山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

つゆいり

2021年06月14日 | 我が街
本日、関東甲信地方では梅雨入りしたとみられると発表がありました。昨日の<梅の実>から<梅>つながりで、なんとなくタイムリーな感。(^^;)
関東以西では5月中に梅雨入りしてしていて「今年の梅雨はどこにいっちゃったのかなぁ?」なんて・・・それもそのはず平年より7日遅い梅雨入り。

事務所の窓にからみつくナツヅタ 乾いた日が続いていましたが今日はしっとりと云った感。 GRⅢ イメージコントロール:ビビッド EV:-0.7 ノートリミング

夏を思わせる暑い日が続いていた、ここ宇都宮界隈も昼頃に雷を伴う強い雨が降って、今日は過ごしやすい一日となりました。
今週末から梅雨前線が本州付近に停滞して、シトシト雨のふる梅雨空になるようです。


-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

梅の実

2021年06月13日 | 雑感
日曜日、朝の散歩道から・・・
今年は冬の頃からブログネタに登場することが多いかなぁ?と云った<貝殻公園の梅の木>←今年は1月からネタになっていました。
開花の様子を気にしていたせいなのか、実のなる様子も気になってしまって・・・。(^^;)

見上げると葉の間には緑色の梅の実がなっています。ほんのり赤みがある実もあります。 GRⅢ ポジフィルム調 適宜トリミング。

子供のころから「青い梅の実は食べちゃダメ!食べると死んじゃうんだから!」と親から聞かされてきました。
青梅には「青酸配糖体」という成分が含まれていて多量に摂取すると下痢や嘔吐を起こすとのことですが、漬ける、干す、完熟させることで成分が抜けます。
なので梅酒や梅干しにして食べたことはありますが、完熟した梅の実をそのまま食べたことはありません。
理由は熟した梅はあまり日持ちせず、すぐに傷んでしまうため完熟した梅の実はあまり市場には出回らないそうで、梅の場合は追熟しても生でおいしく・・・とはいかないようです。


樹の下には熟した梅の実がたくさん・・・。(^^ GRⅢ ポジフィルム調 ノートリミング。

果実は樹上で熟すほどに甘みが増え、渋みがうすくなり、樹上で完熟し自然落下したものは果実としては完全体!おいしいそうです。
そして、完熟した梅の実は、ほんのり甘い素朴な味だそうですが・・・チョット食べる勇気はありません。(^^;)


-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

絵画保存

2021年06月11日 | あけぼのこども園
ここのところ暑い日が続いている宇都宮周辺、予報では今日も気温は30℃になりそうですが、事務所の温度計は早くも27℃を表示しています。

軒線を見上げるお馴染み?写真で始まる<あけぼのこども園>の現場からのリポート・・・なんとなくフォーマットも定まってきました。(^^

既存部の解体工事がほぼ完了して仮設の外部足場組立、養生シート張りが進んでいます。 GRⅢ ポジフィルム調 ノートリミング。

内部では遊戯室の既存仕上の撤去工事が進行中。ローリング足場が組み立てられて既存の照明器具などの撤去が行われています。

足場越しに見えるのは遊戯室背面の壁に飾られている大型の油絵。先代の園長先生の恩師の方が描かれて園に寄贈されたものだそうです。
建物の竣工当時から飾られていたと考えるとおよそ45年くらいということになりますが
絵の中に登場しているキャラクターや全体的な退色の具合などを見るとそこまでは経過していなさそう。(^^;)

今回の改修工事にあわせて絵画をどのようにしましょうか?・・・と。
「思い出のあるものなので簡単に処分していいのか?」「改修にあわせて絵画の修復をしたほうが良いのか、費用はどれほどなのか?」
工事関係者も含めて色々と協議しましたが、「これだっ!」という方法が見つかりませんでした。

結論は「写真撮影して保存しましょう」ということに決定。

絵画を前にして、写真撮影の依頼を進める園長先生。 GRⅢ ポジフィル調 カメラ内現像。

描かれた絵画はなくなりますが、写真に残しておくことで時間の経過や思い出はフィルムやデーターの中で残っていくことになります。(^^)


