ハリソン君の素晴らしいブログZ

新旧の刑事ドラマを中心に素晴らしい作品をご紹介する、実に素晴らしいブログです。

『アカイリンゴ』#01

2023-01-25 20:00:15 | TVドラマ全般

2023年冬シーズン、朝日放送テレビ(土曜深夜枠)とテレビ神奈川(金曜深夜枠)でスタートした、ムラタコウジ氏の不定期連載マンガを実写化した30分の連続ドラマ。他の地方でも順次放映されていくと思われます。

近未来、日本では「性行為等取締法」が施行され、セックスやセックスに関連する事項が全て違法となった! なにいぃぃぃーっ!? セックスが!? セックスが!? セックスが!?



『セトリ』こと「性行為取締官」の父に育てられた男子高校生=犬田光(小宮璃央)は、自身もセトリとなる夢を持つガッチガチのセックス否定派。なぜそんなにセックスを嫌う!? セックスを!? セックスを!? セックスを!?



ところが! 悪友に誘われてうっかり参加したパーティーが、青原(飯田基祐)という怪しいおっさんが主催する闇の乱交パーティーだった!



しかも、憧れの国民的女優である「ウチュラ」こと宇宙美空(新條由芽)がそこにチョメチョメ直前の体勢でいたもんだから驚いた!



思わず止めに入って会場から叩き出される光だけど、そこで落とした学生証をウチュラが拾い、やがて光の通う高校(それも同じクラス)に転校して来て、いきなり「セックスしよう」と迫って来ることになります。


先に設定だけ読んで、社会派のSFストーリーを想像してたら何のことはない、よくある「ハーレム」シチュエーションの少年漫画でした。だったら次回も観ようかなw

そもそも、少子化問題が深刻化してる今の時代にセックス禁止はあり得ない。単にこれは「主人公にその気は無いのに美少女たちが勝手に寄ってくる」構図を作りたかっただけ、としか思えません。

私が少年だった頃のボーイミーツガール物は、大抵おっぱいで頭がいっぱいのアホ少年が主人公で、片っ端から女の子にアタックするもフラれまくるのが定番だったと思うけど、『タッチ』とか『きまぐれオレンジロード』あたりから構図が逆転しましたよね。

そういったラブコメ物に必ずいる、喧嘩するほど仲がいい「幼なじみ」の美少女(川津明日香)も当然のごとく登場し、ウチュラと三角関係を形成することになります。



そんな都合のええ話があるかい!?って思う反面、せめてバーチャル世界でイイ想いするぐらいええやんって、そういう分野ですよね。もしかしたら深遠なテーマも隠されてるかも知れないけど、正常な男はそんなもん求めませんw

とにかく新條由芽さんと川津明日香さんがどれくらいエロエロな姿を見せてくれるか、私の興味はそこに尽きます。初回を観るかぎりは由芽さんの圧勝で、明日香さんには奮起を期待します!



ちなみにお二人とも特撮ヒーロー番組(由芽さんは戦隊、明日香さんはライダー)のヒロイン役で注目された女優さんです。


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『罠の戦争』#01

2023-01-18 00:44:09 | TVドラマ全般

2023年冬シーズン、フジテレビ系列の月曜夜10時枠でスタートした、関西テレビ制作による連続ドラマ。SMAP解散後初となる草彅剛くん主演ドラマで『銭の戦争』『嘘の戦争』に続く「戦争シリーズ」第3弾!

