ハリソン君の素晴らしいブログZ

新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『大病院占拠』2023

2023-01-15 21:50:04 | 刑事ドラマ HISTORY

2023年冬シーズン、日本テレビ系列の土曜夜10時「土曜ドラマ」枠でスタートした、日テレ&AX-ON制作によるオリジナル脚本のサスペンスドラマ。

鬼の面を被った謎の武装集団によって占拠された大病院で、休職中の刑事が人質を救うため犯人に立ち向かう、ご存知『ダイ・ハード』の令和日本バージョン。と言っても『ダイ・ハード』ってもう35年前の映画なんですね! おいちょ待てよっ!?

しかし、ターゲットは我々じゃない。とにかく若い世代に「だけ」アピールしたいテレビ業界の必死さが、この武装集団のビジュアルにもよく表れてます。



もし私が若い世代なら、かえってガキっぽく感じて萎えそうだけど、何でもかんでも「ゲーム感覚」にしないとウケないっていう、創り手側の思い込みですよね。案の定、リーダー格が「さあ、鬼ごっこを始めましょう」とか言ってたし。ダサっ!😩



だから、シチュエーションは『ダイ・ハード』そっくりでも、本質は全然違うと私は見ました。

『ダイ・ハード』はそもそもアクション映画ですからね! つまり悪党どもを片っ端からぶっ殺すヒーローの話なんです。秀逸な設定と緻密な脚本が高評価を得たけど、それもこれも悪党どもに気持ちよく死んでもらう為のお膳立て。だから殺さなきゃ意味がない。極論でも何でもなく、大前提だと私は思ってます。

現在の地上波テレビでやる以上、主人公が犯人を片っ端からぶっ殺すことは有り得ない。どうせ政府か警察上層部が糸を引く「意外な真相」とか「身内に潜む裏切者」を視聴者に予想させる「謎解きゲーム」がメインになるに決まってます。

1クール引っ張るにはそういう要素も必要だろうけど、そうして引っ張った末に「はい、謎が解けました」で終わっちゃうドラマの、一体どこを楽しめばいいのか私には解らない。

言うまでもなく、暴力や殺人を肯定するつもりは全くありません。だけど人間(特に男性)の奥底にはそういう欲求が必ず潜んでる。それを疑似体験で発散させるのがアクション物の役割であり『ダイ・ハード』はその典型なんです。それを真似する以上、犯人は全員殺さなきゃいけない。主人公の手によって!



↑なのに、神奈川県警捜査一課強行犯係の警部補である主人公=武蔵三郎(櫻井 翔)は、1年前の事件で犯人を死なせちゃったトラウマにより心を病み、休職中で妻子とも別居中という設定。よりによって!w

どっかで吹っ切れて、犯人をバンバンぶっ殺してトラウマ克服!とは絶対ならんだろうから、期待しようがありません。



↑対照的に初回から超カッコ良かったのが、その別居中の妻である心臓外科医の裕子(比嘉愛未)。当然、武蔵と絆を取り戻していくドラマが縦軸になるんでしょう。



↑で、対策本部の指揮を執るのが捜査一課特殊班(SIS)の管理官で、武蔵と同期生だった和泉警視(ソニン)。

驚きました。元「EE JUMP」のボーカルで裸エプロンのPV(カレーライスの女)が話題を呼んだ、あのソニンさん! 舞台女優として活躍されてたんですね。



↑捜査支援分析センター(KSBC)の情報分析官=駿河警部補(宮本茉由)。



↑ほか、SISの相模警部補(白洲 迅)、SATの丹波管理官(平山浩行)、KSBCの志摩分析官(ぐんぴぃ)といった対策本部のメンツ。



↑そして彼らに司令を下す県警本部長=備前警視監を演じるのが、渡部篤郎さん。となると黒幕に決まってるワケだけどw、さすがに今回は裏をかいてシロかも知れません。



↑たまたま現場に居合わすジャーナリストの因幡由衣(明日海りお)。



↑たまたま居合わせたワケじゃなさそうな県知事の長門さん(筒井真理子)と、占拠された界星堂病院の播磨院長(津田寛治)。



↑そして如何にも犯人グループと繋がってそうな院長秘書=石見カナ(中村映里子)、といったレギュラーキャスト陣。

あと、覆面を被った犯人たちを誰が演じてるのか、それを当てるのもゲームの一環になってるみたいです。

そうしてあの手この手で話題作りする、努力の姿勢は買いたいんだけど、それでホントに若い連中は喜んでんのかなあ?って疑問も沸いて来ます。

話があまりにテンポ良く進みすぎて、溜めとか間がいっさい無いのもどうなん?って思う。緊張感まで無くなっちゃって、ホント全てがゲームにしか見えない。だったらYOU、片っ端から殺しちゃいなよ!って。どうせゲームなんだから!



