山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

粒粒の色

2021年07月23日 | 写真
昨日は「大暑」・・・カレンダーでそんな文字を目にしたせいなのか?
一層暑さが厳しく感じられてしまいますが、文字だけじゃなく本当に暑い日が続いている宇都宮界隈。
事務所の日めくりカレンダーは、赤色じゃないんですが、そんな暑さのせいにして事務所の業務は本日休業。

で、栃木県立美術館で開催されている企画展「フォトグラフィック・ディスタンスー不鮮明画像と連続階調にみる私と世界との距離ー」
開催予告から「写真的距離」なんてキーワードなんですから興味がわかない訳はありませんので・・・。(^^;)


美術館エントランス、スズカケの木を見上げて・・・ 写真はGRⅢ ポジフィルム調 EV:-0.7 ノートリミング

様々な技法による表現で、失敗写真とも思えるような画像の魅力を美術的価値として注目してみては?といった企画展。
森山大道氏の作品を間近で見られたこと、「ジュ・ドウ・ポーム、パリ」というジョルジュ・ルース氏の大作が印象的でした。


中庭を望むオープンスペースで・・・GRⅢ モノクロ EV:-1.3 適宜トリミング

高精細なデジタル写真では見ることのない粒粒の色を鑑賞してみては?・・・といったところが僕の感想です。
県立美術館のウェブサイトではバーチャルツアーも体験できますが、現場での鑑賞がお勧めの企画展です。


-山形建築研究所-ウエブサイト

コメント

楽より楽しみ

2021年06月18日 | 写真
昨日のブログの続きみたいな記事になりますが、「白い花の名前はわかりませんが・・・」と書いたところ、
ブックマークさせていただいているブログ「No Room For Squares !」の6×6さんから「オルレアだと思います」とコメントを頂きました。(^^
花の名前は解らなかったのに<どこかで見たことのある花だなぁ?>と思って撮っていたことに気づいたのも、6×6さんからのコメントを読んで・・・
気づかないうちに触発されていたんだなぁ!と、ビックリしてこの記事を書いています。

ネタ元は「No Room For Squares !」さんの記事からだったので、『8のつく日はwebにお花を』と、おんぶにだっこ・・・(^^;) GRⅢ カメラ内現像 モノクロ化 適宜トリミング
まだまだ僕の写真は<静寂>と云ったところまで達しておりませんが。

そして「ネタ元」つながりで・・・

↑カメラ内現像の元データはこちら

お気づきの方がいるかどうかわかりませんが、ここのところブログの記事に出てくる<カメラ内現像>…始まりは、去年の記事<RAW現像>から
「RAWで撮っておいて後から調整する」ということで撮ることが楽になって、さらに、元々の「目の前のシーンをその場で!」という写真の楽しみにも気づいたような・・・。(^^
楽(らく)よりも楽しみを・・・と云った感です。・・・と、思いっきり写真のネタですが建築設計事務所のブログですので、くれぐれもお忘れなく!


-山形建築研究所-ウエブサイト






コメント

あじさい

2021年06月05日 | 写真
昨日の<アメノヒモード>の続きで・・・ 
 
アジサイ GRⅢ 適宜トリミング

コメント

アメノヒモード

2021年06月04日 | 写真
昨日出掛けた日光、中禅寺湖

いろは坂を上り始めた時に晴れていたのに、湖畔に到着する頃には写真のような曇り空に・・・

そして今日は、先月の記事<オキヨメ>でお伝えした現場では「丁張り(ちょうはり」、丁張りとは工事を始める前に建物の位置を正確に出す作業のこと。
雨の中での地鎮祭だったからなのか?今日も予報通りの雨模様。(^^;) 

水杭(みずぐい)を<DISTANCE TO HORIZON> のアングルで・・・GRⅢ カメラ内現像 ポジフィルム調
マイセッティングモード<アメノヒ>で・・・ホワイトバランス:曇天 コントラスト:+2 コントラスト(明部):+4 コントラスト(暗部):-4 明瞭度:+4

ずっと否定していましたが、そろそろ<雨男>を認めないとならないかも?・・・(^^;)

ところで、話は変わって・と ←認めたくないから無理やり話題を変える。(^^;)
皆様、本屋さんで本を買うときに何を重視して選んでいますか?
私の場合、本についている<帯>に書かれてるキャッチフレーズが気になって、手に取っているようです。
昨日、本屋さんでこんな本を見つけて、ムムッ、て感じで手に取って

「日本には目の醒めるような色がある!」ってところに目がいって「105点の写真に息づく105色の日本の伝統色」っていうところに魅かれて、即購入!
日本の伝統色を写真でつづるという内容で、美しい光と色をとらえた写真の見応えは勿論ですが、伝統色の解説も読み応えとも十分と云った感。
著者の北山建穂(きたやまたてほ)さんは、栃木県日光市出身で撮られている写真が身近に感じられるところも私にとっての魅力でもあります。
本屋さんで、この帯を見つけたらぜひ手に取ってみてください。<アメノヒ>には、おススメの一冊です。(^^



-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント

青々

2021年05月31日 | 写真
若葉そよぐ香りに春から夏へ季節の移り変わりを感じて・・・

休日の昨日、昼過ぎの散歩日で・・・GRⅢ ノートリミング カメラ内現像 ポジフィルム調

眩しい日差しにカメラを向けて、ほぼノーファインダー状態で・・・あれっ、思ったところにピンがいってない。(^^;)


-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

<豊郷台のすまい>完成見学会 ご参加ありがとうございました

新型コロナウィルス感染症への対策が続く中でしたが<豊郷台のすまい>完成見学会を開催し無事終えることができました。 お越しいただきました皆様、まことにありがとうございました。 詳しくはこちらから… -山形建築研究所-ウエブサイト