ウッドなベースのギター弾き

ウッドベースとギター使いのJAZZCATの、音楽どっぷりの雑話。プレイヤー受けを狙っている。

今後の演奏予定

2018-12-14 23:24:45 | 今後のライブ予定

月のカケラ・ラテン・ボサ・JAZZ・Kitei 等の予定です~  

12月~

16(日)夜19:30から神町ファニーディッププラスでシーナとクリパライブ。
19(水)夕方6時からコニストンガーデンクリスマスイベントにおいてMikiトリオライブ。
20(木)19:30からMercyでボーカリストのための「Voナイト」月のカケラが貴方の歌の伴奏をできる限り引き受けマス。チャージ2500円。
21(金)霞城セントラルアトリウムで、昼12時、15時、17時に「うたかた」Duonoクリスマスイベント無料ライブ。
また、20時からはそのまま やまぎんホール東の「カフェBOX」にてクリスマス投げ銭ライブ。演奏はそのまま「うたかた」
23(日)ホテルキャッスル1FのレストランPatioにて、18時から「PetitJazz」DuoのクリスマススペシャルJazzライブ。コーヒー一杯からライブをお楽しみ頂けます。
28(金)19:30からMercyで横浜のジャズPFグループAzusa4号のライブと2部はオープンジャムセッションの忘年ライブになります。
29(土)夜にメンバーズ天でVinomusicaによる年末Jazzライブ。

1月~

4(金)19:30からMercyでオープンジャム中級クラス年明けセッション。ホストバンドは MikiTrio(Bs Yokko・Pf Miki・Drs勲)参加者は2000円デス
8(火)19:30からMercyでピアノトリオFond De Bleuのライブ(1500円)
17(木)19:30からMercyでボーカリストのための「Voナイト」月のカケラが貴方の歌の伴奏をできる限り引き受けマス。チャージ2500円。
19(土)新潟ジャズストリートに「うたかた」でエントリー。18時からブルーカフェにて。
22(火)19:30からMercyでVinomusicaのバイオリンJAZZライブ。

 

 

 


 

 

コメント (2)

亡き須田さんとのなにかの縁なのか

2018-11-26 22:24:20 | ジャズ

先日、天童の隠れ家ライブでGtを頼まれて演奏してきたんだけど、
その時に新庄から来たテナーSaxと初顔あわせとなり、シーナと3人でやってきました。
そのテナーSaxはマットというアメリカのALTとのこと。
実は彼の名前だけは先に知ってたのだけど、新庄に行く機会がなく、どんなプレイヤーなのか
とずっと気になっていたんですが、まさか天童で会うことになるとは・・
須田さんが亡くなったあと、本当の偶然でテナーSaxが趣味のアメリカ人ALTが新庄に来たんですね。
そんな彼、ビバップ好きでなかなかの太い音でうんうん好感が持てました。
ムンクでときどき平田さんほか地元プレイヤーと演奏してるみたい。
是非~ 新庄ムンクにまたジャムにいってみたいですナー。


コメント (1)

ボランティア慰問演奏

2018-11-12 23:03:20 | ひとりごと

先日、市内の通所介護施設でボランティア慰問演奏をソロでやってきました。
時間が午後2時から3時までと1時間の演奏。
ギターのソロ演奏と後半歌いながらの独り舞台でしたが、これがなかなかに長丁場でキツかったです。
通常40分程のライブはカラダがなじんでいるのか、普通一人でも苦ではないんだけど、
何故かそこらを超えた時間となった場合、ツラくなってくるみたい・・・
二人だと違うんだけどねー。
でも、ちゃんとやり切りましたヨ。
ハイ。

コメント

アンプの側面ではいい音が聞こえないハズ

2018-10-30 22:19:18 | ひとりごと

普通に考えれば、楽器アンプ(スピーカー)の前面が一番音が大きく、素直な音、と思うんだよね。
ちなみに、アンプの正面を外し、脇で聞いてみれば、なんか全然違う。
完全に後ろ向きの音は、音圧も下がり低音だけは残る感じ。
と、当然なんですが、何が言いたいかというと、
演奏会場によって、アンプをどこに向ければ一番いいのかをいつも悩んでしまうということです。
会場にPA設備があれば特に悩まないんだけど
自分のアンプ出しだけの場合、アンプからマトモな音を聞ける範囲というのは結構限られてるし、
そのエリアを外れると、音が次第に変わってしまうと思われる。
ベースアンプを考えれば、正面であればバランスのいい音でも、アンプの脇の方に座っていらっしゃるお客さんは、高音が届かないバランスが崩れた音を聞いていると思われる。
うーん、
指向性(カバーエリア)がBOSEのように比較的広い楽器アンプとかあれば いいんだけどね。




コメント (2)

ン?庄内がニギヤカになってる

2018-10-16 20:45:30 | ひとりごと

ここ1年半くらいの間で、庄内に移住してきたジャズミュージシャンの方々が3名いらっしゃるようで、
今までになく庄内のジャズ界隈が熱くなっているとのこと。
勿論それぞれの事情があるようですが、ソコを詮索する気はサラサラ無いし、
結果的に盛り上がっているのは喜ぶべきことです。
先日も山形市のイベントで、約1年前?に庄内に引っ越してきたテナーのMさんと
初めて音合わせする機会があり、DUOで演奏しましたが、
本当のぶっつけでやったワリには楽しくできた感じです。
うーん、やはり刺激を受けますよね。
しかもいつもの仲間とやってるときよりもちろん緊張感もあるし、
いろんな意味で勉強になります。
山形市にも誰か移住してこないかなぁ。
山大ジャズ研の連中も卒業で県外行っちゃうし・・・

コメント