山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

人の暮らしは様々・・・

2009年04月25日 | オープンオフィス
自分たち家族は、一体どんな暮らし方を望んでいるのか?・・・と考えてみる手がかりは
毎日どんなふうに過ごしているか、じっくり観察してみることにあるようです。

実際には、家族の数だけ暮らし方「ライフスタイル」の違いがあり
同じ家族でも、年月という時間の経過によって暮らし方は変わってくる。

間取りづくりでは、こういった、それぞれの暮らし方に対して
これまで住んできた家では、ここがよかった、ここは具合が悪かった
友達の家のあれはよかった、雑誌で見たあの部分は気持ちよさそう・・・
など、検討の結果や集めた情報を反映させることが大切。

そのとき気をつけることは、集めた情報に振り回されないこと!
・・・(隣の芝生は青い)・・・
どうしてもよそのよさそうな例には目が移り、自分のところの具合がよかったところを見落としてしまいがち。

その家で暮らすのはあなたです。

人様の「いいとこどり」ばかりしていると、住み手である貴方が消えてしまいます。
住まいは、一体誰のものですか?

そして<手にすることができる広さには限りがある>ということ。
あれもこれもと、詰め込んでいくと際限なしに面積がふくらんでいきます。

でも、敷地の条件や予算が、ふくらむ面積を抑えてくれる歯止めになるのですが
住まいに対する夢はふくらむばかりで・・・
コメント (2)