90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

自治会ゴルフに入るかも❓ つうか明日、GOLFします❢ という話。

2017年02月28日 | ゴルフクラブ
ヒョンなところから自治会ゴルフの主催者と連絡がつながった。
20年ぶりに会話した。

「〇〇です。」
「あ、どうも、お話はうかがっております。」
「20年前にごいっしょさせていただいたことがあります。」
「〇丁目の〇〇さんですよねぇ❓」
「あ、覚えておられましたか❢」
「何度か会報を届けたことがありますね。」
「はい、そうです。ワタクシも退職いたしまして、20年ぶりにゴルフを始めました。」
「月2回やってますよ。」
「はぁ、そうなんですか。」
「では明日は❓・・・」

それでさっそく、明日、いっしょに回る話になった。
すっげぇ~速攻じゃん!

20年前、この人は退職と同時にゴルフ会員権を買い、ゴルフ三昧の生活に突入した。
すると・・・もう80歳は超えているハズ・・・

「〇〇さんはお元気ですね。」
「はい、元気ですよ❢」
「もうおいくつになられましたか❓」
「83です❢」
「そうなんですか❢」

ゴルファーの鑑❢
80越してもまだ打ってる❢
エイジシュートをねらってるのかな❓
しばらくして折り返しの電話があった。

「連絡したから、明日、〇時半に来てください。」
「あ、はい、はい。」
「待ってまぁ~す❢」
「はい、よろしくお願いします❢」

行くことになっちゃた❢
明日❢
今からいそいそ準備する❢
コメント

「ゴルフ三昧」は変わらないねぇ~という話。

2017年02月28日 | ゴルフクラブ
今日は2月28日。
2月28日と言えば・・・
なんにもないか・・・

ところで、今年の2月は寒かったなぁという気がします。
野球やサッカーの選手のみなさま、そして、ファンのみなさまにはたいへん申しわけない気持ちでいっぱいです。
だれかさんに代わって、お詫び申し上げます。

雨の日は少なかったけれど、とにかく暖かい日が少なかった・・・
宮崎の場合、雨が降らないということは、すなわち暖かくないということです。
つまり、南風が吹かないからです。

さて、明日から3月。
退職1年目のしめくくりの月になります。
もうすぐ1年が終わろうとしています。

伴侶が退職するまでの4年間は、とにかく「ゴルフ三昧❢」を宣言しています。
今年はスイングを完成させることを目標に取り組んできました。
あと3年あります。

今年はいよいよ自治会ゴルフに加わろうかと考えています。
コース回りを重視して、腕を磨こうと思います。
それには月2回ぐらいのラウンドが必要です。

「毎日、楽しく暮らしなさい」
「はいっ❢」
コメント

孫は天才ではなかろうか❓ という話。

2017年02月28日 | 家族クラブ
はじめての赤ちゃん(長女)を育てる時、「この子は天才ではなかろうか❓」と思ったものだ。
大きくなるにつれて、ムスメは天才でもなんでもないことが分かったけれど、あの頃はほんとうに天才だと思っていた。

なぜ錯覚したのか、今は分かる。
それは赤ちゃんの成長が成人の何倍も速いからだ。

赤ちゃんはできることが日進月歩の勢いで増える。
ゼロからのスタートなのに、無限に膨張していく感じだ。
無から有を生み出していくすごさがある。

そりゃあ、みんな、「わが子は天才だ」と思うよ❢

昔、天才だと思わせたムスメが今度は母になって「この子は天才ではなかろうか❓」と言っている。

「ああ、天才だと思うよ❢」と答えておいた。
コメント

「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」❢ ヒュ~ヒュ~❢ という話。

2017年02月27日 | 音楽クラブ
「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」
サンボマスタ~❢



