晴海ヶ丘の空の下

大阪から淡路島に引っ越したアロマピアの 
“おばさんセラピスト” のひとりごと

道端アンジェリカさんたちもご愛用

2017年07月19日 | キレイとゲンキの話
大阪でサロンをしていた頃から
お客様にご好評をいただいておりました
トレフルクレンジングマッサージクリームが

180グラム入り 4,212円(税込)

道端アンジェリカさんや熊田曜子さん、
安西ひろこさん、森下悠里さんといった
芸能人の方々のインスタにアップされたことで、
「どこに売っているの?」とちょっとした話題だそうです

アロマピアで地道に扱ってきたアイテムが、
急に注目を浴びるのは嬉しいことですね

トレフルクレンジングマッサージクリームは、
クレンジングとマッサージの両方に使え
スクワランオイル、イオウ、フラーレン、
加水分解のコラーゲンとヒアルロン酸、
AC-11(紫外線などで壊れたDNAの修復作用)などの
美肌成分が贅沢に配合されています

そしてマッサージに使用する場合は
このクリーム10mlに対し精油を1〜2滴入れて
使用することもできます
(クリーム自体は無香料、無着色です)

日焼けが気になる夏の肌に、ぜひ一度お試しくださいね

道端アンジェリカさんのインスタはこちらから

熊田曜子さんのインスタはこちらから

安西ひろこさんのインスタはこちらから

森下悠里さんのインスタはこちらから

お問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム
コメント

ビーポーレン

2016年12月17日 | キレイとゲンキの話
寒さが続きますね

今年もインフルエンザの予防接種をせずに、
梅干しと納豆をしっかり食べて、元気に冬を過ごしましょう

さて、ビーポーレンってあまり馴染みがない言葉ですが
ご存知ですか?

ミツバチが集めてきてくれる花粉のことです。

玄米酵素の講習会でスーパーフードのお話を聞いてきましたので、
ご紹介しますね

ビーポーレンは古くからヨーロッパではよく食べれられてきた健康食品の一つです。

ビーポーレン(ミツバチ花粉)には、
必須アミノ酸がバランス良く入っていて、
特にプロリンというアミノ酸がダントツに多いのです。

このプロリンは、関節軟骨の弾力性を高め、
脂肪を燃焼させる効果があり、
コラーゲンを作る時には、プロリンとビタミンCが必要なので、
美肌効果も高いと云われています。

花粉なので植物由来のカルシウムが多いのもいいですね。

またORAC値(オラック値)という、
活性酸素を消去吸収する能力を数値化した値でも
ORAC値 
バナナ 5
玉ねぎ    12
ザクロ    45
ブルーベリー 96
ビーポーレン 247
というように、ビーポーレンが群を抜いて高いですね

またホルモンバランスを整える働きがあるので、
更年期のツライ日常や、男性更年期のモヤモヤの
強い味方になってくれそうです。

また成長ホルモンを活性化するので、
成長期で伸び悩んでいる子供の味方にも。

このビーポーレンと玄米酵素がドッキングしたのが
『玄米酵素ハイ・ゲンキ花粉』です

これには、玄米酵素やオリゴ糖も含まれているので、
まさにスーパーフードの優等生かもしれませんね

いつまでも美しく輝き続けたい40代以上の女性には

日本古来のスーパーフードである、ウコンやエゴマ、
赤米、味噌もしっかり食事に取り入れ
キレイに 元気に過ごしましょうね
コメント

あいうべ体操

2016年11月22日 | キレイとゲンキの話
暖かい日が続き、紅葉も長持ちしてくれそうですね

さて、『あいうべ体操』ってご存知ですか?
舌の筋トレ方法なんですよ


先日 玄米酵素の講座で伺ってきました

「8020運動」という、満80歳まで自分の歯を20本以上残そう運動が浸透し、
高齢者の残存歯数は大幅に増加しているそうなんですが、
歯がたくさん残っているのに食べる機能が落ちてしまう人が
少なくなく、舌の重要性に注目が集まってきているそうです。

