ハリソン君の素晴らしいブログZ

新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

「オタク界隈にて。」

2023-02-01 16:56:44 | 日記

大阪の日本橋に来てます。プータロー生活に入り、まず「やらなきゃいけないこと」から始めて数日が経ち、そろそろ「やりたいこと」をして気分転換したかったのと、運動不足解消のため歩きたかったから。トレーニングとか大嫌いなもんで、歩かざるを得ない状況を作りました。

なぜ日本橋かと言えば、久々にマジンガーZのオモチャ(超合金魂)を買ってフィギュア熱が再燃しちゃったから。

モデルガンが目的なら関西在住のGUN友=Nくんを誘うところだけど、今回はフィギュアショップ巡りゆえ単独行動。こんなド平日に、ふと思いついてすぐ行けちゃう自由さこそプータローの醍醐味!



↑Joshinキッズランドさんのディスプレイが素晴らしくて感動しました。ロボットTOYを専門に売ってる他店のディスプレイがえらく「おざなり」でちっとも魂がこもってなかったのと実に対照的。かなり「こだわり」を持った店員さんがおられるようです。



こんな風にカッコ良く飾られたら、そりゃ買いたくなるってもんです。フィギュアのポージングにせよライティングにせよ「プロフェッショナル」を感じました。

接客態度も総じて良かったし、オタク臭まる出しの他店は大いに見習って欲しい! ガンショップの店員とかホント酷いですからね!



そんなワケで、もうちょい巡って帰るとします。家に着いたら戦利品を紹介させて頂きます。モデルガンほど高額じゃないので、ビビッと来たものは迷わず買っちゃってます。


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「腎臓結石は恥辱プレイ?」

2023-01-31 18:10:06 | 日記

腎臓結石との付き合いは長いんです。30歳を越えた途端にヘルニア(脱腸)になったり虫歯が一斉に痛みだしたり、知覚過敏、肩凝り、腰痛、しまいにゃ帯状疱疹と、20代までは想像もしなかった身体の異変に次々と襲われ、その中でもダントツに痛かったのが腎臓(尿路)結石がもたらす発作でした。

ある朝、ふと目覚めたら背中に激痛が走り、どんな体勢をとってもラクにならず、これがギックリ腰ってやつか!?と思って近所の整骨院に飛び込んだら「こりゃ内臓やで」と言われ、その時にはもう痛すぎて自力で動けず、救急車を呼んでもらう羽目になりました。

どれほど痛いかは経験者にしか分からないでしょうが、出産に匹敵する痛みと言われてます。それがずっと続くどころか、どんどんエスカレートしていく。まさに地獄の痛みで、頼むから誰か殺してくれ!って思う。

その痛みで身体がショック状態となり、食べたもの飲んだもの全て嘔吐し、まさに胃液まで吐くぐらいだから薬も飲めず、強力な鎮痛剤(座薬)をお尻から入れるしかない。それが地獄の1丁目です。



主たる原因は、栄養の偏りとストレス。塩分とかが分解されずに腎臓の中で固まり、徐々に大きくなっていく。それが尿道に流れて排出されようとする時、発作が起こる。オシッコと一緒にスムーズに出れば大して痛くないけど、途中で詰まると炎症を起こしちゃう。

だから、前兆として必ず血尿が出る。思い返せば、私が初めて発作を起こした前夜もえらく茶色いオシッコが出てました。けど、たまたまチョコフレークをたんまり食べた直後だったから、チョコレート成分がそのまま出たんだろうと思いw、気に留めてませんでした。

血尿と聞けば赤いオシッコを想像するけど、赤いのは血の濃度がまだ薄い証拠だからマシなんです。茶色いのはそれだけ血が濃いワケだから非常にヤバい。いつもより濃い色のオシッコが出たら要注意です。



私は高校を卒業してから一人暮らしが長く、貧乏だったもんでインスタントラーメン(つまり塩分の塊)ばっか食べて、しかも野菜を採らなかったから栄養が偏りまくってました。それでも若い身体の分解力で凌いで来たのが、30歳を越えて凌ぎきれなくなっちゃった。

最初のときは超音波で石を砕く(そしてオシッコと一緒に排出されるのを待つ)方式の手術で、なんとか治まりした。が、細かい破片が腎臓に残り、それがまた徐々に大きくなっていく。

再発の可能性には個人差があり、一度きりで済む人もいれば、何年か周期で発作を繰り返す人もいる。私は完全に後者で、2〜3年に一度は激痛が来るから、対処はもう慣れたもんです。

対処と言っても、座薬を入れて痛みをごまかし、結石がオシッコと一緒に排出されるのをひたすら待つしか無いのだけど。



ところが10年ほど前、いくら待っても石が出て来ず、超音波でも砕けなくて、最後の手段として内視鏡手術を受けるに至りました。

それが前回チラッと書いた、超小型のカメラとマジックハンドが付いた管をチンコの先から挿入し、映像を見ながら腎臓内の石を(クレーンゲームみたいに)つまみ出すというオペ。