-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント

体感温度指数

2021年06月08日 | 我が街
今日の宇都宮は予報通り気温が上がって、昼頃の事務所の温度計は30℃を示しています。体感温度指数は90
体感温度指数は、温度、湿度、風などのデータを元に計算した指標で、10の防寒着が欠かせない寒さから、外に出ると猛烈に暑さを感じるという、100まで
ちなみに90は<外に出てみるとかなり暑いなぁ>・・・今夜は冷や奴でもと云った感です。(^^;)

かなり暑いなぁ・・・となる前に所用で出かけたついでに

シロツメクサ 

そしてタンポポ

そろそろ本格的に暑くなりそうです、ブログをご覧になっている皆様、くれぐれも無理せずに御自愛ください。(_ _)


-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

あじさい

2021年06月05日 | 写真
昨日の<アメノヒモード>の続きで・・・ 
 
アジサイ GRⅢ 適宜トリミング

コメント

アメノヒモード

2021年06月04日 | 写真
昨日出掛けた日光、中禅寺湖

いろは坂を上り始めた時に晴れていたのに、湖畔に到着する頃には写真のような曇り空に・・・

そして今日は、先月の記事<オキヨメ>でお伝えした現場では「丁張り(ちょうはり」、丁張りとは工事を始める前に建物の位置を正確に出す作業のこと。
雨の中での地鎮祭だったからのか?今日も予報通りの雨模様。(^^;) 

水杭(みずぐい)を<DISTANCE TO HORIZON> のアングルで・・・GRⅢ カメラ内現像 ポジフィルム調
マイセッティングモード<アメノヒ>で・・・ホワイトバランス:曇天 コントラスト:+2 コントラスト(明部):+4 コントラスト(暗部):-4 明瞭度:+4

ずっと否定していましたが、そろそろ<雨男>を認めないとならないかも?・・・(^^;)

ところで、話は変わって・と ←認めたくないから無理やり話題を変える。(^^;)
皆様、本屋さんで本を買うときに何を重視して選んでいますか?
私の場合、本についている<帯>に書かれてるキャッチフレーズが気になって、手に取っているようです。
昨日、本屋さんでこんな本を見つけて、ムムッ、て感じで手に取って

「日本には目の醒めるような色がある!」ってところに目がいって「105点の写真に息づく105色の日本の伝統色」っていうところに魅かれて、即購入!
日本の伝統色を写真でつづるという内容で、美しい光と色をとらえた写真の見応えは勿論ですが、伝統色の解説も読み応えとも十分と云った感。
著者の北山建穂(きたやまたてほ)さんは、栃木県日光市出身で撮られている写真が身近に感じられるところも私にとっての魅力でもあります。
本屋さんで、この帯を見つけたらぜひ手に取ってみてください。<アメノヒ>には、おススメの一冊です。(^^



-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント

青々

2021年05月31日 | 写真
若葉そよぐ香りに春から夏へ季節の移り変わりを感じて・・・

休日の昨日、昼過ぎの散歩日で・・・GRⅢ ノートリミング カメラ内現像 ポジフィルム調

眩しい日差しにカメラを向けて、ほぼノーファインダー状態で・・・あれっ、思ったところにピンがいってない。(^^;)


-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

とちあいか

2021年05月29日 | 家中のすまい
毎年この時期の楽しみになってしまいました。
「今年の収穫が終わりましたのでハウスへどうぞ!」とお誘いいただいて今年で5年目になります。

今朝、お言葉に甘えて暑くなる前にハウスへお邪魔しました。 以下写真はGRⅢ 


初めてハウスへお邪魔させていただいたとき幼稚園に通っていた子供たちは二人とも小学生になって・・・
でも今でも「ねえねえ、マコちゃん・・・」と駆け寄ってきてくれます。元気な二人に会えるとっておきの楽しみまでついてきます。


