山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

境町のすまい

2017年09月28日 | 境町のすまい
6月の記事<麦わら帽子>でチョットだけふれたリノベイションのご相談
その後、すまい手であるSさんご夫婦からヒアリングをさせていただき、プレゼンテーション、そして打合せをかさねて計画をすすめてきました。
9月の初めには実施設計がまとまり、約2週間を経て工事をお願いする工務店から見積りが提出されました。

半ば予想していたこととはいえ当初の目論見からすると、<思っていた以上になってしまいます。>
住まいの中心となるキッチンとダイニングのリノベイションと云うことで、こと細かく要望を設計に反映させた結果とはいえ、結果、オーバーはオーバー。(^^ゞ
大きく仕様を変更せずに減額案を検討して再度、工務店に見積りをして頂いたのですが、思ったように減額できずにすまい手にご報告。

すまい手であるご主人のSさんからは、『いろいろと要望をだしていましたからね・・・』と見積りを快諾いただき、工事請負契約の運びとなりました。
で、今回工事をお願いすることになったのは、現在工事が進行中の<鶴田の家_2017>、リノベイション案件<南宇都宮のすまい>でも工事を請け負ってもらった君島建築さん。

工務店選定にあたって、特にリノベイションの場合、設計サイド・工事サイド共にお互いをよく知っているほうが作業もスムーズに進み、工事中の不測事態に対する予備的な予算を削ることができ
請負金額をギリギリまで詰める事ができるので、何度か工事を請け負ってもらっている工務店を選ぶのが得策と考えています。

打合せのために描いたラフスケッチ。60代のご夫婦が暮らす住まいのリノベイション、タイトルは<境町のすまい>

10月中旬から工事着工を予定しています。進捗の報告をお楽しみに。(^^)v

-山形建築研究所-ウエブサイト



コメント   この記事についてブログを書く
« 秋の気配とコスモスと | トップ | お月見 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

境町のすまい」カテゴリの最新記事