レストランウエディング~イルドフランス・マダムのおしゃべり~

いろいろなエピソードとちょっといいおはなし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

復活祭のゴージャス料理

2014-04-29 21:45:04 | iledefrance
 復活祭のお料理をルーマニア人スタッフが作ってきてくれました
 パプリカのマリネ、牛の胃袋を何時間も煮込んで作ったスープ、茄子のオイル漬け、香辛料が爽やかなミートボール、ピクルスの利いたポテトサラダ
 今までに味わったことのない味覚で美味しかったです
 多国籍のスタッフのおかげで色々なお国のお料理が食べれてラッキー
             
 この日は昨年の夏にパリで会って以来のフランス人美少年のアントニーと
             
 日本初来日のアントニーの兄ウイリアムも加わって
 大量のイースター料理もあっという間に食べつくされたのでした
              
 そしてイースターのお楽しみと言えばイースターエッグ
 カラフルにペインティングされた卵を自分の好みで1つ選びます
 そして卵の先どうしをぶつけ合って割れなかった人、勝ち残った人は今年とても良いことがあるそうです
              
 今年の勝利者は・・・なんとワタクシでした
 今以上の良いことって・・・・
 ひょっとして天国かしらアーメン
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


コメント

鬼コーチR様

2014-04-26 21:39:48 | iledefrance
 イルドフランスは益々国際化パワーアップ
 鬼コーチのR様が新メンバーに参加しました
 仕事もアートもサービスも美人度も完璧です
 鬼コーチに指導されているのが・・・
             
 この方
 フランス人美少女Mちゃん
 鬼コーチに指導された諸々の結果が明日のイルドフランスからの「新郎新婦」にプレゼントする余興に結果があらわれます
 ワタクシも今からワクワクしています
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


コメント

リスボン最高!

2014-04-25 21:24:59 | iledefrance

 リスボンの街はいくつもの丘でできています
 その分素晴らしい眺めなのですが坂道を登るのが大変です
 町並みを眺めながらまたしてもアルコールを楽しむ我々
           
 アパルトマンのオーナーさんが経営するテラス付きのバーで
 最高のモヒートをご馳走していただきました
 焼きたてのエッグタルトもご馳走になりました
 さすがラテン系は気前が良いです
 この後も何軒もはしごして気がつけば終電間近です
           
 運良く最終の路面電車に間に合いました 旧型車両の路面電車
 車内が木製でなんともレトロです
            
 坂道を登り狭い道をすり抜けアパルトマンの最寄り駅に到着しました
           
 この階段を下りていったところがアパルトマンなのですが・・・
 まちがいなく千鳥足だったと思います
 楽しすぎたリスボン最後の夜はあっという間に過ぎていきました
 翌朝6時過ぎにタクシーに乗り込み15分くらいで空港に到着です
 リスボン名古屋間のフライトがないので帰りはフランクフルト経由で
 ルフトハンザ航空での帰路となります
           
 フランクフルトの短いトランジットの時間でさえ呑み助の我々のことです
 なけなしのユーローを使い果たしてビールで乾杯
 「本当に楽しい旅だったね」と話に花が咲きます
 やっぱり気の合う仲間との旅は最高です
 もう次はどこに行こうかと気の早いお話に夢中なのです
 でもポルトガルは又行きたい国ナンバー1です
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ

コメント

リスボンの夜を激しく楽しむ

2014-04-21 23:12:28 | iledefrance
 リスボンの夜を楽しみたい我々は食事後
 若者が集まる地域へとくりだします
 そして、お酒を楽しみながら「ファド」が聴けるお店を発見
 ファドとはポルトガルの民族歌謡で「運命」を意味します
 フランスはシャンソン、イタリアはカンツオーネ、ポルトガルはファドという感じです
           
 ファドの演奏が聴けるとあって店内は満員です
           
 我々は一リットルのサングリアを飲みながらファドを楽しみます

           
 気がつくとアラン君が消えています・・・
 若いアラン君にとってファドは日本の演歌のように聞こえたのでしょう
 若いフランス人のグループと合流していました
 ポルトガルは物価が安いのでフランス人の若者のグループがやたらたくさんいて
 あちこちからフランス語が聞こえてきます
 ポルトガルの人もフランス語、スペイン語、英語と使い分けて大忙しです
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ

コメント

シーフードで満腹

2014-04-18 23:13:00 | iledefrance
 朝早くから市電に乗り出かけた先は「バステイス デ ベレン」
 毎日平均一万個のエッグタルトを売り上げる有名店です
 美味しいエッグタルトとビールで朝食をとります
            
 すぐ近くには世界遺産のジェロニモ修道院
 バスコダガマの海外遠征で得た巨万の富を費やして建てられました
            
 そしてこの方がフランシスコザビエル
 昔懐かしい教科書に登場された方々ですね
            
 そしてお昼ごはんは前日食べ損ねたシーフード専門店「RAMIRO」へ
            
 入り口に並んだ魚介を見て心が躍ります
            
 エビのアヒージョ 
           
 アサリ炒め (ちょっと塩分強めです)
           
