90才まで生きてやる!

毎日楽しく生きる日刊ブログ

「飛空線方向に対して平行に体を使う動き」は縦ふり?

2017年12月30日 | ゴルフクラブ
飛空線方向に対して平行に体を使う動きが平均的なショットを打つうえで大切だと感じている。

「飛空線方向に対して平行に体を使う動き」とは、腰を上下に切り上げたり、肩を上下動させたりする動きだ。
けっして後ろや前に回転させる動きではない。

まず、バックスイングでは右の腰を上に切り上げる。
と同時に、左肩を下へ押し込んでいく。
つねに「飛空線方向に対して平行に体を使う動き」を意識する。

次に、ダウンスイングでは、左腰を上に切り上げていく。
と同時に、左肩を上に引き上げていくのだ。
ここでも、「飛空線方向に対して平行に体を使う動き」を意識する。

フィニッシュは安定してまとまり、ぐらつかない。
スイングの間ずっと、足の裏がしっかりと地面に張り付いているような感覚がある。
コメント

ヒップターン復活!

2017年12月29日 | ゴルフクラブ


青島ゴルフ倶楽部で惨敗した原因が分かった!
それはショットの乱れだ!

ショットが乱れた原因も分かった!
バックスイングでの右腰の入れ方がまちがっていたのだ。
ヒップターンでは腰を右に引き上げていくが、それを後ろに引いていたのだ。

腰を後ろに引き過ぎると、ダウンスイングで右腰が前に出やすくなり、軸がぶれる。
それで右にすっぽ抜けたり、左に巻いたりしてしまったのだ。

どちらかというと、画像のように腰はまっすぐ右に押すような感じの方がいい。
スウェーではないかというくらいだ。
この方が左肩がしっかりと前に入り込んでくるからだ。

今朝の練習で矯正ができた。
画像の動きをドリル式に練習していくと効果がありそうだ。
腰を回そうとしてはいけないのだ!
コメント

ヒップターンの練習!

2017年12月29日 | ゴルフクラブ


首の位置を支点にして、腰をシーソーのように左右に切り上げる。



腕を左右にローテーションする。


上の二つを組み合わせると、ヒップターンが完成する。

この原点に戻ると、ショットが安定し、飛距離も出る。
コメント

スイングと足の裏!

2017年12月28日 | ゴルフクラブ

上体というか、腕のローテーションはこれでいいのだ!
これに左重心とヒップターンが加わればいい!

これがうまく行ってるかどうかは意外にも足の裏全体が地面についているかどうかで分かる!

コメント

リベンジどころか、返り討ちに合う!

2017年12月26日 | ゴルフクラブ
今日は青島ゴルフ倶楽部リベンジの日だった。
昨日と変わらず、快晴だった。
朝のうち少し風が強かった。

惨敗!
サンタンたる敗北!
リベンジのつもりが、返り討ちにあってしまった・・・

どういうことか早く言え?
とんでもないスコアーだったのだ。
100を大きく超えたのだ!

成果は・・・
何もない・・・
バンカーにつかまり、脱出できず、もがき、苦しみ・・・

ボールは飛んで止まるボールがいいか・・・
それが分かったことぐらいが成果と言えば成果か・・・

まだ道半ば・・・
ヘコタレテハイケナイ!

来年を期す!
ガンバレッ!
コメント

風の強い時は番手を上げて低く攻める!

2017年12月26日 | ゴルフクラブ
スコアーがよかったときはどんな時か思い返してみた。

➀リベンジ2回目
➁スイングを決めて打っている時
➂気楽に打っている時

一言で言うと、自分にこだわっている時だ。

反対に悪いときは、最高のショットを思い描きながら打っている時だ。
自分を忘れて、自分から遊離した飛距離やワンオンにこだわっている時ほどよくない。

風の強い時はロフトの立ったクラブで低く攻める方法もある。
自治会ゴルフのメンバーにそれを実践している人がいる。
ただ「絶対距離感」みたいな感覚があるらしく、7番で100ヤードころがしたりするのだ。

ボギーオン2パット作戦なら、ティーショットの次はロフトの立った番手で低く攻めるのも有効だ。
グリーンに乗らなくても、手前2、30ヤードに転がればいい。

クウォーターや3クウォーターならミート率も上がる。
番手を上げて低く攻める!
終始、これでやり通す覚悟が必要だ。
コメント

徹夜!