筋力が衰えると云うと、すぐに足腰の筋力を思い浮かべますが、
舌も筋肉で出来ているので、加齢とともに筋力が落ちていくとのこと。

「食べこぼしや誤嚥でむせることが増えてきたら、
 舌の筋力低下のサイン」

舌の筋力が落ちると、口の中で舌の位置が下がり
口呼吸になってしまいます。

特に朝目覚めたときに、口の中が乾いていたり、
ノドがヒリヒリする人は、寝ている間に口呼吸になっていることが
多いということに。

そこで足腰を鍛えるように、舌も鍛えようということで、
福岡市のみらいクリニックの今井彰院長が考案された
『あいうべ体操』が、手軽にできてイイですよ

あ:「あ〜」と口を大きく開く
い:「い〜」と口を横に広げる
う:「う〜」と口を強く前に突き出す
べ:「べ〜」と舌を突き出して下に伸ばす

「あいうべ」1セットで、1日30セットを目安に毎日続けると、
2〜3ヶ月で、ほとんどの人の舌の位置の改善がみられ
口呼吸が鼻呼吸に戻ると報告されています。

一度にやると疲れる人は、2〜3回に分けてやると良いでしょう。
ただし、顎関節症の人や顎を開けると痛む場合は、
回数を減らすか、「い〜」と「う〜」だけを繰り返してくださいね。

この呼吸を取り入れた小学校では、インフルエンザの発症率が
例年より大幅に減ったそうですよ

(10月1日日本経済新聞記事から抜粋)

美容面でも、顔ヨガと同じように、法令線や口元のシワ防止に役立つと
アロマおばさんは思っています

アロマおばさんは、主にお風呂で実行中

高齢者でなくても、とってもカンタンなので、
ぜひ やってみてくださいね

ただし 一人っきりのところでね

さて、あいうべ体操もしたし、またそろそろ夜間の授業に行く準備をしまぁ〜す
では また
コメント

オカアサンヤスメって!?

2016年11月12日 | キレイとゲンキの話
今日は文字通り小春日和ですね

さて、『オカアサンヤスメ ハハキトク』ってご存知ですか?
アロマおばさんは、先日の玄米酵素さんの研修の時に
初めて知ったんですが、、、
一汁三菜のご飯、味噌汁、『マゴワヤサシイ』という
体に良い食事内容とはまるで反対のような
現在よく食べられているメニューだそうです。


オ:オムレツ
カ:カレー
ア:アイスクリーム
サン:サンドイッチ
ヤ:焼きそば
ス:スパゲティー
メ:目玉焼き
ハ:ハンバーグ
ハ:ハムエッグ
キ:餃子
ト:トーストまたはトンカツ
ク:クリームシチュー

アロマおばさんも好きなものたくさん

じゃぁ〜 なぜこれらのものばかりじゃなのかというと
柔らかい、噛まない、ビタミンミネラルが少ない、
特にビタミンDとカルシウムが少ない。
脂肪が多い ということなのです。

CMにもありますが、美味しいものは糖と脂肪でできてます
糖と脂肪の取りすぎは、中毒症状に似た食習慣になってしまいます
そして発癌物質をまき散らすアリアケ菌は、脂や脂肪によって増えていきます

「癌」という字は、ヤマイダレに口が3つと山ですね
3回の食事で山のように食べるから病になるということを表しているとか、、、
糖と脂肪の過剰摂取はやっぱりですね

今の子供達の食事内容を見ていると、小学生から
糖尿病予備軍がいるようになったのも納得ですよね

じゃぁ〜 何食べるのよぉ〜ということですが
先ほどの『マゴワヤサシイ』です
マ:豆類
ゴ:ゴマ
ワ:ワカメなどの海藻類
ヤ:野菜
サ:魚(小魚)
シ:しいたけなどのキノコ類
イ:芋類
そして玄米酵素さんで独自に加えたという
コ:発酵食品(漬物、納豆、味噌など)

いきなりメニューを『マゴワヤサシイコ』にしたら
家族からブーイングがくると思うので
少しづつ『オカアサンヤスメ ハハキトク』のメニューを
『マゴワヤサシイコ』にシフトしていけば
家族の抵抗に遭わずに、変えていくことができるのでは?

次回は、肥らない食べ方についてつぶやきますね
ではまた
コメント

続 育菌しましょう!