実はずっとムカシから絶叫型が好きなんです❢
尾崎豊が最高で、
爆風スランプもいいし、
THE BULUE HEARTSもいいし、
サンボマスターもいいのです。

あ、GReeeeNも好きです❢
コメント

「キセキ」を観て、「ラ・ラ・ランド」は観なかった。という話。

2017年02月27日 | 映画クラブ

昨日は「ラ・ラ・ランド」を観ませんでした。
「ラ・ラ・ランド」を観なかった理由が今、思い起こしてもワラッチャウね。
夫婦の会話・・・

「ああ、字幕かぁ」
「吹替じゃないんだねぇ」

こんな会話をしているだもん、そりゃあ、観ないだろうよ。

「ラ・ラ・ランド」だよ❢
ミュージカルだよ❢
吹替で見るかぁ❓
ゼッタイ、生(なま)がよろしいです❢

ワタクシたちが観たのは「キセキ」です。
ヨカッタですね❢
日本語だからよく分かりました。

原作本を読む気になり、向かいの本屋に行き、実際に手に取りましたが、ケッキョク買いませんでした。

「ラ・ラ・ランド」もそのうちに観ると思います。
吹替じゃなくて、字幕でも今度は観ます。
コメント

退職後の時間をどう過ごすか❓ それは頭を使えだ❢ という話。

2017年02月26日 | 人生クラブ
退職後の生活を年金暮らしとよく言うが、実際には時間暮らしの方があっているような気がする。

退職すると収入は減るが、時間は増える。
爆発的に増える。
好きなことがたっぷりできそうだ。

しかし、増えた時間で好きなことを思い切りできるわけではない。
体力がもたない。
やりすぎると気力も落ちる。

ワタクシの場合、ゴルフがそうだった。
平日の時間が使えるので、はじめはほとんど毎日のように打ちっぱなしに出かけた。
自分のスイングを作るぞ❢ という意気込みに燃えていた。

しかし、好きなゴルフでも毎日打っていると、さすがに体にガタが来る。
ガタが来ると、スイングにクセが出てくる。
そのうちクセが固まって、ヘンテコリンなスイングが身についてしまう。

退職後にスイングがうまくなるどころか、だんだんヘタになっていくという実感があった。
練習をしているのにおかしい・・・と気づいたのは、昨年も暮れのことだった。

年が明けてからは、練習と練習の間に必ず1日か、2日の休みをはさむようにした。
疲れや痛みをとって、次の練習をするようにしたのだ。

効果はバツグンだった。
体がムリなく動く。
どこかをかばって、どこかに力が入るようなことがなくなった。
力の抜けたスイングができるようになったのだ。

ゴルフに対する気持ちも新しくなった。
休んでいる日に次はここをこうしようと前向きに考えるようになった。
どうしたんだろうという悩みではなく、問題解決的な意欲に変わったのだ。
ゴルフに余裕が出てきたということかもしれない。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」
高校で英語の時間に出てきたことばだ。
イングリッシュで・・・ええと・・・

ゴルフは体も使うが、それ以上に頭を使え❢
そういうことかもしれない。
コメント

コロコロの粘着紙は切り取り点線が入っていない方がよい❢ という話。

2017年02月25日 | 生活クラブ
おそうじコロコロ((こんな名前かどうかは知らないよ!)の威力にはほんとうにビックリしている。
取っても、取っても、ゴミ、チリ、髪の毛がついてくるので、最近は少しオソロシクなりかけている。



しかし、粘着紙の方に少し問題がある。
というか、問題商品を買ってしまったのだ。

先日、切り取り点線の入っている粘着紙を買った。
切り取り点線の目的は・・・そのとおり切れやすさだろう。
だれもがそう思うだろう。

ところが、この切り取り点線のところからきれいに切れないのだ。❢
途中でななめ裂けて、粘着紙が残ってしまうのだ。
セロテープやガムテープが途中で裂けるのとはワケがちがう。
あっちの方も少し面倒くさいがなんとかすぐに元に戻せる。

こちらの切り取り線の方は、ビリビリ、ビリビリ・・・
小さくさけたり、切れ端が残ったりして・・・
コロコロしている時間よりも、粘着紙をきれいにはぎ取る方によけい時間がかかってしまう。

商品開発の段階で気づかなかったのだろうか❓
だれか指摘はしなかったのだろうか❓

アイディアにおぼれてミスしまっている❢
これは売れない❢
もう買わない❢
欠陥商品だ❢
コロコロの粘着紙は自分で切り取る普通の方がなんぼか切りやすい。

なお、画像の商品がそうだと言っているのではありません。
別売りの粘着紙商品のことです。
あしからず❢
コメント

つまらない家族話でスミマセンという話。

2017年02月25日 | 家族クラブ
今日は読者のみなさんには興味のない家族ネタをお送りします。

その1:ミニトマトは受け取ったか❓
昨日、地銀から懸賞に当たりましたということでミニトマトが二箱、届いた。
一箱を息子夫婦に届けることになった。
気を使わせることになるので、何の連絡もなしに出かけた。

