源平の史跡を訪ねて

全国いたるところにある源氏と平家の史跡を訪ねています。少しだけ源氏物語の史跡も紹介しています。

駒林神社

2005-10-08 01:34:51 | 源平勇士コース
1184年(寿永3年)一の谷の合戦のさい、大輪田から駒ケ林の沖合いには、安徳天皇の御座船と平家の総大将・平宗盛が指揮する軍船が停泊していたところ。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 七宮神社(築造伝説) | トップ | 法界寺 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
駒林神社 (merry)
2005-10-08 13:36:22
大輪田から駒ケ林の沖合いに平家軍の船が停泊していたそうですが、海戦を得意としていた平家だから、きっと沢山の船があったのでしょうね。

目に浮かびます。
駒林神社 (しずか)
2005-10-08 16:32:13
今ではこの辺りは住宅地になっているのですか?
Unknown (ラメール)
2005-10-09 00:22:04
清盛が築造した大輪田泊の近くにあり、この辺りに停泊していた時は、まだまだ平家に勢いがあったと思われます。

当時は、目の前が海だったと考えられますが、今は、埋め立てられ住宅地になっています。

コメントを投稿

源平勇士コース」カテゴリの最新記事