櫻井くん、カッコよく映ってるけど初回はなんもしてませんw

そんなワケでセクシーショットは比嘉愛未さん、明日海りおさん、宮本茉由さん、そして裸エプロン時代のソニンさんです。


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『警視庁アウトサイダー』2023

2023-01-07 00:35:09 | 刑事ドラマ HISTORY

2023年の先陣を切って、新たな刑事ドラマが誕生しました。テレビ朝日系列の木曜夜9時「木曜ドラマ」枠でスタートした『警視庁アウトサイダー/METROPOLITAN POLICE DEPARTMENT』です。

原作は加藤実秋氏による警察小説『警視庁アウトサイダー』シリーズで、KADOKAWAが制作に名を連ねてます。



主役は警視庁 桜町中央署の刑事課に勤務する、元マルボー担当のはぐれ刑事=架川警部補(西島秀俊)と、ドス黒い裏の顔を持つ刑事課のエース=蓮見刑事(濱田 岳)。



そんなアウトサイダーな2人の上司=矢上課長(小松和重)と同僚刑事たち。



そして父親(警視庁副総監)の権力によりトントン拍子で刑事課に昇進……したけど本人は全然ヤル気がない、ヒロインの水木刑事(上白石萌歌)。ようこそ刑事ドラマの世界へ!

トボけた味がグッドなコンビ、警務課の倉間職員(野波麻帆)と米光巡査(長濱ねる)。



架川警部補とは腐れ縁らしい鑑識係の仁科警部補(優香)。仲の悪い両者の掛け合いが笑えます。



若いキャストが多い中で画面を引締めてくれる、水木刑事の父=有働副総監(片岡愛之助)と、マルボー担当の藤原警部(柳葉敏郎)。



居酒屋でバイトする地下アイドルの沙希(井本彩花)。必ずこういうポジションに売出し中のグラドルがいますよねw



そしてラスボス感をプンプン臭わせる衆議院議員の小山内(斎藤 工)と、その妻=響子(青山倫子)。



さらに福士誠治、石田ひかり、水崎綾女らも絡む豪華レギュラーキャスト陣! 初回ゲストも室井滋、飯田基祐、真壁刀義、川津明日香etc…という絢爛ぶりで、気合入ってます!



キャスティングだけじゃなく、斬新な刑事ドラマを目指す熱い心意気を私は感じました。

いつぞやの『ニッポンノワール』とか『オリバーな犬』みたいに「ただ奇をてらっただけ」の新しさじゃ困るけど、本作からは過去の刑事ドラマへの愛着とリスペクトもちゃんと伝わって来ます。



笑いのセンスもイイ!と私は思う。架川警部補のぶっきらぼうな口調とサングラスで、てっきり優作さんあたりを意識してると思いきや、実は山手中央署のやっさん(藤田まこと)を愛してやまないという、絶妙なスカしw

日テレのヒット作『デカワンコ』の主人公(多部未華子)が使うケータイの着信音は『太陽にほえろ!』メインテーマだったけど、架川警部補のは『はぐれ刑事純情派』のテーマ。なにせテレ朝の番組ですw (追記:そう言えば『はぐれ刑事〜』に西島さん出てましたね!)



ちょっと早過ぎるテンポ(早送り対策?)とか、若年層にやや媚びてる感じは好きになれないけど、若い連中が観てくれなきゃ未来が無いんだから、そこは仕方ない。

主役コンビの組み合わせは申し分ないし、そこに上白石萌歌さんも加わると来れば、こりゃもう観ないワケにいきません。



だからセクシーショットはもちろん、上白石萌歌さんと……



レギュラーの長濱ねるさん、井本彩花さん、そして初回ゲスト=川津明日香さんの、あまりに素晴らし過ぎるおっぱい&おしり対決! まったく近頃の娘たちと来たら……けしからん! ありがとう!


 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『警視庁強行犯係 樋口顕』シリーズ

2022-12-05 16:46:16 | 刑事ドラマ HISTORY

正式タイトルは『今野敏サスペンス/警視庁強行犯係 樋口顕』で、テレビ東京が2003年から2時間スペシャル枠で12本制作&放映してきたシリーズを、’21年冬シーズンに満を持して連ドラ化した警察ドラマ。

タイトル通り今野敏さんのサスペンス小説を映像化した作品で、Season1は全6回、’22年夏のSeason2は全8回放映されてます。

1997年にもNHKが『日だまり刑事/容疑者リオの涙』のタイトルでドラマ化(全4回)しており、そのとき主人公の樋口係長を演じたのは鹿賀丈史さん。

そしてこのテレビ東京版で主役を張るのは、またアンタかいっ!?と言わなきゃ仕方がない、この人。



内藤剛志さんは『科捜研の女』シリーズの土門刑事、そして『警視庁・捜査一課長』シリーズの大岩捜査一課長と並行して、この樋口係長役も長年に渡って演じておられるワケで、まさに舘ひろしさんの後を継ぐ「全身刑事」役者!

