12月31日(日)

2017-12-31 | 独り言

狭い我が家の住人の数が倍以上に増えたので、家の中は、ごちゃごちゃになり難民キャンプ状態になっている。

そして急に昼から寺の除夜の鐘の準備で出かけなければならなくなった。


その前に我が家の餅つきを行って(我が家はどうしてか?31日に餅をつく、貧乏なので切羽詰まってからじゃない餅がつけなかったのか?)


寺の人とお手伝い3人で鐘撞堂の照明(自家発電が壊れていたので、本堂の電源から給電することになり配線をやり直す)と暖を取るための焚火の準備を行う。

3時30分に終了したら「11時30分頃に燃やしますから集まってください」と声をかけられた。

オイオイ!除夜の鐘が終わるまで、オイラは当番にはいっているようだ 。


PS今年の一番の悔いが残る事はクリスマスの約束を見ること(録画することも)をコロリと忘れていたことです。

あとになって気が付いては、もう遅いのです。次女が里帰りしてきて「今年のクリ約」は、なかなか良かったよ!

と言われて、返す言葉がありません。「エ~観なかったの?何をしていたの?!」

そうなんだよね・・夫婦そろって失念するとは、どう言ったら良いのやら?・・・。

オイラ達は本当に何をして過ごしていたのだろう?思い出せないのだ。すばらしい老人力だ。



今年は色々な出来事がありましたが、最大の出来事はマメカン(おすの子猫)がやって来たことです。

まぁチクワやムギにとっては、疫病神がやってきたようなものなんですけど・・・

オイラは、子猫という生き物は愛らしい動物だということを初めて知った。

そして猫にも、それぞれ個性があり、マメカンは猫としては非常に優秀だけどペットしては最悪の猫ということになる。

さて・・・我が家にとってはマメカンは、どうなんでしょうね?微妙・・・ですね・・・。

マメカンは、殺処分場へ行くはずだったのが、我が家へやって来たのですから喜んでいると思うのですが、そんな事は知っちゃいないよね。


皆様 2017年のブログを閲覧していただいて ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

あしたへつづく

2017-12-30 | 独り言


商店街のショーウインドーや店内の鏡に映り込む自分の姿を見つけると

「年を喰ったオッサンやなぁ!」と自分自身が嫌になって「ぎょっ!」とする。


観光バスでやって来ている団体もいたが、誰一人としてデジカメを持っている人は居なかった。

すべて記念写真はスマホだった。オイラみたいにデジカメを持っている人は一人も見かけなかった。

オイラはカメラを持っていないと、何か忘れ物をしたような気分になり落ち着かないのだ。



12月30日()

2017-12-30 | 猫ボケ


きょうはバ~様がデイサービスへ送り出してから岐阜へ行ったり小牧に行ったり一日運転手でこき使われた。

どこもかしこも渋滞で、目的地の駐車場は満車ばかりだった。みんな年末は買い物をするんだね。

ハナの散歩であしたもつづく

2017-12-29 | 猫ボケ





めす犬(避妊済)の「ハナ」がめす猫(名前は無い)(避妊済)に恋をしている?ようなのだが・・・。

まぁ仲が良いのでしょうね。

威風堂々

2017-12-29 | チクワ

普段はマメカンやムギに追い詰められるので、隠れて襲われない場所に身を潜めてリビングに居るのです。



皆が帰省してきて、ポメラニアンのタヌ吉もやって来た。

マメカンはオドオドしてリビングからすぐ出て行き、ムギは完全に引きこもり状態になっている。

そのすきに、チクワがリビングに降りてきて堂々としています。「我が世の春がやって来た」という感じです。

チクワは我が家に5年もいるので、タヌ吉は無害で、人間が大勢いる状態にも成れている。



受難

2017-12-29 | マメカン
マメカンは元気になりました。尻尾がピンと立っています。
しかしタヌ吉の存在を見つけて尻尾が・・・
下がり始めて
LUMIX DMC-GX7MRⅡ f3.5-5.6/12-60mm尻尾が無くなった。

猫達の受難の日々が続きます。



12月29日(金)

2017-12-29 | タヌ吉(ポメラニアン)
LUMIX DMC-GX7MRⅡ f3.5-5.6/12-60mm

皆が帰ってきてポメラニアンのタヌ吉も帰ってきました。

タヌ吉がリビングで鎮座しているので、猫達にとっては受難の日々が続きます。

タヌ吉は猫より小さな身体ですけど、猫にとっては犬は本能的に怖い存在の動物なんでしょうね・・・?


