ハリソン君の素晴らしいブログZ

新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『相棒21』#01~#02 

2022-10-24 10:55:10 | 刑事ドラマ2000年~

また始まっちゃいました。テレビ朝日&東映のドル箱シリーズ『相棒』のSeason21。最初の単発スペシャル放映から約22年、連ドラSeason1のスタートからちょうど20年!

何度も書いて来たように、日本の刑事ドラマを全て「刑事がただ突っ立って謎解きするだけの紙芝居」一色にしちゃったA級戦犯番組ですから、普段はほぼ無視してます。

が、今回だけは、とりあえず見届けたいと思わせる理由がありました。警視庁特命係・杉下右京(水谷 豊)の初代相棒=亀山 薫(寺脇康文)が、約14年振りに復帰するんですよね。



私はこの番組のファンじゃないから、亀山薫にも思い入れは無いんだけど、日テレの『刑事貴族』シリーズは好きでよく観てましたから、水谷さんと寺脇さんの掛け合いがまた見られることには、ちょっと感慨深いものがあるワケです。

念の為に書いておくと『太陽にほえろ!』の流れを汲む’90年代のアクションドラマ『刑事貴族』のパート2とパート3でお二人は共演され、その時のナイス・コンビネーションが『相棒』シリーズ誕生へと繋がった経緯がありました。

その寺脇さんが再びキャスティングされたのは、間違いなく「シリーズ完結」に向けての助走でしょう。だから、やっと終わってくれる!っていう感慨もありますw

このコンビでまた10年ぐらい居座る可能性も無くはないけど、水谷さんの年齢を考えればそこまで引っ張るのは難しい筈。

番組自体のパワーも明らかに衰えてると思います。今回の第1話と2話の前後編は、はっきり言って面白くなかった。



寺脇さんと一緒にレギュラー復帰の鈴木砂羽さんはじめ、森口瑤子さん、仲間由紀恵さん、木村佳乃さん、石坂浩二さん、杉本哲太さん、柄本明さんetc…と錚々たるレギュラー&セミレギュラー陣に加え、勝村政信さん、菊池麻衣子さん、そしてNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で絶賛ブレイク中の宮澤エマさん!と豪華ゲストも揃いながら、あまりワクワクもドキドキも出来ませんでした。



ファンでなくても観れば確実に楽しめる番組だと思ってたのに、初代相棒の復帰編でこのテンションだと、やっぱり先は永くないだろうと思わざるを得ません。

私が唯一面白いと感じたのは、犬猿の仲である亀山vs捜査一課刑事・伊丹(川原和久)のいがみ合い。伊丹は横柄なキャラで好きじゃないけど、対等に張り合える亀山が相手だとイヤな感じがしない。



杉下右京とのコンビネーションも、やっぱり亀山が一番しっくり来ます。杉下がただ突っ立って謎解きしてる横で、亀山がよく動いてくれるんですよね。

2代目以降の相棒はみんなインテリで動かないもんだから、余計に「紙芝居」のイメージを強くしちゃった。主人公がずっと突っ立ってる分、相棒がどんどん動かなきゃバランスがとれない。バカな人じゃないとダメなんですw

そういう意味でも真打ちの復活で、有終の美を飾る準備がこれで整ったワケです。



シリーズの原点回帰に合わせて、夕方枠では順次Season1の再放送が始まってます。なにせ20年前ですから、皆さんお若い!



初回ゲストの泉谷しげるさん、矢島健一さんも……いや、泉谷さんはそんなに変わってないかw



記念すべきSeason1ファーストエピソードの犯人役は、タカラジェンヌにしてNHK朝ドラ『ぴあの』のヒロイン、純名里沙さん。好きですw



なんにせよ、20年も高い人気を保ち続けてるのは快挙だし、創り続けてること、演じ続けてること自体が凄いですから、そこはリスペクトするしかありません。

だからこそ、惰性に陥る前に有終の美を飾って欲しいって、ほんと心から願ってます。その為の亀山薫復帰だと、私は信じてます。

てなワケでセクシーショットは、朝ドラ女優の純名里沙さんと、大河女優の宮澤エマさんです。


 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『科捜研の女2022』#01

2022-10-23 00:08:27 | 刑事ドラマ2000年~

2022年秋シーズン、現役最長寿を誇るテレビ朝日&東映の連ドラシリーズ『科捜研の女』が、それまでの木曜夜8時枠から初めて異動、新設された「火曜9時枠の連続ドラマ」第1弾としてスタートを切りました。