10年経った今はどうだか分からないけど、当時はそれを麻酔なしでやっちゃうワケです。想像したほどは痛くなかったけど、何とも例えようのない気持ち悪さがありました。大抵の男は挿入する側で、挿入される側の感覚を知りませんから。

それだけじゃなく、手術時は看護婦さんたちの前で下半身丸出し&出産と同じ体勢で固定された上、ウェットティッシュみたいなのでチンコを入念に拭かれちゃう。

もちろん男に拭かれるよりマシだけど、看護婦さんにチンコを撫で撫でされて勃起を抑えるのもまた、究極のSMプレイですよ!

幸か不幸か、私のチンコはまだまだ元気だし、女性とのスキンシップは近年ご無沙汰だし、歳と共に羞恥心も薄れてますから、いま同じ事されたらUFOロボ・グレンダイザーみたいになっちゃうかも知れません。



余談になりますが、いま思い出しました。手術着に着替えるとき、どういう理由だったか忘れたけど1人で着替えられなくて、狭いロッカーの中に看護婦さんが一緒に入って手伝ってくれたんですよね。完全密室でこっちは全裸で、息がかかるほどの距離に若い女性。これもなかなかの拷問でしたw

エンジョイしてるやんけ!と思われるかも知れないけど、M体質じゃない私には苦行です。

そうそう、あと、手術時以外は石の排出を促すため、チンコの先にチューブを差し込んだままにされるんだけど、勃起しちゃうとこれがメチャクチャ痛い!

幸か不幸か私はまだまだ元気なもんで、別にエッチなことを考えなくても些細な刺激だけで反応しちゃう。マジで夜も眠れたもんじゃない。

そういうことも含めて、腎臓結石の治療は患者にとって「修行」です。今になってまた修行しなくちゃならん意味って何なんだろう?

10年前の手術以来、発作は出なかったから体質が変わったのかと思って、油断してました。年明けから慢性的に腰痛があり、血尿も出てますから、たぶん同じ手術を受けることになると思います。

今、時間はたっぷり有りますから、覚悟して取り組むとします。


 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「我がイチモツの危機」

2023-01-30 19:19:08 | 日記

今日は相続手続きの一環で郵便局に行ったあと、泌尿器科のある小さな病院へ。

腎臓結石が溜まってるのは診てもらわずとも明らかだし、最終的に隣町の総合病院へ行かなきゃならん結果も見えてたけど、まず紹介状を書いてもらわないと始まらないので仕方がない。

で、尿検査とエコー検査の結果、結石だけでなく「糖尿病」の疑いもあるという想定外の話が浮上! マジかっ!?

それで血液検査も受けることになり、結果を待ってから総合病院へ行く段取りになりました。こりゃもう、当面のお仕事は「治療を受けること」になりそうです。たぶん入院になるでしょう。

素晴らしいタイミングで退職したもんです。入院になった場合、母のショートステイを延長できるかどうかの不安はあるけど、職場への迷惑を考えなくて良いのはかなり有難い。

しかし腎臓結石が悪化した原因は明らかに、仕事のハードさによるストレスの蓄積だから、このタイミングは決して偶然じゃない。退職を早めに決断した自分を褒めてやろうと思います。 



ところで、昨日組み立てた「ゴウヴァリアン」のプラモデルの、腰の部分。

もっと具体的に言えば「股間」のデザインに、原作者=永井豪さんからのメッセージを感じたりしないでしょうか?



それに気づいたのは「超合金魂マジンカイザー」の股間を見た時でした。マジンガーZとグレートマジンガーの間に立ってる超いかついロボットです。



それより遥か前に生まれたグレートマジンガーのデザインにも、すでに兆候が表れてますよね。

で、その次に生まれたUFOロボ・グレンダイザーなんか、モロじゃないですか?



なにせ『ハレンチ学園』や『けっこう仮面』を生んだ永井先生ですから、間違いなくメタファーだと思います。

えっ、何のって? まだ分からない? アレでしょうアレ! 思わずイチモツを下さいとお願いしたくなる、元気いっぱいのチンコです!!⤴️

 

もし、腎臓結石で手術を受ける場合、チンコの先から内視鏡を挿入される羽目になっちゃいます。なかなかの地獄です。アホなこと書いてる場合じゃない!💢💨💨💨


 

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「プータロー初日を迎えて」

2023-01-28 00:00:10 | 日記


勤務最後の3日間は、大雪との闘いとなりました。

とはいえ我が地域はそれほど積もっておらず、配達は可能なんだけど配達する荷物(を乗せた便)がなかなか到着しない。名神高速の立ち往生がモロに影響しました。

そもそも、こんな非常時まで律儀に配達指定日を守ろうとする過剰サービスこそが異常。その結果、配達員が疲弊しすぎて今回の私みたいな結果を生むワケです。

そんなブラックな職場とも、ついにお別れする日が来ちゃいました。昨日から有給休暇の消化に入り、まだ会社に籍はあるけど実質はプータローです。



さて、自由の身となった初日の私に去来したのは、果たして開放感なのか罪悪感なのか?

