山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

一年点検

2017年05月28日 | 宮上野のすまい
最近の天気予報の信頼度はかなりのもので、予報が『晴れる』といえば、その日は晴れるだろうと云うところまできているような感。
近隣の小学校では運動会を予定していたところが多かったようですが、花火の音で目を覚まして眺めた窓の外は残念ながら雨が。(^^;
まあ、<当たるも八卦、当らぬも八卦> 精度が上がったように感じても五分五分といったところ。

そんな昨日の午後、一昨年4月に竣工した<宮上野のすまい>では一年(とちょい)点検。
入居後のこういう点検やメンテナンスをどうのように実施するかは、設計事務所や工務店によって様々ですが
うちの事務所の場合、構造材や造作材に使っている無垢の木材が四季を一巡りする事によってほぼ完全に乾燥し、それに伴う微妙な変形(反り・捩れ)や
収縮といった家の微細動が納まる1年経過後に総合的な点検・メンテナンスを行うよう請負契約の時点で工務店さんにお願いしています。


雨上がりの曇り空でしたが、そんな中でもキリッと映える外観。 GR DIGITAL Ⅳ 露出補正+0.3

例によって建具の不具合やボード塗装面のチリ切れなどをチェックしましたが、今回は比較的不具合箇所は少なかったと思います。


木材が若干収縮することによるボードの散り切れ(写真左)・ピーラ(米松)材から出るマツヤニ(写真右)などをチェックして補修を工務店に指示(もちろん無償)





『床の小さな傷は、想い出になるんです』とすまい手Eさん。でも、小さなお子さんが駆けまわっている住まいとは思えないほど大切に住まわれている印象。
一年住まわれての印象をお聞きすると、暑さ寒さは想像以上の快適さで、
数日前の真夏日の日でも部屋の中では長袖シャツで過ごしていて、外に出たらビックリ…なんてこともありましたと。(^^

あわせて玄関脇駐車スペースの外構工事(現在は砂利敷)のご相談、お見積り依頼の話も頂いたりして
こういった竣工後の工事もお付き合いのある工務店にとってはありがたいこと。
・・・そんな今回の一年点検でした。


-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント   この記事についてブログを書く
« 合同誕生パーティー | トップ | 基礎断熱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宮上野のすまい」カテゴリの最新記事