2016年10月26日 | キレイとゲンキの話
街のあちこちで金木犀のイイ香りが漂ってますね


さて前回のブログでオリゴ糖で育菌しましょう!とアップしましたが
食物繊維もビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きをします。

人間のカラダは食物繊維を分解する消化酵素を持っていないので、
大腸にそのまま届きお通じの材料となるのですが、
水溶性食物繊維は腸内の残りカスや有害物質を
絡め取って体外へ排出してくれますね。

そして腸内細菌が食物繊維を発酵させてエネルギーに変換するため
腸内に長く留まり、水分を含んで排泄をスムーズにします。

その腸内細菌が食物繊維を発酵させるときに、
酪酸と呼ばれる酸が出て、この酪酸によってビフィズス菌などの
善玉菌が増え、腸内環境が改善されるというわけですね。

また酪酸はがん細胞を抑制する極めて重要な物質ですよ。

現代人は食物繊維が不足しがちと言われていますが、
たくさん含まれるジャンル別食材No1は、

芋根菜類では、切り干し大根(20.7グラム)
キノコ類では、白キクラゲ(68.7グラム)
野菜では、らっきょ(21.0グラム)
果物では、干し柿(14.0グラム)
穀物では、小麦ふすま(10.8グラム)
豆類では、乾燥インゲン豆(19.3グラム)
海藻類では、寒天(74.1グラム)
種実類では、いりごま(12.6グラム)
その他の加工品では、ココナッツパウダー(14.1グラム)
*日本食品標準成分表2010より (ooグラムは、可食部100グラムあたり)

乾物は食物繊維が多いので、干ししいたけと大豆のひじき煮などは
食物繊維のゴールデントリオですね

これからの寒い季節には、豆や根菜類のスープもイイですね

インスタントのスープやカップスープは、添加物が多く
コーンスープなどは、ほとんどが遺伝子組み換えコーンなので、
ぜひ、休日などにたくさんの野菜やキノコや海藻でスープを作って
ストックしておくと便利ですよぉ〜

食物繊維も摂れるし、CMでススメている温朝食もできるので
一挙両得ですね
コメント

育菌しましょう!

2016年10月22日 | キレイとゲンキの話
今日はドタキャンがあり、また少し時間が取れたので、
育菌のお話を

最近 腸の働きを良くする"腸活"は、
すっかり定着した言葉となりましたが、
腸内の善玉菌を元気に育てる"育菌"が注目されてますね

腸内にはおよそ1,000種類100〜1,000兆個以上、
重さにすると1.5kgもの腸内細菌が棲んでいて
数多くの働きをしてくれていますね。

その腸を元気にするために欠かせない善玉菌を増やすのが
オリゴ糖ですね。

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの単糖が3〜10個
結合してできたもので、カロリーは砂糖の約半分。
また、むし歯の原因菌のエサにもならないため、
「むし歯になりにくい、低カロリー甘味料」として注目されています。

多くのオリゴ糖は、人間の胃や小腸で消化されず大腸まで届き、
ビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、増殖していきます。

そして腸内を酸性化するとともに、ウィルシュ菌などの悪玉菌を抑制し、
アンモニアなどの悪臭、有害成分の腸内発生を低下させます。

なので善玉菌にはエサが必要だから、乳酸菌やビフィズス菌の入った
ヨーグルトや発酵食品を食べていても、
白砂糖の入ったモノではエサがないので、
善玉菌は増えられないんですね

ちょっと意識してオリゴ糖を摂るようにしてみませんか?

オリゴ糖には、いろいろな種類がありますよ

【フラクトオリゴ糖】
ごぼう、アスパラガス、にんにく、ねぎ、玉ねぎなどに多く含まれており、まろやかな甘さがある。
大腸内のビフィズス菌を増やして腸内環境を整え、肥満、動脈硬化予防に役立つと言われている。

【大豆オリゴ糖】
大豆に含まれる少糖類の総称で、みそやしょうゆにも含まれている。
少量で腸内環境をよくする働きがあり、免疫力を向上させる。

【ガラクトオリゴ糖】
母乳に多く含まれているオリゴ糖で、便秘や下痢を改善する。
たんぱく質の消化吸収を助け、脂質代謝をよくし、ミネラルの吸収も促進する。

【イソマルトオリゴ糖】
はちみつや味噌、醤油、日本酒などに多く含まれている。
熱や酸に対して強く、防腐作用がある。

【参考】
書籍「腸で酵素をつくる習慣 自分史上最高の腸になる! 」高畑宗明

アロマおばさんは、北海道産砂糖大根100%の
これを使っています

オリゴ糖は、白砂糖のように甘くはないので、
(甘味は砂糖の約20%です)
ヨーグルトやスムージーなどに入れる時は、
ハチミツも一緒に入れるとイイですね

オリゴ糖もいろいろ売られていますが、
成分表示などをよく見て買ってくださいね
オリゴ糖よりもショ糖(砂糖)のほうが多く含まれているものや
人口甘味料や酸化防止剤、香料、保存料まで含まれているものもあるので

