源平の史跡を訪ねて

全国いたるところにある源氏と平家の史跡を訪ねています。少しだけ源氏物語の史跡も紹介しています。

室津と平家

2013-03-19 02:15:02 | 源平合戦

都で勢力を増していた義仲軍を討つため、平家軍は、知盛、重衡を大将軍に、二万余騎で室津の室山城(兵庫県たつの市御津町室津の港奥の山の頂上付近)に陣を取った。

1183(寿永2)年11月源行家は五百余騎をもって室山に押し寄せたが平家軍に打ち負かされました。
こうして水島、室山両合戦に勝利を治め、1184年(寿永3年)1月
にはかって平氏が遷都した摂津福原に戻り、播磨との国境に一ノ谷の城郭を構え源氏に備えた。

室津は、平家に勢いがあったころ、平家の軍が陣取っていました。


 

海駅館に、清盛の肖像画と平治の乱を描いた屏風があります。

平治合戦

シーボルト(賀茂神社について記述そています)


海駅館

コメント (2)

源平合戦供養塔

2011-11-01 11:58:39 | 源平合戦

1184(寿永3)年、平家のたてこもる西の門からわずか離れたこの塩屋の地は、激しい戦いがあり、多くの兵士が死亡しました。この地の人たちは、戦死者の霊を弔うために、ひっそりと葬り、供養塔を建てました。

兵庫県神戸市垂水区塩屋町梅木谷(地図は下にあります)

この場所は、ひっそりと葬ったとあるように、大変わかりずらいところです。

下の案内板は、山王神社にあるものでそこから行きますとすこしは、

分かるかと思います。木と草の生えた茂みの中にありました。

上の地図には、亀光神社とありますが、建物はなく、下の亀光大明神の石碑があるだけです。

の場所に下右の標識があります。この茂みの突き当りに左写真の亀光大明神の石碑がり、そこを下に降りてゆきます。

※亀光大明神(きっこうだいみょうじん)には、昔、塩屋の浜に大きな海亀が現れ、その亀を山に上げて祀ったという伝説が残っています。

 

詳細地図は こちををご覧ください

コメント (2)

源平合戦 ゲームに再挑戦

2011-09-07 12:31:51 | 源平合戦

PC始めたころ、ゲーム信長の野望を挑戦しましたが全く分からないままギブアップしました。

今回、GEN3さんがこのブログにコメントを書いてくださいました。「源平合戦」のゲーム攻略のブログでこれ読んでいるとゲームできるのかと思い、再挑戦します。ゲーム内容も来年の大河ドラマ「清盛」と関係があるのも引きがねになりました。

さっそく、紹介されているソフトをGEN3のサイトからamazonに入り1800円で購入、注文して2日後に到着しました。信長の野望に比べたら格段に安い。信長は15000くらい払ったような記憶があります。

GEN3さんの「源平合戦」攻略サイト  http://genpei.geikyu.com/

 

 

 

コメント (15)