源平の史跡を訪ねて

全国いたるところにある源氏と平家の史跡を訪ねています。少しだけ源氏物語の史跡も紹介しています。

梶原の二度の駆け

2006-01-31 01:32:53 | 一の谷の合戦
【 平家物語 二度之懸 】
梶原平三景時は、河原兄弟が討たれたと聞き、「今は機が熟した。攻めよ」と命じ5百余騎が一度に喊声をあげて平家の大軍の中へ進撃し、さんざんに闘い、敵軍の中からさっと引いた。その時、長男源太景季がいなかった。

「どうした源太は」 「敵陣に深入りしてお討たれになったのでしょう」
「源太が死んでは生きてる甲斐がない、引き返せ」と景時は敵陣の中へとって返した。
平知盛 「梶原は東国で名高い兵ぞ、討ち取れ」
平三景時は、現太を探すため敵の大軍の中を縦、横、八方、十文字に駆け巡った。
源太は2丈ばかりの崖を後ろにして敵5騎のなかにとりかこまれわき目もふらず、命をおしまず、ここを最後と闘っていた。
梶原は、これを見つけ「源太、死んでも敵に後ろをみせるな」といって、親子で敵三人を討ち取り2人に傷を負わせた。

梶原平三景時「弓矢とりは攻めるも退くも状況によるのだ、さぁこい源太」
といって現太をかかえ馬にのせ、敵陣を出たのである。

※写真は「梶原の井」で別名「かがみの井」とも言われ、梶原景時がこの井戸の
 水を飲んで生田の神に武運を祈ったと言われています。
コメント (8)

東の砦 先駆け

2006-01-28 02:06:13 | 一の谷の合戦
【 平家物語 二度之懸 】
2月7日、大手軍の攻める生田の森に源氏軍5万余騎が陣取っており、その中に河原太郎、
次郎の兄弟がいた。
太郎 「俺は城内にまぎれこんで一矢を射掛ける、千万に一つも生きて帰れないだろう。
    次郎お前はここに残れ」
次郎 「くやしいことを言われる。別々の所で討たれるよりも、一つ所で討ち死にしましょう。」
そして二人は城内に入った。
太郎 「武蔵国の住人、河原太郎私市高直、同次郎盛直、源氏大手の先陣ぞ」
  ・・・・・・・
それを見た平家側から矢が放たれた。太郎は、鎧の胸板を背後まで射抜かれた。
弟の次郎が走り寄って肩にひっかけ逆茂木を越えようとしたが、平家の二の矢に射られ倒れたところを首を取られてしまった。
平知盛 「ああ りっぱな剛の者よ。これこそ一人当千の兵というべきだ」

そして、東の砦:生田の森の戦いが始まった。

※写真は、河原兄弟を祀った「河原霊社」です。
コメント (4)

東の砦アタック(生田の森)

2006-01-26 18:47:17 | 一の谷の合戦
2月7日は、源氏軍が一の谷に本拠を置く平氏軍に総攻撃をかけた日です。

【 平家物語 老馬 】
源氏は生田の森に近づいた。雀の松原、御影の杜、昆陽野の方面を見わたすと源氏の軍勢は陣を構え遠火を焚いている。
平家の側でも「遠火を焚け」といって生田の森で遠火を焚いた。
源氏軍は、あちこちで陣をとって馬に馬草をあたえたりして休息をしている。
平家側では、今攻めてくるか今攻めてくるかと心安らかではなかった。

※雀の松原 神戸市東灘区魚崎町の海岸にあった松原
 御影の杜 雀の松原ノ西に位置する

 写真は生田森、現在ノ生田神社にその面影を残している
コメント (6)

西の砦攻撃図

2006-01-22 01:07:46 | 一の谷の合戦
総大将土肥二郎実平率いる源氏の西の砦攻撃軍7千余騎は、田井の畑(多井畑)を通り塩屋に集結した。
義経率いる奇襲部隊70余騎は、鵯越から鉄拐山で勢揃えして一の谷逆落としを決行した。

詳細図はこちらへどうぞ (須磨一の谷坂落し説)

コメント (11)

敦盛最後 (敦盛塚)

2006-01-21 00:58:04 | 一の谷の合戦
【 平家物語 敦盛最後 】
一の谷の合戦で破れた平家は、海に浮かぶ船に逃れようとした。その中にいた敦盛は熊谷次郎直実に捕らえられ首を討たれる(生年17歳)。熊谷は、討った敦盛の首を包もうとしたが、錦の袋に入れた笛を見つける。