それから、大量にとるとお腹がゆるくなったりする場合があるから、
カラダに良いからと摂りすぎないようにしてくださいね

育菌&腸活で、元気に キレイに
コメント

オートファジー

2016年10月04日 | キレイとゲンキの話
昨日は、2年連続で日本人がノーベル賞受賞のニュースで沸きましたね
授賞理由は「オートファジー(自食作用)の仕組みの発見」だそうで、
細胞が自分自身の一部を分解し、栄養源としてリサイクルするということを
明らかにされたんですよね。

成人で1日約200グラムのタンパク質が体内で合成され、
食べ物からの摂取は60〜80グラムだそうですね

ということは、やっぱり現代人は食べ過ぎ
腹6分目や7分目でも大丈夫ということじゃないのかなぁ〜

体内で合成されない必須アミノ酸を多く含むタンパク質を補えば
それで良いんじゃないのかなぁ

って勝手な憶測ですが、、、

大豆はアミノ酸スコアが100点で、
(ただし1973 年の評点パタンを用いると 86点)
魚や鶏肉、卵と同等のスコア100点の良質なタンパク質

大豆は必須アミノ酸のリジンは多いのですが、含硫アミノ酸が少なく、
逆に、精白米は大豆に多いリジンが少なく、大豆に少ない含硫アミノ酸は多いから、
お米に足りない必須アミノ酸と大豆に足りない必須アミノ酸がお互い補い合うので、
ご飯に味噌汁、小魚、お漬物という日本の代表的な献立が
素食で体に良いということなんだろうなぁ

そして大豆製品が足りない時は、先日ご紹介したこれが便利です


北海道産大豆100%でオリゴ糖、貝カルシウム入りです
携帯でき、外食や旅行時に便利です

でも飽食の時代 食べ物がすぐ手に入る現代では、
体は欲していなくても、脳(食欲)が欲してしまうんですよねぇ

アロマおばさんもプチ断食をすると、そんなにお腹は空いてないのに、
口寂しくて何か食べたいと思ってしまいます

無駄に消化にカロリーを使わないように、食欲の秋に気を引き締めて
腹7分目を心がけよう〜と
タンパク質はリサイクルぅ〜
コメント

マヌカハニーロゼンジ

2016年09月29日 | キレイとゲンキの話
梅雨かと思うぐらいグズついたお天気が続きますね

さて ちょっとお高いですが アロマピアの人気商品の一つ
マヌカハニーロゼンジに新しい種類が登場しました

これから迎える風邪の季節にピッタリのマヌカハニーロゼンジの
エキナセアレモンとジンジャーです


左:エキナセアレモン 右:ジンジャー 
どちらも8個入り 1,188円(税込)

マヌカハニーは、ニュージーランド特産のマヌカの花の蜂蜜で
高い抗菌活性力を持ち、先住民族のマオリ族の間では
古くから使われていました。

最近は、腸内の悪玉菌の活動の抑制から殺菌まで行うことが注目され、
ピロリ菌に効果的ということが注目されていますね

イギリスの医療雑誌にも、5%の濃度のマヌカハニーでピロリ菌を殺菌し、
2.5%の濃度でも局部的な殺菌を行ったという研究結果が報告されています。

ロゼンジとは、ハチミツをタブレット状に固めたキャンディーのことで、
喉の痛み、鼻のつまり、風邪やインフルエンザの予防にも
ノド飴感覚で、マヌカハニーを手軽に持ち歩け、
いつでもどこでも食べることができるスグレモノです

エキナセアレモンは、エキナセアエキスとレモン果汁を加えたもので、
エキナセアは、免疫力を高めるハーブとして知られ、
風邪やインフルエンザなどの感染症予防に役立つので、
マヌカハニーとのタッグは、これからの季節にはベストマッチですよね

ジンジャーも、発汗や保温作用があることがよく知られているように、
からだの末端まで温めてくれるので、やはりマヌカハニーとの組み合わせは
風邪やインフルエンザなどの感染症予防に役立ちますね

高いので(何回も言わなくてもね) 
受験前やお仕事で忙しくて風邪など引いてられない大切な時に
(風邪を引いてイイ時ってないですが
ぜひ 活用していただきたいですね
コメント

ゴールデンベリー

2016年09月28日 | キレイとゲンキの話
スーパーフードが、雑誌や番組で次々と紹介されていますが、
最近の注目はゴールデンベリーでしょうか?

