ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「幸せのちから」

2007年02月01日 | 映画関連
趣味の一つが映画鑑賞で、これ迄に数多くの作品を観て来た。読書傾向が濫読派ならば、映画に関しても”濫観派”と言って良く、ホラー物以外は食指が動くままにジャンルを問わず観まくっている感じだ。そして困った事に、所謂B級作品”や”ニッチ作品”と称される物も結構好物で、堪らなく愛情を覚えてしまったりする。邦画で言えば「宇宙からのメッセージ」(出演者”は”豪華!)や「北京原人 Who are you?」、「シベリア超特急シリーズ」(欽ちゃんをも軽く凌駕する滑舌の悪さと、蛭子能収大先生だってこれ程酷くは無いだろうと思わせる演技力を、スクリーンに撒き散らしている”主演”の水野晴郎大先生の素晴らしさ!)、洋画で言えば「死霊の盆踊り」や「BLUE」*1(デレク・ジャーマン監督が、自身の生命をも奪う事になったエイズをテーマにした作品。テーマの重さは伝わって来るのだが、何しろ最初から最後迄の約70分間、画面に映っているのは青一色のみ。其処にナレーションや音楽が被せられているという、かなりの異色作。)等が好き。

そして今気になっている作品の一つが、GWに公開予定の「ゲゲゲの鬼太郎」。ウエンツ瑛士君が鬼太郎を演じる実写版で、映画館内に貼られているポスター類を目にする度に「早く観たい!」という思いが募っていたのだが、不覚にもツバサ様の記事を拝読する迄、公式サイトに予告動画がアップされている事を知らずに居た。こちらのTRAILER(特報)をクリックして戴くと予告動画が見られるのだが、予想していた以上に期待させる内容。ウエンツ君の鬼太郎姿もなかなか様になっているが、特筆したいのは室井滋さん演じる所の砂かけ婆が絶品!又、目玉のおやじの声をアニメ版と同様に田の中勇氏が担当し、御馴染みの主題歌が使われているのも嬉しい。(どうやら今回はウエンツ君が歌っている様だが、個人的にはオリジナルの熊倉一雄氏バージョンで御願いしたかった。)一般上映が待ち遠しい。

話はガラリと変わるが、前評判の高かった映画「幸せのちから」を公開初日に鑑賞。その惹句が「全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。」と在る様に、ホームレスの日々から這い上がって億万長者となった実在の人物クリス・ガードナー氏の半生を描いた実話との事。

*****************************
恵まれない家庭環境で育ったクリス・ガードナー(ウィル・スミス)。彼は骨密度を測る医療機器のセールスマンをしているのだが、大量に仕入れた機器は高額故にサッパリ売れず、やがて一文無しの身に。家賃や税金が払えなくなり、家計を支え続けて来た妻リンダ(タンディ・ニュートン)は彼に愛想を尽かし、5歳の息子クリストファー(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)と共に家を飛び出してしまった。しかしクリスは妻の元を訪ね、クリストファーを連れ戻す。28歳になる迄実父と会えなかった彼としては、どんな事が在っても息子だけは自分の手で育て上げたいという強い気持ちが在ったのだ。

毎朝、息子を保育所に送り届けてから医療機器のセールスに励む彼だったが、売上はサッパリで、遂には家賃を滞納していたアパートから追い出され、駐車違反の罰金も払えず、留置所に入れられたりしてしまう。そしてそれ以降は駅のトイレで寝泊りしたり、教会の無料宿泊施設に並んで一夜のベッドを確保するクリス父子。

或る日セールスの為通りを歩いていたクリスは、赤のフェラーリから颯爽と降りる高級スーツの男に見とれ、思わず声を掛けてしまう。「仕事は何を?どうすればそうなれるんだい?」その男は株の仲買人で、彼曰く「学歴が無くとも、証券会社の養成コースを受講すれば正社員の道が開ける。」と。成績はクラスで1番だったものの高校卒業で社会に出たクリスは、「これで自分の人生が変わる。」と養成コースを願書を提出するのだが・・・。
*****************************

