B.LET'S 

「滝本Bログ」滝本祥生のブログです。B.LET'SのHP→http://blets.jimdo.com/

朗読劇終了しました、今年もありがとうございました。

2018-12-31 16:01:53 | 日記
少し時間がたちましたが、先日の「深水三章朗読劇vol.54」、無事に全公演終了致しました!



ご来場いただいた皆様、気にかけていただいた皆様、本当にありがとうございました。



内容については稽古不足やいろいろ心残りがあり、改めて深水さんの凄さを感じる機会となりましたが、毎週土日に深水さんがバーテンを務められていた、そして月に一回、計53回朗読劇を開催されていたbar「リトリート倶楽部」が、あの頃と同じ様に賑やかになったこと、



また深水さんと一緒に公演が出来るようで、とても慰められた気持ちになりました。



出演者の皆さん、機材を貸していただいた大倉さん、リトリート倶楽部の関係者の皆様、ありがとうございました。

一昨日、12/29が深水さんの一周忌でした。
去年のこの日から、深水さんのことをよく考えていました。

このブログにも何度も書き、だけど下書きに置いたまま更新せずに、日が過ぎて行きました。心を言葉にする事で解放されたくなかったし、許せない気持ちでいました。劇団のHPにお悔やみの文章をのせましたが、私はとても書けないからと甘え、劇団員の大田さんに書いてもらったものに手を入れさせてもらいました。



8月に私と劇団員の永島さんと大田さんと3人で、お墓参りへ行きました。
真夏の炎天下を覚悟していたのですが、台風の隙間の、とても涼しい一日でした。



涼しいとはいえ供物をそのままにしてはおけないと、持って行ったものを順にお墓に流しました。
私はブラックコーヒーを、永島さんはウィスキーの小瓶を、大田さんは深水さんがいつも吸っていたウィンストンの赤の代わりに、自分のショートホープに火を点けました。

暮石の上に、深水さんがヒョイと座っている様な感じがしました。
もう会えないと思っていたけれど、ここへ来ればまた会えるのだと、少し安心した気持ちになりました。

会えない寂しさと一緒に、私の心を覆っていたのは罪悪感でした。でも、急逝だった分、近しい皆さんが少なからず同じ気持ちでいらっしゃることは分かっていたので、言葉にすることはできず、言えない思いをラジオドラマに書きました。

作品が佳作となり、周りの皆さんに祝福していただきました。
それで、前から思いつつ言い出せなかった「深水三章朗読劇」を企画する勇気が湧きました。

自分の厚かましさと同時に、よくできた話だと人ごとの様に感じました。…これは書いた物語がよくできているのではなくて、私の深水さんに纏わる一年のこと。失った物に代わる様々な想いを与えてもらいました。でも何より元気でいて欲しかったです。
ともかく、感謝の気持ちを切実に感じています。


これからも変わらず深水さんの思い出と時々の罪悪感と、一緒に過ごしていこうと思います。



朗読劇も出来ることならどんな形でも続けて行けたらと思います。


そしてグラグラと揺らぎながらも、深水さんの様に自分を貫いて行けるように、明日からも精進していきたいです。




感謝の気持ちをお伝えするつもりが…大晦日に長文読んでいただきありがとうございました。



皆さま今年も大変お世話になりました。
明日からもどうぞよろしくお願い申し上げます。


2018.12.31
滝本祥生
コメント

今週末です。

2018-12-20 00:17:38 | 日記
深水さん一周忌企画まであと数日。

深水さんが去年まで53回も続けておられた朗読劇の上演会場、バー「リトリート倶楽部」で稽古をさせてもらいました。
今回の朗読劇の会場でもあります。



小松杏さん 大田康太郎さん

ここで芝居をするのも、観客席を作るのも一年ぶり。
ああ、あれから一年…なんて感慨にふけっている場合ではなく私たちは本番に向けて稽古。



中野若葉さん・大田康太郎さん

私と男性お2人は、今回が初めての朗読劇。
「朗読劇は難しい」って、いつも言っておられた深水さんの言葉を噛み締めています。


吉岡そんれいさん・川口雅子さん

お席は残りわずかです。
「深水三章朗読劇」土曜日20時に、リトリート倶楽部でお待ちしています!



