レストランウエディング~イルドフランス・マダムのおしゃべり~

いろいろなエピソードとちょっといいおはなし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルフィーが縁で。。。

2007-06-30 23:17:44 | iledefrance


   アルフィーのコンサートで知り合って数年前に結婚されたお二人

   今日はセンチュリーホールでアルフィーのコンサートがあるので

   コンサート前に思い出のレストランでランチデート(腹ごしらえ

   目と鼻の先にあるセントラルガーデンのパン屋さんへ三人でパンを買いに

   いきました

   このパン屋さんはパリにもあるパン屋さんでチョー人気店

   オープン当初は2時間待ちも・・・

   今日はラッキーなことに待ち時間ナシ

   パンをわんさか買い込みました

   実はワタクシ・・・・このあいだから何回か、このパン屋さんで

   並んでパンを買いました

   何故ならば、お客様に出すために・・・・

   ある実験をしたのですこの有名店のパンとうちのパンの

   二種類をパンカゴに入れておいて・・・

   最初から、「このパンは有名店のパンなんザンス、このワタクシが

   並んで買ったザンス」と、言うと皆様、ありがたがって完食

   でも、何も言わずにお出しすると、残ってる・・・

   美味しいんですけど、フランス的なんで固いのです

   ワタクシは好きなんですけどね・・・

   うちのパンは日本人の嗜好にあわせてもっちりフワフワ系

   

   人が良いと言うものに惑わされることなく自分自身で良いものは良い

   悪いものは悪い、イエスかノー  ウイ ウ ノン

   外国では決して「沈黙は金」ではありえません

   沈黙はイエスなんです

 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


コメント (5)

フルーツいっぱいのタルト

2007-06-29 23:08:34 | iledefrance


  3ヶ月前にオープンした目と鼻の先にあるセントラルガーデン

  そこのケーキ屋さんにパティシエ目指して就職したKちゃん

  3ヶ月で夢破れ・・・

  社販でワタクシにフルーツいっぱいのタルトを買ってきてくれました

  セ ボーン

  フランスの香りがして懐かしかった・・シルブップレ

  そういえば半年前に亡くなったワタクシの母はケーキ作りが上手でした

  専業主婦だった母はお料理は完璧特に洋食が得意でした

  ワタクシと違って全くの下戸だった母は甘いものが大好きで

  タルトやプリンやクッキー、ゼリー、餡蜜等も器用に作っていました

  ワタクシもお客様にはバースデーケーキとか作るけれど・・・・

  専業主婦を一度もしたことがないワタクシは母のように家族と一緒に

  食べるケーキって、そういえば作った記憶がありません  

  一人っ子で両親にも早く死に別れている母にとって

  娘と一緒に食べるケーキの味は幸せの味だったんだろうなー

  と、フルーツいっぱいのタルトを食べながら、ふっとそんなことを

  思いました

 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ

コメント (2)

頭隠して、しっぽ隠さず・・・

2007-06-28 20:42:16 | iledefrance

  最近のワタクシ・・・

  魔力が衰えていたのか、サウナで二度も転んでしまいました

  もちろん、恥ずかしながら裸でスッピンで・・・

  あまりにも醜態あられもない姿なので、その場を取り繕うのに

  精一杯で・・・・(穴があったら入りたい

  額にたんこぶ1つと両膝、左腕が痣だらけ・・・という

  嘆かわしい姿になっています

  そこで、気をとりなおして昨日の定休日は魔力を養うために

  久しぶりに映画鑑賞などをして、リラックス

  夜は今秋ウェディングのカップルにお会いして

  幸せ感をお裾分けしてもらったあと、やっぱりサウナにゴー

  おかげさまで、魔力もパワーアップ

  元気すぎて、しっぽもたってますね

 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ



  
コメント (4)

ミニコンサートBY音登夢(オトトム)

2007-06-26 21:14:46 | iledefrance
  ウェディングの演出で重要な役割をする生演奏

  生演奏はバイオリンとチェロの音登夢(オトトム)さんにお願いしています

  ワタクシがパリの旅行会社で働いていた頃、

  オトトムさん達はウィーンに音楽留学されていました

  その後、帰国されてからは京都フィルハーモニーで活躍され

  最近は色々な音楽仲間とコンサート活動をされています

  クラッシックから演歌まで本当に幅広くって驚きです

  生演奏の魅力でウェディングのムードもパワーアップ

  そして今回はミニコンサート

  曲目は   

  年配のお客様には懐かしい「蘇洲夜曲」

  ジャズ風にアレンジした「ルパン3世」

  ヒバリの鳴き声をバイオリンで「ひばり」

  トレビアーン

  秋には音登夢コンサートを企画しています

  お楽しみに・・・

 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


  
コメント (2)

決戦当日。。。

2007-06-25 21:25:43 | iledefrance


  お嫁ちゃんにプレゼントした入浴剤

  ご注意・必ず大切な日の前日にお使いください

  って、注意書きが書いてありました

  そして、迎えた大切な日

  ピカピカのお肌で、おもわず新郎にチュー

  外は一日中

  天の神様がのお二人にやきもちをやいたのか・・・

  それともワタクシの魔力が衰えたのか・・・

  魔界に戻って修行し直してきます


 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ



  
コメント (2)

