No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

古時計のようなモノ

2017-01-23 | 
この時計はバス停に設置されたものだ。バス停自体も、「ターミナル」と呼べるほど立派なものだった。今はもう廃れてしまい、時の流れを思い知る。この時計だって設置されてから数十年は経っている筈だ。これが車なら「旧車」、レンズなら「オールドレンズ」と呼ばれていると思うが、この時計からは「オールド」な印象は受けない。

物の古い新しいは、その物が何かによって激しい誤差があるのだ。


LEICA M9 / SUMMICRON M35mm ASPH
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の余韻

2017-01-22 | 














今週末は、体調不良で自宅での静養を余儀なくされた。出かけたいのに出かけられない、それは僕にとっては大ストレスなのだ。良い齢をして、もう小学生並みの思考なのである。前週の旅の写真を見て余韻に浸りながら、次の構想を練っている。



X-PRO2

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さらば青森〜量のない質はないと信じよう

2017-01-21 | 
























「量のない質はない」というのは、森山大道先生のお言葉だ。質は量があるからこそ生まれるのであり、下手な鉄砲が当たるかどうかは分からないが、撃たない限りは絶対に当たらない。とはいえ獲物かどうかも分からない僕の写真を大量に見せることには躊躇もある。

僕が初めて入った会社の独身寮、その管理人のじい様は写真が趣味だった。どこかの撮影会で撮った金粉を塗した全裸の女性とか、変な布を身体に巻いて草むらに寝そべる女性のヌード写真とか、その手の写真を大量に展示していた。寮のロビーにである。写真として見応えがないどころか、エロ写真としても機能していなかった。あの悪夢を思い出す。一方でじい様は、ゴミの日に「エッチな本」が出されていたと憤慨し、朝の6時から「卑猥な本を寮内に持ち込んで処分した者がいます。心当たりのある人は至急申し出なさい」と3回も放送アナウンスしたことがあった。独身寮だから当然エッチな本くらい読むだろうし、持ち込むことが禁止な筈もない。そもそも自分がロビーに趣味の悪いヌード写真を展示することは良いのか。呼び出して何をする気だったのか。独善的になることの滑稽さと恐ろしさに愕然とした。なんか話がずれてきたけど、僕の写真は得意満面に並べたわけではなく、質の悪い写真も承知でライブ感を優先したと言いたいだけだ。

もうオッさんになった僕だけど、量の向こうに質が現れることを未だ信じてシャッターを押し続けている。というよりも、こういう光景の中を歩いて、数枚しか写真を撮らない人間がいるのであれば、もはやカメラなど持つ必要はなくスマホで十分だ。そんな訳で、一気に放出する(本当はまだまだ弾はあるけど)。さらば青森、この冬はもう来れないかもしれないけど、また来る日まで。


X-PRO2
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の第三新興街

2017-01-20 | 








五所川原での一日が終わった。次の日はどうしようかホテルで思案していた。もう一度ストーブ列車に乗るのも良い。金木駅の隣の駅には、昔の駅舎をそのまま喫茶店にした店もある。黒石で雪のこみせ通りを見る手もあるし、大鰐温泉を散策して一風呂浴びて帰路に着く方法もある。行くところが沢山あるじゃないか、青森。でも結局、写真のこれが見たくて青森市まで脚を伸ばすことに決めた。それはそれはヘビーな場所で、なかなか相手になって貰えない。バラック飲屋街、それは男のロマンである。

X-PRO2
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

五所川原~北国の凍てつく夜

2017-01-20 | 













ここ数年の僕は、旅に出ても品行方正な夜を過ごしている。今回は五所川原に宿泊した。夜は写真撮影に出かけた。雪があまりに酷くなったので、町の中華料理屋で五目焼きそば(ビール中瓶1本付き)を食べて、ホテルに戻った。その後はホテル内の大浴場に入り、部屋で缶ビールを飲んだ。もうそれだけで楽しいのである。せっかく旅に出たのだから、少し綺麗どころのいるお店に行って・・・、なんてことは考えないのである。

ところで、雪が降っていてもダウンジャケット等であれば雪を払えば何とかなる。地元の人も傘など刺さずに歩いている。それでも長時間歩くとカメラは水浸しのようになる。X-PRO2+XF35mm F2R WRの組み合わせは、こういう状況にぴったりだ。防塵・防滴・-10℃度の耐低温構造。実際この夜も気温マイナス7度。まあマイナス7度くらいでダウンするカメラは少なくとも国産ではないと思うが、雪で濡れても安心というのが良い。


X-PRO2 / XF35mm F2R WR
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加