前シリーズ(Season21)の最終回がやけに「集大成」っぽかったのは、そういうワケだったんですね。放映枠の変更に伴い内容もリニューアルすべく、大きな区切りを打ったんでしょう。



メンバーチェンジは1枠だけ。京都府警科学捜査研究所の物理担当が、橋口呂太(渡部 秀)から君嶋直樹(小池徹平)にバトンタッチされました。

他の科捜研メンバー=法医担当の榊マリコ(沢口靖子)はもちろん、所長の日野(斉藤 暁)、化学担当の宇佐見(風間トオル)、映像データ担当の涌田(山本ひかる)、そして洛北医科大学の風丘教授(若村麻由美)に捜査一課の土門刑事(内藤剛志)も続投です。



しかし驚きました。大きく変わったのはキャストじゃなくて、作風なんですよね!

これまで基本的に明るいトーンでユーモラス、言わば「ベタな」作風だったのが、新作はシリアスかつスタイリッシュな感じになりました。スローモーションも多用され、私があまり好きじゃない『相棒』や『刑事7人』の雰囲気に近づいちゃいました。

これは「大人向け」にシフトしたように見えるけど、むしろ逆で、若い世代へのアピールなんだろうと思います。『特捜9』なんかも同じように『相棒』化してたし、とにかく視聴者層の若返りに必死なんでしょう、テレビ業界は。

だけど、各番組から個性を奪っちゃうのは本末転倒じゃないですか? ただでさえ、どれもこれも馬鹿のひとつ覚えみたいに、ただひたすら突っ立って謎解きするばかりなのに!



マンネリ脱却は大いにすべきだけど、方向がみんな同じになっちゃうのは大いに問題だと私は思います。

ただし、えらくつまんなかった『特捜9』最新シリーズの初回(ゆえに第2話以降は観てない)と違って、この『科捜研の女2022』第1話はとても面白かった!

櫻井武晴さんによる脚本が良かったお陰もあるでしょうが、このシリーズは作風がいくら変化しようともビクともしない、めちゃくちゃ強固な「軸」があるんだろうと思います。

それは沢口靖子さんのキャラクターかも知れないし、科学捜査の面白さかも知れません。きっと、その組み合わせの妙でしょう。

ちなみに私の推しは、菅田将暉くんを世に出した『仮面ライダーW』のヒロイン役で注目された、山本ひかるさん。かわいい!



そして石黒賢、正名僕蔵、水橋研二といった錚々たる初回ゲスト陣の中でもひときわ光ってた、高田里穂さん!



山本ひかるさんと同じく『仮面ライダーOOO(オーズ)』のヒロイン役で注目された女優さんで、現在まで多くの作品に出演され、素晴らしいグラビアもたくさん発表されてます。

だから当然、今回のセクシーショットは高田里穂さんで決まりです!


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『記憶捜査2/新宿東署事件ファイル』#01

2022-10-06 23:53:56 | 刑事ドラマ2000年~

キー局のテレビ東京では2020年秋に放映された『記憶捜査2』が、我が地域では2年遅れのスタートとなりました。テレ東では今季『記憶捜査3』が放映されるみたいです。

2019年にスタートした連ドラのシリーズ第2弾で、新宿東警察署「司法係」のメンバーが難事件の謎を解く刑事ドラマ。

司法係とは警察官が認知した犯罪を「刑法犯認知情報票」として警視庁にデータ送信する部署で、市民からの訴えを捜査へと繋げていく通報窓口。つまり事務仕事を担当してる人たちが、業務の域を越えて事件を捜査しちゃう。

……てな設定に新鮮味は無いんだけど、このドラマはレギュラーキャストが実力派揃いで各キャラも魅力的なので、ありがちなミステリーでも退屈せずに観られます。


主人公は司法係長の鬼塚一路(北大路欣也)。かつては本庁捜査一課の敏腕刑事だったけど犯人に刺されて脊髄を損傷し、現在は車椅子生活。だから「ただ突っ立って」どころか、ずっと座ったまま謎解きしますw


