ダプール・バリ 神々の島の台所

インドネシア・バリ島から愛をこめて。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラゴンフルーツ

2014-12-20 23:14:37 | バリごはん&食材・スパイス・ハーブ
英語で別名「Pitaya」、中国語で「火龍果」、インドネシア語(バリでも同様)で「Buah Naga」。
Buahは果実、Nagaは龍の意。
メキシコまたは中南米の熱帯雨林原産。
果肉は白・ピンク・真っ赤、といろいろです。

バリ島ではここ2〜3年で、やたらと流通するようになりました。
初めは敬遠していたバリのご婦人たちも、見た目の色がきれいなのでよく供物に使うようになりましたね。

以下、画像とともにWikipediaより。



『アルブミン、アントシアン、ブドウ糖、リン酸、ポリフェノール、食物繊維、カロチン、カルシウム、鉄、
ビタミンB1・B2、ナイアシン、ビタミンCなどが含まれており、健康食品として注目されている。
赤肉種に含まれる色素は天然色素として染料や口紅などに使われ、衣服などに付着すると落ちにくいので注意が必要である。』
(抜粋終わり)

サボテン科だけあって、成り方もインパクトがありますねえ。



(画像は http://thaiseeds.com/seed-shop/fruit.html より拝借)

食べた事がある方は誰もが感じると思いますが
お味の方は・・・むー、ほのかな甘み、というか、味がないというか。

先日のガルンガンでも供物用に買ったのですが、最後までお下がりとして残っていた(人気なし)ので
カットしてフルーツサラダにして家族に食べさせましたが・・・(黒い粒々=タネです)



子供たちはドラゴンフルーツだけ残してありました(涙)。
「身体にいいから食べろ」というのは子供には通用しませんねえ。
(ちなみに「身体に悪いから食べるな」も通用しません。笑)

お供え用に買う果物は、真っ赤なリンゴや鮮やかなオレンジは確かに見栄えがいいのですが
いずれもアメリカとかアフリカとかからの輸入品で、特に防腐剤が心配なことから、私は数年前から買うのをやめ、
なるべくインドネシア国内で採れた果物を買っています。(農薬は使っているのでしょうが・・・)
でもこのドラゴンフルーツは丈夫なので農薬なしですくすく育つんですって。
これでもっと美味しかったらいいのになー。



晴れのち曇り、時々雨のバリより
愛をこめて。








さて。

2014-12-16 01:14:18 | 音楽
日本は選挙が終わりましたね。
これからどうなっていくんでしょうか。

バリはガルンガンの準備に大わらわです。

 

さてさて。
最近、妙にハマってしまった曲がふたつあります。

掌に小宇宙 - Crimson


マイクロコズム「落とし蓋」


正直言って、以前から日本のバンドはあまり興味がなかったし
しかも歌詞がほとんどわからない歌い方、って、どうなのよ?
とも思うのですが・・・
映像の作り方も面白いし、なぜかツボに大ハマりです。


さてさてさて。
実はいま、ここにぜひ書きたいと思っていることがあります。
とても重く、ダークな内容です。
やっぱりちょっといろいろ下調べをしないといけないので
記事にするにはまだ時間がかかりそう。

とりあえず、明後日のガルンガンまでバリ嫁修行に集中します。

(ちなみに影武者は16日、17日、18日と三日間、ガルンガン休みをいただきます。
 ご不便をおかけいたしますが、どうぞご了承下さいませ。)

初公開!面なしテレック

2014-12-14 01:10:49 | 日々雑記
先日11日のお料理教室。
四名様のご参加で賑やかに開催しました。



最後のスイーツに至るまで気持ちいいくらいモリモリと召し上がって下さったYさん、Tさん、
お料理好きなお母さま、そして二回目の受講のMさん、どうもありがとうございました。
今回もよくしゃべり、よく笑い、楽しい時間をご一緒させていただきました。

さて、ちょっと前の記事に書いた、ウチのバンジャールで婦人会のメンバーが踊った仮面なしの「TELEK」。
DVDに録画したのが回ってきたので、テレビ画面を撮った画像ですがお見せしちゃいます。

まず、本来のテレックの踊りで被るのはこんなお面です。



遠目で見たら普通に仮面つけてるように見えますが・・・



あれ?



あれれれ〜?



爆笑。
バリ芸能に詳しい方は、テレックを「面なし」で踊ることがどれほどイカレたことかご理解いただけるはず。
前代未聞の偉業(?)を成し遂げた、わが婦人会のメンバーを誇りに思います。



今日は雨も降らず、暑い一日でした。
バリより愛をこめて。

ドゥダルとトッケーの災難

2014-12-11 16:28:10 | 日々雑記
先週末から、日が暮れた7時くらいになると「ドゥダル」が大量発生しています。



以前はこの羽虫を「ウスバカゲロウ」だと思い込んでいましたが、実は「シロアリ」の一形態なんですって。
木材や土の中でコロニーが発達すると、その一部の成虫が「生殖虫」となって羽を生やし、
巣から一斉に飛び立って、羽を落とすと同時にカップルになり、新しい巣を作る場所を探すのだそうです。

バリ語の「ドゥダル」は、シロアリの羽アリ(生殖虫)のことを指し、インドネシア語で「Laron」。
巣の中にいる羽のない形態の「シロアリ」は、バリ語で「Tutani」、インドネシア語で「Rayap」。