今年から始めてみましたという「とちあいか」と云う品種で、酸味よりも甘みといった僕好みのイイ感じ!
毎年お誘いいただきまして、ありがとうございます。(^^


-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

月蝕

2021年05月26日 | 雑感
先週とはうって変わってさわやかな空模様が続いているここ宇都宮界隈。
近畿・東海地方では平年より20日くらい早い梅雨入りということでしたが、この様子だと関東以北の梅雨入りは例年並みとなりそうかなぁ?と・・・(^^


今朝の散歩道から、青い実、山椒の実をチョットハイキーで GRⅢ ノートリミング ポジフィルム調 EV+3.0

伝え聞く今朝のテレビニュースでは、今夜は太陽・地球・月が一列に並ぶことで起こる皆既月蝕。
国立天文台によると、月が地球の影に完全に入り込むが真っ暗になって見えなくなる訳ではなく「赤銅色(しゃくどういろ)」に見える。
これは太陽光の波長の種類により、波長の長い赤い色の光が大気を通過し弱めながらも届くために赤黒く見えるとのこと。
太陽、地球、月の並びで月が照らされて見えることがイメージできなかったのですが、大気がレンズのような役割を果たして
太陽光が屈折され地球の影の内側に入りこみ月を照らすという訳です。ちなみに、太陽・月・地球が一列に並ぶのが日蝕。

今夜は天候にも恵まれそうなのでオレンジ色の月を眺めてみましょうかねェ。


-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント

再会

2021年05月23日 | BAND
先週日曜日の記事でお伝えした<ミヤ・ギグ_2021>、コロナ禍の中ではありますが無事に開催されました。

私事ですが、会場で幼なじみの懐かしい友人との再会などもあり楽しい一日でした。
再会したその彼は中学生の頃にバンドを始めた仲間で、ボランティアで会場係をしているということで、ステージ写真を送っていただいたのが↓


前回ギターの話が出ましたが、ヤマハSGVを持ち出した理由は、3人の抱えているギターに注目して写真をご覧になるとわかっていただけるかなぁ?と
それぞれのパートがありますが、バンド仲間なんだから一度持っているギターの形を揃えてやってみよう!といったところだったのでした。(^^

あいにくのスッキリしない空模様の中、ブログをご覧になって応援に駆け付けてくださった皆様、この場にてお礼申し上げます。まことにありがとうございました。(_ _)


-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント

オキヨメ

2021年05月21日 | 仕事
朝の天気予報通りで雨の中での地鎮祭。

神職が祝詞をあげている時が雨のピークだったかなぁ・・・(^^;) 写真はGRⅢ カメラ内現像 

「せっかくの地鎮祭なのに・・・」と雨模様を残念がりますが、そもそも雨は生活や農業になくてはならないもの。
天からの恵みである雨によって土地が祓い(はらい)清められて着工する事ができるというのは地鎮祭としては縁起が良いということで。(^^


-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

五月雨

2021年05月21日 | 雑感
5月ならば<五月晴れ>と云った空模様が続くはずなのに今年はチョット違っているようで・・・今日のタイトルは<五月雨>
写真は今朝の散歩道から3点ともGRⅢ ノートリミング

駐車場に出来た水溜り、シトシトと ポジフィルム調 EV-1.3


水溜りに映ったフェンスに近づいてみると水滴。ポジフィルム調 EV-1.0


今年初めの紫陽花、こちらも例年より早めかなぁ? ポジフィルム調 EV-1.0

<五月雨>を辞書で調べてみると、梅雨時にとぎれとぎれに降る雨、旧暦5月に降る雨なので6月の雨のはず、五月雨も様相を変えているような気がします。(^^;)
今朝の天気予報では、五月雨のように優しい雨ではないようなので要注意!で。

-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

ミヤ・ギグ_2021

2021年05月16日 | BAND
いつになく設計事務所らしい(?)話題が続きましたが、今日は日曜日と云ことでチョット軽めのネタで・・・。(^^;)
今週末、5月22日(土)、23日(日)の二日間で、第42回宇都宮市民芸術祭軽音楽祭が開催されます。
やわらく云うとミヤストーリートギグ、略して「ミヤギグ」、省略するのはあまり好まないんですが「ミヤギグ」が一番シックリするようです。
四つの会場で約90組のバンドが二日間にわたって開かれるストリートギグ、ジャンルも様々でロック、ポップス、アコースティック、R&B、昭和歌謡まで!