2017年12月26日 | 生活クラブ
もう何年も徹夜をしていない。
そもそも夜更かしもしていない。
毎日10時に寝る生活だ。

昨日仕事で徹夜をした息子に「徹夜をすると、どんな感じか」聞いてみた。
返ってきた答えは、「酔っぱらい状態!」というものだった。

ん・・・
徹夜ってそんな感じだったかな?
何年も徹夜をしていないから、忘れてしまった。

しかし、なんとなく徹夜にいい思い出はない。
徹夜をしなければならない人生はあまりいい人生ではないように思う。
なんとなくだけど。
コメント

ケンタッキーフライドチキン!

2017年12月25日 | グルメクラブ


言わずとも知れたケンタッキーフライドチキン!

クリマスイブだった昨日はゼッタイ混雑するだろうと予想して、一夜明けた今日、買いに行った。
孫の一か月検診をキチン🍗で祝うことにしたのだ。

イブ明けとは言え、今日も電話予約ができない。
さぞ客で混んでいるのだろうと思って、早めに店に行った。
待つ気、マンマンだった。

店に近づくと、交通整理のおじさんが三人も立っているのが見える!
やべっ!
混んでいる!

ん?
混んでない?

あれっ?
れれれれれれぇ~?

なんちゅうこった!
店はまったく混んでいなかった。
ほんとうにドライブスルー状態だったのだ。

注文2,3分で10ピースがゲットできた。
なんで混んでいないんダロ?
夕方、混むのかな?

でも、確かめに行くほど、ヒマじゃない。
コメント

素振りのルーティーン!

2017年12月25日 | ゴルフクラブ
コースに出たら、スイングで悩んではいけない!
まったくそうだ!

あれこれとイジッテいるうちに、ますますドツボにハマってしまう。
まっすぐ飛ばないとか、遠くへ飛ばないとか、それはどうしようもないことだ。

「ボギーオン2パット」に徹すれば、飛ぼうが、曲がろうが、あまり関係ない。
ティーショット150ヤードでもなんとかなるのだ。

どう打つかに集中していると結果はよくない。
どこに打つかに集中している方が結果はいい。
とは言えど・・・

いい解決方法がある!
素振りをしてみることだ。
素振りのルーティーンだ。
打つ前にスブルのだ!

「素振り2,3回」
やってみます!
コメント

ゴルフにフルスイングはありません!

2017年12月25日 | ゴルフクラブ




「ゴルフにフルスイングはありません!」
と、よく言われます。

でもねぇ・・・
フルちゃうんですよねぇ・・・

どしたらいいんでしょうか?
コメント

フォアフットストライク!

2017年12月24日 | ジョギングクラブ


マラソンに挑戦し始めた頃は、かかと部の分厚いシューズをはいていたせいか、かかと着地の走り方をしていた。
「ヒールストライク」だ。

そのうちブレーキがかかり続ける走り方に疑問を感じて、底の薄いシューズに替えた。
そのころは「ミッドフットストライク」だった。
足の裏全体で上から着地する走り方だ。

マラソンをやめてからもずっと「ミッドフットストライク」で走っていた。
スロージョギングもべた足でゆっくり走っていた。
これならあまり疲れない。

ところが、最近30分くらいの短いランニングをするようになって、もっと運動効率を上げられないかと考えて、「フォアフットストライク」でチャレンジしている。

この走り方だと、平坦地と上り坂はつま先の「フォアフットストライク」、下り坂だけ「ミッドフットストライク」の走り方になる。
スロージョギングのつま先走りそのものだ。

確かにふくらはぎに緊張感がある。
筋肉が伸び縮みしているのが分かる。

第二の心臓と言われている脚の筋肉。
短い時間での運動効率は高そうだ。
コメント

青島ゴルフ倶楽部 「ボギーオン2パット」スタイル!

