隠岐から発信!森林・林業普及情報

隠岐地方の森林・林業情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

隠岐産材のブランド化に向けた森林認証取得

2019年04月08日 | その他

 平成31年3月1日隠岐の島町及び町内の林業事業体が隠岐島後地域の森林を対象としたSGEC森林認証(※1FM認証及び※2CoC認証)を取得されました。複数の森林所有者を対象とした森林認証取得は、今回が県内初の取組となります。このため3月15日隠岐の島町で「森林認証書」の伝達式及び記念講演が開催されました。  

隠岐の島町役場で行われた伝達式では、まず島根県隠岐支庁農林局 田和局長より隠岐の島町FM認証グループ酒井会長に認証書が伝達されました。

次に島根県隠岐支庁農林局 田和局長よりCoC認証を取得した隠岐島木材業製材業協同組合 西田代表理事に認証書が伝達されました。

 隠岐の島町 池田町長あいさつ。

関係者一同で記念撮影。 今後、同認証により隠岐の島町から認証材の出荷が可能となり、地域林業の一層の活性化が期待されます。

認証書の伝達式に続き、NPO法人 活木活木(いきいき)森ネットワーク理事長 遠藤日雄氏による記念講演が開催されました。

講演では「隠岐島後地域の林業成長産業化モデルを考える」という演題により、鹿児島県大隅地区の事業体等連携事例が紹介され、隠岐島後地域の林業成長産業化のあり方について提起がありました。隠岐島後地域(隠岐の島町)は、平成30年度に林業成長産業化モデル地域に選定されています。講演では聴講者との意見交換もあり今後の取組方向を議論する良い場となりました。

 記念講演は、隠岐の島町内から林業関係者を中心に60名の参加がありました。

※1 FM認証                                           適切な管理がなされている森林を認証するもの。 町有林及び町内5事業体により今回の認証森林面積は9,767.49ha。

 ※2 CoC認証                                      認証材が森林から加工・流通過程を経て最終ユーザーの手元に届くすべての段階で管理されていることを認証するもの。

コメント