山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

雨水

2024年02月19日 | 写真

小雨降る散歩道から・・・ GRⅢx 適宜トリミング  

今日はスッキリしない空模様の月曜日、雨の日と月曜日はいつも気が滅入ってしまう・・・なんて歌が聞こえてきそうだけど
二十四節気の<雨水>降る雪が雨へと、ひとあめごとに暖かくなっていく、春はすぐそこ (^^

-山形建築研究所-ウエブサイトはこちらからどうぞ




モノトーン

2024年02月10日 | 写真
今朝の散歩道から・・・街中にある直線を撮ってみました。 GRⅢx ハードモノトーン


ぼくが使っているGRⅢには<モノトーン>のモードのほかに、<ソフトモノトーン>、<ハードモノトーン>、<ハイコントラスト白黒>の設定があります。

モノトーンのメリットとしては・・・
・陽の当っているところで、ハイライトが際立つ
・色が無いので抽象的に見える
・カタチのインパクトが強くなる
というところがあって、光や空間を繊細に意識する必要があるように思います。

いつもはカラーで撮っているのですが、モノトーンで現像してみると、撮影の時からモノトーンで撮ると云う
ふだんは使わない設定で新鮮な感覚を味わってみようかなぁ、と!

-山形建築研究所-ウエブサイトはこちらからどうぞ

雪が融けると

2024年01月14日 | 写真
今朝の散歩道から・・・






明日は<小正月>、まだまだ寒い日が続きそうですが、すこしだけ春の気配を感じたりして。(^^
雪が解けるとどうなりますか?・・・融けた雪が水になる?
いいえ、雪が融けると春になるんじゃないですかねェ・・・なんてねッ。(^^;)

-山形建築研究所-ウエブサイトはこちらからどうぞ


メタセコイア

2023年12月05日 | 写真
所用で出掛けた帰り道に、またまたチョット寄り道して・・・メタセコイアの燃えるような黄色を撮ろうと! GRⅢx ポジフィルム調

でも、チョット遅かったのと、天候の具合で「燃えるような」は撮れませんでしたが。(^^;)


真っ赤なモミジを眺めてきました。(^^

メタセコイア>は、ヒノキ科の落葉針葉樹で、日本名はアケボノスギ。
中生代(約2億5,217万年前~約6,600万年前)から生きている植物で「生きている化石」とも言われています。

「燃えるような黄色」は来年までオアズケということで・・・(^^


-山形建築研究所-ウエブサイト





わ鐵

2023年10月25日 | 写真






先週の事ですが、足尾へと云うか足尾線、通称<わ鐵>を観に行ってきたという話・・・写真は3点ともGRⅢ モノクロ

足尾線は私鉄として開業し、1918年に国鉄へ、その後足尾銅山の閉山と共に1985年に廃止されることになりました。
しかし、足尾線を残そうという運動が起こり、1989年までJR東日本足尾線として残りました。
その後、第三セクターである、わたらせ渓谷鐵道株式会社が路線を引き継ぎ、現在に至っています。

写真は、トロッコわたらせ渓谷号でディーゼル機関車が4両の客車を引っ張る車両構成。
3点目の写真は、思いがけず機関車の運転席に座らせて頂いた時のもので、ピンが甘いのは緊張のせい・・・ゴカンベンを。(^^;)

こんな記事を書くと云うことは、<テツ>を認めなけりゃ・・・と。

-山形建築研究所-ウエブサイト




<豊郷台のすまい>完成見学会 ご参加ありがとうございました

新型コロナウィルス感染症への対策が続く中でしたが<豊郷台のすまい>完成見学会を開催し無事終えることができました。 お越しいただきました皆様、まことにありがとうございました。 詳しくはこちらから… -山形建築研究所-ウエブサイト