「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋

HN「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」の趣味を語る部屋。守備範囲はテツ、ミリ、ヲタ、アニメ、同人誌、写真等濃い

『KANON』 第23話 観ました

2007-03-09 01:42:58 | KANON
おおぅ…こう来ましたかぁ~…
なるほど、やっぱりあの真琴は幻だったんですね。
そこまで弱ってしまうとは…寒中の雪中行軍は体力を激減させるので、雪の中を歩く予定の方はご注意を!って、そんなやつはいねぇって!!

kanon Original Soundtrack KSLA-0006kanon Original Soundtrack KSLA-0006
このCDが、ゲームのBGM集です。主題歌のフルバージョンが聴けるのはこれと、昨年末に出た主題歌シングルは絶賛発売中!です。
Kanon Arrange best album 「recollections」 KSLA-0003Kanon Arrange best album 「recollections」 KSLA-0003
で、コチラがそのアレンジCD集。
Reーfeel Kanon・Airピアノアレンジアルバム KSLA-0010Reーfeel Kanon・Airピアノアレンジアルバム KSLA-0010
で、こちらはKANONの楽曲のピアノアレンジ集です。
どちらも良い楽曲がたくさん詰まっています。
他のブログの方も指摘されていますが、今回の京アニ版KANONではこの3枚のアルバムの中からBGMをセレクトして効果的に使用しているようです。
Kanon(1) PCBX-50813Kanon(1) PCBX-50813
Kanon(2) PCBX-50814Kanon(2) PCBX-50814
で、早くもDVDの予約が始まっています。買い逃したくない方は予約を!!
Kanon(3) PCBX-50815Kanon(3) PCBX-50815
Kanon(4) PCBX-50816Kanon(4) PCBX-50816
Kanon(5) PCBX-50817Kanon(5) PCBX-50817

KANONキャラのフィギュア各種取り揃え中!!
気になる方は『「きつねのるーと」の『KANON』セレクトショップ』GO!!

いあやぁ~、それにしてもあの真琴は沢渡さんちの真琴おねぇさんを具現化した姿だと解釈したのですね。でも、すっげー美人です。でも、何であんな山の中を車で移動していたのかは語ってくれませんでしたね。さすがにそこで
『なんか呼ばれたような気がして…』
と言う、台詞はあんまりにもベタだからかな?
でもって、ここで真琴おねぇさんが登場した訳は…
既存のキャラでは祐一くんの心の支えにならないからなんですね。
病院に行ってしまった佐祐理さんも、どちらかと言うと祐一を支えるというよりは祐一を必要とする方のキャラクターだし、頼りの秋子さんは現状、意識不明だしね。
と鳴ると祐一を救うためのキャラクターを登場させる必要があった訳ですね。
で…KANONの中ででてきても不思議ではない人と言う事で。真琴がモデルにした沢渡さんちの真琴おねぇさんに白羽の矢が立った訳ではないでしょか?なるほど、冷静さを欠いた祐一くんの心を落ち着かせることが出来たのでした。
一方、祐一不在の水瀬家ではほとり残された北川くんが…このシリーズで始めてのババを引いていたようですね。結局、香里さんが出張って来ることに…
香織さんは栞さんの件で、祐一を買っているようですし、大切な人を喪失するかもしれない恐怖に立ち向かうと言う意味では 名雪さんに指標を出すことが出来る人材ですからね。ある意味、適任だったかも。意外性はたっぷりとありましたが、違和感はありません。

一方、自分一人の時間を作り落ち着くことに成功した祐一が向かったのは、やはりあゆの切り株のところです。そう、名雪さんの面倒を友達に見て貰っても祐一がやるべきことはあゆとの決着です。
(あえて決別とは書きません。その理由は私が原作プレイ済みだから…ただしそれが役に立つかどうかは疑問ですが…)
ちなみに、切り株であゆをひたすら待つイベントと、そこでのあゆとの会話はほぼ原作どおりです。違いは最後のあゆに3ッ目の約束を言い直させる所ですね。
それは、直させないとその後が続かないのと、祐一くんの心を強くするためには絶対必要だと思う。あそこで祐一自身があゆにそんな願いは聞けるか!そんな願いは却下だ。他の願いはないのか?と、ハッキリと言わせたのは凄いです。
で、その返事はありがちな展開で、よく聴こえなかったのですが…
私は、「名雪さんと一緒になって」みたいな事だったと思いたいです。

都合が良いと言う方もいるかも知れませんが、この世に存在できる時間が限られてしまった女の子の願いとしては極めて自然かと思うのです。

その後の展開は、かなり急ぎすぎのような気がしますが…
駅前の例のベンチで名雪さんとの和解です。
名雪さんにしても、あそこまで落ち込んでいたのを復帰させるには時間が必要だったと思いますから、時間が夜になったのは判るのですが、帰ってこない祐一があのベンチにいると思った理由が…っと、姿を消した祐一が独りで黄昏るとしたら名雪さんの中ではあのベンチしかないのかも…

で、次回予告ではしばらく振りの栞さんの声で行なわれたのですが…
このことが意味することを推測してみると…
あゆちゃんの現状について何らかの描写が行なわれる可能性がありますよね。
あくまでも、希望的観測と言うか、推測ですが…
なぜかって?
あゆちゃんは死んだとの描写がまだないからですよ。
樹から堕ちて大怪我をした。でもその後は分からない…と言うのが今までの描写ですからね。
(ちなみにおいらの中で栞さんは病院マスタークラスの患者ですから、病院内情報には不自由しないかと…)

それでは、この作品の詳しいことはTBSの公式HPと、ここにTBを張ってくれた方々のブログを参照して下さいね。あと、次回最終回であるだろう最終的な展開の予想みたいなものを書いたのがコチラです。よかったら観てやってください。



ギャグ分多目のブログからこんなバナーを貰ってきました。
アルミナルホイール/COCORO・de・LIVEさま、ありがとうございます。
糸目なのがチャームポイントですにょ!!

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« やっぱり、バラされてしまい... | トップ | KANONのMADムービー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

KANON」カテゴリの最新記事