決戦前夜は恋ローズで煌めく・・・

2007-06-23 23:50:23 | iledefrance


   明日、結婚式をひかえているお嫁ちゃんに

   ワタクシからのプレゼント

   「もっと愛されたいあなたのために」

   「決戦前夜は恋ローズで煌めく」

   「そろそろわたくしに近づける頃かしら

   この高ピーなお言葉に、心ひかれて「美肌一族」の

   入浴剤のプレゼント

   明日はピカピカのお肌で決戦にのぞんでくださいネ

 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


コメント (2)

父の日。。。

2007-06-22 22:22:22 | iledefrance


  そういえば、先週の日曜日は父の日だったような・・・

  息子、亜蘭土論(アランドロン)母の日にはサウナ好きなワタクシに

  たっぷりの嫌味をこめて入浴剤(柚子の香り)のプレゼントが嫌がらせのように

  自宅のテーブルの上に置いてあったのに・・・・

  父の日は、その存在さえも知らなかった模様  

  父の日に寂しい思いをされた世の中のお父様達・・・

  そういうワタクシも昨年末に母が亡くなるまで、母の日には必ず何かしら

  ちょっとしたプレゼントを毎年していましたが・・・・

  父の日は、何年も前に一度思い出してハゲかくしの帽子をズラがわりに

  プレゼントしたっきり・・・

  もちろん、今年はすっかり忘れてましたとさ

  まあ、父親の存在は・・・そんなものかしら

  でも、上の写真は父の日にお父様の大好きな日本酒を新婦から

  プレゼントされて満面の笑みで幸せ一杯のお父様

  新郎も釣り好きのお父様に水筒のプレゼント

  新婦父も新郎父も、とっても嬉しそうでしたよ

  これからも親孝行してあげてくださいね

   ワタクシはムリですけれど

 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ
コメント

見返り美人

2007-06-21 21:04:31 | iledefrance

  ウェディングドレスは後ろ姿も、とっても大切

  特にレストランウェディングは動き回ることが多いので

  以外に注目される後ろ姿

  ワタクシの数あるコレクションのウェディングドレスの中から

  ベストチョイスをされました

  背中のカットが品良くセクスィー 

  くるみボタンとリボンが素晴らしくラブリー

  「どこから見ても可愛いいね」って、ゲストの皆さんも言ってましたよ

  まあ、新郎さんが一番思っていたことは間違いありませんが・・

 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ



  
コメント

紫陽花

2007-06-18 21:53:46 | iledefrance

  ジューンブライトっていうけれど・・・・

  梅雨時は、やっぱり雨が心配

  梅雨のない外国なら6月の花嫁は良いけれど・・・・

  日本の6月は梅雨・・・・

  よりのほうが良いに決まってますもの

  まあ、ワタクシは超晴れ女なんで心配はしていませんがね

  そういう訳で先週末のウェディングも天気予報はだったのに

  雲ひとつない日本晴れでした(エヘン)

  天気予報もワタクシの魔力には敵わなかったようです

  ところで奥さん、「紫陽花」のフランスの花言葉をご存知かしら・・・

  「元気な女性」なんです

  だいっ嫌いな梅雨も紫陽花を見て乗り切ってみせます


 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ
  

   
コメント

永遠の愛しのオードリー

2007-06-14 23:58:14 | iledefrance

  ワタクシの永遠の憧れの女性・・・

  それは、オードリー 

  ワタクシがまだピチピチの女子高生だった頃(遠い目・・・)

  一年上の先輩に、美人で気品があって、いつも凛としていて

  お勉強も良くできて、決して威張らず、可愛げもあって

  ワタクシの大好きなオードリーと酷似した大好きな先輩がいました

  その後、いろいろあって(省略

  ワタクシはフランスで生活するよになるのですが・・・

  7年のフランス生活にピリオドをうって・・・

  数年経った頃、このオードリーに似た先輩にどうしても会いたくなり

  一生懸命、消息を探したのですが、どうしても見つかりませんでした

  ところが数年前、短大卒業後アメリカに永住して、今はやりのファイナンシャル

  なんとかで大成功した同級生が、かnにものいわせて消息を調べあげてきたのです

  ワタクシは喜びいさんでしたのは言うまでもありません

  ・・・・こんな事、世の中に本当にあるんですね  

  ドラマのなかだけかと、ずーと思っていたのですが・・・・

  にでられたのはオードリー似の先輩の娘さんでした

  ワタクシの大好きだった先輩は、ちょうど一ヶ月前に癌で亡くなっていたのです

  聞けば、幸せ薄い生涯だったようです

  あんなに気高く美しかった人が何故・・・・

  オードリーの写真を眺めては、ワタクシは今日も、その先輩のことを

  思い出して、ひとりでワインを飲んでいます

 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ

コメント