夜7時、息子の車はあるが、嫁の車はない。
どちらかがいればいいので、玄関のピンポンを押す。
返事がない。
あれ?
いないのか?
2度押すが・・・
いないのか・・・
ドアノブに袋を下げて、帰ってきた。

ところが、夜遅くなっても連絡がない。
ずぅ~っとない。
映画でも見ているのだろうか・・・
連絡なしに置いてきたことを少し後悔する・・・
仕方がないので寝た。

翌朝も連絡が入ってない。
心配になり、30分かけて息子宅に行ってみる。
すると、ドアノブにかけておいたトマトはなくなっていた。
あ、いたんだ・・・
そのまま、そっとして帰る。

自宅に帰ってしばらくしたらスマホが鳴った。
「ありがとう」
息子と嫁からだった。
朝、そこに行ったことは内緒にしておいた。


その2:ウクレレを習いたいのか❢❓
ウクレレを始めようかと思っていることを栃木に住む娘にメールで知らせた。
すぐに「え~っ❢❓」という返事が帰って来た。
なんと❢
ムコドノも先日、買い物に出かけた先でウクレレを見かけ、同じようなことを言っていたそうだ。

おい、おい❢
世の中、ウクレレが流行っているのか❓
ウクレレブーム到来か❓
たんなる奇遇なのか❓

まだしばらくは思案してみる・・・
コメント

すでに「ピンポンパット」で商品化されてたじゃん、という話。

2017年02月24日 | ゴルフクラブ

もうあったわ❢
すでに商品化されていた・・・
「ピンポンパット」というナルホドなネーミングまでされて・・・
パター練習器だ。

ただし❢
こちらの商品のお値段、なんと❢ 3000円前後もする❢

ワタクシの商品?はたったの108円❢
ゴムバンドは8本入りだったので、そのうち1本しか使っていないから・・・13.5円だ❢
ビックリするくらい格安商品だ。

残った分であと7個は作成できるし、そうでなくても7回分は楽しめる。
どうだ❢

しかし、「ピンポンパット」とはいい名前つけやがったな・・・
コメント

「ビヨ~ンゴムパター練習マット」の完成披露という話。

2017年02月24日 | ゴルフクラブ
以前にパターマットを自作した話を紹介した。
今回、ワタクシはものすごい改良を試みた。
これだ❢


カップの10,8㎝に合わせて開けた段ボールの穴に幅広のゴムを張ったのだ。
ダイソーで買った「ワイドゴムバンド8本」108円だ。

カップのど真ん中、つまりゴムバンドの真ん中にヒットすると、ビヨ~ンとまっすぐにラインを戻って、帰ってくる。
ちょっとでも端に当たると、ボールは横にそれて、まっすぐ帰ってこない。

パットの強弱によって、戻る幅もちがう。
ロングパットだろうが、ショートパットだろうが、自由自在だ。
なるほど、これはおもしろい❢

今までは段ボールに入り込んでしまうためにボールを何個も用意していたが、もうそんな必要はない。
1個で十分だ。
1個で何回でもくり返せるのだ。
おもしろいようにくり返せる。
実際、おもしろい❢

名付けて・・・アートマティック・・・あ、ちがう・・・フィードバック・・・ちがうなぁ・・・ゴム反発・・・ん~・・・

何て名前を付ければいいんだ❓
コメント

まだウクレレ買っていませんが・・・という話。

2017年02月24日 | 生活クラブ
チューニングができる❓
この機器に、感動❢



別の動画を見ると、やぱり1万円前後がおすすめだという。
高いから、まだしばらく買うのを待ってみる。
ほんとうにほしかったら、そのうちに買うだろう。
コメント

おそるべし❢ AWの威力❢ という話ザンス。

2017年02月23日 | ゴルフクラブ
今日は木曜日。
練習に行かないことに決めている日なんだけれども、早朝にこの動画を見ていたら、「ピィ~ン」とヒラメクものがあって、そうすると、いてもたってもいられなくなって、打ちっぱなしに出かけチャッタわけさ。



ピ~ンとひらめいたとおりに打ってみたら、オイ、オイ、調子いいじゃないかっ❢
AWからドライバーまで80台は固いっていうくらいの飛びだった❢

何をひらめいたかというと、AWの30ヤード、50ヤードを練習して体幹主導のスイング感覚をつかんでから、大きい番手を打つようにしたのだ。
AW⇢アイアン、AW⇢ユーティリティ―、AW⇢ドライバーの要領だ。

