源平合戦の史跡を訪ねて(源氏物語史跡)

『平清盛・源平合戦(神戸・屋島・下関・門司・北陸・滋賀県)』を主に、チョットだけ『源氏物語』の史跡も紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

駒林神社

2005-10-08 01:34:51 | 源平勇士コース
1184年(寿永3年)一の谷の合戦のさい、大輪田から駒ケ林の沖合いには、安徳天皇の御座船と平家の総大将・平宗盛が指揮する軍船が停泊していたところ。
コメント (3)

満福寺(清盛創建)

2005-10-05 01:10:26 | 源平勇士コース
平清盛が創建したと伝えられています。
清盛が厳島神社に参詣の途上でこの辺りに上陸して陸路で向かったと伝えられており、現在、この近くに「字福原」の地名があり、昔はこの辺りを福原と呼んでおり、福原荘発祥の地と言われています。
コメント (6)

宝満寺

2005-10-04 00:42:02 | 源平勇士コース
1180年(治承4年)に平清盛が福原遷都の際、福原京の西の入り口にあたる現在地に移転したと言われています。その時に、自筆の「護国殿額」と清盛の懐中仏「金銅帝釈天立像」とともに伽藍を大修理しています。
「福原内裏分石」と往古仏体刻付棒石」の標石が保存されています。
コメント (2)

源平勇士の碑その2

2005-07-23 00:56:28 | 源平勇士コース
一の谷の合戦で死亡した源平の勇士の墓や碑が多くあります。源平の士の碑が仲良く同じ場所にあります。
コメント

那須与一の扇の的 その2

2005-06-15 04:19:26 | 源平勇士コース
源氏の兵の視線が小船に集まるなか、年のころ18,9の美しい女房が、先端に扇を結びつけた長竿を船端に立て、陸に向かって誘うように招いていた。・・・・・
平家の大将宗盛は、この戦の勝敗を扇で占おうとしていた。扇が射落とされなければ神意は平家の勝利にある。
【(株)学習研究社 源平ものがたり 名場面&史跡集】

この絵は、那須与一の墓の駐車場にあります。
コメント

那須与一の扇の的

2005-06-14 03:08:45 | 源平勇士コース
屋島の合戦は、勝敗の決着がつかないまま、一日が暮れようとしていた。ちょうどそのとき、沖の船団の中から小船が一艘、浜から約70mほどに近づき止まった。・・・・・
与一は弓をいっぱいに引いてひゅーと射た。長い海上をうなりが走る。
と、はらりと舞い上がった扇がひらひらと舞いながら海に落ちた。齢21歳

屋島の合戦で、源氏が勝利したことを印象付ける場面です。
【(株)学習研究社 源平ものがたり 名場面&史跡集】

この絵は那須与一の墓の駐車場にあります。
コメント (2)

妙法寺

2005-06-12 23:57:05 | 源平勇士コース
清盛が、福原遷都の際に平安京の鞍馬になぞらえ、ここを新鞍馬として王城鎮護の霊場とした。

那須与一の墓の近くにあります。
コメント

北向八幡神社(那須与一)

2005-06-11 23:37:16 | 源平勇士コース
一の谷の合戦で義経は、村人から「御神威が高く飛ぶ鳥でさえ社殿の上空を飛べない社があると聞き、那須与一に武運長久を祈らせた。

北向きに建てられているので「北向きさん」とも呼ばれています。

那須神社は、この神社の境内にあります。
コメント   トラックバック (1)

続けて那須神社

2005-06-11 02:03:36 | 源平勇士コース
那須与一の墓の道路をはさんで東側に那須神社があります。

平家追討に向かう前にこの地を訪れていた。合戦後、世話になったお礼にこの地を訪れた与一は、病気になりそのまま当地で亡くなったと言われています。

弓の名手であった与一にあやかろうと弓道やアーチェリー関係者のお参りも多いようです。

神戸市須磨区妙法寺
コメント

那須与一の墓(生アップ)

2005-06-09 16:39:57 | 源平勇士コース
 本当に暑い 暑い 暑い

現場から、で写した写真を直ぐにアップしました。

800年以上前、源平合戦の勝利を決定付けた、
平家の扇を撃ち落とした若者の墓です。

コメント