山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

ハピケン展_2021_春

2021年04月05日 | ハピケン
4月6日より「春のハピケン展」を開催いたします。
新型コロナウイルスの流行に伴い、働き方の新しいスタイルとして、テレワークやローテーション勤務など、
都市集中型の時代から、地方分散型の生活・働き方に変化し始めました。
このような流れから地方移住で生活環境に変化を求たり、住まい造りへのこだわりが強く感じられるようになりました。
そこで、今回のハピケンによる企画を『新しい生活様式の提案』とし、
ハピケンの建築家7人が様々な敷地、生活環境を想定し、提案する展示となっています。

場所:宇都宮市立南図書館1階ギャラリー(栃木県宇都宮市雀宮町56-1)
期間:2021年4月6日~4月11日
時間:10:00~17:00
※6日は12:00~17:00 11日は10:00~16:00 (準備及び撤収作業のため時間が変わりますのでご注意ください。)

で、うちの事務所の展示ブースのテーマをご紹介!
「別荘を持つということ」
別荘といっても、設計そのものは住宅と基本的には変わりません。
しばらくは別荘として使い、ゆくゆくは生活の拠点をそちらに移して暮らしたいというクライアントもいらっしゃいます。
ただ、別荘の暮らしはほとんどの場合「食う・寝る」が中心の、ごくごくシンプルなものになりますので、その分、建物も簡素にできます。
そういう意味で設計者としては、贅肉を削ぎ落としたすまいの原型を考える上でのヒントにもなります。
余分なものを持たない質素な暮らしは、美徳であるといってもよいかもしれません。
別荘で暮らすことは、そうしたことを身をもって体験できる、またとない機会といえるでしょう。

「二人の女をもつ者は魂を失い、二つの家を持つ者は理性を失う」というフランスの諺がありますが
別荘を持つことで、物持ち的な不自由を感じないような、ワンルームに近いような簡素な間取り、質素な材料を使った家を提案します。

 
明日からということで、模型の写真はもったいぶって・・・(^^;) GRⅢ モノクロ

皆様のご来場をお待ちしております。
僕の担当日は4月10日(土曜日)で、一日在廊しております。(^^

-山形建築研究所-ウエブサイト




コメント

二年後

2021年01月10日 | ハピケン
ハピケンのモデルハウスが完成から2年を迎えます。そこで、ハピケンでは2年後の見学会として、モデルハウスでイベントを開催しています。



新型コロナウイルス感染予防対策を徹底してご案内しております。
状況によりお待ちいただくこともございますが、ご理解ご了承をお願い申し上げます。

「人が集まる風通しが悪い場所」という状況ではありませんが、外出はどうかなぁ。(・・;)

コメント

ありがとうございました

2020年11月02日 | ハピケン
10月27日(火曜日)から5日間にわたって<ハピケンのアイデア>と題して開催された秋のハピケン展は
新型コロナウィルスの感染予防対策にご協力いただき無事に終えることができました。
お越しいだたきました皆様、まことにありがとうございました。

スタッフのなかですっかり「定番」?となったソフトクリーム!
気を付けなければならないのは、コロナ禍のためにカフェの営業時間が午後3時まで!・・・ということ。(^^;)

で、次のイベントは?・・・2週間後の「熟年バンドジャム_2020」とむりやり別の話へ。

昨年はオリオンスクエアの工事ために開催ができなかった熟年バンドジャムが今年は開催されることになりました。
コロナウィルス感染予防対策にご協力の上のご来場をお待ちしております。
出番は15:00から「ジョイフルノイズ」ベンチャーズのテケテケサウンドをお楽しみください!
コメント

アオモミジ

2020年10月27日 | ハピケン
おだやかな秋の日が続いているここ宇都宮界隈。好天に恵まれた週末は今年は珍しいようで、散歩道の写真からまだ色づいていない紅葉(もみじ)

色づいたモミジもいいもんですが、青いモミジの葉には色づいたモミジとは違った爽やかさを感じます。写真はGRⅢ カメラ内RAW現像。
葉の青いモミジを漢字で表記すると<青紅葉>となるんですが、なんかややこしい漢字(感じ)になるのでタイトルは<アオモミジ>

今日から秋のハピケン展が始まるので展示会場の準備。

テーマは「ハピケンのアイデア」と題して、「暮らしやすさ」とか「暮らしを楽しむと」いうことを実現させたい!
というハピケンならではのアイデアをご紹介!住まいのことを改めて考える機会になっていただければ嬉しいです。

秋のハピケン展 <ハピケンのアイデア>
日時:10月27日㈫~11月1日㈰ 10:00~17:00
※10月27日(火)は12:00から 11月1日(日)は16:00まで
場所:宇都宮市立 南図書館 ギャラリースペース 栃木県宇都宮市雀宮町56-1
週末、10月31日(土曜日)が私の担当日です。


-山形建築研究所-ウエブサイト
コメント

make a fire!

2020年01月13日 | ハピケン
ハピケンモデルハウスで行われた<一年後の見学会>3日間とも好評のうちに終えることが出来ました、ご来場された皆様、ありがとうございました。
最終日は薪ストーブ相談会を行いました。薪割り体験、火入れ体験の様子を撮って出しのダイジェストでご紹介!

小型の斧を用意していましたが、初めての方にはちょっと?ということで用意して頂いたのは<キンドリングクラッカー>。
ハンマーがあれば、安全・簡単に焚き付けの薪ができるという優れモノです。
ハンマーを振りおろして『パコン!』と音を立てて薪が割れる瞬間は、チョットした快感!を味わえます。
ただし調子にのると後日の筋肉痛に・・・(^^ゞ 写真はiphoneにて撮影

薪を割った後はストーブの火入れ体験・・・想像しているよりも簡単に火が付きます。以下写真は3点ともGRⅢ ノートリミング。

ストーブが暖まって炎が安定してきたら腰掛けて、薪のはぜる音や炎のゆらぎを楽しみます。
体験された方が、『これは、炎を眺めながら、強い酒をチビチビやりたくなりますねェ・・・』と・・・隣で大きくうなずく私でした。^^;


-山形建築研究所-ウエブサイト


コメント

<豊郷台のすまい>完成見学会 ご参加ありがとうございました

新型コロナウィルス感染症への対策が続く中でしたが<豊郷台のすまい>完成見学会を開催し無事終えることができました。 お越しいただきました皆様、まことにありがとうございました。 詳しくはこちらから… -山形建築研究所-ウエブサイト