山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

愛でる思い

2019年04月04日 | 豊郷台のすまい
一昨日の記事<花冷え>とうって変わって今日は午前中から穏やかな春の日となった我が街。
寒かったり暖かかったりして、いつ頃が見頃のなるのか予想が難しい今年の桜です。そんな桜のように体調をくずしている方も多いようで…。(^^ゞ
毎朝花びらの様子をうかがいながら、今週末には花見でも…なんて思っています。

おかげさまで、この時期ブログのネタに困ることがなくて・・・GR DIGITAL Ⅳ ホワイトバランス:白熱灯 適宜トリミング

そんな穏やかな春の日、車を走らせ北上!
我が事務所で手掛け、4月2日にリニューアルオープンをした<サンライズスポーツクラブ>にお祝いのご挨拶。
その後、板室温泉<山喜>へ向かったのは、現在設計を進めている<豊郷台のすまい>のご夫妻をご案内するため。
外壁に使った杉板や左官仕上のテクスチャーを見てみたいというリクエストにあわせて、山喜、山口さんの快諾を得て見学させていただいたのでした。

写真は浴室をご覧になっているところ・・・せっかく見学さていただくのなら外壁だけじゃなく内部の様子も…と、案内役は山口さん。(^^
建物の案内はもちろんのこと、出会った時のことや設計を依頼した経緯など懐かしい話や、脇で聞いている本人がむずがゆくなる様な話まで
この後、旅館の中全て、こと細かくを案内して頂きましたが、山口さんの説明に夢中になってしまって気がつくと写真は最初のところだけしか撮っていませんでした。(^^ゞ

山形建築研究所の営業部長のような役までこなしていただきまして。(いつものことながらありがとうございます)
<エーッ、これからうちの事務所に設計依頼をお考えの方に、これは決してヤラセではありませんので、念のために。(^^>

竣工から11年を迎えた<山喜>、山口さんの建物を愛でる思いを感じた建物探訪でした。


-山形建築研究所-ウエブサイト
コメント

豊郷台のすまい

2019年03月13日 | 豊郷台のすまい

上の写真はこの計画地からの眺めですが、どうです・・・遠くに日光連山を眺めるロケーション・・・
逆光でかなりな露出アンダーになり、記録写真としてはかなり不出来なものになってしまいましたが。(^^;
まっ、それはさておき、北西に広がる日光連山と沈んでゆく夕陽を眺めることができる絶景の敷地です。
そんなわけで、この見晴らしが今回の計画で最も重要なキーワード。

昨日は2回目のプレゼンテーション。期待通り、ご提示した計画案を大変気に入っていただき、
早速設計契約を結ぶ運びとなり、私も満足。(^^) うれし楽しのプレゼンテーションでした。

お邪魔したMさんのお宅でプレゼン・・・模型の右側に写っている三角スケールはM夫人の所有物。GR DIGITAL Ⅳ 適宜トリミング。

Mさんの住まいの計画には、土地探しから参加させていただいて、冒頭の眺望を気に入られ土地を購入。
2月初めに第1案のプレゼンテーションをご覧頂いた後、お二人から要望書をいただいて第2案のプレゼンテーションとなりました。
その要望書は、今までお二人が過ごされててきた住経験が細かく書かれていて、さらに基本的な住まいに関する思い、かなえたい思い、
出来ればかなえたいこと、と云うようにお二人の希望が綴られた、とても読みごたえのある要望書でした。それを楽しく読ませていただきました。(^^


写真はスタディ模型の北西側の外観。すまい手の要望から外観は敷地周辺との調和を重視した少し抑え気味のデザイン。
対して平面計画は、北西の山並みを眺めるとっておきの仕掛けは言うまでもありませんが、
道路から駐車スペースとアプローチを兼ねた招き屋根のエントランス。吹抜けを介してファミリールームと
ストーブ室をつなぐ、どこに居ても家族の気配を感じることができる。すまい手のライフスタイルに即した空間に仕立てています。
タイトルの(仮称)がはずれて、今回も直球勝負の<豊郷台のすまい>に決定!

これからまだまだ細かな点を詰めていかなければなりませんが、その展開も楽しみな住まいです。
今後の展開についても、また折にふれ、このブログでお伝えしていければと考えています。どうぞお楽しみに。(^^)v

-山形建築研究所-ウエブサイト




コメント

気がつけば春

2019年03月12日 | 豊郷台のすまい
気がつけば春、じゃなくて中7日空いた更新となりました。
ネタが見つからないのはいつものことですが、そればかりじゃなくお察しの通り(?)本業が忙しく更新もままならず・・・というのはイイワケか。^^;
この五日間くらい、現在進めている計画案のエスキースに没頭していて頭の中がグルグル。複雑な立体パズルを解いているようで、脳内行き倒れ状態。
でも、やっと光明が見えてきたか?と、ブログを綴る余裕も復活!・・・まあ、そんな大層に書くほどのことでもないのですが、気分は一日千秋の感。

CADで3Dパースが描けますが、空間を把握するためには模型作りが欠かせません。
それは、住まい手へのプレゼンテーションという意味ではもちろんの事、私自身が頭の中に描いていた空間イメージを実体として検証する意味でも大切な工程です。

まだ、すまい手のご夫婦もご覧になっていない模型なので、チラッと・・・ GR DIGITAL Ⅳ

さて、夕方いよいよプレゼンテーション。住まい手はどんな反応を見せてくれるでしょうか。楽しみにしている今です。


-山形建築研究所-ウエブサイト

コメント