 大きなエビも注文しましたよ(シンプルに焼いただけ)
           
 もちろん蟹さんも 蟹味噌がたっぷり
 皆蟹を食べるのに金づちを使って叩いたり身を取り出すのに忙しく無口です
 いつの間にかワインも3本空けていました(お昼なのに・・・)
 当然お勘定は覚悟していたのですが、何と1人20ユーロというお安さです
 ポルトガルLOVE
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


           
コメント

ハートでオシャレ

2014-04-15 22:09:12 | iledefrance
 遅咲きの八重桜が満開のガーデンでの挙式
           
 ハートのコンローがチョーお洒落です
           
 イルドフランスの名物ケーキに見えるポテトサラダも
 ラブラブのお2人に合わせて型に
 素敵なお友達がたくさんいるナイスなカップルでした
 モルジブの新婚旅行を楽しんできてくださいね
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ

コメント

美味しいシーフード

2014-04-10 21:25:00 | iledefrance
 テラスでシャンパンを楽しんだ我々はポルトガルではシーフードと決めていたので
 早速、管理人さんに教えてもらっていたシーフード専門店に向かったのですが・・・
残念ながら定休日でした
 そこでセカンドチョイスのレストランに
 フイゲラ広場のすぐ近く LERVEJARIA BELEAL
           
   タコのサラダ さっぱりしていて美味しいです
           
 イカのグリル 醤油をかけて食べたくなるのは日本人だから仕方がありませんね
           
 名物のカタラーナ たっぷりの魚介となんとお肉も入ったトマト風味の鍋料理です
 鍋(カタラーナ)がそのままお料理の名前になっています
 もちろん白ワインも2本ほどいただきましたよ
 お腹もいっぱいになった我々は気持ちの良い夜風にふかれながら
 アパルトマンまでお散歩します
            
 帰り道にはライトアップされたカテドラルも見えます
 リスボンは坂が多いしなかなか急勾配なのでアパルトマンにたどり着いた頃には
 喉もカラカラ
            
 当然この素敵なリビングでビールにワインにと夜更けまでPARTY
 したことは想像がつきますよね
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ

コメント

最高のアパルトマン リスボン

2014-04-09 23:01:33 | iledefrance
 ポルトから列車で3時間最終目的地リスボンに到着しました
 そして過去最高のアパルトマンにボンジュール
 しかも30ユーロー、ポルトは20ユーロー、ブタペストは17ユーロー
 すこしお高めですが、その価値^はあります。
 まずはエントランス オレンジの木がトレビアーン
            
 広いキッチン
            
 お洒落なダイニング
            
 ココさんのベッドルーム シャンデリアのあるシャワールーム付きです
            
 かずちゃんのベッドルーム ベッド2つをどう使ったのでしょうか
            
 ワタクシとアラン君のベッドルーム
 壁に掛かっている絵がお洒落です窓もいっぱい
            
 皆で毎夜飲むのはこの部屋
            
 そして くつろぐのはこのソファー

           
 サービスで冷蔵庫に入っていたシャンパンで
 早速テラスで乾杯です
            
 最高のアパルトマンでリスボンの旅の始まりです
 リスボンが大好きになった瞬間でした
 明日はいよいよリスボンの美味しいシーフード
 リスボンはワタクシが又行ってみたい国ナンバー1です
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ

コメント

世界一美しい本屋さん

2014-04-08 21:16:36 | iledefrance
 世界一美しい本屋さんで世界遺産の「レロ書店」
            
 残念ながら店内は撮影禁止です
 1906年に建設された「レロ書店」は世界で最も美しい書店と云われています
 店内の真ん中には3階まで登れるまわり階段にステンドグラスの美しい窓
 様々な本がセンス良くさりげなく置かれています
            
 レロ書店のすぐ近くのカルモ教会
 ポルトガル最大のアズレージョ(タイルの壁画)が見事です
            
 バロック様式の教会内もトレビアーン
 美しい町ポルトを満喫した我々は名残惜しみながら次なる目的地リスボンを目指して駅に向かいます
 列車で3時間 いよいよ最終目的地のリスボンです
 リスボンでは過去最高のアパルトマンが我々を待ち受けているとは・・・
 この時点では知らなかったのでした
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


 
コメント

桜満開

2014-04-07 22:47:01 | iledefrance
 平成3年生まれ同士の新郎新婦です
 ついに平成の時代に突入しました
 お嫁さんは5人兄弟の長女です
 当然お母様も若いしかも美人です
             
 昨年イルドフランスで結婚したRさんも可愛いベイビーを連れて
 招待客としてご参加くださいました

              
    
  

       
 生演奏の音登夢さんと新婦の友人のエレクトーンのコラボ 素晴らしい「情熱大陸」でした
 父上もギターと歌で熱演してくださいました
 皆さん芸達者でトレビアーン
 楽しいパーティーでした
 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ



コメント