こころとからだ

アロママの日々感じた事、思った事。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台湾旅行

2008-05-28 | ひとりごと
連休中に台湾に旅行に行ってきました。
色々な意味でアツい国でしたね。

沖縄に近いだけあって、湿気が高く蒸し暑かったです。
そしてその他にも
お土産屋さんのアツい接客。
ぴったり寄り添いマークされます。
夜市のアツい呼び込み。
ゆっくりと眺めていられません。

そして極めつけが、ガイドさんのアツいガイド。
朝から、夕方までビッチリとガイドして頂きました。
78歳のおじいちゃんだったのですが、とてもパワフルでガイドをされている日本人がもう疲れてぐったりとしていました。
この方は日本の植民地時代に日本語での教育を受けた方らしく、日本語がとてもお上手でした。
「日本は植民地だった台湾に学校を作ったり、たくさんの先生を送って教育する事を授けてくれた。普通は植民地化した国は頭の悪い方が余計なことを考えなくていいから勉強なんか教えないのに、日本は台湾に学ぶ環境を整えてくれた。とても素晴らしい事です。とても感謝している。」と言ってました。

う~ん、日本人て素晴らしいですね。
台湾には日本が作った建物が今でも残っていますが、日本から来る大学の教授達など、みなさん驚かれるそうです。「なぜ、他国にこんな立派な建物を?」と。
自分の国だってとても辛い戦争の時代に台湾に学校を作り、教育を授けた日本人。
改めて感心してしまいました。

台湾足つぼマッサージももちろん満喫してきましたよ。
思ったほど痛くなく、イタキモでした。
そして、中には入りませんでしたが、立派なそごうのデパートがありました。
日本のどこにあるのよりも立派だったように見えました。
日本人は台湾に来ると立派な建物を建てたくなるように出来ているのでしょうか?

毎日の睡眠時間が3~4時間位しか取れない程、台湾を朝から晩まで満喫した今回の台湾旅行でしたが、台北の都会ばかりだったので、今度は台湾の自然を見にまた行きたいと思いました。
コメント

ヒプノセラピーの誤解

2008-05-16 | ひとりごと
昨日は高校時代の友人と会ってきました。
この友人は以前、私がヒプノセラピーの練習代になってくれるように頼んだ時に
「怖いから嫌~」
と断られてしまった、Yちゃんです。

まあ、私の仕事の話をすると、ヒプノセラピーとかヒーリングの話になるのが自然の流れなのですが、この時にYちゃんから色々ヒプノセラピーの事に関する質問をされました。

私の悪い癖なのですが、
「自分が知っている事は、世の中の人もきっとみんな知っている」
と思う癖があります。
あまりにも自分にとって当たり前の知識になってしまうと、なんとなく勝手に一般常識と同じレベルで考えるようになってしまうのです。
この友人は以前私が「リフレクソロジー」の話をした時も「リフレクソロジー」って何?と質問してきたツワモノなのですが、これもまた、おかしな事でもなんでもなく、その後何人も「リフレクソロジー」を知らないお客様に会って、愕然としたものでした。(最近は「ああ、足つぼの事よね」と言われる方が増えました。だいぶ浸透しているようですね。)
「リフレクソロジー」は私にとっては「フェイシャル」という言葉と同じ位当たり前な言葉だったのです。

と、脱線しましたが、この時に色々と聞かれた事が私の中では常識となってしまっっていた事でした。
その質問とは
「催眠中って目を開けているんじゃないの?」
これにはビックリしました。私にとっては目は閉じているのか空いているのかなんて考えた事もないくらい、閉じてて当然の事だったからです。
なぜ、こんな事を思ってしまったのか聞くと、
「映像が見えるのだから目は空いていないと見えないんじゃないのかと思ってた」
と言ってました。
う~ん、確かに。。。。映像というか、イメージというか、なんとも難しい感覚で見えるのは確かです。
そして、「見る」といえば「目」ですもんね、映像を見るのに目をつぶっているのはYちゃんにとって「ない」事だったようです。
でも催眠中のイメージは目で見るのではないのです。なんというか、脳で見るといか、心で見るというか浮かぶというか・・・・。
う~ん説明するのは難しいですね。
(アロママではセッション前にイメージを見る練習もしていくので、安心してご来店くださいね。)

そして次の質問「催眠中は自分の意識がなくなって勝手に自分が喋っちゃうの?」
です。これは、今までに何度かテレビでやった催眠ショーが原因みたいなんですが、ゴリラになったり、いきなり人をなぐったりと、自分が自分ではなくなってしまうのではないかと思ってしまっていたようです。
自分の意識はどっかにいっちゃって、過去世の自分やインナーチャイルドそのものになってしまい、言いたくない事を言ってしまったり、暴れたりするのではないかと怖かったそうです。
ヒプノセラピーは潜在意識と繋がるテクニックですが、普段のあなたである顕在意識がどこかに行ってしまうわけではありません。
ちゃん自分自身の感覚で見たり、感じたりする事ができます。
その見えたイメージをみながら「なんだこりゃ?、ありえないでしょ」と思って見たり、「ひどい事するなー、私って」と過去世の自分を批判してみたりもできます。自分の自由意思はなくなったりしません。
言いたくない事は言わなくてもいいし、これ以上見るのは耐えられないと思えば、目を開ける事も自由です。
あまりにも自分の感覚があるため、実際に見たイメージを信じられない、ただの想像だったのかな?と思ってしまう人が多いくらいです。