いつも注文しているオルターの宅配で、フレッシュのゴールデンベリーが
お試しサイズであったので、注文してみました


もっと黄色くて大きいのかと思っていたら、
以外と色も薄くて小さくて、甘いけど独特の香りです。

ゴールデンベリーは、食用のホオズキの一種です。
日本ではホオズキのほとんどが観賞用ですが、
原産国のペルーや南米では栄養価の高い食品として
古くから重宝されてきたそうです。
インカ帝国時代から食されていたそうで、
現地では「インカベリー」とも呼ばれているそうです。

スーパーフードと言われる所以は、
ビタミンABCはもちろんのこと、注目はビタミンP
ビタミンPは、ポリフェノールの一種でバイオフラボノイドともいいます。

肌の老化を防ぎ、コラーゲンを作るビタミンCの吸収を良くします。
また、血圧を下げ、コレステロール値の改善、
ウイルスやアレルギーから身体を守って免疫力アップさせる
などの効果があります。

鉄分や食物繊維も豊富ですが、
もう一つの注目成分はイノシトールです
イノシトールは、ビタミンB群の一種で、
血液中の脂肪の流れを良くして体脂肪の蓄積を防ぎ、
保湿効果が高くシワやたるみの改善に効果があります。

これらの働きで、コレステロール値低下や、動脈硬化予防に役立ち、
美容面では、皮膚や粘膜を正常に保ち、
活性酸素を抑え、保湿成分の働きで乾燥知らずの潤い肌へと導き、
シワやたるみの改善にも期待大ですね

でも これっぽっちじゃ 効果はムリか

ドライのゴールデンベリーも売られてるけど、
苗を買ってきて育てて、ジャムを作ったらイイよねぇ〜

苗を見つけたら、即買い〜

でも誰がジャムを作るん
そうだ 家事夫クンに頼もう
コメント

効果的な食べ合わせ

2016年09月26日 | キレイとゲンキの話
なかなかスッキリと晴れないお天気が続きますね

さて、今日は食べ合わせのお話です
大豆イソフラボンは、女性にとってメリットの大きい成分として
とても有名になりましたね

この大豆イソフラボンは、フラクトオリゴ糖と一緒に摂取すると
骨密度が増えるというデータが発表されたそうですね。

フラクトオリゴ糖が腸内細菌を増やし、それがイソフラボンを分解して
活性の高いエクオールを作り出すそうです。
(東京農業大学応用生物科学部 上原万里子助教授)

エクオールについては前のこちらのブログをご覧くださいね

フラクトオリゴ糖は、ハチミツや玉ねぎなどに含まれる甘み成分なので、
豆腐と玉ねぎの味噌汁や、ハチミツ入り豆乳などで
この食べ合わせ効果が期待できますね

そして「骨の健康にはカルシウム」って思い込んでませんか?
もちろんカルシウムは大事ですが、それよりも必要なのはマグネシウムです

マグネシウムが足りない状態では、カルシウムが骨にキチンと定着せず、
骨が弱くなってしまいます

じゃぁ 牛乳となりがちですが、
ちょっと待ってくださぁ〜い

牛乳を多く飲んでいると、骨からカルシウムがどんどん流出し
むしろ骨を弱くしてしまいます

それは牛乳にはカルシウムばかり多く、マグネシウムはほとんど含まれないため、
体の中でカルシウムが悪玉カルシウムになってしまうんです

反対にマグネシウムを豊富に含んでいて、カルシウムの摂取源としても
優れているのが、穀菜食、特に大豆製品です。

特に大豆はマグネシウムとカルシウムの含有バランスが理想的なので、
牛乳をやめて豆乳にしてみませんか?

悪玉カルシウムと善玉カルシウムについては、
7年も前のブログですがこちらをご覧くださいね。

でも忙しくて、大豆製品を多く取り入れた献立にできない方や
外食が多い方、豆乳などが苦手な方には、
こちらはいかがですか


玄米酵素から新発売された元氣大豆21を顆粒タイプにしたものに
オリゴ糖と貝カルシウムをプラスされたものです
《元氣大豆21 90袋入り 4,320円(税込)》

スポーツ後のたんぱく質補給や、ちょっと小腹が空いた時や
プチ断食の時にも重宝しそうです

試してみたいなぁ〜と思われた方は、ご来店時にお気軽にお声がけくださいませ
ただいま サンプルプレゼント中
コメント