定員20名の養成コースに参加出来たものの、コースを完了する迄の長い期間は一切無給の上、その中から正社員に選ばれるのはたった一人という厳しい現実。愛する息子の為に、何とかどん底の生活から這い上がろうと必死のクリス。毎日のコースが終わると相変わらず医療機器のセールスに奔走し、その後は駅のトイレや教会の無料宿泊施設でクリストファーの面倒を甲斐甲斐しく見ながら、寸暇を惜しんで勉強する彼の姿に、思わずほろっとしてしまった。

「不幸な人間には、更にこれでもかという程の不幸が覆い被さって来る。」というのは現実社会でも良く在る事だが、クリス父子の場合もその例に違わない。不幸の中にも一筋の光明や人の優しさが盛り込まれるのがこういった作品では常だが、そういった所も無い。最初から最後の数分迄、父子の強い絆や情愛は痛い程伝わって来るのだが、不幸で在り続ける展開。余りにも哀し過ぎて、途中で教会が登場した際には、「○○の教えを信じた御蔭で、自分は成功への道を歩み出せました。」といった某プロ野球監督のCMの様な展開になるのだろうか?と真剣に思った程。(幸○の科学の様に、宗教アニメを製作&一般上映している組織も在る事だし。

この作品を観た新聞記者が、「名作『自転車泥棒』のシーンを彷彿とさせる作品。」と評していたが、これは結構当たっているかもしれない。父子の深い情愛、生活苦からもたらされてしまった哀しい現実等は、「自転車泥棒」と重なる部分が在る。

又、クリストファーを演じた子役はウィル・スミス氏の実子という事だが、表情の変化が豊富で且つ非常に自然なのが良い。愛くるしい表情のクリストファーが涙を浮かべるシーンでは、思わず抱き締めたくなる程だった。

ストーリー的には然して起伏は無く、貧しい日々を淡々と描いている。その辺はやや物足りなさを感じたが、最後に幸せを掴み取った父子の姿には自然と頬が緩んでしまった。同伴したおねえちゃんは「観て良かった!」とかなり感動していたが、自分の総合評価はどうしても拭えなかった物足りなさをマイナスして、星3.5個としたい。

*1 「BLUE」と言えば、渡辺真知子さんの曲「ブルー」が好き。他にも「迷い道」や「かもめが翔んだ日」、「たとえば...たとえば」、「唇よ、熱く君を語れ」等、彼女の曲には心に沁みる名曲が多い。又、”彼女の時代”が来て欲しいもの。

コメント (7)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« 20年間○○の無かった男 | トップ | 好景気と言うけれど・・・ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (kenko)
2007-02-01 11:16:11
Cnoteのkenkoと申します。
TBありがとうございました。
ウィル・スミスとその息子君の自然な演技はとても素晴らしくて感動しましたが、
同じく私も、ストーリー的に少し物足りないものを感じました。
やっぱサクセスストーリーだと分かってしまっているから?でしょうか。

私も (マヌケ)
2007-02-01 23:49:35
B級作品、ここ最近で記憶にあるのは「少林サッカー」「東京ゾンビ」「ゾルタン星人」「エビボクサー」「ドッジボール」・・・「東京ゾンビ」などはそのタイトルからは分かり様がないのですが、格闘技映画でした。 「ドッジボール」においては「挫折して落ち込むくらいなら目標など持たず気楽に生きたい」などという少しヒネタ主人公のセリフに笑えました。 デブのジャック・ブラックがプロレスのファイトマネーで貧しい子供に施しを行うメキシコ版タイガーマスク、ナチョスなんとかも見に行こうかどうしようか真剣に迷いました。 「ダークマン」を製作したサムライミがB級の定義は概ね予算であって脚本やストーリーはB級と言えどもAクラスに匹敵するものが多いと語ってました。 予算の関係でサムライミ自身が移動撮影のカメラをアシスタントとともに手で押したり、そういうところをB級と言うんだと。 B級映画ばんざい!
自転車泥棒? (帆印)
2007-02-01 23:50:49
この映画は、ちょうど高校1年生の頃。
遊びつかれて帰宅後、お決まりの夜更かし深夜放送でなんかやな感じだなぁ。下らないと思いつつ、見入ってしまった映画だ。当時の高校は毎日日記を書くという習慣のある学校で、思わずその映画の感想を書いて、初めて担任にAをもらったことがある。その映画を見終わってから、土曜の夜にバイクで走り回ることを、おのずから少なくなったのが、俺の人生かな。
イタリア映画の名作だね。それに似ている映画であるならば、この映画を見に行って俺の人生もまたかわら・・・ねえよなぁ。
10代の頃はご多分に漏れず俺も多感だったのだ。(笑)
おひさぁ、お元気ですか。相変わらず内容が濃いですね。私のほうはポンコツPCを弄りすぎてブログのほうはおろそかになりましたが、まあ新しいPCに生まれ変わりました。なんか、こんなことにはまりそうな自分が怖い。PCを直すなんて一生できないと思ってましたが、意外と楽ですね。お勧めです。
>マヌケ様 (giants-55)
2007-02-02 01:18:48
書き込み有難うございました。