ここのところステージで使っていた、フェンダーのストラトキャスター(写真右)は前のリードギターの方から譲り受けたもので、ずいぶんと手に馴染んできたところですが
今回は20年近く使ってきた、ヤマハのSGVを引っ張り出して使ってみることにしています。 写真はGRⅢ ポジフィルム調 EV-1.3

で、ここからは告知で、我がバンド「ジョイフルノイズ」は5月22日(土曜日)、14:55から、うつのみやララ・ステージ、トナリエ屋上(駅ビル)に出演!
ということで、お忙しい方もそうでない方も、週末はオヤジたちの鳴らすサウンドを聞きにうつのみやララ・ステージ(トナリエ屋上)へ!


-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント

完了検査

2021年05月14日 | 湖畔のゲストハウス
小雨に煙る水面に浮かぶ釣り船から始まる湖畔のゲストハウス、現場からのリポート
昨日は消防設備、仮使用認定のための完了検査の立会いのために日光市中宮祠の現場へと・・・

第二いろは坂を登り始めたころから降り始めた雨は止むことなく湖畔からの眺めは当ブログではお馴染みの景色(^^;)と云った感。

検査は午前中の消防検査から・・・消防設備の完了検査は日光市消防本部によるもので、

上の写真は自動火災報知機の動作の確認を行っている様子、検査中は火災報知器を作動させるたびに警報ベルが鳴り続きます。
消防検査と同時に保健所による検査も行われて現場はかなり盛況!と云った感。
検査は指摘事項もなく無事に終了、予定していた時間よりも早く終わって、さて午後の検査までどうする?と

午後の検査までの時間は事務所による完了検査を行って無事に終了。
完了検査とはいっても開業の準備や残りの工事がありますので、もうしばらく「現場」のままです。

据え付けられたレベルがチョット邪魔ですが(失礼!)客席からの眺めはなかなかのものですよ。(^^)v

午後からは日光市役所の建築住宅課建築審査係による仮使用認定の完了検査。
仮使用の検査と云っても通常行われている完了検査に準ずる検査ということで、工事写真や関係書類の確認から始まり
間取りの確認、界壁の設置状況の確認、換気設備、非常用照明の動作確認、外壁・屋根の確認、そして敷地の状況確認等など・・・
そして仮使用時の工事関係者の動線の確認まで時間にして約2時間くらいの検査でした。
変更になった個所と図面の整合の報告をということだけで、大きな指摘事項はなく建築の検査も無事に終了。
立会い・説明に追われていたため写真を撮る余裕もなくて、白熱した(?)検査の様子は残念ながら撮れませんでした。(^^;)

という訳で小雨降る中禅寺の現場を後にしました・・・対岸からの現場を(←チョットわかりづらいかも)

よく「山の天気は…」と云われますが現場に来た時の晴れの確率は五割くらい、やっぱり<雨男>なのかなぁ。(^^;)
でも、静かな湖畔からの眺めっていいもんですよ!と負け惜しみ気味に・・・。

-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント

着手前

2021年05月12日 | あけぼのこども園
ゴールデンウィーク直前に工事請負契約をすませた<あけぼのこども園>では、契約を受けて仮設準備工事が進行中。
改修工事なので仮設の準備が整うと、解体工事、壊すところからが本格的な工事の始まりということになります。
昨日は着手前の第1回目の定例打合せのために那須塩原市へ・・・。


写真は昭和49年に竣工した園舎の特徴的な軒線を見上げて GRⅢ ノートリミング ポジフィルム調 シャドー補正
現場からのリポート写真にも度々登場しそうです。(^^; 契約工期は9月末を予定。またしばらく那須塩原へ通うことになります。


-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント

<豊郷台のすまい>完成見学会 ご参加ありがとうございました

新型コロナウィルス感染症への対策が続く中でしたが<豊郷台のすまい>完成見学会を開催し無事終えることができました。 お越しいただきました皆様、まことにありがとうございました。 詳しくはこちらから… -山形建築研究所-ウエブサイト