山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

一年点検

2021年08月26日 | 豊郷台のすまい
昨日の午前中は一昨年8月に竣工した<豊郷台のすまい>の一年(とチョイ)点検におうかがいしました。

朝からあいにくの小雨がぱらつく空模様でしたが、そんな光の中でも映える外観。 GRⅢ イメージコントロール:スタンダード 

大きな指摘事項はなく、例によって建具の不具合や塗装面のムラなどをチェックしましたが、今回は比較的不具合個所は少なかったと思います。
建物ではありませんが生垣として植えたヒメシャリンバイが2本だけ立ち枯れをしてしまったこと・・・今のところ原因は不明です。


予想していなかったことは<鳥害>と云っていいのか?巣作りをしようと軒下に来たツバメ(←たぶん)のフンが外壁を汚していること。(^^;)
この軒下は車寄せになっているので、ツバメには申し訳ありませんが、巣作りのきっかけがなくなるような面戸の部分を塞いでもらうことにしました。

 
床の松板は落ち着いた色合いになって・・・以前の記事<完成見学会から>の写真と比べてもらえれば変化の様子がよくわかると思います。
これこそが自然素材の妙、そして味わい・・・私はそんな風に思っています。


落ち着きのある色合いに変化した外壁の杉板・・・こちらも以前の記事<変化を味わう>と比べていただけると変化の様子がわかると思います。

さあ、経年変化した仕上、外構も整いましたので撮影を待っていた竣工写真も撮れそうです。青空が広がる秋には撮影したいなぁ!と思っています。

写真の話になったので、ここからはオマケ!の話題で
先週の事ですが愛用しているGR君のネックストラップが切れてしまって、危うく落としてしまいそうに!
そこで、急いでネット検索して「ポチッ」としたのが、こちら↓ GRⅢをGRDIGITALⅣで撮影。イメージセンサーの違いによる色合いの違いがわかるかと思いますが・・・。(^^;)

ユリシーズ レザーストラップ「クラシコ・セルペンテ」 肩当て巾が狭いタンニンレザー 先端の紐が太くて丈夫そうなのが決めてでした。(^^
こちらも馴染むまでには、しばらくかかりそうですが・・・こんなアイテムが撮影をまた楽しくさせてくれそうです。


-山形建築研究所-ウエブサイト








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ストーブ日和

2020年10月23日 | 豊郷台のすまい
昨日は今月初めの記事<冬支度…その前に>で「もうそろそろ・・・」とお伝えしていた薪ストーブの取り扱い説明が行われたのでした。(^^
前日まではあたたかな日が続いていましたが、昨日はちょっと冷え込んでストーブ日和と・・・

無事竣工した薪小屋にはたっぷりと薪が準備されて・・・使い方にもよりますがこれで4~5日分くらいかなぁ?

薪ストーブはすまい手Mさんのたっての希望ということで、当ブログではお馴染みの尾島リビングさんを紹介し、打合せ、施工をお願いしてきました。

今回は社長自ら取り扱い説明に、「いかに乾燥した薪を燃やすかが重要!」ということで自前の薪をご持参して・・・
尾島リビングさんでは、ピキャン、コンツーラ、ドブレなどの薪ストーブを取り扱っていますが、今回は検討を重ねた結果、
長い薪が入る、炎を眺める窓が大きいということで、ベルギーのドブレ社「ROCK」を選びました。

ひととおり取り扱い説明をしていただいて、お待ちかねの点火式へと・・・。そんな様子をババっとご紹介。

「私が火を入れるわけにはいかないので、お願いします」と尾島さんからすまい手Mさんへ火を渡されて・・・点火!

点火の方法には、焚き付けを薪の下に置くやり方と上に置くやり方がありますが、今回はストーブの中でうまく対流が起きて
煙を出さないという、薪の上に焚き付けを置いて着火するというやり方で点火。

徐々にストーブ内の温度が上がって炎が安定して、Mさんが準備していた薪を投入。


銅の遮熱板に映る炎がきれいです。
揺らめく炎を眺めて、薪がはぜる音に耳をすませて、豊郷台のすまいでの時間はゆっくりと流れていくのでした。(^^


-山形建築研究所-ウエブサイト
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冬支度…その前に

2020年10月03日 | 豊郷台のすまい
10月に入って今年も残り3か月、今年は様々なことあったせいか時間の経過が早く感じられます。
<豊郷台のすまい>では、外構工事と合わせて、初めての冬に備えてということで薪小屋の工事にも着手!

基礎となるコンクリート製の束石を並べて土台が敷きこまれ、建て方(?)の準備が進んでいるよう様子。 以下写真はすべてGRⅢ 撮って出しのノートリミング。

で、本日はめでたく上棟の運びと!

