山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

覆面の下には・・・

2009年12月07日 | 平松本町の家
先週の記事では<覆面>をかぶっていたキッチンですが、その正体が明らかに!

プロレスの世界で覆面は、地味なレスラーが着用して注目を集めるという興行的目的で使われるようですが、
どうやら今回の覆面は使われ方が正反対だったようです。その正体は、かなり<派手>な印象のようです。

このキッチンは、トーヨーキッチンのアウトレットで、Iさんが、はるばる岐阜まで出向いて購入したもの。
Iさんいわく、『アウトレットの倉庫に展示してあったときは、もう少し地味だと思ったんですが・・・』なんて。
そう言いながらもIさんは、覆面をとったキッチンをながめて、ご満悦のご様子で。(^^)


黒い床のコルクタイルの上に浮かび上がるキッチンセットは、かなりクール! GRデジタルⅢ ノートリミング


コメント

覆面

2009年11月30日 | 平松本町の家
引越しを来週に予定して、いよいよ大詰めとなってきた<平松本町の家>
Iさんが<トーヨーキッチン・アウトレット>で購入してきたキッチンのセットが搬入、取付け完了となりました。
ただし、養生のためのダンボールが張られていて<覆面>状態ですが。(^^;
現場は、多くの職種の工事が重なり、かなり混雑しています。


<覆面>をとった表情は、果たして・・・? GRデジタルⅢ、ノートリミング


コメント

黒い壁

2009年11月13日 | 平松本町の家
着々とリフォーム工事が進行している<平松本町の家>
真っ黒に塗られた壁は、前回、防音の様子を紹介した<音楽室>の壁
・・・エッ、<真っ黒>と思われる方もいらっしゃると思いますが、
いえいえ、まだこれは下地の段階で、このあと真っ黒い壁がどんな風になるのか?お楽しみに。(^^)v


日が暮れるのが早くなった今日この頃、現場は仮設の照明をつけての作業が続いています。 PENTAX optio S-40 ノートリミング

コメント

現場は進んでいるのに

2009年10月23日 | 平松本町の家
リフォームの工事が進む<平松本町の家>ですが、工事の進捗にあわせて設計変更も進行中。(^^;

リフォーム工事なので、それなりの変更は付き物?と思っていたものの、工事の進捗に図面修正が追いつかない状態!
追加図面を<描いては出し>を繰り返しながら、現場の進捗を見ているものの、まさに『尻を叩かれる』とは、このこと。

そんなこともあって、事務所に居るより<現場>と・・・どこかで聞いたような台詞だけど。問題を解決できるのは<現場>


既存のトップライトにあわせて、『この壁が、ここでぶつかって・・・』と現場指示で出来上がった<光の筒>


楽器(サックス)の練習のための部屋『音楽室』の防音のための壁の仕様。これは現場指示でなく、図面での指示。
遮音材取り付けるための壁断面。


当事者だけしか解らないと思いますが、床下地の合板に描いた詳細確認のためのスケッチ。 3点ともGRデジタルⅢ。

描いた人しか解らないような、文字や数字、そして、このような走り書きは、どなたの家にも必ずあるはずですよ。
描いた人も忘れてしまって、しかも、ずっと住んでいる人も知らないような・・・


コメント

バルコニー越しに窓から!

2009年10月06日 | 平松本町の家
今日は、<平松本町の家>の現場打合せで、工事進行状況のリポートを。
店舗併用住宅の2階部分のリフォーム工事ということで、資材の搬入にも一苦労の現場。


4メートルの梁を、レッカーを使って2階バルコニーから搬入している様子です。 GRDⅢ、ノートリミング。

写真左側<赤と青のクルクル>をご覧になって、お解りかと思いますが1階の店舗は、そう<床屋さん、BARBAS>
今日は火曜日でお店はお休み、その日を狙って大型資材の搬入といことで、今日は、他にもユニットバスを搬入。

まだまだ、大型の資材を搬入する予定で、レッカーとバルコニーにはお世話になりそうです。
コメント