自分でも驚きました。開放感も罪悪感も在りつつ、それ以上に私の心を支配したのは「喪失感」でした。

ひとことで言えば、寂しい! 数少ない過去の恋愛でパートナーを失った時の、胸にポッカリ穴が空いた感じ……ほどではないけどw、そういう切なさ。

思えば、約15年間も同じ場所に通い、同じ人たちと交流した経験って、これまでの人生で無かったんですよね。

もちろん中には二度と会いたくないヤツもいるし、基本的にプライベートな付き合いは(ごく一部の例外を除いて)して来なかったもんで、寂しさを感じるとはホント予想外でした。

もう会わないかと思うと寂しい。やっぱオレもごく普通の人間なんやなあって、安心したようなガッカリしたような。



良かったと思うのは、お礼を言っておきたかった人には全員、ちゃんと挨拶できたこと。

シフト制だし、私は出勤時間が他のみんなと違うから、巡り合わせが悪いと顔を合わせなかったりするんだけど、雪のせいで待機時間が長かったのが幸いしました。

あと、コロナで休んでた事務員さんがちょうど私の最終日に復帰してくれたりして、お陰で思い残すことはありません。

企業としては最悪と言っても過言じゃないけど、個人個人は普通に優しかったり楽しかったり……人付き合いが苦手な私でも仲良くなれたのは、約15年の蓄積あればこそで、それを手放すのは確かに惜しい。けど、仕方がない。別れの時はいつか必ず来るんだし。

そんなワケで、今はちょっと感傷に浸ってます。つくづく、人はやっぱり、独りじゃ生きていけないもんなのですね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「もうすぐプータロー。」

2023-01-23 21:21:05 | 日記

母の定期診断で病院に来てます。いつも1時間以上待たされるので、ここでブログを書くのも恒例になってます。診察が終わったら介護施設まで母を送り届けて、本日の予定は終了。午前中は私が整骨院でメンテナンスを受けてたし、移動、移動の休日となりました。

先週、夜中、数年ぶりに腎臓結石の痛みが出ましたから、泌尿器科にも通うことになるかも、最悪は手術入院になっちゃうかも知れません。

明日から3回出勤したら有給休暇の消化に入りますから、何とかそれまで痛みが常態化しないことを祈るばかり。

そう、あと3日で会社に行かなくてよくなっちゃう。3月半ばには正式にプータローですよ! ホンマにええのか、俺?



そもそも、日本人は転職とか無職を大袈裟に捉えすぎじゃない?って以前から思ってはいるけど、刷り込まれてしまった価値観(働かざる者食うべからず)は容易に変えられない。漠然とした不安と罪悪感がどうしても付きまとう。

だから、良い仕事が見つかるかどうかよりも、せっかくの自由を罪悪感のせいで楽しめないかも?っていう不安の方が大きかったりする。

仕事探しは、高望みさえしなきゃ何とでもなると楽観してます。愛しい人から「飛躍」の御守も戴いたし! そうして自分なんかを気にかけてくれる人が存在する、それだけで「オレは大丈夫」って思えます。捨てたもんでもないやんって。



プータロー期間にやっておく事は、相続手続きを全て終わらせるのと腎臓結石の治療。それと父の法事で岡山県に行かなきゃいけないので、ついでに旅行もしたいと思ってます。倉敷とか、この機会に尾道も行ってみようかと。

あとは滞りがちな『太陽にほえろ!』レビューをちゃんと進めるのと、買ったまま放置してる本やプラモデルを読んだり組み立てたり、そうそう、荒れ放題の庭も何とかしなければ!

これなら悶々としてるヒマは無いかも知れません。



もう1つ心配なのは、運動不足による体調悪化と肥満ですね。宅配業を始める直前はちょっとメタボの入口にいましたから、やめたら絶対太るはず。トレーニング的なことは続いた試しが無いもんで、食事に気をつけなきゃいけません。

まぁしかし、今年もすでに12分の1が終わろうとしてますから、あっという間に春が来て気がつきゃ大晦日ですよ。ゆったりした時間を楽しまなきゃ、それこそ罰が当たる。

なんもしない、っていうのが日本人にとって一番の苦行かも知れないけど、なんもしない事で見えてくるものも、多分あるでしょう。

ホント、こんな機会は滅多にない。楽しむとします。


 

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする