晴海ヶ丘の空の下

大阪から淡路島に引っ越したアロマピアの 
“おばさんセラピスト” のひとりごと

スギナブレンドティー

2018年06月11日 | アロマ&ハーブ
切り絵の先生のお庭からいただいてきたスギナを
乾燥させブレンドティーを作ってみました



スギナは古くから、漢方薬や野草茶として親しまれてきたのに、
最近は地下茎がはびこってすごい繁殖力なので、
お庭の嫌われモノ扱いされていることが多いですよね

でも雑草として引き抜いて捨ててしまうには
モッタイナイほど効能があるんですよ

スギナには、ケイ素が多く含まれているので
カルシウムと共に骨や歯、髪や爪などを
健やかに保つ働きがあります。

また古来から緩和な利尿剤として用いられ
膀胱炎、尿道炎のケア、
特に冷え対策として腎臓の強壮に役立つんですよ

外用では止血、手足の荒れ、皮膚炎に効果があります。

でもシングルでは、それほどおいしいお茶とは言えないので
飲みやすいようにブレンドを考えてみて、
ブレンドティーにしてみると
美味しくなりました
(またまた自画自賛

夏の冷え対策と骨粗しょう症予防に
この夏は愛飲しよぉ〜と
コメント

仕込みが忙しい時期です

2018年06月04日 | アロマ&ハーブ
先月『そらのうた』の先生宅からいただいてきたスギナが、
大阪に行っている間にちょうど程よく乾燥されていたので、


さっそくスギナの浸出油(ホーステールインフューズドオイル)
を仕込みました


スギナは皮膚炎に効果があり、美容にもゆるんだ組織や、
血行の悪い肌に良いといわれているので、
浸出油が出来上がったら、スギナクリームを作ります

たくさん頂いたので、残りのスギナはブレンド茶にします

7月のワークショップもこのスギナクリーム作りを予定しています
また日程が決まりましたらアップしますね

ドクダミも次々花を咲かせてくれるので、
お花をチンキにしました。


ドクダミには殺菌抗菌作用があり肌の炎症をおさえ、
虫刺されや水虫などの痒みの緩和や腫れをひかせる作用があるので
ドクダミチンキは夏の化粧水作りにピッタリです

6月は薬草やハーブが花の盛りを迎えるので、
色々作るのが楽しく忙しい時期でぇ〜す
コメント

カレンデュラ摘み取り体験してきました!

2018年04月19日 | アロマ&ハーブ
今日は晴海ヶ丘の友達同士3人で、
パルシェ香りの館まで
花織屋の坂下先生と
エルブアロマティークの川田先生主催の
カレンデュラ摘み取り体験と
ワークショップに参加してきました


芝桜が満開でキレイでした
集合まで温室のフクシアも楽しみました

そしていよいよ摘み取り開始ぃ〜

まずはチョキチョキと30本摘み取り


パルシェのマネージャーによる
ハーブ園のフィールドワークもあり
ハーブも摘み取りさせてもらいました


午後からは摘み取ったカレンデュラを使って
楽しくインフューズドオイル作りと
カレンデュラバーム作り


ランチはパルシェのレストランでバイキング
カレンデュラの花びらが入ったスープもありましたよ

スィーツは帰りの寄り道で、
もうひとしゃべりしたときのです


帰ってきて、さっそく
カレンデュラはオレンジ色の方は薬効が高いので、
ハーブティーにしたり、
またインフューズドオイルを作るときに使いたくて
花だけにし乾燥させました。

黄色い方のカレンデュラとハーブブーケは
飾って楽しみます

作ってきたインフューズドオイルは、
陽のよく当たるところで2週間後の解禁まで
楽しみに置いておきまぁ〜す

丸一日楽しめて、まだまだこれからも楽しみが続く
メチャメチャお得な体験ツアーでした

坂下先生、川田先生 
お世話になりありがとうございました
ラベンダー摘み取り体験ツアーも、
またよろしくお願いします
コメント

レモンユーカリ

2018年03月05日 | アロマ&ハーブ
久しぶりのハーブネタです


大阪の家から持ち帰ったレモンユーカリです。

3月14日にアクティブカレッジ淡路島にて開催する
『天然ハーブ衣類の防虫サシェ&シューズキーパー作り』
に使用するハーブのひとつです。

レモンユーカリは飲用できないため、
ドライハーブとしても、ほとんど売られていないので、
いつも自前の葉をチョキチョキして使います

レモンユーカリは葉っぱのままだと香らないですが、
プチっと葉を折ると、レモンとユーカリを合わせたような
(そのままやん
清々しい香りがします

レモンユーカリは抗菌、防虫作用があり、
特にペットのダニよけに効果的です。
葉っぱをウォッカに漬け込んでチンキを作り
(チンキはハーブをアルコール漬けしたものです)
希釈したスプレーを、ワンちゃんの
お散歩前にスプレーしてあげると、
お散歩中にダニが付いてくることを
防ぐことができますよ

講座では、他にも色々な虫除け効果のあるハーブを組み合わせて
安全安心の防虫剤を作りますよ

じゃぁ〜 市販で売ってるのに、
なぜハーブで防虫剤を作るのってとこですよね。

ここから防虫剤ネタに変わりますがぁ〜

それは、、、
アロマおばさんの若かりし頃は(今も気だけ若いけど
肌寒い季節になると、通勤電車の中でナフタリンの匂いが
プンプンするセーターやコートを着ている人がいて
衣装缶(この言葉も死語かもね)から
出してすぐを着て着たんやろなぁ〜ということが
良くあったのですが

それが匂いのしないタンスに●ン●ンなんていうモノが出てきて
ナフタリン攻撃からは解放されたけど、、、
人間が匂わないだけで、しっかり防虫成分は発散されているわけですね。
当たり前やけど

ハエ, ゴキブリ等の衛生害虫用殺虫剤については、
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
(旧薬事法)の規制がありますが、
アリ, クモ, ナメ クジ等の不快害虫用殺虫剤及びイガ等の
衣料用防虫剤については法規制がなく、
業界団体が作成した自主基準だけです。

現在 衣類用防虫剤として使用されている主な成分は、
ピレスロイド系、パラジクロロベンゼン、
そして先に記載したナフタリン、
昔懐かしい樟脳(しょうのう)の4種類があります。

防虫剤としては、樟脳は古くから使われてきましたが、
高度成長期には化学合成品のナフタレンが登場し、
続いてパラジクロロベンゼンが登場し、
1980年代からは無臭であるピレスロイド系が
使われ始めました。

このピレスロイド系は虫には強い効果がありますが、
哺乳類に対しては比較的安全である、
と言われ販売されているのですが、、、

ピレスロイド系の中には内分泌かく乱作用を持つ物質や
神経毒性作用を示す物質も含まれていることから、
ヒトの健康への影響が懸念されています。
参照:大阪府立公衆衛生研究所

匂いのあるパラジクロロベンゼンは、
衣類の防虫剤のほか、トイレの消臭剤にも
使用されています。

シックハウス症候群の原因物質の一つとされ、
濃度が規制されています。
指針値は0.04ppmとなっており、
15~30ppmでにおいを感じ、
80~160ppmでは大部分の成人が
目や鼻に痛みの症状が出ます。

また、めまい・頭痛・疲労感・目、鼻、喉への刺激・
肝臓障害などの症状が出る場合もあります。

このように合成化学物質の防虫剤はすでに
有害性が認識され、健康被害が出るとわかっている
物質もあるので、カンタンに作れる
天然成分100%の体に優しい防虫剤で
衣類も身体も守りませんか?

作ってみようかなと思われたら
講座について詳しくはこちらから

日程の合わない方はご連絡いただければ、
ご都合にあった日時を調整致しますので、
お気軽にお問い合わせくださいね

お問い合わせ、お申し込みは
こちらのアロマピアご予約フォームから

FacebookやLINEからもお申し込みいただけます。
Fecebook

LINE
コメント

サンプル作りしました♪

2017年12月11日 | アロマ&ハーブ
昨日は1月17日にアクティブカレッジ淡路島で行う
『ミツロウハンドクリーム&ヘアクリーム作り』の
サンプル作りをしました


こちらの先日仕込んだカレンデュラインフューズドオイルは
まだ浸出できていないので

以前に浸出したオイルを使ったハンドクリーム作りと
ヘアクリーム作り


ハンドクリームは、一応ハンドと云ってますが
天然成分100%で赤ちゃんにも使える
超お肌に優しい全身用のミツロウクリームです。
使っているカレンデュラインフューズドオイルの
カレンデュラは皮膚の炎症を鎮めたり
保護する働きがあり、皮膚のガードマンと
いわれているスグレモノのハーブです

ヘアクリームは、冬に乾燥する髪の毛のケアに
ぴったりなヘアケアアイテム
髪に良い椿オイルをベースに髪のケアに有効なエキスや
ビタミンをプラスした使いやすいヘアクリームです。

冬にぴったりのハンドクリームとヘアクリームの
ナチュラルスキンケアで、寒さや乾燥ダメージを防ぎましょう

お申し込みは、こちらのご予約フォームから

FacebookやLINEからもお申し込みいただけます。
Fecebook

LINE
コメント

ハーブお屠蘇仕込みました!

