晴海ヶ丘の空の下

大阪から淡路島に引っ越したアロマピアの 
“おばさんセラピスト” のひとりごと

コラーゲンにはこんな働きも!

2024年02月03日 | キレイとゲンキの話
寒さ本番の2月ですね

『寒さ』はストレスの一因でもありますね。

ストレスには、
気温や騒音などの物理的なストレスと
有害物質や薬物の化学的ストレス
人間関係などの心理的・社会的ストレスがあり、
私たちは毎日様々なストレスに囲まれて
生活していますよね

身体にストレスがかかると
脳が「元気を出せ!」「頑張れ!」
と号令をかけ、いわゆるストレスホルモンを
分泌してストレスに対抗します。

でもストレス反応というのは、
消化機能や免疫力などを犠牲にして
一時的に体力を限界まで高めている
状態なんです。

「火事場の馬鹿力」というのは、
MAXなストレス反応ですね

さて、ストレスホルモンは、
ストレスに対する一時的な防御反応なので、
ストレスから解放されれば
元の状態に戻ります

しかし過剰なストレスが
長期間続くとストレスホルモンが
「出っ放し」状態になります

するとストレスホルモンが
過剰に分泌され脳に溢れ出すと
海馬という脳の大切な領域が
(海馬は、学習や記憶に関わる器官です)
萎縮していきます。

つまりデリケートで壊れやすい海馬は、
ダメージを受けると記憶や感情に
支障をきたす器官なのです

海馬が支障をきたすと
体重の減少や、社会行動の減少
うつ症状などを起こすようになります。



そこで、ストレスから身体を守ってくれる
切り札がコラーゲンと云われています

コラーゲンは海馬の神経細胞を
増やすことが確認されていて、
日常的なストレスから脳を守り
うつ状態を予防改善する可能性が
あると云われています

ストレスは肌荒れや痒み、吹き出物などの
肌トラブルも引き起こしますが、
原因物質のストレスホルモンは
肌のバリア機能を低下させ、
コラーゲンの産生量を減少させます

肌のハリとストレスホルモンの
関係を解析したデータによると
ストレスホルモンの少ない女性の方は
肌のハリがあることが分かっています。

でも ストレスホルモンがある状態でも
コラーゲンを少しづつ加えていくと
徐々にストレスのない状態まで
コラーゲンの産生量が回復していくそうです。

ストレス過剰な毎日を過ごしている人には、
コラーゲンが脳を守り、肌トラブルを
軽減させてくれるというわけですね

ぜひ コラーゲンを多く含む食べ物や
サプリメントを摂取して、

アロマテラピーも活用して
リラックスできる香りに包まれ
癒される時間を過ごし
ストレスとうまく付き合っていきましょうね


温活しましょう!

2024年01月09日 | キレイとゲンキの話
あけましておめでとうございます

旧年中はご愛顧いただき、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します



去年同様 1週間も過ぎてからの新年のご挨拶です

プライベートでは、昨年のようなアクシデントはなく
無事新年を迎え、のんびり過ごさせていただきましたが、

元旦からの地震に、飛行機事故と続き
波乱の幕開けとなってしまいましたね。

被災された方々や、関係者の皆様には、
1日も早く日常生活が戻るよう願っております



さて、この冬は寒暖の差が大きく
体調を崩しやすいので、温活を心がけましょうね

じゃぁ〜 温活とは?
「体温を上げて、維持すること」ですね

健康に過ごすためには、
だいたい36.5℃から37℃の体温が適正と
されています。
でも、最近の日本人の体温は
35℃台から36℃前半あたりの人が
多いそうです。

体温が低いと血行不良や自律神経の乱れ、
免疫力の低下などというように、
体の機能がうまく働かなくなることもあり、

さらに美容面にも大きな影響を及ぼすことも
推測されますよね。

体温を高く上げて、そのまま維持できるように
するためには、温活を習慣づけることが大切ですね

まずは、お風呂で湯船につかりましょう
お風呂は、
①温熱作用:血流が良くなり、新陳代謝が活性化し、
体内の老廃物や疲労物質の排出が促進されます

②静水圧作用:水圧が血管やリンパなどまで伝わり
血行が促進し、むくみが解消しやすくなる。

③浮力作用:お湯の中では重力から解放されるので
関節や筋肉の緊張が緩み、リラックスできます。
もちろんお風呂でアロマを楽しんだら
よりリラックス効果アップですね

温泉ならさらに効果的かも

もちろん体を冷やす食べ物や飲み物も
できるだけ控えましょうね

そして首と名のつくカラダの部位は
冷やさないようにしましょう。
首にはマフラーやネックウォーマー
手首にはアームウォーマー
足首には、レッグウォーマーを

足の冷えには、靴下よりレッグウォーマーの方が
冷えを予防する働きが大きいそうですよ

アロマピアでは、アロマテラピーで
温活を応援します

暖かいお部屋で香りに癒され温活してみませんか?

詳しくはこちらから


冬の肌のかゆみケア

2023年12月16日 | キレイとゲンキの話
この冬は気温差が大きく、
体調管理が難しそうですね

さて、毎年冬になると乾燥して肌がかゆくなる
という方は多いと思いますが、

このかゆみは、女性ホルモンの減少が
原因かもしれ無いのです

20代前後をピークに、皮脂の分泌は
年々減少します

そして年を重ねたお肌のかゆみは
「老人性乾皮症(かんぴしょう)」と
と呼ばれる皮膚疾患のひとつなんです。

老人性って って思いますよね

もちろん個人差は大きく
早くも30代で発症する方もいます。

主な原因は肌の皮脂の欠乏なので、
わずかな刺激でもかゆみを感じるようになります。



さぁ〜 冬の乾燥対策をしていきましょう!

point 1 室内の湿度管理
加湿器を活用しましょう
湿度は40〜50%が理想です。

エアコンやこたつ、ホットカーペット、
電気毛布など暖房機器を使うと
お部屋の湿度は低下します

暖房機器を使う時は、加湿器も一緒に使用し
お肌はもちろん、風邪対策にもなりますよね

point 2 入浴方法
「摩擦レス〜」っていうCMがあるように
強い摩擦で肌にダメージを与えないように
洗浄力の強い石けんやボデイーソープを使うと、
お肌の健康に必要な皮脂まで
洗い流してしまうことも。

それが湿疹の原因にも繋がるので、
肌に優しい石けんやボデイーソープを
選びましょう。


肌に優しい石けんとは、

アロマピアの石けん教室で作る石けんや


アロマセレクションで販売している石けんは
コールドプロセス製法の石けんで、
素材の持つ美容成分やミネラル
また天然保湿成分であるグリセリンが
豊富に含まれ、

また防腐剤、品質安定剤、合成香料、合成色素など
無添加ですので、
優しいスキンケア石けんです。

point 3 衣類・食生活
肌に触れる時間が長い衣類を選ぶときも
素材に気をつけてみましょう。

肌着には刺激が少ないコットンや
シルクなどなるべく選びましょう。

食生活では、よく云われている
辛いものやアルコールの摂りすぎに
注意しましょう。

そして最後になりましたが
スキンケアは保湿成分が含まれたモノを
選びましょう。

お風呂上がりがベストなケアタイムです

次のような保湿成分が入っているか
チェックしてみてくださいね✅

シアバターやミツロウ、ワセリン
植物油(マカデミアナッツオイル、オリーブスクワランなど)
などは、表皮から水分の蒸発を防ぐ働きです。

尿素、ヒアルロン酸、
ヘパリン類似物質などは
肌のアミノ酸と水分の結合を促し、
肌に水分を保つ働きです。

セラミド
角質細胞間脂質を補う働きです。

あとは保湿の鉄板(笑)グリセリンですね。




このような成分を使ったローションや
スキンクリーム、ハンドクリーム作りも
アロマコスメレッスンも行っていますので、
自分の肌に合わせたコスメ作りも
体験してみませんか?