そして他の単発ドラマで演じられた数々の刑事役(まさしく『全身刑事』ってタイトルの番組もあった)を含め、キャラクターと芝居がほとんど同じな点も舘さんを継承されてますw



↑そんな剛志さん扮する樋口係長とコンビで動くことが多いのが、ボインぼいぃぃ〜ん!な巡査長=藤本由美(片山萌美)。



↑そして菊池刑事(佐野 岳 )と中田刑事(小松利昌)を加えた4人が警視庁捜査一課/強行犯第三係一班の現メンバーとなってます。



↑樋口係長と同期の桜で、捜査二課から生活安全部少年事件課に異動したばかりの氏家警部(佐野史郎)は、’03年のスペシャル版1作目から登場し、何かと樋口をサポートしてくれる頼もしい存在。(NHK版では『相棒』の伊丹刑事=川原和久さんが演じました)



↑回想シーンで19年前のお二人も登場。若い!w



↑上の立場から樋口を支える管理官=天童警視(榎木孝明)も頼れる存在。初期は寺田農さんが演じてました。



↑鑑識課の吉崎警部補を演じるのは、京都(科捜研の女)でも剛志さんと共演されてる斉藤暁さん。ここに金田明夫さんも加われば見分けがつきませんw



↑夫が殺害された事件の真相を知るためジャーナリストになった新聞記事=遠藤貴子を演じる矢田亜希子さんは、NHK版にも別キャラで出演されてました。



↑樋口係長の妻=恵子(川上麻衣子)と、娘の照美(逢沢りな)。樋口ファミリーのホームドラマにも比重が置かれてるのが、ほかの謎解き刑事物と一味違う特長と言えそうです。

『警視庁・捜査一課長』シリーズと被る要素も多いけど、もうちょいシリアスな警察ドラマで、もうちょい本格的なミステリーでもあります。

私は『一課長』の方が断然好きだけど、変化球より直球でミステリーを楽しみたい方にはこちらがオススメ。

『一課長』を含む数々の刑事ドラマにゲスト出演されて来た片山萌美さんが、いよいよ刑事役としてボインぼよよ〜ん!と活躍されてるだけでも観る価値あり!

その片山さんは言うに及ばず、娘役の逢沢りなさんも、素晴らしいセクシーグラビアを数々発表されてることが何より重要。それを載せるために私は記事を書いてますから、マジで。


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『嫌われ監察官 音無一六』2022

2022-08-10 10:55:25 | 刑事ドラマ HISTORY

2022年春シーズン、テレビ東京系列「金曜8時のドラマ」枠で全7話が放映された、テレビ東京&BSテレ東の共同制作による刑事ドラマ。

2013年から‘20までに6本が制作された2時間ドラマシリーズの連ドラ化で、我が地域では’22年夏シーズン火曜夜9時枠での放映となりました。

「警察内の警察」と呼ばれる警視庁警務部人事第一課の監察官=音無一六(小日向文世)が、刑事たちの汚職はもちろん職務怠慢にも厳しく眼を光らせ、同じ警察の仲間たちから疎まれ嫌われ、時に恨まれながらも監察官としての職務を遂行し、ついでに事件の謎も解いていきます。



10年前、一六がまだ警視庁捜査一課の刑事だったとき、ストーカー被害に遭ってる女性の対応を所轄署に任せたところ、その刑事たちの怠慢により女性がストーカーに殺されてしまった。

しかも保身のため事件そのものを隠蔽しようとする警察組織に激怒した一六は、当時の監察官に相談して再捜査を強行。

みごと犯人を挙げて怠慢刑事たちを処分に追い込み、「仲間を売った」と陰口を言われながらも自ら監察官への道を選び、警察を内部から変えていく覚悟を決めたのでした。



2時間スペシャル版の相棒役は京野ことみ、中越典子と変遷し、5作目から登場した所轄署刑事=溝呂木三花(堀内敬子)が本庁捜査一課に出世して連ドラ版も続投。ただし毎回登場するワケじゃなくセミレギュラーというポジション。



