宮下昌也の近況報告    MASAYA MIYASHITA 's News

美術家・宮下昌也の展覧会、ライブペインティングなどの活動情報と
南房総、鴨川の日々の生活から最新情報を掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お知らせ:高山漫遊展と6月ツアー

2015-05-16 | 展覧会

6月に岐阜県高山市で2年ぶりの個展を開催します。

 

宮下昌也 の  高山漫遊展 Ⅱ
高山市街2店舗同時開催展(入場無料)

2015.6.13(土)~6.22(月)

「いのち」をテーマに創作を続けている美術家・宮下昌也が高山市街の個性的な二つのお店で展覧会を開催します。会期中はワークショップやライブペイントも行います。
アートに誘われ、高山散策にお出かけ下さい!

 

*************************

会場1:こどものほんや&カフェ ピースランド
絵画作品と小品を展示

岐阜県高山市愛宕町8 tel:0577-34-5356
10:00~19:00 木曜定休 http://peaceland.gozaru.jp/

会場2:みたらし団子専門店 福太郎
ライブペイントで描いた大型作品を展示

岐阜県高山市下三之町58 tel:0577-35-6777
9:30~18:00 無休

***********************

ピースランドは2年前の漫遊展、そして昨年もライブペインティングでお世話になりました。
古い町家作りの絵本屋さんで、奥に倉を改造したライブ&ギャラリースペースがあり高山のカウンターカルチャーシーンの人々が集うマニアックなお店でもあります。

福太郎は今回初めて展示をさせてもらいます。
こちらも『元からある物を生かす』というコンセプトで明治初期の建築を1年がかりで改装し、アートギャラリースペースもある高山文化の発信もしているお店です。

 

******************************

漫遊展オープニングにはピースランドで奈良大介さんとのライブペイントを行います。

*ライブペイントwith奈良大介
6月13日(土)19:30start
 会場:ピースランド tel:0577-34-5356
charge 感動金+1order

****************************

 また開催期間中はピースランドに在廊してワークショップも行います。

人と自然をアートでつなぐ!宮下昌也のクラフトワークショップ
*麻でヒンメリを作ろう!
栃木産の麻の茎(オガラ)を使って、フィンランドの伝統的モビール・ヒンメリを作ります。

6/13(土)~6/22(月)10:00~(在廊中に随時受付)(お問い合わせ下さい!)
 会場:ピースランド tel:0577-34-5356
参加費:1,000円~(材料費込み)

 
(昨年栃木で開催された第3回日本麻フェスティバルでの写真)

 

**********************

 そして、6月といえば毎年恒例の駒ヶ根の「くらふてぃあ」やパヤカの周年祭がある月です!
今年は高山漫遊展と共に長野→静岡→岐阜と各地をツアーで廻ります。

 

 

6/6・7(土・日)
駒ヶ根 /くらふてぃあ・杜の市 http://morinoichi.net
◉100号公開制作

なんと今年で15年目になる杜の市での公開制作。
100号を描くのは年間でここだけです。
音楽や大道芸が演じられる菅の台芝生ステージで2日間描いています。


6/9・10(火・水)
浜松 /14周年記念・虹色パヤカ祭り http://payaka.com
◉公開制作&ライブペイント

パヤカならではの豪華ミュージシャンが集います。
お店の改築もさらに進んでいるようで、行ってみないと詳細不明ですが
お客様と話をしながら、2日間のんびり描こうかなぁ、と思っています。


6/13(土)
高山 /ライブペイントwith奈良大介
@ピースランド
 http://peaceland.gozaru.jp/
◉19:30start   charge 感動金+1order

上記した高山漫遊展オープニング。
約1時間で描き上げる、ミュージシャンと1対1のパフォーマンスペイント。
ツアー中、奈良さんとはパヤカで合流、11日(木)には岡崎のライブハウスでも一緒にライブペイントします。


6/18・19(木・金)
安曇野 /art+craft  吉野屋書店 https://www.facebook.com/yoshinoyasyoten
◉展示&公開制作

高山漫遊展の間に、ちょっと抜け出して安曇野を訪ねます。
吉野屋書店は本屋さんだった築160年の建物をリノベーションしたカフェギャラリー。
ライブペイントで描いた作品を展示して、2日間絵を描きながら、安曇野のお客様と交流できればと思っています。

 

 6/21(日)
高山 /小さな暮らしのマーケット facebookでVillage検索
◉公開制作

2年前の漫遊展の時、高山の農村地区で始まった小さな暮らしのマーケット。。
主催者がミュージシャンなので、朝から夜まで会場ではゆるゆるとライブが続きます。
音楽を聴きながら、ゆっくりと1日かけた公開制作をしようと思っています。
この日はピースランドの展示はお休みです。


****************************

 

そんな感じで、6月はあちらこちらに表現に伺います。
各地の皆様、どうぞよろしくお願い致します!