さて、昔からこのドゥダルの群飛は雨期の始まりを告げる風物詩でした。
おそらくこの大量発生は、ほんの一週間程度で終わるはず。
ヒトには何も危害を加えませんが、羽虫の苦手な方はこの時期を避けてバリに来られることをおススメします。

以下、テキストと図は関東白蟻防除株式会社のホームページより。



『シロアリは建築物や樹木、農作物などを加害する害虫として知られていますが、
世界中に生息している2260種シロアリのうち、 建築物などを加害するものは53種にすぎません。
他の多くは森林地帯に生息し、枯れた木材や落ち葉を食物とし、物質循環に大きな役割を果たしています。
特に熱帯地方では地中に網の目のようにつくられる トンネルが、
水分や通気など土壌条件の改良に非常に重要な働きをしており、
地球環境という視点にたてばなくてはならない益虫なのです。』
(転載ここまで)

ふ〜ん、人間にとって「自分の家の木材を食べちゃう害虫」でも、
シロアリの立場から見ればそんなこと関係なく、ただ生きるために必要な分の木を食べてるだけなんですよね・・
たまたまそこにあった木材が人間の「家」だっただけで、「駆除」という名の大量殺戮に遭ってしまうなんて、
シロアリにとっては災難そのものですね。

そしてWikipediaで見てみたら、ショッキングな事実が・・・!!!
(以下、抜粋、転載。赤色は私が勝手につけました。)

『体の大きさや巨大な群れを作る社会性昆虫であることなど、
アリとの共通点が多いが、アリとシロアリは全く異なった昆虫である。
アリはハチ目(膜翅目)の一員で完全変態を行う昆虫であり、幼虫は蛆(うじ)のような形態をしている。
一方、シロアリはゴキブリ目(網翅目)に属する不完全変態の昆虫である。
シロアリでは幼虫も成虫によく似た形態をしている。
社会の仕組みについて、アリは雌中心で女王と不妊の雌である働きアリ(職アリ)で構成され、
雄アリは一時的にしか生じないのに対し、
シロアリでは生殖虫(女王・王)、働きアリ(偽職アリ)、兵アリ(兵隊アリ)などの階級それぞれに雌雄が含まれている。
シロアリの雌生殖虫(女王アリ)は結婚飛行を終えてコロニーが発達してくると、
腹部がソーセージのように異様に発達した、他の階級個体とは大きく異なる産卵に特化した外形に変化する。
熱帯に分布する大型のものでは体長5cmほどで1日に5万個の卵を産むものもある。』
(転載終わり)

ゴキブリの仲間!!!
階級がある!!!
あの大量群飛は「結婚飛行」!!!
一日に5万個のタマゴ!!!


面白いですねえ・・・。

さて、もうひとつの災難は、このトッケーのおチビさん。
昨夜、車で帰宅途中、フロントガラスの端っこから何か怪しい影が真正面に移動してきて・・・



おそらく、影武者の駐車場で木の上から車に落ちたか、タイヤから上ってきたか。
車道で振り落とすのも可哀想なので、超ノロノロスピードで家まで帰り、
車から降りて見たら、健気にもちゃんとボンネットの上に張り付いていました。



わざわざニュー・クニンからバトゥブラン下りまでお連れしてしまい、
ご本人にとってはさぞや災難だったと思います。
どうか我が家で無事に生き延びられますよう。



曇り空で涼しい毎日のバリです。



11月28日のデモ

2014-12-10 01:31:02 | ベノア湾埋め立て問題・Tolak Reklamasi
またまた久々の更新となってしまいました。
11月28日にデンパサールで行われた「ベノア湾埋め立て反対」のデモの様子をご紹介します。
この日はなんと、千人以上の参加者が集まったそうです。
画像とスピーチのコメントはツイッター・オフィシャルアカウントBali Tolak Reklamasi @ForBALI13 から。

             

音楽隊も!

   

おチビちゃんたちも!

  

埋め立て反対のテーマソングでおなじみ、NOSSTRESSのMan Angga君もスピーチ!
「このデモのために俺はバイクのガソリン代や何やかや、5万ルピアくらいは今日、使ってる。
 でも、そんなこと平気だ。俺たちのバリの未来を(埋め立てによって)失うことに比べれば、5万ルピアなんて!」
 


そしてあのSuperman Is Dead のジュリンクも!(ほーら、私の読みは当たっていた!)
「埋め立て推進派の汚いやり口を許すな!ヤツらを地獄へ!いいか、みんな、反対して闘い続けるんだ!!」
(さすがパンクスの鏡です)



なんと埋め立て反対の絵柄を足に刺青した人も・・・



バリは来週のガルンガンを控えて祭礼シーズンに入り、デモはちょっとお休みモードに入っているみたいです。
そんなこんなであっという間に年末ですね。

【オマケ画像】
キュアーのロバート・スミス!(笑)



こっちが本物でーす。似てるでしょ〜



(だんだん地が出てきちゃったなー・・)




バリ島ウブドの情報はここ!

【APA? インフォメーション・センター】 お宿・アクティビティやスパのご予約、トランスポートなど、日本語で安心&快適滞在をお手伝いします。