2017年12月24日 | ゴルフクラブ


はじめにきっちりお断りさせていただきます。
このスコアーカードはワタクシのものではありません。
どこかよそ様のものでございます。

左から二人目までの0UTとINのスコアーが確認できる。
この二人をAさんとBさんとする。

OUTとINのスコアーを比べてみる。
A:42・40=82
B:39・43=82
同じスコアーだ。

パット数を比べてみる。
A:14・16
B:20・18
Aさんの方がダンゼン少ない。

パーオン数を比べてみる。
A: 7個
B:11個
Bさんのパーオン率はオドロキの61%だ。

Aさんはこの日、堅実なプレーをした。
パーオンが少ない分、アプローチとパットでしのいでいる。

Bさんはこの日、やや荒れている。
バーディーも2つあるが、9というアザーズも出ている。
パーオン率は高いが、パットでは苦戦している。

Aさんは飛距離不足を補うために、ボギーオンを基本にしてアプローチとパットでパーを拾っていった。
Bさんは飛距離に恵まれていて、2オン2パットを基本に考えていたのだろう。

スコアーは同じだが、二人の満足感はちがうはずだ。
Aさんは自分のプレースタイルを貫き通して満足!
Bさんは攻めて失敗したと思っているだろう。

さて、自分は・・・Aさんをマネする。
青島ゴルフ倶楽部リベンジではAさんスタイルがよい結果を生む。
つまり、「ボギーオン2パット」スタイルだ!

気負わずにワンピン以内にボギーオンだ。
いや、乗ればいいくらいの気持ちで攻めよう。
コメント

ショートアプローチはグリップをしっかり握る!

2017年12月24日 | ゴルフクラブ
ショートアプローチのコツは「パターのように打つ」ことだ。
フットワークを使わず、上体の動きだけで打つ。
だいたい9時から3時までの幅が最大になる。

そして、もっとも大事なのが「グリップをしっかり握る」ということだ。
しっかり握っていれば、ショートアプローチはだいたい成功する。
大きなミスが出なくなる。

後は・・・距離感なのだ!
コメント

XXIO UX-AERO!

2017年12月23日 | ゴルフクラブ


「XXIO UX-AERO」!
ブリジストン社ゼクシオのスピン系ボール!

ディスタンス系ボールは飛ぶと言われている。
スピン系ボールは止まと言われている。
ところが、これは「飛んで止まる」ボールなのだ。

ずっとディスタンス系のPHYZを使ってきたが、一度、河川敷で「XXIO UX-AERO」を試してみたことがある。
正直な感想は・・・

・飛距離はPHYZと変わらない。
(そもそもドライバーはミートで飛距離がかなりちがう)
・アイアンが高く上がる。

高く上がるせいか、グリーンでしっかりと止まる。
ムダなランが出ない。
したがって、グリーン奥にコロコロとこぼれることがない。
河川敷のように狭いグリーンに適応したボールだ。

問題は、ピッチ&ランの距離感が合わなかったことだ。
当たり前だが、PHYZよりランが出ない。
PW2でキャリー:ランがPHYZで2:1のところ、XXIOでは1:1くらいに感じる。
だから、河川敷ではことごとくショートしてしまった。
しかし、上げて寄せる分にはちょうどいい。

これからはあえてスピン系ボールを使う!
「XXIO UX-AERO」を使う!
アプローチは慣れれば大丈夫だろう。
コメント

スイングは「一時に一事!」

2017年12月23日 | ゴルフクラブ
来週の一か月検診がすめば、大きな峠を越したことになる。
それでやっと、気楽に今年最後のラウンドに行ける!

練習不足を補ってイメージトレーニングを怠らない。

➀左重心!
➁からの右股関節!
➂ながらの左腕ローテーション!
➃からの左股関節!
➄からの左軸を保って振り抜く!

スイングの鉄則は「一時に一事」だ。
だとすると、➁と➂の流れが一番、気をつかうところだ。
これまでも、右股関節に集中しすぎてローテーションがいい加減になりがちだった。
リキんでいたのだ。

解決法はただ一つ!
力を入れずにただ体の動きに任せるだけだ!
そうすれば、左腕のローテーションはうまくいく!

「一時に一事」はティーグラウンドに立った時にも必要だ。
ただ、ただ、スイングだけに集中するのだ。
よけいなことは考えない。
➀から➄までの動きを忠実に再現するだけだ。

それでうまくいかなったら、周りのせいにすればいい!
コメント