源平合戦の史跡を訪ねて(源氏物語史跡)

『平清盛・源平合戦(神戸・屋島・下関・門司・北陸・滋賀県)』を主に、チョットだけ『源氏物語』の史跡も紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

須磨区歴史講演会

2012-01-29 11:17:34 | 平清盛

1月28日(土)13:30~16:30
須磨パティオ健康館パティオホールにて

「平清盛と源頼朝~現代の歴史学から見て」
高橋 昌明先生(神戸大学名誉教授)
関 幸彦先生(日本大学教授)

高橋先生の講演では、武家政治は、平清盛から始まった。源頼朝は、清盛のやり方をまねた。
               結局、頼朝は清盛のいいとこ取りをした。そんな内容でした。
清盛ー1162(応保元)年から福原に居を置いて政務の指示をだして、めったに上京しなかった。
頼朝ー1192(建久3)年に征夷大将軍に任じられるが鎌倉に拠点を置きめったに上洛しなかった。

内容的には、もっと清盛の話を中心に聞きたかったが源頼朝についての話が多かったです。参加者は250名くらいでほとんどが中高年の人でした。神戸では、清盛予算がついているのか各区で清盛イベントが続きます。講演会も多くあります。次回は、2月18日に兵庫区の講演会に参加予定です。


 

コメント (6)

KOBE de 清盛2012 行ってきました

2012-01-27 12:11:09 | 平清盛

大河ドラマ「平清盛」が放映されるため、清盛と関係の深い神戸では、展示会が開催されています。

26日(木)、六甲降ろしの吹く寒い中行ってきました。平日ですがまあまあの人出です。ほとんどが中年以上の人でした。歴史館とドラマ館、共通券¥700です。
(説明参考資料:観光推進協議会発行パンフレット)

歴史館
地下鉄中央卸売市場駅を出るとそこが歴史館です。
清盛と神戸の関係をパネル、映像や出土品などで紹介しています。
大輪田の泊りから神戸港へと発展していった歴史、福原京あとの出土品などを見ることで神戸人としては清盛がより身近な人として感じられ、清盛がもう少し長生きしていたら福原京も完成し、宋との貿易で多くの富が神戸に入り日本の中心として大発展をしただろうと想像してしまいます。
所要時間は1時間もあれば十分です。ここでの目玉は、「清盛ゆかりの地めぐり歴史ガイドツアー」です。1時間コースと2時間コースがあり、費用も300円~500円です。なかなか行くことはできませんのでこれに参加されることをおすすめします。

ドラマ館
JR神戸駅、地下鉄ハーバーランド駅から5分
ドラマのストーリーや出演者の衣装、撮影映像そしてジオラマとCGで幻の福原京が再現されています。なかでも一番の出し物は、松山ケンイチさんと一緒に写真を写せることです。(ここだけは写真撮影可) 見るのには、1時間もあれば十分です。
 
等身大の松山さんは、下駄の高さを入れて約190cmはあり、
ほんものそっくりです。横に並んで写すこともできます。

 

それでは、ここからは、写真で説明していきます。

地下鉄中央卸売市場下車
 

地下鉄を出るとすぐに歴史館があります
 

平清盛肖像画

大輪田の泊(現在の神戸港)

 

松王丸と彼が書いた手紙
経ヶ島を築くとき、海神の怒りを鎮めるため松王丸が経文と
一緒に懐中に沈んだと言われています。

 

平知章が使った兜

十二単衣の重さを体験できます。
10Kで相当重いです。現代人なら一日着ただけで
腰悪くするでしょう。
 
                        お土産は多数そろえてあります。

 

中央卸売市場駅から一駅でハーバーランド駅に行きます。

ドラマ館(ハーバーランドセンタービル1F)
内部は、撮影は禁止です。



入り口
 

等身大の松山ケンイチさん(約190cmあります)
並んで写真を写すことができます。

 

ガイドツアーに参加されないのなら、移動時間も入れて3時間あれば十分にまわれます。

ドラマ館隣の喫茶店で平家ブレンドのコーヒーでも。
 

 

KOBE de 清盛2012 (KOBE de 清盛推進協議会)
ドラマ館 歴史館 神戸市内清盛ゆかりの地も紹介  

地図(地下鉄中央市場卸売市場~ハーバーランド駅)

 インフルエンザが大流行のようですので、
   
帰られたら「手洗いとうがい」は忘れずに。


 

 

 

コメント (2)

神戸市兵庫区広報誌で訪ねる平清盛その1 福原遷都1

2012-01-25 12:14:01 | 平清盛

清盛とゆかりの深い兵庫県神戸市では、今年の一大イベントとして市内各地にある清盛史跡と源平一の谷合戦の史跡を各区の広報で紹介しています。

そこで、広報紙に紹介されている史跡をこのブログで紹介していきます。(広報の記述を参考にしています)

最初は、福原京遷都の地:兵庫区です。

1180年6月、兵庫県神戸市兵庫区平野に清盛をはじめとして、天皇、上皇、清盛一族が大挙して訪れました。そして都造りの計画がはじまります。掲載されている史跡は、雪見御所跡、荒田八幡神社、夢野八幡神社。

 

黄字:福原遷都コース《 地図 》
 

雪見御所跡
清盛別荘、明治41年に湊山小学校校庭から礎石や瓦などが発掘された

  

