レストランウエディング~イルドフランス・マダムのおしゃべり~

いろいろなエピソードとちょっといいおはなし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本日のキリスト教結婚式

2009-02-28 22:19:57 | iledefrance
 今日の結婚式はキリスト教の結婚式でした

 キリスト教の結婚式は近くのめぐみキリスト教会から外国人の

 牧師先生に来ていただいています

 めぐみキリスト教会の一番偉い大先生は日本人ですが・・・

 やっぱり外人の牧師さんのほうが人気があります  

 大先生の日本人牧師様には本当に申し訳ないのですが・・・

 この10年間、出番がありません

 本日の牧師先生はアメリカ人のジョージ牧師先生でした

 明るくて、とってもアメリカーンな牧師先生で新郎新婦の緊張も

 すっかりほぐれて

 新郎新婦の幸せそうな笑顔が印象的でした

 
   愛は寛容にして慈悲あり
   愛はねたまず、愛は誇らず
   高ぶらず、非礼を行わず
   おのれの利を求めず、憤らず
   人の悪を思わず、不義を喜ばずして
   まことの喜ぶところを喜び
   おおよそ事忍び、おおよそ事信じ
   おおよそ事望み、おおよそ事耐えうるなり
   愛はいつまでも絶ゆることなし

   トレ ビアーン



 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


 
コメント

クスクス

2009-02-26 21:51:10 | iledefrance
 結婚式の見学のお客様が殺到した先週末・・・

 忙しすぎて、ごはんを食べる暇がなかったワタクシ 

 ムッシュ相方はんがワタクシの大好物のクスクスを作ってくれはりました

 クスクスはアラブのご馳走でワタクシの大好物なのです

 お野菜もいっぱいで栄養満点なのです

 やっぱりムッシュ相方はんはワタクシのことを思って、

 ちゃんとワタクシの好物を作ってくれたんだ(ルン

 イエ違います・・・

 大きな勘違いをするところでした


 ワタクシが病気になって倒れたら困るのはムッシュ相方はんですものね・・・

 それはお互いさまなのですけれど

 夫婦というのは長くやってるとお互い一心同体になってくるものなのです


 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


コメント

ベイビーのパパとママのウエディング

2009-02-24 21:43:10 | iledefrance
 ベイビーもなちゃんの若いパパとママのウエディングは

 二部制でお昼の部は親族だけでアットホームで

 しかもゴージャスにバイオリンとギターの生演奏付き

 夜の部は友人達で1・5次会のお洒落なパーティー

 もちろんベイビーもなちゃんのお披露目もありましたよ

 パパから美人のママちゃんにラブレターもありました

 ベイビーもなちゃんは赤ちゃんだから記憶には残らないかもしれないけれど

 パパとママは結婚式の思い出はずっとずっと残ると思いますよ

 ベイビーが生まれて結婚式を諦めているカップルが・・・・

 たくさんいると思います

 実はワタクシもそうでしたから・・・・

 (ウエディングドレスが着れなかったので欲求不満で100着も

 ウエディングドレスを集めたワタクシ

 ワタクシのように欲求不満を引きずらないように・・・

 ベイビーと一緒のウエディングを是非お勧めします



 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ
コメント

かわいいベイビー

2009-02-23 22:26:58 | iledefrance
 昨年の12月に生まれたベイビー望菜(もな)ちゃん

 両親の名前から一文字づつもらっています

 もなちゃんもドレスを着てオメカシしました

 一昨日はもなちゃんのパパとママの結婚式だったからです

 もなちゃんのパパとママは22歳になったばかりの若い両親です

 しかも中学校の同級生なのです

 若いパパはママもベイビーも心から愛しています

 まだ大学4年生のパパだけれど4月から就職して家族を守って

 幸せに生きていかれること間違いありません

 素敵な結婚式でしたよ  トレ ビアーン


 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ



 
コメント

信念は死なない・・・

2009-02-20 22:14:38 | iledefrance
 チェ ゲバラ「39歳 別れの手紙」を観てきました

 キューバで革命を成功させたゲバラは、次なる革命の地・・・

 ボリビアに「別れの手紙」を残して旅立ち殺されてしまいました

 ワタクシがパリで暮らしていた頃、ボリビア人の友人がいました。

 ベトナム人の友人もいました。アルジェリア人の友人もいました。

 ユーゴスラビア人の友人もいました。

 その頃のワタクシは、それぞれの祖国の悩みを抱えている友人達の

 苦悩を全く理解していませんでした・・・

 戦後の平和な国「日本」に生まれ育って、他国のことを考えることなく

 おきらくに生きてきたのです

 でも7年間フランスで生活したおかげで色々な国の人たちと

 知り合いお話することができました

 当時はわからなかったことも年を重ね少しづつ理解できることもあります

 外国で暮らした経験はワタクシにとって自分を見つめ直す、世界を知る

 貴重な経験になりました

 
