山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

祝いの宴

2011年11月28日 | 東原の家
先週の土曜日、<東原の家>の新築祝いにお招きいただきました。すまいづくりに関わったものとして
お祝いの宴に呼んでいただけるなんて、まさに、設計者冥利に尽きる・・・といった感。(^^)


お祝いといえば、お酒はつきもの?と・・・ご親戚の方々と一緒に楽しい宴でした。 GRデジタルⅢ ノートリミング。

そんな、昼からの宴の酔いもさめやらずに、夕方からは「PTA BAND」のKENTでのライブ!
こちらも、おかげさまで盛況!・・・<こちらは残念ながら写真はありませんが>
昼、夜あわせて、ダブルヘッダーの楽しい一日でした。(^^)v




コメント

庭をつくるなら

2011年09月07日 | 東原の家
予定していた工事期間から遅れていた<東原の家>ではありますが、どうにか引渡しの運びとなりました。
残工事の外構工事は住まい手であるNさん自身の施主工事の予定なっていますので、今後の展開にご期待をということで。
造園業を営むNさんにとって<庭づくりや外構工事なら、おまかせ!>の分野ですからネ。


2階の階段ホールからNさんの営む社屋を眺めて。GRデジタルⅢ 一部トリミング。
どんな庭が出来上がるのか・・・とても楽しみです。(^^)


コメント

検査前検査

2011年08月05日 | 東原の家
8月に入っていよいよ工期大詰め!となった<東原の家>。来週には指定検査機関の完了検査の予定となりました。
事務所の完了検査の前に検査のための検査←かなりややっこしい言い回しですが。(^^;
まあ、必要書類やチェックポイントの確認といったところです。
一部書類の整っていないところはありましたが、来週の検査までには準備をしていただくということで。検査前検査は無事終了。


台風の影響のためか?不安定な空模様の一日でした。 軒先越しに夏の空を・・・ GRデジタルⅢ 画像処理ソフトでモノクロ化

コメント

栗のフローリング

2011年05月13日 | 東原の家
昨夜の雨も朝には上がって、昨日の<台風情報!>は、どこへ?といった感の宇都宮界隈。
今朝、散歩がてらに撮ったスナップから。


白い花を楽しませてくれた梅の木には、小さな実がなっています。以下3点ともGRデジタルⅢ


こちらは、今が盛りのベニバナトチノキ。
確か<昨年の今頃>も、この樹の下で、花の写真を撮ったような・・・不思議と撮りたくなる樹は決まっているようで。
今日のような、『半袖でも』というような陽射しのもとでは、大きな樹の下が気持ち良さそうです。(^^)



話は変わって、工事進捗の確認に<東原の家>の現場へ。内部の大工工事の真っ最中。床のフローリングの施工中。


フローリングの目地の部分に<はえている?>のは、ビニールテープの切れ端で、目地の隙間を均一に調整するためのスペーサーの役目。


今回は<栗>のユニフローリングを選定。
ユニフローリングとは本来乱尺である商品を施工しやすいように工場であらかじめジョイントしている無垢フローリングです。
長さ方向に対して3~5ピースの板を貼り合せています。名前の由来は英語の「ユニット(結合する)」から来ているらしいです。
栗は広葉樹の中でも重く硬い樹種。湿気に強く耐久性のある木です。昔から土台にも使われてきました。
はっきりしていて力強い木目が特徴です。









コメント (2)

ここからが・・・

2011年04月26日 | 東原の家
3月のはじめに無事上棟を終えて、進捗は順調と・・・震災の影響も無いように思えた東原の家ですが、やはり影響が出てきているようです。
アルミサッシュの納期が思った以上にかかるようで、工期の延長を余儀なくされそうです。
まあ、被災地の方々の大変な状況に比べれば、まだまだ・・・と、ものは考えよう。
生きてるだけで丸儲け!・・・どこかで聞いたようなセリフですが。(^^


東北地方にこれほどまで、建築資材だけでなく多くのものでお世話になっていた事を知る良い機会だったと思います。
ここからが踏ん張りどころでしょう!

コメント