すると、体幹主導だけではなく、オーバースイングにならずにコンパクトにミートできるようになったのだ。
特に、ドライバーは大振りになってミスを連発してしまいがちだが、ミスショットが出たらすぐにAWに持ち替えて、コンパクトな体幹スイングに戻してからまた、ドライバーを打つ。

ミスショットに対して、(なんでだろう❓)と考え込むよりも、AWに戻って、感覚をとり戻した方が何倍も効果的だ。
それにヒラメイタのだ。

考えるよりも慣れろだ。
これは使える❢
コメント

「女性を大事にする家系は栄える」 は家訓です❢ という話。

2017年02月23日 | 家族クラブ
亡くなった父が残したことば、「教育は財産だ。」
忘れられない家訓だ。
単に父の口ぐせだったと思うが、ワタクシはそれをかってに家訓だと思っている。

確かに子どもに教育を受けさせることで家系が栄えるということはあるだろう。
ワタクシは子どもたちにそのとおりのことをした。
それによって、子どもたちはそれぞれ職を手にし、自立した。

さて、自分はどんなことを家訓として残そうか。
ん・・・
「女性を大事にする家系は栄える」
やはり、これだろう。

できれば、次の条件も付け加えたい。

①女性が長生きであること
②女性同士のつながりが強いこと
③家族が集まれば、必ず家族料理をつくること

「家族料理」というのは、煮物でも、焼肉でも、鍋でも、何でもいいのだ。
おばあちゃんの手料理がいいのだ。

家族が集まってすることと言ったら、食べることだろう。
これは必ずする。

食べてフキゲンになる人はいない。
みんな、楽しく食べるだろう。
家族の真ん中におばあちゃんの手料理があるのだ。

みこしを担ぐように、おばあちゃんを家族の中心において大事にすることは、家族を明るく、強くする。

「女性を大事にする家系は栄える」
これはわが家の家訓だぞ❢
コメント

退職後、カラスと戦うとは思わなかった❢ という平和な話。

2017年02月23日 | 生活クラブ
退職してから、ゴミ出しいっさいをワタクシがするようになった。
週二回の燃えるゴミももちろん、ワタクシが出す。

ゴミ集積場にはカラスがいる。
カレラは生ごみがある日にしか顔を出さない。
燃えないゴミや金属類の日には来ないのだ。

カラスが曜日を覚えているとは思えない。
ワタクシでもいちいち、ゴミカレンダーを確かめているくらいだ。

ゴミ袋の色を覚えているのではないだろうか。
それか・・・青いネットが目印なのかもしれない。

ワタクシは地区住民のために一つよいことをした。
カラスによってネットがはがされ、生ごみが散乱するのを防ぐために、青ネットを押さえる水を入れた2㍑ペットボトルをもう、5個も設置したのだ。

以前に比べれば、生ごみの散乱は激減した。
しかし、カラスによる実害を軽視している住民によって、ペットボトル重石が効果的に置かれていないことがある。
そんな時をカラスは見逃さない。
必ず生ゴミがトッチラかっている。

地区住民たちよ❢
カラスの害を実感しろっ❢
ペットボトルの大切さを思えっ❢

カァ~
カァ~
カァ~

カラスに笑われとるぞ❢
コメント

ウクレレをそのうち弾いているかもしれないでヤンス❢ という話。

2017年02月22日 | 生活クラブ
ウクレレもいいなと突然、思い立って、買い物ついでに楽器屋さんに寄った。
ケッコ~な種類のウクレレが並んでいる。



手に取ってみると、大きさがちょうどいい。
ふところにチョコンとおさまる。
脇を占めて抱きかかえる・・・ああ、赤ちゃんサイズだ。

ポロン、ポロン・・・
おっ、指が届く。
ワタクシは指が短いものだから、大学の頃にギターをソッコ~断念した思い出がある。

自慢じゃないが、生まれてこの方、楽器を趣味にしたことがない。
小学校の頃はリコーダ―が少し好きだったけれど、大きくなるにつれて、吹かない、弾かない、たたかない人になった。

ウクレレと言えば、牧伸二だ。
「あ~ん、あんあ~、いやんなっちゃた、あ~ん、あんあ、おどろいた」
ウクレレ漫談かぁ~

ウクレレっていいな❢
ユーチューブを見て考えようっと❢
コメント