 ムッシュ相方はんの映画を観ての感想・・・

 「チェ ゲバラ・・・可愛そうやなあ



 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


 
コメント

改装祝い・・・有難うございます

2009-02-17 22:05:09 | iledefrance
 まさかの改装祝いをお客様から頂いてしまいました

 しかもワタクシの大好きな赤ワイン

 誰にも知らせていなかったのに本当に有難うございます

 美味しいワインは速攻プレゼントしてくださったお客様とワタクシとで

 美味しく飲み干したザンス

 おもいがけないプレゼントにワタクシは18年前の8月8日

 イルドフランスの開店日を思い出してしまいました・・・

 名古屋に知り合いのいないワタクシは誰にも開店日の案内状すら

 送りませんでした・・・

 当然、開店花も知り合いからは全くナシ

 その後、他の店がよくされる何周年記念も全くしないまま18年の

 月日が過ぎ去りました・・・・

 これからもワタクシのことですから、こんな感じでボチボチと

 なんとなくやっていきたいと思っています

 ヨ・ロ・シ・ク  です



 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


コメント (2)

新郎新婦が幸せになる生演奏

2009-02-15 19:14:41 | iledefrance
 先週の金曜日朝日新聞に、こんな記事がのりました

 音楽家育てた聴力障害の親

 バイオリンとチェロの音登夢(オトトム)さんのことです

 夫はプロのチェロ演奏家ですが、両親とも聴力障害者でした

 夫は小さいころ体が弱く、「せめて音楽でも好きになってほしい」と

 親からクラシックなどのLPレコードを毎日聞かせてもらったそうです。

 そのかいあって、無類の音楽好きになり、小学生のとき独学でギターを

 はじめました。中学校では器楽クラブの先生の勧めでチェロを演奏する

 ようになり、音楽大学に進学。プロになりました。

 耳の聞こえない両親を大学の定期演奏会に招待したとき「わからないけど

 みんな同じ動きをしておもしろいね」と喜んでくれたといいます。

 息子が自分にとってまったく理解できない音楽の世界に入ることに

 賛成した義父。私が仕事と子育ての両立に悩み、仕事をやめようと

 思ったとき「絶対だめだよ」と、子供の保育園の送り迎えを毎日してくれた

 義母。本当にありがとう。

 今、人の心を温かく包んでくれる音楽の素晴らしさを、いろんな境遇の

 人たちに伝えていきたいと、2人で仲良く演奏活動を続けています。


 ワタクシ
    ウーン、だから2人の演奏は温かいんだ
  トレビアーン



 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ
コメント (2)

バレンタインチョコ

2009-02-14 22:07:54 | iledefrance
最近何だかんだと大忙しなワタクシ・・・

言い訳ですが・・・ブログの更新さぼってました

気がつけば本日バレンタインデーではありませんか

まあワタクシには関係ありませんけれどね・・・

ワタクシはチョコなんて男に貢いだことは一度もありません

可愛そうに思った元嫁のT子様からのバレンタインチョコの貢ぎ物が

嬉しい報告と共に届きました

な、なんとT子様ご懐妊

おめでとうございます

ちょっぴり高齢出産ギリなので身体に気をつけて元気な赤ちゃんを

生んでくださいね




 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ


コメント (2)

二次会にも家族全員が参加

2009-02-09 21:01:45 | iledefrance
 昨日の結婚式は新郎・新婦とご両親

 お二人の弟さん妹さん、全員で9名というアットホームな宴でした

 若い花嫁さんは感謝の気持ちを込めてご両親にお手紙を読まれたのですが

 9名全員が号泣でした

 ワタクシも胸が一杯になって・・・・

 もうちょっとでヤバかったです

 そして夕方から会費制のお友達を集めての二次会をしたのですが

 ワタクシが驚いたのは友人達のパーティーにも家族全員が

 参加されていたことです

 本当に仲の良いご家族です

 そして21歳同士という若いカップルですが、とてもしっかりされていて

 ワタクシは感心いたしました

 きっと仲の良いご両親をお手本にされて素晴らしい家庭を

 築いていかれることでしょうトレ ビアーン



 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ
コメント

昭和62年生まれの新郎・新婦

2009-02-08 22:58:14 | iledefrance
  息子アラン君が昭和63年生まれの20歳です

  今日は昭和62年生まれの21歳の新郎・新婦でした

  若いし可愛いし・・・

  ワタクシは・・・当然、母親モード

  ご両親、ご兄弟に祝福されて本当にアットホームな結婚式でした

  来年あたりは平成生まれの新郎・新婦も・・・・

  近い話ですね

  魔女のワタクシとしては・・・・

  新郎・新婦の若くて美しいお母様に・・・完敗なのですが

  日々精進して100歳のワタクシも頑張っていこうと思った・・・

  今日この頃じゃなくって・・・

  本日の結婚式でした


 ←クリックお願いします。
  

 ←イルドフランスホームページ
コメント