熊谷  「いたわしい。城の中で管弦をなさっておられたのはこの人だ。今、味方の東国の軍勢が何万騎かおるが、戦陣に笛を持ってきた人はおるまい。身分の高い公達は、やはり優雅なことよ」と言い、この笛の一件が熊谷が仏門に入る原因となった。

敦盛塚石造五輪塔は、室町時代後期~桃山時代にかけて製作されたと思われている。
高さ:4M。別の説では、●北条貞時が平家一門の冥福を祈って、弘安年間(1278~1288)に建立したとも言われています。●敦盛供養のために建てられ、須磨寺に首が埋葬され、胴が埋葬されたのがこの敦盛塚だとも言われています。
コメント (4)

西の砦 先陣争い

2006-01-19 01:17:58 | 一の谷の合戦
写真は、JR塩屋駅で左は山がせまっており、右はすぐ海です。

【 平家物語 一二之懸(いちにのかけ) 】
西の砦の先陣を熊谷次郎直実が務める。

攻め落とす予定であった谷を左手にみて、右の方に馬を進めて行くうちに、長年人も通ったことのない田井の畑という古道を経て、一の谷の波うち際に出た。

一の谷に近い塩屋という所に、まだ夜も深かったので、土肥二郎実平(源氏の西の砦攻撃陣の総大将)は7千余騎でひかえていた。熊谷は波打ち際から、夜にまぎれてそこをつっと通り抜け、一の谷の西の城門へ押し寄せた。・・・・

「武蔵の国住人、熊谷次郎直実、子息の小二郎直家、一の谷の先陣であるぞ」

※田井の畑も塩屋も地名が残っています。
コメント (4)

安徳宮

2006-01-17 02:21:55 | 一の谷の合戦
一の谷坂落しの場所から15分くらい下がったところにあります。

寿永四年、安徳天皇は下関壇ノ浦で祖母二位の尼(清盛の妻、建礼門院の母)に抱かれて8歳で海中に身を投じました。
この地に安徳天皇のご冥福を祈るために祀られたのがこの安徳宮です。
ここから15分ほど下ったところに「戦の濱の碑」があります。

一の谷の合戦のときに、須磨一の谷に内裏が置かれたと伝えられています。
コメント (5)

須磨一の谷坂落し説

2006-01-16 01:34:44 | 一の谷の合戦
この写真は、山陽電車:須磨浦公園駅の北にそびえる鉢伏山と鉄拐山との間で眼下に海を見下ろせる急斜面で、義経が奇襲攻撃で「一の谷・坂落し」を決行した場所とされています。
(坂落し 一の谷説の場所)
コメント (5)   トラックバック (1)

鵯越の坂落し説

2006-01-14 02:33:53 | 一の谷の合戦
【 平家物語 坂落し 】
九郎御曹司がからめ手に回って、7日の明けがたに一の谷の後方、鵯越に上がり、今にも馬で駆け下ろうとなさるとき、・・・・・

御曹司義経は、平家の城郭をはるかに見わたしておられたが、「馬どもを駆け下ろさせてみよう」といわれて、鞍を置いた馬を追い落とした。ある馬は足を折って転げ落ち、ある馬は無事に駆け下りて行く。鞍を置いた馬3匹が、越中前司の屋形の上方に下り着いて、身ぶるいして立った。・・・・・

流れ落ちるように二町ばかり、下りて檀になっている所で馬をとめた。そこから下を見下ろすと、苔むした大岩壁が十四~五丈も垂直にきりたっている。・・・三浦の佐原十郎義連(よしつら)が先頭にたって駆け下りたので軍兵はみな続いて下りた。まったく人間わざとも見えず、ただ鬼神のしわざかと思われた。
源氏軍はどっと鬨の声をあげた。三千余騎の声だが十万余騎の声に聞こえた。

平家の軍兵はあわてて前の海に駆け入った。能登守教経(のりつね)は、播磨国明石浦から船に乗って、讃岐の屋島に逃げて行った。

※写真は鵯越から平家の北の砦のあった方面を望む
※逆落としは「この辺りで行われた説」と「須磨の鉄拐山あたりで実行された説」 があります。
コメント (8)

福田寺(鷲尾家の寺)

2006-01-12 00:15:40 | 一の谷の合戦
鷲尾家屋敷跡から北の集落の中に福田寺(ふくでんでら)があります。
鷲尾三郎義久の父の開基と伝わっており、室町時代までは鷲尾氏の私寺であった。その後、寺の維持のため東下西部落の寺となる。今も本堂には鷲尾氏位牌の間があり、代々の位牌が祀られています。
コメント (7)