深水三章さん一周忌企画
『深水三章朗読劇 vol.54』

「ラブストーリー」
「向こう岸へ片思い」
作・演出 滝本祥生

日時
12/22(土) 20時
12/23(日) 18時

¥3000(1ドリンク付き)
会場:リトリート倶楽部

出演
川口雅子
吉岡そんれい
小松 杏(22日のみ)
中野若葉(23日のみ)
大田康太郎
コメント

12月、久しぶりの更新です。

2018-12-03 18:59:06 | 日記

とても久しぶりの更新です。大変ご無沙汰しておりました。

書きたいことはたくさんありますが、取り急ぎのお知らせをさせていただきます。

昨年末に急逝された深水三章さんの一周忌企画の朗読劇を行います!

深水さんともご縁のあった、親しい俳優さんたちに集まってもらいました。B.LET’Sからは大田さんも参加してくれます。今回は参加できないですが、当日は、永島さんもお手伝いに来てくれると思います。

内容は、深水さんが53回継続された「深水三章朗読劇」で上演していただいた私の作品を2本朗読します。

そのために、ただいま台本を書き直し中です。

年末のお忙しい時期と存じますが、足をお運びいただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

深水三章さん一周忌企画
『深水三章朗読劇 vol.54』

「ラブストーリー」
「向こう岸へ片思い」
作・演出 滝本祥生

◎日程 
12/22(土)20:00
12/23(日)18:00 
(開場は開演の1時間前、自由席)

出演
川口雅子
吉岡そんれい
小松 杏
中野若葉
大田康太郎

会場 リトリート倶楽部(新宿3-7-9新宿土地建物ビル2F)

料金 3000円(1ドリンク付き)

ご予約はこちらから→★

 お問い合わせ 090-1907-8034

 


コメント

「あの日」と「4時」の舞台写真ができました。

2018-04-05 03:23:57 | 日記

一週間前に全公演が終了し、舞台写真ができました。

改めまして、お客様、そして関係者の皆さま、本当に本当にありがとうございました。

 

まだまだ後片付けも残っていて、皆さまへの御礼もままなっておらず申し訳ありません。

できたことできなかったこと…できなかったことへの後悔とか悔しさとか申し訳なさとか、そっちの気持ちが大きくて、少し投げやりな気持ちになってしまったり、まだまだ心の整理が付いていないのですが、やはり終わってホッとしているのが今の正直な気持ちです。

片付けと、久しぶりの日常生活を送りながら、今年に入ってからの日々を少しずつ振り返って。1月末から3ヶ月近く毎日稽古で、考えてみるとこんなに演劇にどっぷり浸かった日々はなく。……こうして書いてみると改めて、掛け替えのない時間だったということがわかります。

俳優の皆さんは本当に熱心に、情熱を持って、よく稽古をされました。2作品を無事上演することができたのも、俳優の皆さんがそれぞれに考えて行動し、作品ごとに自立して話し合ってくれたから。私に余裕が無かったのでそれをとても感じ、感動しましたし、誤ったときは正してくださいました。

スタッフさんにもいろいろなことを教えてもらいました。少ないスタッフさんでも何とか終えることが出来たのも、馴染みのあるみなさんだったから。いつも心強く、励ましていただきました。

それでも補えなかった人手は、俳優さんたちが手伝ってくれました。頼んだことはもちろん、頼まないことも自ら気遣ってくださいました。

急なキャスト変更では大先輩の内田淳子さんが力を貸してくださったし、そのキャストが決まるまでは親しい女優さんたちが稽古を手伝ってくれました。

そして、両方の作品を見てくださったお客様が予想以上に多かったことには感激しました。もちろん一方だけでも嬉しいんです、間違いなく。でもその上で、2作品私たちの作品を見てくださる、人生の大切な1日を私たちにくださると言うことは、単純に嬉しくてありがたくて、そして自信にもなりました。

俳優さんたちが集まってくれて、それ以上に自ら手伝ってもくれて。そして待っていてくださるお客様がいてくださり、今回2作品を作るという自分の限度を超えるようなことをやってみて、改めてそれがどんなに大切なことかよく分かりました。

東京で演劇を10年やってきて、私自身は何も成長してないように思いますが、周りに力になってくれる人がこんなにいること、それがどれほど特別なことか。劇団員の永島さんや大田さんが献身的に支えてくれたことにどれほど感謝すべきか。