B級作品、良い所を突いて来られますねえ。「ゾルタン星人」以外のタイトルを判ってしまう自分も自分ですが(笑)。

B級作品と言ってもマヌケ様の書かれておられる様に、「予算面が潤沢では無いという境界線だけでB級と称されていて、内容面では超大作を凌駕する作品。」も在るんですよね。出演者の名前だけに頼っていたり、一寸したブームに乗っかって製作しただけの様な”やっつけ仕事”的な作品は、ハッキリ言ってB級の称号を与える事すら自分は嫌です。又、仮に駄作で在ったとしても、其処に製作者の熱い”何か”が見られる作品で在れば、自分は良い意味でB級作品と呼びたいです。
Unknown (晃弘)
2007-02-03 15:40:29
こんにちは(^_^)
この映画を見て感動しました。
途中でストーリーの流れがうまくつかめないところがあったものの、
「幸せ」について考えるきっかけになりました。
ルービック・キューブや電話番号の暗記など、
ちょっとしたことから幸運を引き込んでいったところも、
実話というのが信じられないほど素晴らしいストーリーでした。
>晃弘様 (giants-55)
2007-02-03 17:22:20
書き込み有難うございました。

最近は作品内容も良く判らないまま、インスピレーションだけで映画を見に行く事が結構在り、実はこの作品も「どん底の生活から大成功を収めた人物の実話らしい。」位しか知らずに見に行ったんです。

それだけが理由では無かったとは思うのですが、目の前でルービックキューブを完成させた事が、成功を引き寄せるファースト・ステップになったとも言え、人間の運命ってどんな事で変わって行くのか判らないものだなあと感じました。クリスの場合は勿論頭脳の明晰さ(電話番号を覚えるシーンでは、てっきり忘れてしまって就職がおじゃんになってしまうという展開なのかと踏んでいました。)も然る事乍ら、人の縁が人生をプラス方向に導いて行った気がします。

良い作品なのは間違いないですね。

今後とも何卒宜しく御願い致します。
こんにちは (カオリ)
2007-02-18 13:21:21
単なるサクセスストーリーと取っている人が多いと思うんですが、この映画のポイントはもっと違うところにあるんじゃないかと。
貧乏って、貧困って、こういうことで、それは今の日本だってそうだよと思いました。
TBさせてくださいね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

