No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

家の周りの自然〜XC50-230mmF4.5-6.7 OIS

2016-12-04 | 風景・自然






ヨドバシカメラあたりの作例写真を見ると、写真自体のクオリティが高過ぎて、描写の参考にならない。メーカーの作例写真も同様で、非現実的に美しいモデルさんの産毛が逆光で光っている様子を見て、「いや僕はこんな知り合いいないし・・・」と困惑することしきりである。そんなわけで、格安にて入手したXマウントのXC50-230mmF4.5-6.7 OISの作例を家の半径50mで撮影した。柿は隣の家のものだ。ベルビアモードでjpeg撮影、無加工(サイズ変更のみ)での掲載である。写真自体の出来は、この際無視して欲しい。
これだけ撮れれば、僕は正直なところ、全く不満がない。諸兄の参考のために普段はしてないが、データを掲載する。

<1枚目>裏庭の河津桜の枯葉
○F6.7 , 1/250sec ,ISO200 , 230mm(345mm)


<2枚目> 隣の家の柿
○F6.4 , 1/300sec ,ISO200 , 181.9mm(273mm)


<3枚目> 玄関軒下の薔薇の葉
○F8 , 1/70sec ,ISO400 , 107.3mm(161mm)



X-PRO2 / XC50-230mmF4.5-6.7 OIS

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謎の自転車

2016-12-03 | 
一体この自転車は何なのだろうか。後ろの部分に何かを積むことは間違いなく、その荷台車が内外タイヤのタイヤを使っているのだろうか。それとも荷台の底板が単に広告になっているのか。自転車はそこまで古いものにも見えないし・・・。写真を撮りながら首を捻っていると、知らないオジさんがニコニコしながら通り過ぎて行った。それでも答えは分からない。



X-PRO2 / XF23mm F1.4R

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

望遠レンズ買ったどー

2016-12-02 | 風景・自然
あっても使わないけど、なければ不安になるもの。僕にとって、その典型は望遠レンズである。EOSを処分した今、望遠レンズらしい望遠レンズが僕の環境には存在しない。じゃあEOSを持っている時に望遠レンズを使ったかといえば、殆ど使っていない。1年以上使わないこともザラだった。今の僕の撮影では、望遠レンズは必ずしも必要ではないのだ。それなのに、望遠レンズがないというのは、不安で仕方がない。

そもそも資金がないうえに、買ったところで滅多に使わないことは明白な望遠レンズ。悩んだ僕は、「XC50-230mm」という富士フィルム純正の望遠レンズを買うことにした。レンズキットボディからバラしたもので、1万5千円ほどで購入することができた。思いっきりプラスティックな外装に、絞りリングすら存在しないというチープな見た目。レンズリアキャップなんて透明な瓶の蓋みたいなやつを無理やり押し込むだけという驚愕の仕様だ。それでも230ミリ側にすると、フルサイズ換算で約350ミリの大望遠となるし、写りも上位機種と遜色ないという噂なのである。先端をグニューっと伸ばし切ったレンズは正直恰好悪いが、試し撮りに行ってきた。目標は港にいたカモメで、最大望遠で撮ってみた。結構風が吹いていたので、レンズも煽られ、鳥が止まるポストも揺れていた。その割にはきちんと写っていた。見た目はチープだけど、仕事をしそうなレンズである。

・・・。といっても、望遠レンズで撮りたいものは特段無いのである。


X-PRO2 / XC50-230mmF4.5-6.7 OIS

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新庄的日常風景

2016-12-01 | 














僕が東北(秋田県)に移住してから十年以上の月日が流れた。いまの僕の眼には、こういう町並みが当たり前の光景として映るようなった。それでも、こういう町並みを初めて見たときの、あの形容し難い想いは今でも覚えている。例えば、産まれも育ちも都市部で、東北に一度も来たことのない方がこれを見たら、一体どう感じるのだろうか。叶わぬことだとは思うが、もしそんな方がいれば、是非教えて欲しい。


X-PRO2 / XF23mm F1.4R

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

猫とオールドズミクロン

2016-11-30 | その他
今回のレンズは、初代(固定銅鏡)のズミクロンM50ミリである。ガラスと真鍮と金属の塊で、まるで工芸品のように美しいレンズだ。カチッと決まれば、現代のレンズも吃驚の描写を見せることもある。通常はライカM3専用レンズとして使い、たまにM9に付けて遊んでいる。このレンズをマウントアダプターを介して、X-PRO2につけると、不思議なことにとても良い描写になる。ライカの標準レンズとしては、非球面レンズを使った現行タイプのズミルックスM50ミリも持っている。ごく常識的に考えれば、そちらの方が現代のX-PRO2に似合いそうなものだ。だがアクロスモードで撮るとオールドズミクロンの方に軍配があがることも多い。もっとも猫には、そんなことは全く関係ないのである。


X-PRO2 / SUMMICRON 50mm (1st RIGID)

↓応援クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加