そんな鬼塚の手足となって動き回る部下が、刑事志望の遠山 咲(上白石萌音)。とにかく外に出て捜査したがるので司法係の仕事がちっとも進みませんw


だからお目付け役のエリート刑事官=神 啓太郎(風間俊介)がいつもガミガミ言いながら、いつも事務仕事を手伝う羽目になっちゃいますw


そうして司法係や刑事官がサポートしてくれるお陰で大助かりの捜査一係長=栗田史郎(石黒 賢)も穏やかな好人物として描かれてます。


鑑識係長の木地本淳子(余 貴美子)も鬼塚とは旧知の仲で、心強い味方。刑事ドラマにありがちな「主人公たちをやたら目の敵にする」上司とかライバルがいないのも、私がこの番組を推したい理由の1つ。


と思ってたら、このパート2から登場した新署長=東 奏多(平岡祐太)が主人公たちを目の敵にする模様ですw

その裏には新宿という街に対する恨みの感情があるらしく、そんな余計な設定は要らんと私は思うけど、まぁそういうのを欲しがる視聴者が多いみたいだから仕方ありません。


あと、捜査一係の山崎刑事(内田朝陽)と本多刑事(松本大志)もレギュラーとして活躍、主に萌音ちゃんと絡むみたいです。



しかし私の視線がほとんど萌音ちゃんにしか向いてないのは、常連読者の皆さんならまるっとお見通しの事でしょう。

今回の記事も「刑事を演じる上白石萌音」を「記憶」しておくのが目的で書いてます。だからもう、これ以上書くことはありませんw

とにかく、萌音ちゃんです。それだけで充分です!


 

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『監察の一条さん』2022.6.29

2022-07-01 23:45:47 | 刑事ドラマ2000年~

2022年6月に放映された、テレビ朝日&東映の制作による単発スペシャルドラマ。

警視庁捜査一課のキャリア組=結城まりあ警視(吉岡里帆)が、結婚を機に管理部門への異動を希望するも、挙式当日に婚約者からドタキャンを食らっちゃう。



しかし異動願は受理されてしまい「警察内の警察」すなわち警務部・監察係に配属され、歳上だけど階級はずっと下のお調子者、一条善太郎 巡査部長(吉田鋼太郎)とコンビを組む羽目に。



監察係の松岡係長に南果歩、同僚の諏訪監察官に矢柴俊博、同じく笹塚監察官に伊島空が扮するほか、鈴木伸之、金山一彦、菅原大吉、渡辺光、金澤美穂、松長ゆり子etc…といったキャスト陣が脇を固めてます。



見所はなんと言っても、吉岡里帆さんと吉田鋼太郎さんの軽妙かつ絶妙な掛け合いに尽きます。お二人ともホント芸達者だから確実に笑わせてくれます。

特に吉岡里帆さんは『時効警察はじめました』や数々のCMで垣間見せたコメディエンヌぶりがいよいよ開花。お陰で相手役の吉田鋼太郎さんも安心してやりたい放題、弾けまくっておられますw

そう、タイトルは『監察の一条さん』だけど実質の主人公は結城まりあで、同じ警察の仲間たちを密かに調べる監察官の職務に葛藤したり、憧れの王子様だった先輩イケメン刑事が真犯人だったりなんかして、悩み傷つきながら成長していく姿が描かれてます。



けれど深刻ぶらず、あくまでコメディータッチを貫いてくれる作風が私好みで、是非これはシリーズ化、連ドラ化に期待したいところ。監察の仕事をこんなに明るく描いた作品はたぶん空前絶後でしょうw

これはもしかしたら、吉岡里帆さんの代表作になるやも知れません。それくらい輝いておられます。ついでにおっぱいも見せてくれたらレジェンド確定です。

行き詰まった世の中を明るくするのは結局、おっぱいしかないんですよ! この機会に何卒、おしりとセットでよろしくお願い致します。


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『警視庁・捜査一課長』最終回

2022-06-18 17:00:09 | 刑事ドラマ2000年~

なんとも不思議な、本当に不思議な最終回でした。どうやら冗談抜きでシリーズ完結編ってことで、後先を気にせずやりたい放題やっちゃった感じw

毎週「不思議ちゃん」なヒロインが登場して来たけど、今回はまた不思議ちゃんの中の不思議ちゃん。なんとV.R.(バーチャル・リアリティ) 空間の中にいる女の子に殺人容疑が掛かっちゃう!