37 トラックバック

幸せのちから (八ちゃんの日常空間)
父親としての不甲斐無さを感じ地下鉄のトイレの中で涙を流すシーンはウイル・スミスのアクションスター脱却への第1歩を感じさせる名場面。しかしながら主人公に感情移入できずに涙がこぼれなかった…。意外。
「幸せのちから」 The pursuit of Happyness  (俺の明日はどっちだ)
無一文のホームレスから株式仲介人になり、やがて独立起業して億万長者になった男の実話を描いた映画というと、いかにもアメリカンドリーム! サクセスストーリー! といった感じで、しかも舞台は80年代、何をいまさらという気がしないでもなかったのだけど、これが思っ...
幸せのちから (ネタバレ映画館)
骨密度測定器があの値段だったら安いぞ・・・probably
『幸せのちから』 (試写会帰りに)
とにかく、リアル! 実話がベースという事もありますが、観ていて痛々しいとかではなくて、クリスの貧乏、挫折や度重なるアクシデントが、まるで自分の事のように胸に刺さってきて、 身につまされてしまいます。 クリスのような貧乏生活に、いつか自分がそうなるかもしれ...
ポジティブ思考の成功例。『幸せのちから』 (水曜日のシネマ日記)
実話をベースにした、ひとりの男性のサクセスストーリーです。
幸せのちから (とんとん亭)
「幸せのちから」 2007年 米 ★★★★★ 文句なしにいいです。 私、こういうお話大好き。 あのヒョーキンなイメージが強いウィル・スミスが何処までやってくれる んだろうか? あらすじも大方わかってしまっている(予告でね^^)期待と不安が入り 混じ...
幸せのちから (★YUKAの気ままな有閑日記★)
超セレブの父子が、全財産21ドルの父子を演じるのか。。。普段エイリアンやロボットと闘っているウイル・スミスが貧乏と闘うなんて想像もできないけれど、オスカーの主演男優賞にノミネートされているという事はレオ君のライバルだし。。 チェック~【story】サンフラン...
『 幸せのちから 』 (My Style)
土曜日は 『 幸せのちから 』 を観た。 ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた 実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた感動作。  骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てる クリス(ウィル・スミス)は、大儲け...
幸せのちから(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
最近の劇場予告ってすっごくよくできてるよね。 コレも予告観てゼッタイ観ようと思った映画なんだけど、な~んだかアレ? ってな声があちらこちらから・・・。 おし! 自分の目で確かめよう! ってことで「幸せのちから」観てきたよ。 ( → 公式HP  ) ...
「幸せのちから」 (塩ひとつまみ)
久しぶりに映画の感想です。 ホームレスから億万長者になった クリス・ガードナーの実話を元にしたサクセス・ストーリー。
幸せのちから / The pursuit of Happyness (我想一個人映画美的女人blog)
"全米が泣いた実話に早くもアカデミー賞が動き始めた!" なぁんて謳っちゃって、またぁ。って感じなのですが。。。 泣かせようというわざとらしい感動作だったら嫌だなーと 全く期待せず観て来た{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 地味~なタイトルが、あんまり「観たい!...
幸せのちから (C note)
なかなか名前を覚えられない、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスくんに胸
貧乏っぷりは丁寧だが・・・ 「幸せのちから」 (平気の平左)
評価:65点
幸せのちから (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「暖かいベットも、パンを買うお金も、ママもなくしたあの日。」幼かった僕と父は、まだ見ぬ“幸せ”を求めて走り出した。悲劇は突然やってきた。81年、サンフランシスコで医療機器のセールスをしていた僕の父。努力家で知能指数が高いうえに、誰からも好かれる性格で...
幸せのちから (Akira's VOICE)
夢を支えるのは身近な存在!
「幸せのちから」みた。 (たいむのひとりごと)
「ルービックキューブ」 は、3面クリアがやっとで投げ出した(^^;) 今も”オセロゲーム”や”百人一首”とともに実家の押入れの中でバラバラなまま眠っていることだろう。壁の”マジック・ジョンソン”のポスターには思わず目が釘付け!ああ、懐かしい
幸せのちから (悠雅的生活)
 君がいるから。君と生きていきたいから。
幸せのちから (Alice in Wonderland)
今日は1日の映画の日、いつもはがらがらの劇場も多くのお客さんが入っていていつもの指定席である丁度真ん中の席に座る事は出来ませんでしたが、ウィル・スミスと息子の熱演に観ている私も力が入りました。  81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何よ....
「幸せのちから」観ました。 (Cinema Chips ブログ版)
「幸せのちから」を観ました。この映画は1980年代のサンフランシスコでホームレス状態から億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーと言う人のエピソードを基に描いた作品です。もちろん映画的にドラマチックに脚色がされていて...