OBも含むジャニーズの中で、二宮和也くんと並んで私が一番好きなアクターが草彅くん。このシリーズも観てました。

どこが好きって、「静かに燃える男」をこれほどカッコよく演じられる人って(ジャニーズに限らず)今そんなにいないと思うワケです。

今回、草彅くんは国会議員(それも与党大臣)のすこぶる有能な秘書で、普段はこんな穏やかな顔をしてるけど……



愛する息子が何者かに歩道橋から突き落とされ、意識不明の重態となり、それを与党大臣から「事故だった事にしろ」と圧力をかけられ、脅されて、こんな顔になっちゃいます。



「あいつらに、教えてやる……踏みつけられたら、どれだけ痛いか! 教えてやるっ!!」

その大臣もまた上から圧力をかけられてる、ってことは相当なBIG BOSSがバックに潜んでる。けれど草彅くんはひるまない。

「弱いヤツには、弱いなりの戦い方がある!」

最初の敵となった内閣府特命担当大臣に、本田博太郎。その腰巾着の政策秘書に、田口浩正。



強い味方になりそうな二世代議士に、小澤征悦。



敵にも味方にもなりそうな厚生労働大臣に、片平なぎさ。



恐らく最大の障壁となるであろう与党幹事長に、岸部一徳。



この人が演じるからにはラスボスになりかねない、天下の総理大臣=高橋克典!



草彅くんの手足になって動いてくれる秘書仲間に、すっかり大人っぽくなった小野花梨!



その相棒となる秘書見習いに、杉野遥亮。



議員スキャンダルが欲しくてたまらない雑誌記者に、宮澤エマ。



そして誰より近しい味方となる草彅くんの妻に、井川遥!



大筋の展開は誰にでも読めます。どんなに巨大な敵が待ち受けようと、最後は必ず草彅くんが勝つ。100%ハッピーエンドに決まってます。

あえて、そう読めるように創られてるんですよね。視聴者が安心して観てられるように。『半沢直樹』や『ドクターX』を例に挙げるまでもなく、今、視聴率を稼ぐにはそれが一番なんです。ドキドキハラハラはもう要らない!

……って、新書『映画を早送りで観る人たち』に書いてありましたw つまり今の若い人たちは、主人公がピンチになったり痛い目に遭ったりするストーリーが大嫌い。勝つ場面しか観たくないワケです。

だからこの『罠の戦争』第1話も、振り返れば草彅くん自身は痛い目に遭ってない。重傷を負ったのは息子だし、大臣を罠にかけた実行犯は花梨ちゃんやエマちゃんだったりする。

若者ウケするライトノベルズなんかも、男の主人公は動かないで美少女戦士に戦わせるパターンが主流なんだそうですw 主人公(つまり読者自身)は司令を送るだけで、いっさい痛い思いをしない。

いやいや、自分が痛い目に遭ってどん底から這い上がり、特訓して苦戦して最後にやっと勝利してこそカタルシスが得られるんちゃうの?って、皆さん思いますよね? それはもう時代遅れなんですw

今の若い子らは、先にファスト映画やネタバレサイトで結末を見て、自分にとって快適なストーリーであることを確認してから本編を観る。特訓シーンとかあろうもんなら全部早送りですよ!

そんな時代を如実に反映したドラマになりそうな『罠の戦争』です。



けど、よくよく考えれば『水戸黄門』だって『サザエさん』だって、そして我らが『太陽にほえろ!』だって、国民的人気を得たのはどれも毎回ハッピーエンドが約束された作品ばかり。

安心して観てられるか、気分よく観終えられるかの方が、面白いかどうかより大事なんですよね、昔から。それがより極端になったと言うか、せっかちに結果を求めるようになっただけで。

仕事で疲れて帰った夜に観るのは、確かにそんなドラマの方がいい。一介の秘書が政府の大物たちをやっつける話なんだから、そりゃ痛快に決まってます。

我々の感性は衰え、頭がどんどん悪くなっちゃうかも知れないけどw、そこは本(大人向けの)を読むなりして補えばいい。テレビはあくまで娯楽、見世物で良いんじゃないでしょうか?


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『Get Ready!』#01

2023-01-09 14:44:06 | TVドラマ全般

日曜劇場さんがまた、おかしなことを始めましたw TBS系列日曜夜9時の老舗枠、2023年冬シーズンの新作です。

大病院がサジを投げた難病患者を、法外な高額ギャラと引換えに超ハイテク・オペで救う闇医者グループ、人呼んで「仮面ドクターズ」の暗躍を描いた令和版ブラック・ジャック!