シリーズを通しての相棒は、警視庁警務部部長の警視監=千住遼子(田中美佐子)。10年前のストーカー事件で一六に協力した、当時の監察官が彼女。現在は直属の上司にあたります。



その千住警視監が「警務部長付き刑事」として捜査一課から抜擢したのが、若き巡査部長の四堂厘太郎(古川雄輝)。逮捕権を持たない一六の捜査活動を現場でサポートします。



厘太郎の父親=四堂孝文(尾美としのり)は警視庁の副総監。味方になるかと思いきや、刑事部長の七尾政和(石丸謙二郎)ともども保守派の代表、すなわち警察改革の大きな壁となって立ちはだかります。



そして幼いころに引き離された一六の実弟としてスペシャル版5作目から登場したのが、個人タクシー運転手の万丈二六(遠藤憲一)。明るく超マイペースな性格で一六を振り回し、兄弟漫才を繰り広げ笑わせてくれます。



そのニ六が副業アルバイトとして店員を務める居酒屋「みつる」の主人は、10年前の事件で一六に処分された刑事たちの1人である、二宮満(小野武彦)。今では一六に感謝し、良き友、良き相談相手となってます。



以上の人物設定を読んで頂くだけで、単なる謎解きゲームに収まらない本作の多様さ、面白さが伝わるかと思います。

ひたすら「正しいこと」をやり通す。そんな当たり前のことがなぜか出来なくなっちゃう「組織」という魔物に立ち向かい、鉄槌を下す中年(初老?)のヒーロー。

だけど決してスーパーマンじゃない、むしろ正しいことしか「出来ない」不器用すぎる主人公のキャラクターが、ちょっと前の名作『隠蔽捜査』を彷彿させて小気味よいです。



小日向文世さんが演じればこその魅力も大きく、特に盟友=堀内敬子さんとの息ぴったりなコンビネーション、遠藤憲一さんとの兄弟漫才はまさに名人芸! それだけでも観る価値は充分にあります。



セクシーショットは、一六が監察官に転向するキッカケとなったストーカー事件の被害者=里村麻衣役、ファッションモデル出身の團遥香さんと……



同じ事件に関わった所轄署刑事の1人=宮内巡査役、グラビアアイドル出身の佐藤寛子さん。お二人とも素晴らしいグラビアを残されてます! ボインぼよよんボインぼよよんボイィィ〜〜ン!


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『事件は、その周りで起きている』2022

2022-08-08 17:27:02 | 刑事ドラマ HISTORY

2022年8月1日から8月4日まで、4夜連続でNHK総合「夜ドラ」枠で放送された、コント番組『LIFE!』制作チームによる1話15分のコメディードラマ。

事件を一切解決せず、そのかわり事件の周辺で起こる刑事たちのトラブル(現場にケータイを忘れたとか、同僚が大事にしてるトロフィーを壊したとかw)にスポットをあてた、いかにも『LIFE!』でやりそうなコントの長尺版。いわゆる「シットコム」ですね。

だから刑事ドラマのカテゴリーに入るかどうか微妙なんだけど、小芝風花さんの刑事役はたぶん初なので「ようこそ!」ってことで取り上げました。

風花さんが演じるのは、山梨県警・新月警察署刑事課に勤務する、何ごとも独力で解決しがちで人に頼ることを大の苦手とする、生真面目な新人刑事の真野一花。



そんな一花のバディとなる、何ごとも効率重視で人に頼ることを一切ためらわない先輩刑事=宇田川和人に、笠松 将。



2人の上司となる気弱な警部=谷崎誠に、北村有起哉。



元・科捜研のエースで、新月署にも科捜研を設立しようと企む鑑識課員=向田舞に、倉科カナ。



そして一花に惚れてる交通課巡査=徳大寺玲央に、お笑いコンビ「蛙亭」の中野周平。



なにせ1話15分なので大したストーリーは無くw、事件も起きないから基本的には以上の5人しか活躍しません。けど、だからこそとっても観易い!

バイオレンスもエロもなく、毎回ただ突っ立って謎解きするのをグダグダ1時間も観せられるぐらいなら、いっそ刑事ドラマは全部15分にYOU、しちゃいなよ!って、私は本気で思いました。

どうしても枠を埋めなきゃいけないなら『ちびまる子ちゃん』や『サザエさん』みたいに2幕〜3幕構成にするとかYOU、しちゃいなよ!って。

こういう新しい試みはホント大歓迎! 民放はもうすっかり腰が引けちゃってるから、NHKさんに期待するしかありません。



しかしカナさんに負けず劣らず、風花さんのおっぱいもハチ切れそうですよホントに。ボインボインボイィィ〜ン!


 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする