隠岐から発信!森林・林業普及情報

隠岐地方の森林・林業情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海士町で森林体験学習を実施しました。

2007年12月07日 | お知らせ

今年度、水と緑の森づくり税を活用し実施されている隠岐島前森林組合の「島の森林づくりは海づくり」事業の一環として、11月22日(金)、海士町で森林体験学習が行われました。

参加してくれたのは、海士町福井小学校の全校児童と海士中学校3年生、ボランティアの大学生など総勢約100名です。小学生は植樹体験、中学生・大学生は間伐・枝打ちと植樹を体験しました。

 

まずは、小学生の様子です。

始めに「なぜ木を植えるのか?」について勉強しました。

紙芝居「みーもくんの冒険」が登場です。真剣に聞いている子供たちです。

紙芝居 子供たち

森林の働きについて勉強したあとは、学校林に移動して植樹を行いました。

支庁の林業普及員の説明を聞き作業開始です。

穴を掘って抵抗性クロマツのポット苗を植えていきます。

植樹の様子 植樹の様子 

最後に記念撮影!

記念写真

 

続いては中学生・大学生の様子です。

こちらは、福井小学校学校林に隣接する町有林に集合し、間伐・枝打ち体験を行いました。

支庁の林業普及員から間伐の大切さと作業の注意点などの説明を受け、慎重に作業を行います。

説明

 

間伐作業 枝打ち

 

このあと場所を移動してクロマツの植樹も行いました。

記念撮影

 

参加した子供たちの声です(後日アンケートに答えてくれました)。

  • 山と海が友達ということがわかった
  • 木を植えるのが楽しかった 
  • 大きくなるのが楽しみ
  • 森林の大切さがわかった
  • 間伐は結構大変だった
  • また体験してみたい

  

実際の体験を通じて森林や林業についての関心を深めてくれたようです。

コメント

第3回しいたけ栽培講習会を実施しました

2007年12月05日 | お知らせ
 12月1日に隠岐の島町の「隠岐島文化会館」で、しいたけ栽培の未経験者または初心者が対象の講習会を昨年度に引き続き開催しました。 約50名の参加者がありました。  講習会では、隠岐島後地域が、古くからしいたけ栽培がたいへん盛んで、高品質な乾しいたけがたくさん生産されていたこと、比較的湿度が高く気候的にもしいたけ栽培の適地であること、しかし、中国産輸入の増加による価格低迷や生産者の高齢化で生産量は低下してきていること。一方で、近年は、国内産原木しいたけが、肥料や農薬を使わない安心、安全で、おいしく、体に良い機能性成分が含まれ見直されていることが説明されました。
 この講習会は、隠岐島後地域のしいたけ生産の復活を目指した取り組みの一環として、新規参入の候補者発掘のために、広く一般の方を対象とした未経験者、初心者のための講習会として開催しています。 今回の受講生の中から、1人でも多くのしいたけ生産者が誕生することを期待しています。
コメント