この後、ポリカーボネート波板の屋根が葺かれて、めでたく竣工へと・・・主屋と主従の関係になるように屋根勾配を揃えてあります。


竣工から約2か月、主屋の外壁は張った直後の白木の様子なんて想像できない位に褐色へと変わっています。
ウッドロングエコ塗布後の色むらも消えて落ち着きのある色へ変化して周囲の景観に馴染んできています。(^^)

竣工時の取り扱い説明で、「薪ストーブは使い始める前に・・・」とお伝えしていました薪ストーブの取り扱い説明と点火式も
もうそろそろと云ったところ・・・ホント、時間の経過が早く感じますねエ。(^^;)


-山形建築研究所-ウエブサイト

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

完成見学会から

2020年08月03日 | 豊郷台のすまい
梅雨明けは8月に入ってからかなぁ?なんていう予想が見事的中!晴天にも恵まれ、ググッと気温が上がった週末でしたが暑さにもめげず
さらに、新型コロナウィルス感染症への対策が続く中でしたが、<豊郷台のすまい>完成見学会を開催し無事終えることができました。

敷地の西側にある公園を望む窓には蝉の姿も・・・以下写真は全てGRⅢ ノートリミング。

今回の見学会は、新型コロナウィルスの感染予防対策として1時間1組の予約制とさせて頂いたにも関わらず、2日間とも大盛況といった状況でした。
お越しいだたきました皆様、まことにありがとうございました。
また、見学会開催をご快諾いただいた住まい手Mさんには改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。m(_ _)m

見学にあたっては、入場前に消毒、マスク・手袋の着用をお願いさせていただき、スタッフもマスク着用での対応という見学会に、ご理解ご協力をいただきありがとうございました。

さて、そんなこんなの賑わった見学会ではありましたが、来たくともご都合などによりお越しいただけなかった方々のため
またお越しいただいた皆さんには復習(?)の意味も込めまして、当日に撮った写真の中から簡単にこの住まいの魅力(の一端)をご紹介!

2階吹抜けから見下ろしたストーブコーナー。ストーブが置かれている床はスサ入りモルタル塗り、遮熱板は<銅板>という仕様。



写真左(上):シングルモルトをチビチビと呑りたくなりそうと好評だったストーブ室。
写真右(下):温泉旅館に来ているみたい!という感想が多かった浴室。床・腰壁は十和田石、壁・天井仕上はヒノキ羽目板張り


写真左(上):ウチの事務所オリジナルデザインのキッチンワークステーション、見学会にはハンドルが間に合いませんでしたが・・・もうまもなく!
写真右(下):タタミ室に腰掛けて北西に日光連山を眺めるとっておきの仕掛け・・・残念ながら2日間とも山並みは雲にかかっていましたので、紹介は出し惜しみで・・・。(^^ゞ



最後は、工事をして頂いた君島建築社長の後ろ姿で〆!
手間のかかる仕事を受けていただきまして、ありがとうございました。

さて、さて、完成見学会を終えたとはいえ、まだちょこまかした工事は残っていますし、外構、植栽工事などの工事が続きます。
お引き渡し、新居へのお引越しと・・・バトンは住まい手に渡され、ひと段落の今ではありますが、もうしばらくは『豊郷台のすまいの現場から』は続くのでありました。(^^

-山形建築研究所-ウエブサイト
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ほぼでき

2020年07月28日 | 豊郷台のすまい

例年ならば、そろそろ梅雨明けかと云ったところなんですが今年はそんな気配が全く感じられなくて、どうやら7月中の梅雨明けは難しそうと云った宇都宮界隈です。

夏の日差しが似合うヒマワリの花・・・なんてことのために撮り置きしておいたのですが今年はあいにくです。(^^ゞ GRⅢ 蔵出しで。

<豊郷台のすまい>では竣工へ向けてラストスパートと云った感。

以前の記事<家具金物>でご紹介したウチの事務所オリジナルデザインのキッチンワークステーションがほぼほぼ完成!
調理台前のステンレスがキレイに張り上がって、エアコン取付業者さんの姿を映していました。

 なので正面からカメラを構えてみると・・・

こちらはお馴染みの定点撮影。

引込み障子は障子紙を張るために作業場へ、障子が帰ってきて塗装を終えた内部雨戸が吊り込まれるのを待つばかりと云うところです。
手前の見える白いカバーを掛けられた煙突に薪ストーブが繋ぎこまれれば『最終コーナー』が見えてくると云う感じです。(^^

見学会を前に室内の写真をたくさん載せましたが、さにあらず、まだまだ見どころ説明どころいっぱいの<豊郷台のすまい>とっておきの住空間を来てみて体験して下さい!


豊郷台のすまい 完成見学会
参加者募集中です!
日時:8月1日()・2日() 10:00~17:00
場所:栃木県宇都宮市豊郷台
詳しくはウエブサイトをご覧ください。皆様のご参加申し込みをお待ちしております。
-山形建築研究所ウエブサイト-


 

 



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

<豊郷台のすまい>完成見学会 ご参加ありがとうございました

新型コロナウィルス感染症への対策が続く中でしたが<豊郷台のすまい>完成見学会を開催し無事終えることができました。 お越しいただきました皆様、まことにありがとうございました。 詳しくはこちらから… -山形建築研究所-ウエブサイト