山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

通りすぎた雨

2022年09月25日 | 写真

土曜日の朝、雨の中道を急ぐ人 GRⅢx モノクロ 適宜トリミング 残念ながら赤い傘は見つけられませんでした。(^^;)


今回の台風では一部避難指示が出されたところもありましたが、幸いにも我が家は大きな被害は免れました。
被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。

-山形建築研究所-ウエブサイト




RAW現像

2022年08月18日 | 写真
夏休みが開けた途端に雨模様となっているここ宇都宮界隈。
「グダーッ」とした休み気分がまだ抜けきれない感があるものの、進めなければならないことに追われて休み明けは事務所に籠りっぱなしの昨日今日です。
暑さがやわらいでいるおかげで能率は上がっているかなぁ・・・



雨に濡れた百日紅 GRⅢx ポジフィルム調
GRⅢのイメージコントロールの<ポジフィルム調>が「なんとなく良い感じ」と気に入ってデフォルト設定をポジフィルム調にしていますが
コントラストと彩度が強く、ラティチュードが狭く(白っぽいものがより明るく、暗いものがより濃くなる)露出設定が難しいところもあるようです。

なので、<以前にも書きましたが>撮影時の記録型式を<RAW+>に設定して、後からジックリとカメラ内RAW現像をするようにしています。

イメージコントロール<スタンダード>にカメラ内現像。百日紅の赤を控えめにして中間色の階調がなめらかに見えると思います。
いろんな画作りの可能性を楽しむことができ、撮影中と撮影後の二度楽しみが出来て、なんだか得した気分になっています。

事務所に籠りっぱなし・・・と云いながら、こんな記事を書いていると云うことは、<グダーッ>がまだ抜けきらないかなぁ・・・。(^^;)

-山形建築研究所-ウエブサイト









マナーブック

2022年07月20日 | 写真
数日前のことですが、「ホッホウ ホッホウ」と声にする方に目をやると、虹彩が黄色のギョロっとした眼がこちらを睨んでいる。
フクロウかなぁ?・・・と、家に帰って調べてみると、どうやら「アオバズク」らしい・・・。(^^

この写真じゃよくわかりませんよね。(^^;) 手持ちのGRⅢxで慌てて撮影 71㎜クロップ トリミング

フクロウもミミズクも、フクロウ目フクロウ科の鳥で、鳥類学の分類上は区別がないそうです。ワシとタカの関係と同じ(←知ってました?)
一般的には、羽角(耳のように見える羽)のある種を総称して「ミミズク」と呼び、ミミズクを除くものを総称して「フクロウ」と呼ぶようです。
耳があるので「ミミツク(ズク)」、耳のない種類をフクロウと呼んでいるようですが、「アオバズク」は名前からすると「ズク」が付くので
ミミズクのように聞こえますが羽角は見当たりません。



そして昨日、カメラを持ち替えて・・・。(^^;)  nikon D7000 200㎜ 1/500 f5.6 ISO:6400 撮影場所はナイショです。

・・・Wikipediaより・・・
大木の樹洞に巣を作るため社寺林に飛来したり、昆虫を食べるため夜間に街灯に飛来することもあり、日本では最も人間にとって身近なフクロウと言っていい。
近年は営巣木の伐採や越冬地での開発により個体数を減らし準絶滅危惧種に指定されるようになった。

カメラやレンズの性能が上がって、野鳥を気軽に撮影できるようになってきていますが、充分に注意しないと野鳥を脅かすことになってしまいます。
野鳥を撮影してブログにアップしていることに矛盾を感じながら書いていますが、撮影のマナーを守っての撮影を心掛けようと思っています。
それから、秋には越冬地の東南アジアへ渡るようです。この夏は樹上のアオバズクを遠くから観察することにします。(^^)v


<公益財団法人日本野鳥の会マナーブック>


-山形建築研究所-ウエブサイト







百色図鑑

2022年07月14日 | 写真

昨日手にしました、四季彩図鑑に続く百色図鑑です。 GRⅢ ノートリミング

2021年6月の記事>でチラッとふれていましたが、店頭で手に取った四季彩図鑑がキッカケとなって
Instagram>のダイレクトメッセージから竣工写真の撮影をして頂いた北山建穂さんの2冊目です。
北山さんに撮影していただいた竣工写真はこちらから→<豊郷台のすまい

書店で見かけたらぜひ、手に取ってご覧になってみてください。手に取るだけじゃなくて、出来ればぜひ!お買い上げください。
僕はこれからじっくりと楽しませて頂きます。(^^;)

-山形建築研究所-ウエブサイト






<豊郷台のすまい>完成見学会 ご参加ありがとうございました

新型コロナウィルス感染症への対策が続く中でしたが<豊郷台のすまい>完成見学会を開催し無事終えることができました。 お越しいただきました皆様、まことにありがとうございました。 詳しくはこちらから… -山形建築研究所-ウエブサイト