山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

取材風景

2018年04月21日 | クマさんのすまい
2015年秋の竣工から、早2年半が経つ<クマさんのすまい>、今日は午後から雑誌の取材でした。
それにしてもきれいに住まわれているご様子・・・取材のために片付けたとおっしゃっていましたが、おかげで撮影もテンポよく進んだようです。

玄関から土間、<借景の開口部>を撮影中・・・をGR DIGITAL Ⅳで撮影。

撮影がテンポよく進む要因は機材がデジタルカメラだからだろうなと、傍で見ていて思いました。
大まかに決めた位置にカメラを置き、モニターで記者の方と共に確認して構図や小物の微調整をして本撮影。
フィルムでの撮影とは断然スピードが違う、という印象です。
カメラもデジタル一眼ではなくミラーレスの時代・・・フルサイズミラーレス!
写真家の方が持っていたのは、ソニーα9・・・遠目に見えた数字は、7でなく9だったよう(たぶん)
「ミラーレスに切り替えている写真家が最近多いんです、キャノンやニコンでも今年中にミラーレスに参入する予定ですよ」とのこと。

話題がカメラの話になってしまいましたが、そんなこんなで撮影に要した時間は2時間も掛からず。
その後、住まい手であるクマさん、君島建築社長と私へのインタビューがあって、3時間ほどで全て終了!となった取材だったのでした。
どんな写真になるのか? 楽しみ!
この<クマさんのすまい>が掲載されるのは、今年の7月頃の予定とのこと。
とちぎの住まいづくり vol.39 工務店のちからという特集記事でとりあげられる予定です。
書店で見かけたりしたら、ぜひご覧下さい・・・で、立ち読みじゃなく買って下さいね。(^^)v


そんな取材の合間にクマさんの暮らしの様子が垣間見れる風景をと・・・GR DIGITAL Ⅳ

竣工時の姿が全てで後は「我、感知せず」という建築家もいらっしゃるようですが
私の場合、設計した家に「暮らし」が入ってはじめて住宅は形になると考えています。
そんな様子を想像しながら、意図してデザインもしているので、こうやって引越しされて新しい住まいに慣れて
少し落ち着かれてから拝見できる機会があると、改めて「ああ、できたんだなぁ」と思えて、それがまた嬉しくも感じます。(^^)


-山形建築研究所-ウエブサイト

コメント

見学会報告

2015年09月07日 | クマさんのすまい
天気の具合が心配だった完成見学会。
日曜日は予報通りの雨模様となってしまいましたが、無事、見学会を終えることができ、ホッ。(^^)v

ご参加いただいた皆様にはこの場にて、改めて、御礼申し上げます。
また、この度の見学会開催をご快諾いただいた住まい手<クマさん>にも、改めまして、御礼申し上げます。ありがとうざいました。m(_ _)m
両日とも午後の盛況時には用意したスリッパが足りなくなるくらいの盛況ぶり・・・皆さん、行動する時間帯はほぼ同じなようで。


空の様子が気になるのか?深い軒先を見学される方が多数いらっしゃいました。GRデジタルⅢ 適宜トリミング。

日曜日午後からの雨は、『ちょっとの雨でも深い軒に守られた室内の心地よさは・・・』なんて説明にはピッタリのシュチエーションでした。(^^)
<見学会を終えるころには、『ちょっと』とは云えない雨になっていましたが・・・(-_-;)>

さて、さて、完成見学会を終えたとはいえ、まだちょこまかした工事は残っていますし、外構、植栽工事など、これまた住まい手Kさんによる施主工事が続きます。
さらには新居へのお引越しと・・・バトンは住まい手に渡され、一段落の今ではありますが、まだまだ<クマさんのすまい>の住まいづくりは続くのでありました。
コメント

日本の美しいもの

2015年09月04日 | クマさんのすまい


『日本の美しいものを残していきましょう』と云えば誰もが同意してくれるでしょう
いや「和の心」だけが残ればいいでしょう・・・という考え方もあると思います。
でも、それだけではこぼれ落ちてしまうものがあるのでないでしょうか。

数々の木の造作、畳、障子、ふすま、左官の壁、床の間や調度品。
それらを可能にしていた職人の技術、材料を生産する仕組み、背景となる自然環境。

和室ならではの行事、行儀作法、しつらえ。そして光や空気の質、音、におい、手ざわりなどの見えないもの。
そういったものの多くが、「古くさい」「機能的でない」として捨て去られてはいないでしょうか?
時と共に、人々の暮らし方や考え方が変わってゆくのは当然のことです。古いものには不自由さや引き継ぎたくない因習もあったでしょう。
しかし、その過程で失いたくないものまで、捨て去ってはいないでしょうか。

『和の心』に目を向けることで、これからのものづくりの方向性がみえてくるかもしれません。
そんな思いを込めた<クマさんのすまい>です。
コメント

完成見学会のご案内

2015年08月27日 | クマさんのすまい


昨年着工した<クマさんのすまい>が、いよいよ9月上旬に竣工を迎える運びとなりました。
つきましては、住まい手である<クマさん>のご好意により完成見学会を開催することになりました。

のびやかな深い軒のラインをもつ平屋建てのすまいは必見です。
この機会にぜひ見学会にお越しいただき、快適に過ごせる住空間をじかにご体感ください。 皆様のお越しをお待ちしております。


<クマさんのすまい> 大平下の平屋 完成見学会
設計監理:山形建築研究所  施工:君島建築

日時:9月5日() 6日() AM10:00〜PM5:00
場所:栃木市大平町西山田(ぶどう団地)

参加ご希望の方はメール(携帯メール不可 但しPDFファイルが閲覧出来る場合は可)にて
『クマさんのすまい見学会参加希望』とご明記の上、お名前・ご住所・連絡先・お電話番号・参加人数をご連絡下さい。
折り返しメール(PDF)にて会場への地図等を記載したご案内状をお送りいたします。
皆さまからのお申込みをお待ちしております。
なお、見学会へのご参加は無料です。また、時間予約等も不要ですので、上記時間内にご自由にお越し下さい。

お申し込み・お問い合わせ先
山形建築研究所 〒320-0043 宇都宮市桜5-2-7 鈴木ビル2F
TEL 028-638-5775 FAX 028-638-5072
E-mail: ymgt@snow.ucatv.ne.jp

コメント

にぎやかな現場

2015年08月11日 | クマさんのすまい
建築会社決定!の打ち合わせの後は・・・<クマさんのすまい>の現場へ
工期が残りわずかとなったこちらの現場ではお盆休み前にできるところまで進めたいところです。
いくつかの職方が一緒に入っている現場はとても賑やかな様子です。


すべての開口部に設けられる障子の建て込みが始まったところです。 GRデジタルⅢ ノートリミング。
建て込んだ様子もさることながら、この後障子紙を張られた様子も楽しみな現場です。
コメント