東京学生マンション 管理人常駐 フルリール練馬

東京で初めてのマンション生活をしている学生と、卒業までの間親戚になったつもりでおそばで見守っている夫婦の日記

マンションの自慢は学生さん

2019年11月28日 | 日記



東京の冬といえば青い空と
静電気パチパチが定番なのですが
今年は東京らしさがありません。

加湿器が欠かせない程乾燥して
皺対策もいろいろたいへんですが
今年はまだ湿度はたっぷりでお肌にはよいようです。

明日は朝から晴天の様ですから お洗濯日和となりましょう。

あと少しで今年も終わろうとしています。

今年は あれは大変だったなんて事も思い出せないほどです。
たとえば
真夏の夕立で 干しっ放しの布団が濡れてしまい
毎年粗大ごみに数枚は出るのですが
今年は一枚も無かったようです。
大きな脚立と物干し竿を持って布団をベランダから降ろしたり
ご実家に電話をかけて
『雨で布団が濡れるからお部屋に入って布団を取り入れてもいいですか?』

そんなことも一度もありませんでした。

それに 宅配でいろんなものが送られて来ても
お部屋の中に段ボールをため込んでいて
引っ越しの時になって大量の段ボールを出すことも無くなりました。

『段ボールは虫の住処になりますよ。』とアナウンスをして来た
その成果がようやく出始めたようです。

学校に行くとき・コンビニに行くときいつでも気が付いた時に
ゴミも段ボールも持って出て
エントランス脇のごみ置き場に置いて出ていく姿を見かけます。

どれだけゴミを出されても他のマンションとは違い
匂いも無く綺麗になっているのは
スタッフが常に目配せしてしているのは勿論ですが
学生さん一人一人が驚くほどキチンとしてるからです。

見学にお出でになった方も
その後ご両親が遊びに来た折でもいつでも
ゴミは落ちていない
自転車置き場もどこもすっきりしていて気持ちがいいと思います。

だからスタッフも掃除のし甲斐があると好循環になっています。

マンションの自慢は学生さんです

これからもよろしくお願いいたします。


 

コメント   この記事についてブログを書く
« ペンより重いものは持たない人が | トップ | やっと東京の冬空です »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事