隠岐から発信!森林・林業普及情報

隠岐地方の森林・林業情報をお届けします。

林業事業体交流スポーツ大会及び親睦会が開催されました!

2019年01月17日 | その他

 平成31年1月12日(土)、隠岐の島町総合体育館 レインボーアリーナにて、林業事業体交流スポーツ大会が開催されました。

 隠岐島後地区では現在、「隠岐(しま)の木出荷共同体」として一致団結し、島外への隠岐産材出荷に取り組んでいます。共同体加盟事業体同士の親睦や結束を一層深め、さらなる隠岐産材の供給加速化に繋げるため、そして日頃から運動不足気味な県林業普及職員等、事務作業に従事する職員たちの健康増進を図るため(?)、今回のスポーツ大会は開催されました。

  

 競技は、安全性に優れ、かつ年齢・性別問わず楽しめる「ソフトバレーボール」。くじで参加者を5チームに振り分け、トーナメント形式で試合を行いました。中には、優勝チームには豪華賞品が授与されると聞き、目の色を変えて試合に臨む参加者も…。

 鋭いアタックや強烈なブロックなど、数々の好プレーだけでなく、手元で大きく揺れ動くサーブなどソフトバレー特有の珍プレーも続出した本大会。くじ引きで作った急造チームながらも、一試合を終えるごとにチームメイトとの連携が強まっていることを感じました。

 

 

 

 

 さて、動き回ってお腹も空いた夕方。

 林業総合センター木木館で、第2部の親睦会が開催されました。

 親睦会では、先に開催されたソフトバレー大会の優勝チームの表彰や、豪華賞品をかけたビンゴ大会も行われました。

 お酒が入って会話も弾む。普段できないような話もしながら、事業体間で交流を深めている様子でした。

 

 

 県内で原木需要が高まっている中、隠岐産材の安定供給体制を確立することは、隠岐地域における林業の活性化に不可欠な要素です。こうしたイベントを皮切りに、一層の原木供給力の強化に繋がることを期待しています。

 

  

コメント