天才的なオペ技術を持つ、半白髪の執刀医「エース」こと波佐間永介に、妻夫木聡。



オペ患者との交渉役を請け負う、国際弁護士の「ジョーカー」こと下山田譲に、藤原竜也。



そして凄腕オペナースの「クイーン」こと依田沙姫に、松下奈緒。



若き天才ハッカー「スペード」こと白瀬剛人に、日向亘。



仮面ドクターズの天敵となる、大学附属病院の剣持院長(鹿賀丈史)と、その一人娘=玲於奈(結城モエ)、その婚約者=染谷医師(一ノ瀬 颯)。



同病院に勤務する外科医の橋元(橋本マナミ)と、研修医の台場(長見玲亜)。



仮面ドクターズに見捨てられた副総理(伊武雅刀)の命令により彼らの正体を探る、佐倉課長(矢島健一)率いる警視庁特務捜査課のメンズと、紅一点の菊川刑事(片山友希)。



そして妻夫木くんが営むケーキ屋に足しげく通う女子高生に、これからブレイクしそうな若手女優=當真あみ、といったレギュラーキャスト陣。



今や刑事物と肩を並べる超マンネリジャンルとなった医療物(しかも我が天敵=日曜劇場!)なのに取り上げたのは、リスク承知でなんとか新鮮なドラマを届けようっていう、創り手の必死な姿勢が感じられたから。

それが若者層を取り込む為だとしても、毒にも薬にもならん安全パイを見せられるより全然イイ。笑っちゃうぐらい飛躍して良いんですよ! 例えばこんな覆面とか……



全てA.I.で制御された、いかにも大袈裟なオペ室とか。



タイトルの「Get Ready!」は、妻夫木くんがオペを決断したとき、そのA.I.に掛ける言葉。今どきのコンピュータなら日本語でも通じると思うんだけどw、いちいち英語で命令するのが微妙な笑いを誘うワケです。

なにせメイン演出家が『ケイゾク』『トリック』等の堤幸彦さんですから、狙ってない筈がない。

基本はシリアスタッチだけど、大病院や警視庁の連中は微妙にフザケてるし、特に三石琴乃さん扮する占い師のシーンは堤さん節が炸裂してます。



しかし主役の仮面ドクターズは、余命宣告された患者に「生き延びさせる価値があるか否か」のジャッジを下すワケだから、さすがにフザケてられません。

営業担当者として積極的にオペを引き受けたい藤原くんと、必要以上に高いハードルを課す妻夫木くんとの対立&駆け引きが毎回の見どころになりそうです。



初回は金の亡者だった若きCEO(池松壮亮)がいったんオペを断られるも、初心に戻って頑張る姿が妻夫木くんに認められ、絶望的な死の病から生還しました。

そのへんの浪花節はいかにも「いつもの日曜劇場」で、新鮮味はゼロ。先の展開は読めるし初回15分延長で間延びするしで、私は何度「早送り」ボタンを押しかけたか判りません。

斬新な内容で若い連中を取り込みたいなら、真っ先にその「お涙頂戴」システムから断捨離すべきでは? そこはホント日曜劇場が抱える深刻な病で、早急なオペが必要です。

次回もあからさまに「泣かせ」にかかって来たら、その時点で私は観るのをやめます。100%そうなると分かってて書いてますw(そこが天敵たる所以)

これまで何度も書いて来たけど、ドラマや映画で泣くのは私だって好きなんです。けど、それはあくまで結果であるべきで目的にはして欲しくない。「泣けるシーン」から逆算してストーリーを組むのはやめて頂きたい。シラケるから!

心底つまんなかったら記事にしないワケで、せっかく見所あるんだから頑張って欲しいです、ホントに。

てなワケでフレッシュなポートレートは當真あみさん、長見玲亜さん、片山友希さん。



そしてセクシーショットは勿論みんなの愛人、橋本マナミさんです!