幸せのちから / The pursuit of Happyness (我想一個人映画美的女人blog)
"全米が泣いた実話に早くもアカデミー賞が動き始めた!" なぁんて謳っちゃって、またぁ。って感じなのですが。。。 泣かせようというわざとらしい感動作だったら嫌だなーと 全く期待せず観て来た{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 地味~なタイトルが、あんまり「観たい!...
映画『幸せのちから』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
この映画はホームレスまで余儀なくされた当時1歳の息子を持つクリス・ガードナーとい
幸せのちから (UkiUkiれいんぼーデイ)
逆境をバネに再起した男! ウィル・スミスなのに、ジ~ン。。。 主人公クリス・ガードナーってほんとに不運というか、間の悪い人間っていうか、なんかねぇ観てて「あらら」とか「おいおい」って感じることばかり。 まず、売れると思った骨密度を測る医療機器...
幸せのちから(映画館) (ひるめし。)
この手は、離さない―――
映画「幸せのちから」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「幸せのちから」 ホームレスから億万長者となった実在の人物、クリス・ガードナーの実話に基づく映画。 実話に基づく・・・ということは、最初から答えはわかっているし、途中の苦難も報われる日が来ると思って見ているので、どんなにお涙頂戴のサクセススト...
★「幸せのちから」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日二本立て鑑賞の2本目。 1本目は「愛の流刑地」。
幸せのちから 2007-04 (観たよ~ん~)
「幸せのちから」を観てきました~♪ サンフランシスコに住むクリス(ウィル・スミス)、全財産を投資して買った骨密度測定器を病院にセールスする仕事をしていた。大ヒットすると思った商品だったが、売れ行きはさっぱり、日々の暮らしにも困っていた。ある日、株の仲...
『幸せのちから』頑張るお父さんにエール♪ (銅版画制作の日々)
これは主人公クリス・ガードナーのサクセスストーリーではないクリスが子どもとともに全財産21ドルから立ち上がった、実話に基づいた作品である。。幸運の女神から見離され、すべてを失ったガードナーが唯一愛する息子を手離すことは出来なかった。サンフランシスコの片隅...
幸せのちから (利用価値のない日々の雑学)
「人間万事塞翁が馬」という故事成語がある(ちなみに「人間」は「じんかん」と読み、人間のことでなく世間一般のことを指す)が、このサクセス・ストーリーはそもそも骨密度測定器を購入するという大馬鹿なことを起こさなければ、成功には繋がらなかったとと、逆に買わなか...
幸せのちから (古谷千秋の食い倒れ日記)
最近起業した友人にすすめられていた映画『幸せのちから』を観てきた。
幸せのちから(06・米) (no movie no life)
ただのサクセスストーリーとはとらなかった。 サンフランシスコで医療機器のセールスをやっていたクリス(ウィル・スミス)だが、機器が売れず、働けど働けど貧乏な生活。ある日、家賃が払えないためにとうとうアパートを追い出され、妻も出て行った。そこから、クリス...
【2007-25】幸せのちから(THE PURSUIT OF HAPPYNESS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない──
『幸せのちから』 (京の昼寝~♪)
この手は、離さない   ■監督 ガブリエレ・ムッチーノ■脚本 スティーブン・コンラッド■キャスト ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ    □オフィシャルサイト  『幸せのちから』 1...
「幸せのちから」観ましたが・・・ (Mahina☆スピリッツ)
昨夜も、節約デート ラーメンを食べて、映画を観に行って来た ラーメンは、太田にある麺之介にて コシのあるツルツルの青竹手打ち麺。ちょっとうどんみたいな食感で好みが分かれるかもしれないけど、わたしは好きだなぁ スープ、チャーシュー、味付け卵ともに、...
映画 幸せのちから (よろず茶屋 )
遅くなりましたが・・・。久しぶりに家に居た休みだったので、前に観たこの映画の感想など。 がんばれお父ちゃん!!と叫びたくなるような、地味だけど、静かな感動を呼ぶ良品でした。 「クレイマー・クレイマー」を思い出しました。 いちばん注目だったのはウィ...
幸せのちから (Neville’s notebook・・・ “Full of movies.”)
2月23日(金)鑑賞の映画レビューです。
幸せのちから (映画鑑賞★日記・・・)
【THE PURSUIT OF HAPPYNESS:2007/01/27公開】製作国:アメリカ監督:ガブリエレ・ムッチーノ出演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ホウ1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器...
幸せのちから (Screen saver☆)
基本的に一生懸命系に弱いのと 最近、子供ネタにも弱いということもあって かなり覚悟して観たのですが。。。 最後、号泣しました(*T^T)ズルズル いやぁ~お恥ずかしい。ほんと一人で観てよかった(笑) もおぉ~この貧乏のやるせないジブンへの悔しさと憤り感...