隠岐から発信!森林・林業普及情報

隠岐地方の森林・林業情報をお届けします。

隠岐地域の森林を守るためにご協力をお願いします!

2010年09月22日 | お知らせ
近年、島根県を含む全国の森林でドングリの木が枯れる被害が拡大しています。
(林野庁の調べによると、全国的にH21年度は前年の1.7倍の被害があるとのこと)



この被害は、病原菌である「ナラ菌」をもった「カシノナガキクイムシ」という小さな昆虫が別の木に侵入することで拡大する病気で、通常「ナラ枯れ」と呼ばれています。



現在、隠岐地域での被害はありませんが、いつ隠岐地域に入ってきてもおかしくない状況にあります。

被害を防ぐには「カシノナガキクイムシ」が入っている被害木を隠岐地域に持ち込まないようにするしかありません(たとえばシイタケのほだ木など)。

隠岐地域の森林を守るため、皆さんのご協力をお願いします。

なお、被害木の特徴は次のとおりです。
■枯れるのはコナラ、ミズナラ、シイ、カシなどのドングリのなる木です。
■枯れ木は8月頃から発生し、紅葉が始まる時期まで目立ちます。
■この病気によって枯れた木は、枯れ葉が枝についたまま枯死するのが特徴です。
■枯れ木には、高さ2mまでの幹に小さな穴がたくさんあり、根元には粉状の木くずがたくさん落ちています。




このような木を見つけたら、隠岐支庁農林局(℡08512-2-9647)まで連絡してください。

また、ナラ枯れ被害の詳細については、県HPを参照ください。
http://www.pref.shimane.lg.jp/shinrinseibi/nararuikosihigai.html
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 隠岐島前森林復興公社10周... | トップ | 島前地域の森林復興について... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
がんばって (藤田)
2010-12-20 18:20:05
林業普及blog更新がんばってください★彡

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事