「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『とある科学の超電磁砲S』 第9話 観ました

2013-06-08 03:38:50 | アニメ
今回の主な流れはレベル5同士のガチ能力者バトルと、布引女史が乱入する意味。
今回、私が目をつけたいところは布引女史がsisters計画を潰す動きを見せたのは何故かと言う一点。アニメとしては下作だと思われる、布引女史の心の呟きは、彼女自身、彼女の行動に意味があるとは思っていない。冷静な彼女の判断では、彼女が出来うることをしてもそれが意味あることだとは思えないし、たとえそれが功を奏したとしても、生き残ったsistersたちに幸せな暮らしが約束できるわけでもない、だけれども、レベル6を作るためだけに殺される生の無い生活とも呼べないような生き方だけはさせたくない。それに、本来だったら、この事態の責任を取るべきなのは自分たち科学者サイドなのに、美琴は自分が巻いた種だからとたった一人で計画をつぶしにかかっている。ならば、せめて自分が出来るせいっぱいのことをしてやろうと想って行動していると言う。
たとえ、それがどんなに意味をなさないことだろうとも…

そう、ここで私たち視聴者的にこの時点で布引女史がsisters達に与えようとしている自我の芽生えはもうすでに有るのですよね。でも、だからと言って布引女史が与えようとした自我覚醒プログラムが全部無駄だったのか…それはまだ、なにも判らないのですよね。コレはこの先の物語を見守っていくしか答えは判りません。もちろん原作者とか脚本家は別でしょうけれどもね。

と、言うわけで布引女史は、施設の守備側の手に落ちます。

それにしても、この布引女史、体術裁きが尋常じゃありませんね。
捕縛されたとみせかけて拳銃を奪うために拘束しに来た男を蹴り上げのして、グロッグを構える。構えるときも、ちゃんと初弾を装填する動作をしているあたり実戦なれしていますよね。通常なら、拳銃は奪ったものの、初弾装填を忘れ引き金を引いても弾が出ないってオチになりがちですからね。流石にグロッグを発砲するときの手が震えていたのは、極めて通常の所作なのでそこまでダークに染まっていないってことでそこがこの娘のよいところなのかもです。ある意味、スタッフさんたちに気に入られていませんか?

それだけに発砲を無効化され、逆襲を受けてしまいそのまま拉致られてしまった彼女の今後が心配です。彼女ほどの頭脳の持ち主なら救いの手を出す人物や組織が有ってもおかしく無いのでそれを期待しますかね。

そんな戦いの一方で、美琴たち高位能力者たちのバトルは、一対多数の図式になってしかも相手が能力者だと判ったとたん、逃げの一手を決め込み、目的をただ単純に施設の破壊に絞った美琴さん。それでも相手のサポート、AIM拡散力場ストーカーと言う能力と、メルトダウナーと言う物体を粒子化して自由にコントロールすると言う能力で追い詰められていきますが、追い込むitemサイドも隊長格以外はいっぱいいっぱいです。もちろん、美琴も苦しいのは同じ。美琴を追い込むだけでいっぱいいっぱいになってしまった仲間を下がらせて最後の締めは自分自身で行うことに決めた模様です。
って事でこの能力者バトルは次回に続く模様です。

それにしても、美琴さん。ああも都合よくメルトダウナーの攻撃を察知できたのは能力が似通っているから?相手がどうして自分の居場所を突き止めているのかは不明ながらも、攻撃については事前に察知出来るだけまだまともな戦いが出来ているようです。あと、鉄筋コンクリートの建物の床ではなく、壁に張り付いて移動しているのも攻撃をよけられる一因だったようです。相手が非常識なのですから、自分も非常識にならないとヤラレチャイますからね。でも、体力は大丈夫なのでしょうか?それが気になります。
次回、もしかすると彼女たちの戦いに参入するsistersがいるのかも?と淡い期待を込めて次回を待つとしましょう。
(もっとも劣化美琴でしか無いsistersたちに勝目があるのかは甚だ疑問では有りますが、『アニキ、戦争は数だよ』なる名セリフもありますし…)

この作品の詳しいことは公式HPとこの記事へTBをくれた方々のブログを参照してくださいませ。
まお、この公式HPはアクセスするともれなくOPテーマと映像が流れますので音量に注意!ですね~。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『とある科学の超電磁砲S』 ... | トップ | 『とある科学の超電磁砲S』 ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-06-08 05:36:34
むぎのんの能力は『電子』固めてビームにする能力

美琴の能力は『電磁波』を操つる能力

よく似た能力なので互いに干渉しあいます

とはいえ出力も互いにレベル5同士だったが故であり、其でむぎのんに相手が美琴だと気付かれたんですが
Unknown (Unknown)
2013-06-08 12:24:33
布束のインストールした感情は恐怖を擬似的に与えるものなんですがなぜかアニメは恐怖の部分を削ってます

後感情インストールされた個体は禁書目録二期に出てます

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事