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『アトムの童』#01

2022-10-21 00:16:36 | TVドラマ全般

2022年秋シーズン、TBS系列の日曜夜9時枠でスタートした「日曜劇場」の新作です。

前情報ゼロの状態で、とにかく『アトムの童(こ)』っていうタイトルの意味だけ知りたくて初回を観たら、不覚にも面白かったですw

けど、そこはやっぱり日曜劇場。先の展開はほぼ想像つきますから、継続して観ることは無いと思います。ただ初回をなぜ面白いと感じたか、その理由だけ書いておきます。



『アトムの童』のアトムは、風間杜夫さん扮するフィギュアの造形師が経営し、正社員がでんでん&塚地武雅の2人だけという小さな玩具メーカー「アトム玩具」のアトムでした。

で、風間さんが脳梗塞で倒れ、いきなり社長業を継ぐことになった一人娘の岸井ゆきのさんと、アトム玩具のフィギュアで遊んで育った天才ゲーム開発者の山﨑賢人くんが、それぞれ違った意味で「アトムの子供」ってワケです。



アトム玩具は経営難に陥った挙げ句に火事で全焼。そして賢人くんはせっかく開発した傑作ゲームが「裏切者」のせいで大手IT企業にパクられて、業界からドロップアウト。

そのにっくきIT企業の経営者=オダギリジョーが、今度はアトム玩具の特許を買い取って技術を奪おうとしてる!



ゆきの新社長はアトム玩具の看板を守るべく、ゲームメーカーとしての再起を決意し、二度とゲームは作らないつもりだった賢人くんを懸命に口説きます。

そう、これは負け犬たちが力を合わせて強大な敵に立ち向かう、敗者復活のストーリー。私みたいに人生負けっぱなしの小市民は、こういう話にすこぶる弱い!

しかも私はモデルガンだけでなく、マジンガーZのフィギュアもコレクションしてますから、玩具メーカーはリスペクトするし玩具マニアには共感しちゃうワケです。

ただ、ゲームはほとんどしないもんで、アトム玩具がゲームメーカーとして再起するって設定には、ちょっと引っ掛かりました。

私からするとオモチャとゲームは全くの別物ですから、いくら看板を守る為とはいえ、フィギュア一筋だった風間さんやでんでんさんが新社長の提案にあっさり賛同したのには「えっ?」って、ちょっと拍子抜けしちゃいました。さすが日曜劇場、勢いで誤魔化しよるなあってw



で、もう1つ面白いと感じたのは、大手メーカーが作らないオリジナルの玩具にこだわり続けた風間前社長と、とにかく「売れる商品」を作ることしか頭にないオダギリジョー社長との対比。

これって、両者とも日曜劇場のメタファーになり得ると思ったワケです。老舗で、何も知らずに観ても「これって日曜劇場だよね」って判っちゃう独自の作風を貫いてるのは風間さんっぽいし、とにかく金をかけて豪華キャストを集め、視聴率を稼ぐ為なら手段を選ばない感じはオダギリ社長っぽい。

私がいつも日曜劇場の悪口を書きながら、無視することが出来ない理由が今回のストーリーに象徴されてる気がしたんですね。大嫌いなのに、気になる存在。けど、だから、次回は観ないw



ポートレートは、賢人くんが住み込むゲームセンターのアルバイト店員=結衣役でレギュラー出演の、飯沼愛さん。TBSの女優発掘&育成オーディション『TBSスター育成プロジェクト/私が女優になる日』で約9000人の中から1位に選ばれた期待の新星です。


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『ロマンス暴風域』最終回

2022-08-12 23:23:09 | TVドラマ全般

基本的に恋愛ドラマは観ないんだけど、これは30分枠で全5話っていうコンパクトさが観易いのと、なにより毎回「公序良俗に反する(?)」シーンが目白押しなのが実にけしからんので、厳しく監視するため最終回まで欠かさず観ました。

意外性も多分にあったんですよね。渡辺大知くん扮する美術講師の主人公=民生が、最初は私とよく似たヤツだと思ってたのに、実は真逆で対極にいるような男であることが、徐々に判っていくんです。



ファッションヘルス店で出逢った風俗嬢=芹香(工藤 遥)に本気で熱を上げるところは共感できたし、彼女が人妻だと知りながら真剣交際を続けちゃうあたりも、まあ私はハリソン・フォードだから絶対しないけど、気持ちは理解できました。……ところが!