その他にもたくさん質問してくれたYちゃん、勉強させて頂きました。
私がご飯でもと誘ったその日に偶然、久し振りにアロママのホームページを見てたんだよ、そうしたら誘いのメールが来た。と言っていたYちゃん、シンクロですね。
楽しい時間をありがとう。


コメント

寒いですね~

2008-05-11 | からだ
今日は寒かったですね~、もう暖かいので慣れてきてたのでびっくりです。
久々の寒い感じは、お布団がとても気持ち良くって、それはそれで嬉しいんですけどね。

でもこう、気温の変化が激しいと私たちの自律神経が心配です。
自律神経とは交感神経と副交感神経とからなり、内臓の働きを整えたり、ホルモンの分泌や汗などのように、自分の意思とは関係なしに働いています。
私たちは自分で心臓を動かそうと思っているわけでも、食べ物を食べたから胃酸を出して、胃を活発に動かそうなんて思っているわけでもありません。
これらはすべて自律神経が勝手にやってくれているんです。
そして、もちろん私たちの体温調整もこの自律神経の働きです。

寒ければ、震えて熱を発っしようとするし、暑ければ汗を出して熱を発散させようとしてくれます。

最近までは昼間は汗ばむくらい暖かく、夜は寒い日が続いてました。そして、最近は夜も結構暖かく感じるようになってきてましたね。
それなのに急にまた、朝からこんなに寒い日がやってきました。
これでは、自律神経も混乱してしまうかもしれません。
ただでさえ、私たちは文明の力、「エアコン」を駆使していつでも快適な温度で過ごせるようにと自然に手を加えて、自律神経を混乱させているのに。

体温調整が上手に取れなくなって、バランスを崩した自律神経が他の内臓やホルモンの分泌に影響を与えてしまう事もありえます。

季節の変わり目ってなんだかだるくなったり、体調を崩したりする人が多くありませんか?
これって、自律神経のバランスが崩れて、内臓の働きが落ちたり、免疫力が落ちたりした結果かもしれませんよ。

では、この自分では制御できない自律神経のバランスをどうやってとるのか?
それは、唯一自分でコントロールできる呼吸で取る事ができるんです。

なぜ呼吸だけが??

それは、肺は自律神経でコントロールされていますが、肺の拡張と収縮をしている筋肉が他の内臓とは異なり、骨格筋という種類の筋肉だからなんです。骨格筋は手足の筋肉と同じく大脳皮質を中枢とする脊髄神経にも支配されているため、私たちは自分の意思で呼吸を止めたり、息を深く吸ったり吐いたりする事ができるんです。
この唯一コントロールする事のできる呼吸によって、乱れがちな自律神経のバランスを取り戻す事ができます。
呼吸をゆっくりと深く繰り返しているととても気持ちも落ち着いてきます。
たくさんの酸素が体の中に入ってきて、血液にのって体中に広がると体も元気になり、ダイエットにもなります。脂肪が燃焼するには酸素が必要って知ってますか?
複式呼吸をするだけで、痩せたっていう人もいるくらいなんですよ。

また空気中のエネルギー(プラーナ)も呼吸とともにと取り込めてますます元気になれます。

みんさんも是非、呼吸を活用して下さいね。






コメント

メニューが少し変わりました。

2008-05-07 | お知らせ
コースメニューを少し変更しました。
こころとからだコースを終了して、アロマリーディングのコースのみを独立させてみました。
以前のコースだとアロマに興味はあるけど、ヒーリングに興味のない人にはちょっととっつきにくい感じがあったかな~と思いまして。。。

ヒーリングに興味のある方、ヒーリングの素晴らしさを良く解っていらっしゃる方には、アロマトリートメントのコースで対応させて頂く事にしました。

アロマリーディングのコースでは催眠誘導の技術を使い、みなさんの潜在意識に今、必要なエッセンシャルオイルを選んで頂きます。

催眠と聞いて、ちょっと驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、瞑想をしている状態と変わらない状態ですので、ご安心下さい。
リラックスしてもらい、ちょっとうるさい、普段使っているあなたの顕在意識を落ち着かせるだけ。。。ってな感じです。

催眠にかからなくても瞑想をする事によって、深くリラックスすればもう一人の自分、潜在意識にアクセスする事はできるのです。
だけど、普段瞑想をやりなれてないと、中々これが難しいので、誘導によって意識してリラックスした状態を作りだしていきます。

催眠中の脳波は軽い催眠でアルファー波、深い状態でシータ波になり、この状態は日常でも結構体験しています。
たとえば、何かに熱中していて、人に呼ばれても気がつかなかったり、何時間も時間がたっていたという経験をしたり、映画を見て、思いっきり入り込んでしまい、主人公と同じ様に涙を流したり・・・というような経験はありませんか?
この状態ではアルファー波状態になっています。
そして、眠りに落ちる時と覚める時、私たちはシータ波になります。
そうです、日常で経験しているんです。
別に怖い事ではありません。ちなみに覚醒している時の脳波はベータ波です。
催眠は意識して集中し、このアルファー波からシータ波の状態にもっていく技術です。べつにオカルトでも魔法でもありません。
アルファー波は緊張がほぐれ、リラックスした状態の脳波なので、ストレスにも良いのでとてもお勧めですよ。

皆さんの中にある素晴らしい意識、潜在意識を活用しましょう。












コメント