しかも彼女はV.R.を操作する人のアバターとかじゃなく、A.I.が制御してるモブキャラ(名もなきエキストラ)だって言うからますますワケが解らない!

V.R.世界で「秋野胡桃」と呼ばれるそのキャラを演じたのは、元モーニング娘。で戦隊ヒーロー『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のルパンイエローこと早見初美花を演じた、工藤遥さん。



実は書いてる私自身もチンプンカンプンなんだけど、今回、大岩純一捜査一課長(内藤剛志)はアバターを利用した殺人犯の正体を突き止めるため、捜査員全員をV.R.空間に送り込む!

しかも謎が解ける直前まで、彼らがV.R.空間と現実世界を行き来してるのを我々視聴者に明かさないもんだから、ほんと摩訶不思議ワールドなんですよね。

で、一課長の奥さん(床嶋佳子)が自分の旦那そっくりな京都府警の刑事と出くわしたりしちゃう。そう、『科捜研の女』の土門さん(内藤剛志)ですw



そんなお遊びも混じえつつ、実に『マトリックス』的な世界観でミステリーが展開され、モブキャラ=胡桃ちゃんの活躍により真犯人が暴かれて、現実世界で逮捕される。

けど、本来なら決められた「ルーティン」をこなすだけのモブキャラが予定外の行動を起こすと、A.I.がシステム上の「バグ」と認識してその存在を消してしまう。彼女はそれを承知の上で一課長らに協力したワケです。

「いつかどこかで、また私たち3人と出逢えるように、頑張って」



「私みたいなモブキャラなんかで良ければ、是非また、どこかで」

そんな爽やか切ない別れがあって、最後のエピローグ。今度はV.R.世界の中で事件が起こり、またもや一課長らがそこへ出動すると、見覚えある顔の婦警さんに出迎えられる。

「一課長、現場へご案内します!」



異常なほど「ルーティン」が多い作品で、満開のハッピーエンドもその1つ。バッドエンドは絶対にあり得ません。そこがまた好きなんですよね。

今回はシリーズ集大成ってことで、その「ルーティン」をはじめ「マンネリ」とか「ふざけ過ぎ」とかw、番組の特長そのものがドラマのテーマになってました。

例えば、白羽ゆりさん扮するネットニュース記者が、捜査一課の不祥事を問い詰めるシーン。



「だから、ふざけてると言われるんですよ! 大岩さんが一課長の間に、捜査一課の空気がずいぶん緩んだって話、聞いたことありますよね? 周りの人達にしてみれば今の状況は、致命的に面白くないそうですよ!」

間違いなく、番組に寄せられた辛口批判をそのままセリフにしてますよねw

私は逆にますますハマッちゃったけど、エスカレートする一方のコミカル描写には眉をひそめる視聴者の方が多かったみたいです。

ギャグの質が「ナンセンス」で、それを解説する「ツッコミ」もいっさい入らない。私はそういうマニアックな笑いが一番好きなのに、多数派の皆さんは違うみたいです。

だから、もし仮に、まだまだシリーズが続く予定だったなら、ここまでマニアックを貫き通すことは出来なかった(許されなかった)でしょう。ほんと寂しいけど、ここで終わって正解だと思います。まさに有終の美!

ラストシーンにおける大岩一課長のナレーションにも、身勝手な視聴者たちへの皮肉がこめられてます。↓

「マンネリと言われても、変わり過ぎと叩かれても、未来は変えられると信じて、走り続ける我々の想いは、永遠に変わることは無い」



主役トリオ(内藤剛志さん、金田明夫さん、斉藤由貴さん)も『警視庁・捜査一課長』には特別な思い入れがお有りだったそうです。

そりゃあ、普通に謎解きするだけの番組を10年も続けたら、絶対に飽きるでしょう。随所にユーモアを挟める方が、役者さんにとっては数倍のやり甲斐がある筈です。その楽しさが画面から伝わって来ました。

まぁしかし、つくづくヘンな刑事ドラマですw コメディータッチの番組は幾多あれど、笑いのとり方が唯一無二。もうこんなテレビドラマは現れないかも知れません。ほんと寂しいです、私は。

だから工藤遥さんのおしりショットを載せます!


 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする