ウッドなベースのギター弾き

ウッドベースとギター使いのJAZZCATの、音楽どっぷりの雑話。プレイヤー受けを狙っている。

今後の演奏予定

2022-12-12 19:21:37 | 今後のライブ予定

コロナ感染防止のため、奏者はマスク着用で演奏を行います。(歌・吹奏楽器以外)

 

12月~

22(木)19:30から山形市のMERCYにて「JAZZセッションDAY」。
自分はベース&ホスト役。Pfタツオ・Drsイサオ。
敷居の低~いセッションライブです。
ボーカルでもギターでも管楽器でも、勿論Pf、Bs、Drsでも参加OK。
チャージ2000円(1ドリンク付!)です。

2023年1月~

6(金)19:30から山形市のMERCYにて「ミキカルテットJAZZライブ」。
ピアノ・オルガンのミキ・Drsイサオ・フルートいずみ・自分はBass・
ギターです。
聞きやすい女性的なカクテルピアノが人気です。
チャージ1500円

10(火)19:30から山形市のMERCYにてJAZZピアノトリオ「BASIC」ライブ
ピアノO-ura・Drsイサオ・自分はBassです。
敬愛してやまないエバンスやチック、またヨーロピアンJazzなど王道のスタイルを日々追求し奏でるピアノトリオです。聞きごたえ十分!
チャージ1500円

 

 

 


らぐたいむのマスターの訃報

2021-10-12 23:49:01 | ジャズ

天童市のジャズ喫茶らぐたいむのマスター天野さんが胃がんでお亡くなりになったとのこと。
詳細はつかんでいないが、葬儀は既に終わったようです。
天童国際ジャズミーティングをはじめ、いろいろお店の演奏ではお世話になったし、マスターの淹れたコーヒーもおいしかったな・・・
山形のジャズをいろんな意味で支えてくれてた重鎮が永眠されました。
今頃は先にお亡くなりになったママさんと再会してるかなぁ。
ご冥福をお祈りいたします。


新しく買った古びたギターアンプ(SPIRIT40A)

2021-06-17 19:24:21 | エレクトリックギター

この弾きこもりのご時世、今までなかなか時間がとれなかった楽器機材のメンテや整理に日々いそしんでるのだけど、
多分今後は使用するステージがほぼ無いだろうと判断した歪が持ち味のギターアンプを、思い切って売り払い、少し身軽になってプチ断捨離とホツなったと思いきや、
なぜか古くからの音楽仲間から、昭和歌謡曲コンボバンド結成のお誘いでロックギターのオファーがあり、あちゃ~となってしまった。
ま、最低限歪系エフェクターもあるしアンプシミュレーターもあるので
手持ちのアコギアンプやキーボードアンプでも演奏対応はできるものの、
やっぱりフツーのエレキギターアンプがあればいいなあ と思い始めまして。
と、ソコソコの機能が問題なく使えれば構わないので別に新品では買いたくないし、中古品で少し探してみることに。
すると、
近所のハード〇〇のジャンクコーナーに古い大小のアンプがゴロゴロ山積みになっており、それらをいろいろ詳しく見たなかで少し気になるヤツが。
RolandSPIRIT40A が値札2200円でおいてありました。
値札には「MainIn端子がガリ有」
ん?ソコ以外は大丈夫っていうこと??
本当だとしたらかなりお買い得かも・・・
12インチスピーカーで3ボリューム、3トーン、Rev付き、プリアウト有、平均出力40W のスペックですね。気になる!!
早速次の日にお店にまた行ってみて、スマホの音源アプリをそのアンプにつないでみて音の具合を確認したけど、
各ボリューム、各トーンともガリは ほとんどわからない。ヒスノイズもそれほどひどくない。
Revも問題無し!スピーカーもヘコミ等無し。キャビネットも大きなワレ無し。
勿論フルボリュームでのビビリ具合などの確認は無理でしたが、
これで2200円なら・・・と判断し、そのアンプを買ってきましたー。
あとで調べると、SPIRIT40Aは、1984年頃作られたギターアンプで重量11kg、名器ジャズコーラスの音の系統、3ボリュームで歪の種類はソコソコ対応でき、コーラスは無しという廉価版だったらしいです。
これで充分かも~。
あとはライブの現場で実際使ってみてからですね。
①あーーやっぱりこんなモンだったか・・・
②ラッキーラッキー!!
どっちに転ぶのか・・・・









 

 

 

 

 

 

 


音楽は不要不急・・か

2021-01-04 22:58:11 | ひとりごと

医療関連の崩壊直前と叫ばれている今、音楽芸術等は不要不急のカテゴリーに入っているようだ。
不要不急に入らないのは治療と衣食住あたりか。
自分もそれは正しいと思うし今は活発に演奏活動をするときではないのもわかる。
音楽を聞かずとも生活はしていける。
考えるに、音楽は衣食住と同じ重さとは言わないが、
生活が安定してきた次の段階で、精神的な慰労安らぎ、発奮に効果的な役割を果たすものだと思う。
ただ、そのブランク期間が長ければ長いほど演奏表現レベルは少しづつ下がってしまう。
以前できてたことができない・・・これは恥ずかしい。
コロナ感染状況がニュースで読まれなくなったそのころ、再びイイ音を出していけるように
弾きこもりを続けていかねば・・



弾きこもりつつ今年をふりかえる

2020-12-30 00:53:53 | ひとりごと

たぶん3月頃からはライブ演奏は自主的に断ってたのね。
仕方なく自分の部屋にこもって譜面の整理や楽器機材等のメンテナンスに明け暮れる日々が続き、
でもせっかくの機会だからと、ソロ演奏できる曲を少し増やそうと練習もはじめたりして。
で、マスク警察がニュース等でとりあげられた頃、不織布マスクがなかなか入手できなくなってきたら今度は手作りマスクも巷にあふれてきて、
しかもカラフルな柄も多く、ま、自分は洗濯可能な白い布マスクをもともと使ってたけど、
毎日マスクを着用することを考えると、白マスクだけでなくイロ付けてもいいのかなぁと
自分の手持ちのマスクの草木染やってみようかと思い立ち、何枚かコーヒーの出し殻で白マスクを漬け込み、黄土色のマスクが完成。
草木染も結構面白かったので、今度は墨汁を100均で買ってきてマスクの墨染もやってみたり。
結果、グレーのマスクが完成。これらの色マスク、割に気に入ってて毎日とっかえながら今も着用中。
巷に目を向ければ、夏・秋の各演奏イベント・音楽フェスが相次いで中止、勤務先からもライブハウス等には行くなって言われたし、でもやむをえない判断でしょう。
オークションや買取サイトを見る機会も多くなり、使用頻度の少ない機材の整理や買い替えも今年は多かったナ。
クリスマスの譜面も一回出したくらいで終わってしまった。
と、新型コロナに煽られた一年だった・・