さぁ〜 この冬は乾燥知らずの肌で
過ごせますように

あなたは、う○ち見てますか?

2023年10月27日 | キレイとゲンキの話
10月も終わりに近づき
今年もあと2ヶ月ですね。

さて、いきなり話が変わりますが

あなたは日頃トイレで
『うんち』を見ていますか?

えっ? 直ぐに流してしまってるんですか?

もちろんその気持ちわかりますが、、、

『うんち』はあなたの健康状態を、
日々教えてくれるカラダからのお便りですから
便通と言いますよねぇ〜

しっかりチェックをしてくださいね

何をチェックするかってですか?

色と形、硬さです。


いわゆる バナナ便がいいお便りの基本です
冒頭のイラストのような、よくあるウンチの絵までなら
健康な便の範囲です。



では、健康なウンチを出すためには...

水分の取り方に気をつけましょう
*水を飲むタイミングは、朝起きてすぐや食間などの
 空腹時に取ると良いでしょう。

*タンニンを含む緑茶や紅茶、ウーロン茶などは、
 たくさん飲み過ぎると腸の働きを
 弱めることがあるので、気をつけましょう。

*カフェインの含まれた飲み物(緑茶や紅茶)は
 利尿作用があるので、便を作る水分が不足する
 場合があります。

食物繊維をバランスよく摂りましょう


*不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよく
 摂ることが大切です。

*海藻、さつまいも、リンゴなどに含まれる
 水溶性の食物繊維は、水を含んで
 便を柔らかくする働きがあります。

 野菜やキノコなどに含まれる不溶性の
 食物繊維ばかりに偏らないよう
 意識して摂りましょう。

発酵食品で腸内の善玉菌を増やそう
*納豆や味噌、漬物などの
 プロバイオテクスと呼ばれる
 発酵食品を摂りましょう。
(プロバイオテクスとは、腸内環境を
 改善してくれる微生物のことです)

*発酵食品はビフィズス菌や乳酸菌を
 多く含みますが、腸内に長く
 住み続けることがないので、
 毎日続けて摂ることが大切ですね。

*善玉菌は生きて大腸に届かなくては
 意味がないと云われますが、
 死んでしまっても、善玉菌のカラダを作る
 成分に有効な生理機能が期待できるそうですよ。

*味噌や醤油などを作るのに欠かせない麹菌が、
 腸の健康に役立つことも分かってきています。
 麹菌は古くから日本人の健康を支えてきた
 大切な善玉菌ですね
 但し、酒精(アルコール)や
 保存料などの食品添加物が含まれているモノは、
 麹菌が死滅しているので、麹菌の働きは期待できないですね
 
*発酵食品としてのメリットとして、
 ①消化吸収が良くなる
 ②栄養価が高くなる
 ③美味しくなる
 がありますよ

毎日の食事に発酵食品を取り入れて
腸内環境を整えましょう

そして整っているかを、しっかりトイレで
自分の体からのお便りを見て
確認してくださいね

外装工事中

2023年10月03日 | お知らせ
10月に入り、ずいぶん涼しくなり、
秋の気配が色濃く感じられる季節になりましたね

さて昨日Instagramなどでお知らせ致しましたが
10月2日から約1ヶ月間外装工事を行ないます。
(天気次第なのですが、最長で11月9日までかかります)

大変ご迷惑、ご不便をお掛け致しますが、
よろしくお願い致します


なお、工事に伴いアロマピアの通常入口は
使用できませんので、
アロマピア駐車場側の入口をご利用ください。

また駐車場は、かもめ公園(池のところ)の
晴海ヶ丘共用駐車場をご利用ください。

工事期間中も通常営業ですが、
工事の音等が気になる方は、
土曜日、日曜日、祝日は工事はお休みですので、
土曜日、日曜日、祝日にご予約くださいますよう
お願い致します。

ご予約はこちらから
お問い合わせはこちらから