2017年11月13日 | アロマ&ハーブ
11月も、もう半ばになりお歳暮やおせちのCMが流れ始めましたね

今日は『ハーブお屠蘇&にほひ袋作り』レッスン用に
ハーブお屠蘇の仕込みをしました



『ハーブお屠蘇&にほひ袋作り』は12月13日に
アクティブカレッジ淡路島にて行います


ハーブお屠蘇は、いわゆるハーブをお酒に漬け込んだもので、
体を温め、消化を促進し、強壮作用のある薬草酒です
ハーブお屠蘇は年末年始の食べ過ぎや、疲労回復にピッタリですよ


にほひ袋は、お香材料に使われる天然香料を合わせて作る
和風の香り袋です
着物の襟元に挟んだり、タンスの引き出しに入れたり、
枕元に置いてリラックス睡眠を促したりと
いろんなシーンで和の香りを楽しめますよ

ぜひ ハーバルライフの楽しみを体験してみませんか

お申し込みは、こちらのご予約フォームから

FacebookやLINEからもお申し込みいただけます。
Fecebook

LINE
コメント

なに作ろうかなぁ?

2017年10月22日 | アロマ&ハーブ
淡路市にあるパルシェ香りの館で
栽培されたゼラニウムの芳香蒸留水を
カフェ&レストランしぶれっとさんのご好意で
分けていただきました


めちゃくちゃ良い香りぃ〜

さてさて これで何を作ろうかなぁ〜
そうだ 
手作りのゆずシードエキスやアロエベラチンキがあるから
これからの季節に向けた保湿化粧水を作ろ〜と

そうそう ありがたいことにアロマコスメ教室のご希望が
ボツボツ増えてきたので、
11月からご希望があれば、基本的に水曜、木曜を
教室開催日にしようか検討中です

決定しましたら、またお知らせしますね
コメント

ミツロウラップ作ってみた♪

2017年10月20日 | アロマ&ハーブ
最近巷で流行りのミツロウラップを作ってみました
(ミツロウラップはミツロウと布でできた食品包装用のラップです)

エコラップとして人気で、ワークショップもあるのを
チラチラみていたのですが、島外へわざわざ行くのもなぁ〜と思い
ミツロウはたくさんあるし、自分で作ってみることにしました

布に染み込ませる分量がわからず、最初はゴワゴワのができましたが
失敗は成功のもと 
はい うまくできましたよぉ〜


せっかくなので、ワークショップしようかなぁ〜
作りたいぃ〜という方居られたら、ぜひ一緒に作りましょう

ラップは曇り止めの薬剤が使われているので、ちょっと心配という方や
おしゃれなエコライフを目指している方には

電子レンジには使えないし、何十回も使えないけど
使い捨てラップの代わりに使えるし、
お鍋や保存容器のフタ代わりに、
サンドイッチやおにぎりも包めるし、
やっぱオシャレ〜
コメント

モイストポプリ作りました♪

2017年10月14日 | アロマ&ハーブ
金木犀のモイストポプリを作りたくて、
晴海ヶ丘の有名ガーデナーのMさん宅に
分けてもらいに行ったら、
意外にも金木犀は植えてないとのことで
それならバラのモイストポプリにするので、
散り初めのバラを分けてくださいとお願いしたら、


こんなにたくさんいただきました


つぼみのバラや小菊にマーガレット、ラベンダーと
いっぱい花束にしてくださったので、
こちらは観賞用に楽しむことに


ぎっしりぎゅー〜と詰め込みました


花びらがたくさんあったので、
こんなにたくさん出来てしまいました

アクティブカレッジのフリードリンクスペースに
何かアロマをPRできるものを飾っては?
と提案していただいていたので、
持っていくことにしよ〜と
コメント

季節先取り♪

2017年09月04日 | アロマ&ハーブ
オスマンサス精油が届きました
オスマンサスって聞きなれない名前ですが、
和名は金木犀(キンモクセイ)です


とってもとっても高価な精油で
ローズ精油やネロリ精油ランクです

でも、よく手作りコスメ材料を購入しているところから、
アロマおばさんでも手が届く価格で発売されたので
買ってみました
(それでも清水の舞台から飛び降りる感じでしたが)
  ↑
って、この表現が昭和かなぁ〜

で、話は戻して
精油なので、キンモクセイの咲いているところに
漂っている香りとは、少し違うのですが、
甘くてスパイシー濃厚な香りです

どちらかというと桂花陳酒のイメージかなぁ〜

この精油をブレンドして香水やオーデコロンを作ると
素敵かも

「オスマンサス」という名前は、学名の「Osmanthus」からで、
ギリシャ語で「香りのある花」を意味しています。

効能としては、やはり甘い香りなので、
不安や緊張、イライラを感じている心をほぐし、
落ち着かせてくれます。

身体的には、食欲を抑えたり、ダイエットに良いそうですが、
アロマおばさんは桂花陳酒を飲むと、食が進みますが

秋の夜長は、香水作りを楽しんでみようかなぁ〜
一緒に作ってみたい方は、ご連絡くださいね
もちろん日中で大丈夫ですよぉ
コメント