改めてそれらを思うと、またありがたさと申し訳なさと後悔で、心の整理が付かなくなってしまいます。

俳優としてスタッフとしてはもちろん、それ以上に素敵な方たちばかりでした。また一緒にお芝居ができますように。
皆さん、ありがとうございました。

そしてお客様、心よりありがとうございました。

 

滝本祥生

 

 

短編集 あの日、「何もなかった」とは言えなくて。

 

 

 

 

 ◇「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」
出演 岡田昌也・押元奈緒子・小林英樹・清水那奈子・山本麻貴/内田淳子

 

 

 「ずっと4時」

 

 

 

 

☆「ずっと4時」
永島広美・大田康太郎(以上B.LET’S)・江間みずき(キトキト企画)・中村優里・吉岡そんれい

コメント

「あの日」と「4時」は今日から折り返し!

2018-03-24 10:04:04 | 日記

21日から始まった公演も今日から折り返し。

忙しい合間をぬって、いろいろな方が来てくださる。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございます。

昨日は、「春の遭難者」の初演、「家族カタログ」の初演に出演してくれた斉藤千尋さんと7年振りに会った。

 

そして、「箱の中の4人」の初演に出演してくれた正木佐和さんもお手伝いに来てくれた。

また会えるなんて…長く続けているとこんなご褒美もあるのだなあって思う。

また改めて書くけれど他にもたくさん来てくださっている。

そんな公演も今日から折り返し。

感想を聞いていると、短編集は男性に好評で、長編は女性から評判がいい。

昨日、「ずっと4時」を初めて見た山本麻貴ちゃんが、「面白かった!」と今までにないくらい褒めてくれた。

彼女は正直な人で、滅多に褒めてはくれない。だからとっても嬉しかった。

2作品作る忙しさから、私の宣伝がままならず、集客には正直苦戦しているのですが、両作品共面白いです。

本日もお席はございます。是非、足をお運びいただけましたら幸いです!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日以降のご予約はこちら↓
https://ticket.corich.jp/apply/89769/003/

B.LET'S第18回公演

◇「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」
☆「ずっと4時」
作・演出 滝本祥生

出演
岡田昌也・押元奈緒子・小林英樹・清水那奈子・山本麻貴/内田淳子

永島広美・大田康太郎(以上B.LET’S)
江間みずき(キトキト企画)・中村優里・吉岡そんれい

◎日程 3月21(水・祝)~27日(火)

21日(祝) 14:00●/☆19:00
22日(木) ☆14:00●/19:00
23日(金) 14:00☆19:00
24日(土) ☆14:0019:00
25日(日)13:00☆17:00
26日(月) ☆14:0019:00
27日(火) ☆13:0017:00
 
◇あの日  ☆4時   ●前半割
(上演時間は各公演 約90分を予定)

◎会場 下北沢「劇」小劇場 
東京都世田谷区北沢2-6-6  tel 03-3466-0020

◎料金
前売¥3700  当日¥4200  通し券¥6000
前半割・学生 ¥3400
(学生券は劇団取扱い・要学生証提示)
日時指定・自由席

・・・・・・・・・・・・・・

いつものカフェ、いつもの店内で、日々繰り返される人々の悲喜こもごも。そこに広がる小宇宙。4つの短編で綴られる4つ心の分岐点、その先に待つものとは?
短編集「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」

変わりたいけど、変われない…。
1日でもっとも中途半端でアンニュイな時間「4時」に、まるでクラゲのように漂う人々の心模様。
長編作品「ずっと4時」

ありふれたカフェで生まれるあまたの物語、短編と長編を交互にお届けします。
一杯のコーヒーを飲むように…お楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・

◎スタッフ
美術 寺岡崇   照明 正傳静   音響 小早川保隆 
舞台監督 大河原敦  宣伝美術 YUYA(アトリエ・フォーク) 
写真 鞆岡隆史   企画・製作・主催 B.LET’S

◎お問合せ  B.LET'S
TEL 090-1907-8034
MAIL blets1234567@gmail.com

 

コメント

「あの日」と「4時」の初日

2018-03-21 09:30:53 | 日記

今日から始まります、短編集  『あの日、「何もなかった」とは言えなくて。』 と、長編「ずっと4時」。

昨日は「ずっと4時」の場当たりと2作品のゲネプロでした。

 

そして、今日から連日2作品を上演します!

ここまで来るのに長かったような短かったような日々。

 

 

楽しそうに演じておられる俳優さんたちは皆さん素敵で、私も嬉しい気持ちになっています。

たくさんのお客様に見ていただきたいです!

来週の火曜日まで下北沢におりますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

 

だけど、まさかその初日が雪になりそうなんて!

今日から1週間よろしくお願いします。

お花見が中止になった方も、是非劇場へ(^^)。おまちしております。

お問合せ・ご予約はこちらまで↓
MAIL blets1234567@gmail.com
TEL 090-1907-8034

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日以降のご予約はこちら↓
https://ticket.corich.jp/apply/89769/003/

B.LET'S第18回公演

◇「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」
☆「ずっと4時」
作・演出 滝本祥生

出演
岡田昌也・押元奈緒子・小林英樹・清水那奈子・山本麻貴/内田淳子

永島広美・大田康太郎(以上B.LET’S)
江間みずき(キトキト企画)・中村優里・吉岡そんれい

◎日程 3月21(水・祝)~27日(火)

21日(祝) 14:00●/☆19:00
22日(木) ☆14:00●/19:00
23日(金) 14:00☆19:00
24日(土) ☆14:0019:00
25日(日)13:00☆17:00
26日(月) ☆14:0019:00
27日(火) ☆13:0017:00
 
◇あの日  ☆4時   ●前半割
(上演時間は各公演 約90分を予定)

◎会場 下北沢「劇」小劇場 
東京都世田谷区北沢2-6-6  tel 03-3466-0020

◎料金
前売¥3700  当日¥4200  通し券¥6000
前半割・学生 ¥3400
(学生券は劇団取扱い・要学生証提示)
日時指定・自由席

・・・・・・・・・・・・・・

いつものカフェ、いつもの店内で、日々繰り返される人々の悲喜こもごも。そこに広がる小宇宙。4つの短編で綴られる4つ心の分岐点、その先に待つものとは?
短編集「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」

変わりたいけど、変われない…。
1日でもっとも中途半端でアンニュイな時間「4時」に、まるでクラゲのように漂う人々の心模様。
長編作品「ずっと4時」

ありふれたカフェで生まれるあまたの物語、短編と長編を交互にお届けします。
一杯のコーヒーを飲むように…お楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・

◎スタッフ
美術 寺岡崇   照明 正傳静   音響 小早川保隆 
舞台監督 大河原敦  宣伝美術 YUYA(アトリエ・フォーク) 
写真 鞆岡隆史   企画・製作・主催 B.LET’S

◎お問合せ  B.LET'S
TEL 090-1907-8034
MAIL blets1234567@gmail.com

コメント

「あの日」と「4時」は、今日から劇場入りです。

2018-03-19 04:15:46 | 日記

2月から休みなく続いた稽古が終わり、今日から劇場入り。

同じ日に向かって2つの作品を作ることは思っていたよりもずっと忙しいことだった。

ご案内もお返事も間に合っていない様な状態で、大変失礼をしております。

 

本当はこのブログももっと更新したいと思っていたし、もっと色んな事が書きたかった。

今回は長編と短編集2グループに分かれての稽古だったので、稽古中の俳優さんたちのことを知っているのは私だけだったのに。

一目では分からないけれど内心では大騒ぎされている押元奈緒子さんのことや、そんな押元さんの事だけでなく稽古場全体を見てくれている小林英樹さんの眼差しや。一番若手なのに誰よりも姉御肌の清水那奈子さんの事、その清水さんのまるで舎弟の様な岡田昌也くん。今回また新しい顔を見せてくれている山本麻貴さんのこと、ひと声発するだけで空間を変えてしまわれる内田淳子さんの存在感。

これらは短編集「あの日、『何もなかった』とは言えなくて。」の皆さん。

 

 

 

長編ずっと4時に出演される江間みずきさんは相変わらず私の憧れの人だし、吉岡そんれいさんの面白さは他の誰にも似ていない。日々、中村優里ちゃんがかわいくて仕方がないこと。

そして、出演しながら私の面倒を見つつ、全て受け止めてくれている永島さんと大田さん。

 

 

 

稽古場では日々色んな事があったし、もっと色んな事が書きたかった。大変な事や心に残ることも多かった。

だけどそんな稽古も終わり、今日から劇場入り。

内田淳子さんの参加によって、雰囲気がガラリと変わった様に思う。その佇まいに稽古場でいろいろなことを教えて貰い、とても贅沢に思う。それは短編集の皆さん全員にも私にも影響したし、長編の方にも刺激を与えた。両作品全く違っていて面白く、沢山の皆さんに観て欲しい気持ちでいっぱいです。

この気持ちが、皆さまに少しでも伝わりますように。

 

21,22日は割引価格でおすすめです。

お席はございますのでみなさまに、足をお運びいただけたら幸いです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申し込み↓
https://ticket.corich.jp/apply/89769/003/

B.LET'S第18回公演

◇「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」
☆「ずっと4時」
作・演出 滝本祥生

出演
岡田昌也・押元奈緒子・小林英樹・清水那奈子・山本麻貴/内田淳子

永島広美・大田康太郎(以上B.LET’S)
江間みずき(キトキト企画)・中村優里・吉岡そんれい

◎日程 3月21(水・祝)~27日(火)

21日(祝) 14:00●/☆19:00
22日(木) ☆14:00●/19:00
23日(金) 14:00☆19:00
24日(土) ☆14:0019:00
25日(日)13:00☆17:00
26日(月) ☆14:0019:00
27日(火) ☆13:0017:00
 
◇あの日  ☆4時   ●前半割
(上演時間は各公演 約90分を予定)

◎会場 下北沢「劇」小劇場 
東京都世田谷区北沢2-6-6  tel 03-3466-0020

◎料金
前売¥3700  当日¥4200  通し券¥6000
前半割・学生 ¥3400
(学生券は劇団取扱い・要学生証提示)
日時指定・自由席

・・・・・・・・・・・・・・

いつものカフェ、いつもの店内で、日々繰り返される人々の悲喜こもごも。そこに広がる小宇宙。4つの短編で綴られる4つ心の分岐点、その先に待つものとは?
短編集「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」

変わりたいけど、変われない…。
1日でもっとも中途半端でアンニュイな時間「4時」に、まるでクラゲのように漂う人々の心模様。
長編作品「ずっと4時」

ありふれたカフェで生まれるあまたの物語、短編と長編を交互にお届けします。
一杯のコーヒーを飲むように…お楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・

◎スタッフ
美術 寺岡崇   照明 正傳静   音響 小早川保隆 
舞台監督 大河原敦  宣伝美術 YUYA(アトリエ・フォーク) 
写真 鞆岡隆史   企画・製作・主催 B.LET’S

◎お問合せ  B.LET'S
TEL 090-1907-8034
MAIL b.lets82@oasis.ocn.ne.jp

コメント

「あの日」と「4時」の稽古最終日。

2018-03-18 10:45:49 | 日記

今日は稽古最終日。

今から両方の通し稽古、忙しい。

そんな合間に割と丁寧に書いたブログが今、消えた。

泣きたい気持ちだけど泣いている場合ではない、稽古最終日だから。

帰ってから改めて書くことにして、稽古場へ向かいます。

本番は来週水曜日から。よろしくお願いいたします!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申し込み↓
https://ticket.corich.jp/apply/89769/003/

B.LET'S第18回公演

◇「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」
☆「ずっと4時」
作・演出 滝本祥生

出演
岡田昌也・押元奈緒子・小林英樹・清水那奈子・山本麻貴/内田淳子

永島広美・大田康太郎(以上B.LET’S)
江間みずき(キトキト企画)・中村優里・吉岡そんれい

◎日程 3月21(水・祝)~27日(火)

21日(祝) 14:00●/☆19:00
22日(木) ☆14:00●/19:00
23日(金) 14:00☆19:00
24日(土) ☆14:0019:00
25日(日)13:00☆17:00
26日(月) ☆14:0019:00
27日(火) ☆13:0017:00
 
◇あの日  ☆4時   ●前半割
(上演時間は各公演 約90分を予定)

◎会場 下北沢「劇」小劇場 
東京都世田谷区北沢2-6-6  tel 03-3466-0020

◎料金
前売¥3700  当日¥4200  通し券¥6000
前半割・学生 ¥3400
(学生券は劇団取扱い・要学生証提示)
日時指定・自由席
2/10(土)前売り開始!

・・・・・・・・・・・・・・

いつものカフェ、いつもの店内で、日々繰り返される人々の悲喜こもごも。そこに広がる小宇宙。4つの短編で綴られる4つ心の分岐点、その先に待つものとは?
短編集「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」

変わりたいけど、変われない…。
1日でもっとも中途半端でアンニュイな時間「4時」に、まるでクラゲのように漂う人々の心模様。
長編作品「ずっと4時」

ありふれたカフェで生まれるあまたの物語、短編と長編を交互にお届けします。
一杯のコーヒーを飲むように…お楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・

◎スタッフ
美術 寺岡崇   照明 正傳静   音響 小早川保隆 
舞台監督 大河原敦  宣伝美術 YUYA(アトリエ・フォーク) 
写真 鞆岡隆史   企画・製作・主催 B.LET’S

◎お問合せ  B.LET'S
TEL 090-1907-8034
MAIL b.lets82@oasis.ocn.ne.jp

 

コメント

「あの日」と「ずっと」

2018-03-12 11:29:07 | 日記

稽古場へ行く道を歩いていたら桜が咲いていた。

二度と止まないのではないかと思った大雨の夜が明けたら春になった。

 

 

稽古を始めたのは1月のおわりで、その顔合わせに来られなかった方もいるので、実はまだ全員が揃ったことはない。

あれは大雪が降った頃。

コートも厚め。

 

2本の作品を作るからといつもより早めに始めたはずの稽古も残りわずか。

今日も今から稽古が始まる。

 

 

2本の作品を作るから大変ですか? と、昨日キャストの小林さんに気遣ってもらったけれど、基本的には私は毎日幸せを感じている。

私の作品に毎日向き合ってくれる俳優の皆さんを見ていると、本当に幸せだと思う。

そして日々、作品が伸びていることを感じている。

 

 

あと1週間で、両方の作品がどこまで成長するか楽しみで、同じくらい不安でもある。

2本上演なので、楽しみと不安もいつもの2倍。

 

 

よく、「短編集と長編とどちらがおすすめですか?」 と聞かれるけれど、当たり前ですがどちらも観て欲しい気持ちです。

どちらも俳優の皆さんの魅力が詰まった作品となっております。

どちらもお楽しみにお待ちいただけたら幸いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申し込み↓
https://ticket.corich.jp/apply/89769/003/

B.LET'S第18回公演

あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」
ずっと4時」
作・演出 滝本祥生

出演
岡田昌也・押元奈緒子・小林英樹・清水那奈子・山本麻貴/内田淳子

永島広美・大田康太郎(以上B.LET’S)
江間みずき(キトキト企画)・中村優里・吉岡そんれい

◎日程 3月21(水・祝)~27日(火)

21日(祝) 14:00●/☆19:00
22日(木) ☆14:00●/19:00
23日(金) 14:00☆19:00
24日(土) ☆14:0019:00
25日(日)13:00☆17:00
26日(月) ☆14:0019:00
27日(火) ☆13:0017:00
 
◇あの日  ☆4時   ●前半割
(上演時間は各公演 約90分を予定)

◎会場 下北沢「劇」小劇場 
東京都世田谷区北沢2-6-6  tel 03-3466-0020

◎料金
前売¥3700  当日¥4200  通し券¥6000
前半割・学生 ¥3400
(学生券は劇団取扱い・要学生証提示)
日時指定・自由席
2/10(土)前売り開始!

・・・・・・・・・・・・・・

いつものカフェ、いつもの店内で、日々繰り返される人々の悲喜こもごも。そこに広がる小宇宙。4つの短編で綴られる4つ心の分岐点、その先に待つものとは?
短編集「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」

変わりたいけど、変われない…。
1日でもっとも中途半端でアンニュイな時間「4時」に、まるでクラゲのように漂う人々の心模様。
長編作品「ずっと4時」

ありふれたカフェで生まれるあまたの物語、短編と長編を交互にお届けします。
一杯のコーヒーを飲むように…お楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・

◎スタッフ
美術 寺岡崇   照明 正傳静   音響 小早川保隆 
舞台監督 大河原敦  宣伝美術 YUYA(アトリエ・フォーク) 
写真 鞆岡隆史   企画・製作・主催 B.LET’S

◎お問合せ  B.LET'S
TEL 090-1907-8034
MAIL b.lets82@oasis.ocn.ne.jp

 

 

コメント

10日前となりました。

2018-03-11 07:31:30 | 日記

本番まであと10日となりました。

少しこのブログも更新しておりませんでしたが、長編「ずっと4時」、短編集「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」とも元気に稽古しています!

HPやSNS等ではお伝えさせていただいたのですが、今回出演予定だった未来さんが諸事情により降板されることとなりました。こういうことは私に取っても初めての経験で、とても残念で…だけど誰よりもご本人が一番お辛いことは想像が容易く、そんな未来さんから「本番は見に行きます!」とメッセージを頂いてとても嬉しく思っています。

代わって、内田淳子さんにご出演いただくことになりました。
内田淳子さん(→コチラ)は、大先輩でずっと憧れの女優さんでした。演劇を始めた頃から何本もお芝居を見させていただいてきた方で、まさかその内田淳子さんに代役をお引き受けいただけるなんて思ってもみなかったのですが、同郷で今回ご出演の山本麻貴さんと私が困っているならと、大変タイトなスケジュールの中、二つ返事でお引き受けくださいました。
お願いしたのはこちらなので驚くのはおかしいのですが、やっぱり驚いてとても驚いて、同時に私は後輩が困っているときにこの様に協力することが出来るのだろうかと、省みずにはいられない気持ちになりました。嬉しい反面、いろんな意味で考えさせられ、学ばせていただいています。

そして、我慢強く待ってくださった共演の皆さん。沢山の人の気持ちを受けてとにかくいい公演にしなければと思っています。

 

 

週明けの短編集の稽古場には、同時期まで本番中だった、新しく参加の内田淳子さん、そして押元奈緒子さん、小林英樹さんが集合し、新たな気持ちで日々稽古を重ねています。

バラエティーに富んだ4本の短編をご覧頂きますので、ぜひ、お楽しみにお待ちください!

 

 

 

そして、長編「ずっと4時」。

 

「4時」という中途半端な時間帯の、まったりとした空気感を粛々と表現される俳優さんたち。

こちらは再演なのですが、初演とはまた違った雰囲気になっています。

通し稽古に入り、ますますいい感じになってきました。

 

 

稽古が進むと同時に表現する者としても、責任者としても力不足を感じる日々ですが、できる事を一つずつ積み重ねて行くしかないと思っています。

是非、劇場へ足をお運びいただけましたら幸いです!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

B.LET'S第18回公演

あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」
ずっと4時」
作・演出 滝本祥生

出演
岡田昌也・押元奈緒子・小林英樹・清水那奈子・山本麻貴/内田淳子

永島広美・大田康太郎(以上B.LET’S)
江間みずき(キトキト企画)・中村優里・吉岡そんれい

◎日程 3月21(水・祝)~27日(火)

21日(祝) 14:00●/☆19:00
22日(木) ☆14:00●/19:00
23日(金) 14:00☆19:00
24日(土) ☆14:0019:00
25日(日)13:00☆17:00
26日(月) ☆14:0019:00
27日(火) ☆13:0017:00
 
◇あの日  ☆4時   ●前半割
(上演時間は各公演 約90分を予定)

◎会場 下北沢「劇」小劇場 
東京都世田谷区北沢2-6-6  tel 03-3466-0020

◎料金
前売¥3700  当日¥4200  通し券¥6000
前半割・学生 ¥3400
(学生券は劇団取扱い・要学生証提示)
日時指定・自由席
2/10(土)前売り開始!

・・・・・・・・・・・・・・

いつものカフェ、いつもの店内で、日々繰り返される人々の悲喜こもごも。そこに広がる小宇宙。4つの短編で綴られる4つ心の分岐点、その先に待つものとは?
短編集「あの日、「何もなかった」とは言えなくて。」

変わりたいけど、変われない…。
1日でもっとも中途半端でアンニュイな時間「4時」に、まるでクラゲのように漂う人々の心模様。
長編作品「ずっと4時」

ありふれたカフェで生まれるあまたの物語、短編と長編を交互にお届けします。
一杯のコーヒーを飲むように…お楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・

◎スタッフ
美術 寺岡崇   照明 正傳静   音響 小早川保隆 
舞台監督 大河原敦  宣伝美術 YUYA(アトリエ・フォーク) 
写真 鞆岡隆史   企画・製作・主催 B.LET’S

◎お問合せ  B.LET'S
TEL 090-1907-8034
MAIL b.lets82@oasis.ocn.ne.jp

 

 

 

コメント