さあ今日も夜通し汗かいてチョメチョメするぞ!って時に芹香のケータイが鳴り、それが夫からの電話だと判った途端に「黙ってて!」って、彼女の態度が豹変しちゃうのを目の当たりにしてもなお、「キミは本当に幸せなの?」「ボクなら絶対キミを幸せにできるから!」って、民生が泣きながらすがりつく場面あたりで、私は気づきました。こいつはオレと全然違うって。

いや、彼がそこからストーカー化して彼女の家まで押しかけ、いよいよ決定的に拒絶されちゃうところまでは、共感はせずとも同情できたんです。

問題は、そのあと。絶望し、途方に暮れた民生がいったい何をしたか? 驚きました。自殺でもするのかと思いきや、なんと、新たに激安ヘルス店で出逢った、見るからに幸薄そうな風俗嬢=夏希(小野花梨)を口説いて同棲を始めちゃう! なにいぃぃーーっ!?(オナニーッ!?)



そこで完全に理解の範疇を超えたけど、まだそれだけじゃ終わらない! 夏希を部屋で待たせながら、民生は知り合った女と片っ端からセックスしていく! セックスセックスセックス!

いや、片っ端からって言うのは大袈裟だけど、同僚講師の萌(岬あかり)は民生をひと目見るなり「根拠なくモテる男」「女で言えばサセコみたいなやつ」って言い当てちゃう。で、挙げ句にまたセックス。



話が違うやん! 設定書には「非モテ男」って書いてあったから親近感持ったのに、貴様、めっちゃモテとるがなアホンダラァァーーっ!! この裏切り者があああぁぁぁーーーっ!!!



とはいえ、よっぽど性格がねじ曲がってない限り、誰にだって「モテ期」みたいな時期は、確かにある。私にだって無くはなかった。

私が「自分と全然違う」と感じたのは、そこじゃなくて、芹香にフラれてぽっかり空いた胸の穴を、ほかの女を抱くことで必死に埋めようとする、その行動ですよ!

恋愛体質ってのとはまた違うかも知れないけど、私は「常に異性のパートナーがいないと生きていけない」っていう人の気持ちが、まったく理解出来ないワケです。

パートナーとまではいかなくても、例えば男どうしで遊びに出かけた時にすぐ「女を呼ぼう」とか言い出すヤツを、私は同じ地球に生きてる人間とは思えない。



女性は好きです。大好きです。恋愛も素晴らしいし、セックスはもっと素晴らしい。今すぐKTさんとチュバチュッチュしたい!

けど……悲しいかな、パートナーがいなくても私は全然平気なんです。その理由を語りだすと長くなっちゃうから割愛するけど、複数の異性とセックスしたいなら、むしろパートナーを持たなきゃいいのに、夏希っていう同棲相手をキープしながら外でセックスしまくる民生は、もはや病気としか私には思えない。

でも、実際いるんですよね、たくさん。セックス依存症というか「恋愛中毒」みたいなヤツが、私の身近にもいましたよ。あなたの周りにもいるでしょう、きっと。

ドラマとしては、これまでモテなかった未熟な男が複数の女性と交わることで、本当に大切なものは何かを学び、大人になっていく……てなことを描きたかったのかな?



最終的には同棲相手の夏希と結婚することを民生が決意し、とりあえずはハッピーエンドなんだけど、あの男はまたやりますよw ああいう病気はたぶん、一生治らない。



結局、大学時代からの友人である理加(内田理央)とは何も起こらず、なのは良かったです。

そうすると理加っていうキャラクターの存在意義がよく解らなくなるけど、たぶん、普通に結婚してお母さんになる=一番真っ当というか「地に足のついた」人生を歩んでる彼女と対比することで、民生や風俗嬢たちの不安定さを強調したかったんでしょう。



セクシーショットは、民生の元カノとして最終回に登場した、まどか役の小林涼子さん。こんな綺麗な人と付き合ってチョメチョメしといて、どこが非モテ男なんじゃこらあああぁぁぁーーーっ!?💢💨💨💨

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする