものを・・・。  でもいいんです、それもまた人生~あ~あ~川の流れのように・・・。 連休明け、何も悪いことが起こっていなければいいんです。 あっ、そうだ明日は武 . . . 本文を読む
コメント

芸能人は歯が命2

2006年04月27日 | 尚志の日記
今日も歯医者さんで治療し連休前にひと段落、後は連休後にぼちぼち・・・みたいなスケジュールです。思えば歯医者さんも随分進歩してると思います。 まず、全く痛くなかった。次に歯の状態を詳しく説明してくれる。さらに治療のスケジュールを立ててくれる。 これはものすごく便利でよいです。また自分の歯の状態と治療の過程を理解するとしないでは大違いです。あの「キーン」という響きだけは変わりませんが、子どもの頃の歯 . . . 本文を読む
コメント (2)

モデルになっちゃった!

2006年04月24日 | 尚志の日記
サガテレビ「かちかちワイド」の企画で「変身」というコーナーがある。いつもは普通の主婦がシンデレラに変身!という企画なのだけれど、今回時流にのって「チョイ悪オヤジに変身!」というコーナーになった。そしてそのモデル第一号となったのはなんと北村尚志。 「冗談でしょう?」といいながら今日撮影が行われた。ブテックでの衣装合わせ、髪のセット、はたまたメンズエステ・・・。「助けて・・」といいながらこんなチャンス . . . 本文を読む
コメント (2)

唄とは・・

2006年04月23日 | 尚志の音楽話
「うちへ帰ろう」発表から一年がたち、時々周りから「新曲は?新アルバムは?」などと聞かれることがあります。もちろん考えていないことはないですが、そう簡単に出来るものでもありません。最近音楽仲間の活動状況を聞いて奮起することはあるものの、自分の中にもうひとつの考えも浮かんでいます。それは「自分のオリジナルをもっと大事に歌い続けること。」です。調子がいい時は多くの曲数の制作をこなしてきました。が、できな . . . 本文を読む
コメント (2)

うちへ帰ろう2

2006年04月20日 | 尚志の音楽話
4thアルバムの2曲目「うちへ帰ろう」について。 この曲はアルバムのタイトル曲になっていますが、もちろん初めからテーマにしようと じっくり考えていた曲です。イメージは早くからあったものの詩の作成に時間がかかり、何度書き換えたかわからないほどです。結果出来上がりはアレンジも含め大変満足のいくものになりました。メンバーもこの曲が一番完成度が高いといっていました。 ただテーマが「辛い」のか「地味」 . . . 本文を読む
コメント (1)

「うちへ帰ろう」について1

2006年04月18日 | 尚志の音楽話
4thアルバム「うちへ帰ろう」を発表して一年になります。そこでその収録曲について解説を少し。 まず一曲目の「平凡だらけの毎日だけど」です。 究極の大人のラブソングを書こうと決めていた僕はモチーフを探していました。そこで出くわたのがフランク永井のフレーズです。「そばにいてくれるだけでいい・・・」 このフレーズこそが究極のメッセージだと思いました。あれこれ曲調を考えたのですが、あれほど渋い曲は出 . . . 本文を読む
コメント

ジェネレーション・ギャップ

2006年04月18日 | 尚志の日記
「ジェネレーション・ギャップ」という言葉があります。簡単に言うと、 若「あんな大人にはなりたくねぇ・・・」  老「最近の若いもんは・・・」みたいなことです。  何千年前の外国の遺跡から「最近の若いもんは・・・」という落書きが見つかったらしいから、このギャップは普遍的なものだということがわかります。 北村尚志ぞろ目の44歳。 44歳という高さの山から見える景色には20代の頃の景色も見え、60歳の . . . 本文を読む
コメント

どうする?アイフル

2006年04月16日 | 尚志の日記
新聞の一面を見て「ハッ」としました。消費者金融の大手「アイフル」の業務停止の記事です。 無理な取立てや業務内容は裏では今までも囁かれていました。けれどそれをごまかすためにCMが使われていたということです。チワワに始まる一大お犬様ブームを作り上げたアイフルですが、取立て役にはドーベルマンがいたということですね。このほかにも同じように業務内容の実を払拭させるためイメージCMを出している企業はいくらもあ . . . 本文を読む
コメント