明日へつづく

2017-12-28 | チクワ

東京に住んでいる娘たちが一斉に帰って来た。



マメカンはすこし元気になったが、物音にまだ怯えている。

そして見慣れぬ面々が居るので、こそこそと部屋の隅に逃げていきます。

ムギは、見知らぬ顔をみてパニック状態で、いつもの屋根裏部屋で引きこもっています。

チクワは、?・・・一見は動じていないようなのですが、平常心ではないような・・・まぁなんとか平常心は保っている。




ムギは隠れる

2017-12-28 | ムギ


ムギはマメカンを運んだキャリーバックを見た途端に尻尾をさげて逃げてゆきました。

ムギも長い間を左眼と回虫退治(今での時々出てくる)で病院へ通いました。

キャリーバック=病院=注射=痛いという連想が働くんだと思います。


12月28日(木)

2017-12-28 | 独り言
昨夜、マメカンが去勢手術をうけたので

朝6時半に家を出発!7時ちょい過ぎに病院へ着きました。

朝の7時になった理由は、「いつお迎えに見えますか?」と訊かれたので「朝いちばん」と答えた。

「じゃぁ前に診察していた場所で手術は行いますので、そちらの方で7時に来てください」

え~朝の7時か!と思ったが、マメカンも早く帰りたいだろうなぁと思い「分かりました」と返事をした。

迎えに行った病院では、マメカンは怒ったような、甘えたような声でオイラを呼びました。

車の中でも家に到着してからも、まったく元気がありません。

その証拠に尻尾が垂れ下がっています。

機嫌がいい時や元気な時は尻尾がピンと立っています。

麻酔が切れて痛いんだろうなぁ・・・申し訳ないなぁという気持ちです。


痛いんでしょうね・・・さかんに玉袋を舐めています。

朝と昼にマメカンが大好きなウエットのエサを食べました。

なんとなく元気になったような・・・でも物音におびえます。

PS思い出した!

昨夜動物病院でシャムネコのミックスは獰猛で長生きするよ。二匹飼っていたけど20年と23年生きたからな・・・と言ってくれた人が居ましたが

二十年も生きたら・・・オイラもうとっくに死んでいるで!こりゃもう新しい猫は飼えない年齢ということです。



池波正太郎著 鬼平犯科帳・決定版(1) 文春文庫

2017-12-27 | 独り言

オイラが鬼平シリーズを待ち遠しく思って単行本で読んでいたのが昭和40年代なので、もう約50年が経過している。

文庫本も全巻を揃えていたがいつのまにか歯抜けになり行方不明になった。

2017年版の文庫決定版は活字を大きくなってオイラには読みやすくなったが、「コンチクショウ!バカにしているなぁ」と思う。

まぁコンチクショウとおもう感情が年寄りなんだろうが・・・。

本を触っていて違和感があるなぁと思ったら、カバーは二枚してあった。

誉田哲也著 ノーマンズランド 光文社刊

2017-12-27 | 独り言

「ストロベリーナイト」に始まる姫川玲子シリーズの最新刊です。

本書を読んで年末は過ごそうかと思っていたがもう2/3以上読んでしまった。
☚2018年1月5日3刷りと記載がある。来年刊行の本が本屋さんの店頭に並んでいた。

去勢

2017-12-27 | マメカン

可哀想ですが、マメカンは今日夕方に動物病院で去勢手術を受けます。一晩お泊りで明日の朝に迎えに行きます。

何事も自然のままが一番良いのですが・・・。

雪が降ったり止んだりしながら継続的に降っている。なんとも嫌な陰気臭い天候です。

チクワ

2017-12-27 | チクワ


チクワは、今年の冬から小さな電気カーペットのうえで一日を過ごすようになりました。

チクワは冬になると咳をします。

それは5年前に我が家にやって来た時も咳をしていました。

それで動物病院へ連れて行きました。

診察の結果が右の肺は膿が溜まっていることと猫エイズに感染していたことです。

「長くは生きれないね・・・でも5年生きている猫エイズの猫もいるからね、こればかりは分からない。普通の猫と比べれば長くないね」

チクワは我が家にやって来てから5年半になります。

チクワはマメカン・ムギのおす猫どもに追っかけまわされているが、一日でも長く生きてほしいと思っています。




12月27日(水)

2017-12-27 | 独り言



今季、はじめての雪が積もった。ありがたいことに、もう融けはじめている。

玄関のドアを開けたら、ドアクローザーがカチカチと異様な音がして壊れた?・・・この寒さで凍ってしまった?

オイラが一か月前に取り替えたばかりなのに?・・・。?ドアを開けっぱなしにして仔細に点検したらネジが緩んでいた。

良かったなぁ・・・しかし開けっ放しは寒い。





OLYMPUS TG5

オイラは濡れても平気な防水カメラOLYMPUS TG5を持っているのでこういう時にこそ使わなくっちゃと思いポケットに忍ばして

今年最後の資源になる不燃物を集積場まで出しに行った。しかしまた雪が降って来た!寒い!こりゃ駄目だ!一目散に帰って来た。