源平の史跡を訪ねて

全国いたるところにある源氏と平家の史跡を訪ねています。少しだけ源氏物語の史跡も紹介しています。

宝満寺

2005-10-04 00:42:02 | 源平勇士コース
1180年(治承4年)に平清盛が福原遷都の際、福原京の西の入り口にあたる現在地に移転したと言われています。その時に、自筆の「護国殿額」と清盛の懐中仏「金銅帝釈天立像」とともに伽藍を大修理しています。
「福原内裏分石」と往古仏体刻付棒石」の標石が保存されています。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2日大河「涙の腰越状」 | トップ | 満福寺(清盛創建) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宝満寺 (しずか)
2005-10-04 13:48:59
このお寺の名前初めて聞きました。

神戸の清盛ゆかりの史跡をくまなく廻るなら何日もかかりそうですね。
Unknown (ラメール)
2005-10-04 23:29:50
しずかさん



ご訪問とコメントありがとうございます。



神戸の史跡は、点で広がっていますので個別訪問は大変です。屋島、壇ノ浦のようにはいかないと思います。

コメントを投稿

源平勇士コース」カテゴリの最新記事