Comment

awanova5周年祭・壁画ライブペイント

2015-05-09 | ライブペインティング

連休の前半に行ったawanova5周年祭の壁画ライブペイントの様子です。
地元のジャーナリストさとみさんがFBにupしてくれた当日の写真から抜粋して、ペインティングの流れを追いかけてみました。

新月の日に開くオーガニックなコミュニティカフェ&マーケットというマニアックな運営スタイルで、始まった頃は「どうなっていくかな~」と思っていたawanovaも、今ではすっかり地元に定着して、街の方からも沢山お客様が訪れている様子は、意義のある行動をマイペースでしっかり続けて行く事の力強さを感じます。

このコミュニティカフェに集う様々なジャンルの人々の交流を見ていると、鴨川の里山地区で育まれて来た独自の文化形態が目に見える形になり、伝わって行く様になってきていると実感します。

当日は風も無く、花盛りな穏やかな5月の日で、大自然の祝福を感じました。
awanovaの壁に絵を描く話は前々から出ていたのですが、この日このタイミングで実現したのは幸運だったと思います。


始まって1時間くらい経った様子。
ペインティングは10時のオープンから15時のクローズまでの5時間で仕上げる公開制作スタイル。
壁面自体はけっこう広いし、表面がデコボコで、目地まであるので条件としてはけっこう厄介。

 


ある程度の面積を埋める事と、ディティールへの描き込みの両立が課題。
脚立に登ったり降りたり、壁画ペイントは動きが大きい作業。

 

お昼頃になり、マーケットも賑わって来ました。

 


そんな中、ひたすら描き続ける。

 


ステージでは加藤登紀子さんとyaeちゃんの親子デュオという地元ならではの貴重な演奏も。
その背景で壁画はどんどん出来上がって行きます。
この後ステージでは、地元で様々な活動をしている人々のトークが続きます。


終了時間も近づき、制作も大詰め、細部への描き込み。
この太陽がここに集まる人たちを暖かく照らします様に。


モチーフは伸びる新緑の植物、そこに集う小鳥や蝶達、全てを照らす太陽と月、そして人々のheart。


最後は日付やサインをクレジット。

 


完成!


この日終わりに参加者のみんなで記念撮影。

描いた絵が徐々に場に馴染んでいき、ふとした時に見た人が、この日を思い出してくれます様に....。ってかすでにけっこう馴染んでいるな.....。

このペインティングをセッティングしてくれたawanovaの美穂ちゃん、やっちゃんに深く感謝します。

 

 

 

 

 

Comment

コヅカ・アートフェスティバル2015参加者募集中!

2015-05-04 | コヅカ・アートフェスティバル2015

植物達の成長ぶりに圧倒されながら過ごしていたら、5月に入ってもう6日も経っていました。

4月中旬より、コヅカ・アートフェスティバル2015参加者募集のフライヤーを配布し始めています。
もうご覧になった方もいるかと思います。

今年で6年目を迎えるコヅカ・アートフェスティバル、今年の開催は7月25日(土)~8月2日(日)の9日間。

毎年多くのアーティストと協賛者の皆様に支えられ、自然の中でアートを身近に体験できるイベントとして、幅広い層の方々にご来場いただけるフェスティバルに成長してきています。
今年の開催にあたっても、未来を担う子供たちへ、アートを通して自然や命の大切さを伝えられるイベントにしていければと思っています。
そこで、この趣旨にご賛同いただける方々の野外展示、出店、音楽、大道芸などのパフォーマンス、および協賛としての参加を募集いたします。

この里山で、だれもが楽しめる夢のような空間を永続的に創り上げていくことに、是非参加しをお願いします!

今年から専用のwebページが立ち上がりましたので、こちらから参加募集要項、参加申し込み書をダウンロードしてお申し込み下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

http://www.kozuka-art.info

 

 

Comment

宮下昌也と巡る悠久の旅