 

荒田八幡神社
清盛弟:頼盛の別荘で安徳天皇の遷都第一夜を過ごされたところで、翌日からは、高倉上皇の御所として使われた

右の写真:安徳天皇御在所跡の碑と福原遷都八〇〇年記念の碑があります。

  

 

夢野八幡神社
都守護のために造られ福原地域全体が展望できるこの地から新都の位置を測定したと言われています

  

 

 

 

コメント

清盛の軌跡 展示会

2012-01-12 03:03:25 | 平清盛

平清盛関連のイベントで神戸港にある神戸海洋博物館で開かれている「清盛の軌跡展」を見てきました。

中身は、神戸港ができてきた歴史をふりかえっています。

神戸が大型船の港に適していると初めてとりあげたのが、平清盛です。当時、博多にしか来ていなかった宋からの大型貿易船を都に近いところに泊めようとして現在の神戸港より少し西に位置する大輪田の泊を港としました。

続いて、江戸時代には、北前船、檜垣廻船などが大輪田の泊り近くの兵庫の津に出入りしていました。

現在の神戸港は、明治になり、海軍操練所ができ、その近くに外人居留地ができ、運上所も開設して、

今の神戸港ができてきました。

以上のような内容をパネルなどで解説しています。写真はNGです。入場料 ¥500-

 

館内には、カワサキワールドに川崎重工業(株)製造のオートバイ、船舶、鉄道などの輸送機器が展示されています。

 

 

 

 

コメント (2)

平清盛関連の史跡など紹介サイト

2012-01-10 03:20:38 | 平清盛

大河ドラマの影響は大きいので、各地の町おこしにと関係史跡の紹介とか展示会が行われていますので、それを紹介します。


大河ドラマ[平清盛」
ストーリー 配役など
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/index.html


NHK平清盛特別展
(各地を巡回します ~2月5日まで 江戸博物館) 
http://www.nhk-p.co.jp/tenran/20111020_162656.html

NHK神戸放送局ご当地サイト 
神戸市内清盛ゆかりの地
http://www.nhk.or.jp/kobe/kiyomori/index.html

NHK広島放送局ご当地サイト 
広島県内清盛ゆかりの地 平家大船ロケ
http://www.nhk.or.jp/hiroshima/kiyomori/index.html

NHK高松放送局ご当地サイト 
清盛、崇徳上皇、西行法師
http://www.nhk.or.jp/takamatsu/kiyomori/

KOBE de 清盛2012 (KOBE de 清盛推進協議会)
神戸市内清盛ゆかりの地 ドラマ館 歴史館 
http://kobe-de-kiyomori.jp/

ひろしま清盛 (大河ドラマ「平清盛」広島県推進協議会)
広島県清盛ゆかりの地 音戸の瀬戸ドラマ館 宮島平清盛館 
グリーピアせとうち「清盛 海のみち展」など  
http://www.hiroshima-kiyomori.jp/ 

うどん県平清盛 (香川県公式サイト)
清盛、崇徳上皇&西行法師の関係 関連史跡
http://www.my-kagawa.jp/kiyomori/index.html
コメント (3)

大河「平清盛」をより楽しく見るために

2012-01-07 00:01:00 | 平清盛

大河ドラマ平清盛をより楽しくみるために、予備知識として又見た後にドラマを確認するためにこんな本やWEBサイトを見たりするとよりわかりやすく見ることができます。

NHK大河ドラマ平清盛解説本(¥1100)
ドラマのストーリー、俳優、史跡などを紹介しています。




平清盛 双葉社発行(¥1700) 
清盛を歴史上の事件にそって解説しています。



平清盛と平家物語 青春出版社(¥1190)
平家物語の中の清盛と史跡(地図)を紹介




ネット上の参考サイト

NHK大河ドラマ「平清盛」公式サイト

NHK神戸放送局「平清盛」紹介サイト

神戸市公式観光サイト (神戸の源平史跡紹介)

コメント

神戸から平清盛

2012-01-06 12:38:45 | 平清盛

いよいよ8日からNHK大河ドラマ「平清盛」が始まります。

今年は、最初は、神戸の清盛や源平合戦の史跡を紹介していきます。

兵庫県神戸市では、清盛が日宋貿易で財をなした貿易の拠点:大輪田泊や神戸の福原に都をつくろうとした場所そして、その後、義経の平家攻略の起点となった一の谷の合戦場などがありますので、市全体がイベント会場になっています。
そこで、神戸のPRをかねてご紹介します。

神戸広報1月号



各区の広報誌にその区にある史跡の紹介



KOBE de 清盛2012展PR
2012年1月21日から ドラマ館・歴史館



神戸市インフォーメーションセンター
三宮駅前にあります。平清盛イベントなどの資料と案内をしています。



大河ドラマ「平清盛」の関連史跡の紹介ブログは、

こちらをクリックしてください




神戸市公式観光サイト


神戸市インフォーメーションセンター

KOBE de 清盛 2012展 案内サイト

NHK大河ドラマ「平清盛」公式サイト

NHK神戸放送局「平清盛」紹介サイト

コメント

2012年 新年のご挨拶

2012-01-01 00:01:00 | 雑感

 

 笑顔いっぱい 元気いっぱい 

 そんな1年になりますように

コメント (2)