こころとからだ

アロママの日々感じた事、思った事。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

修善寺に行ってきました。

2008-09-12 | ひとりごと
先日のお休みに修善寺に行ってきました。
このブログのリンクにあるshinkoさんとの旅行です。

朝からとても天気が良く、観光日和です。

修善寺はとても風情があり、桂川も美しく、ただそこにいて風景を眺めているだけで癒される感じです。
泊まった旅館も大正時代の建物を改築して造られていて、大正ロマンという感じです。
廊下の板がとてもいい色をしていて、なんだかとても懐かしい感じがする旅館でした。

修善寺温泉周辺には伊豆で活動されている陶芸家のお皿や茶碗、湯のみなどたくさん売っていてギャラリーなどもありました。
でもやっぱりお値段はちょっと張ります。
なので、お手頃価格の竹や木で作ったお茶碗やお皿をいくつか購入。
着いた日は、ランチをしてお店をウロウロとしたり、近くを散策したり、もちろん修善寺に行ったりしてゆっくり過ごしました。

2日目はチェックアウトをすませた後、桂川沿いにあるかわいい茶屋にて川を眺めながらおいしいコーヒーを
飲み、桂川でぼけ~っとタイムです。

そして次に向かった場所は旭滝。
全長105メートルもある大きな滝で、私たちの他に観光客はいなくてとても静かで、たくさんの緑と水に囲まれて
大満足でした。
そこでも滝のすぐ近くに座り、ボケーっとタイムです。
瞑想をしようかと試みましたが、気持ち良すぎて寝てしまいます。。。


新宿からバスに乗り、2時間30分で修善寺温泉に着いてしまいます。
意外に近くてバスの旅も悪くないと思いました。
コメント

エゴの世界

2008-09-06 | ひとりごと
私はスピリチュアルな世界に興味を持つ前は「~するべき」「~あるべきはずだ」
という思いにかなり縛られて生きてました。
もちろんそんな事意識した事もなく生活してましたが。。。

だからとても良く色々な事や人に対してムカついてました。
「普通の神経の人ならこういう時はこうするんじゃないの?」
「私だって我慢してやってるのになんであなたはそうじゃないの?私が我慢しているんだから、あなたもするべきなんじゃない?」

こういう考え方は私のエゴからくるものです。
自我ともいえます。
まあ、いわゆる我の強い人間でした。

私の中にはたえず、世の中に対して「ずるい」という思いがありました。
だからその「ずるい」状況にならないように自分を絶えずコントロールしてきました。
そして他人をコントロールしようと一生懸命でした。
でもそんなことは無理なんですよね、人をコントロールしたいと思う事自体がエゴのかたまり的な行為で、エゴをエゴで封じ込ませるのは無理でした。
エゴにエゴを上乗せしていってるだけで、どんどん私は世の中に対して「ずるい」を連発する事となっていきました。

でもスピリチュアルな世界を知り、自分のいた世界が愛ではなく、エゴに支配されている世界だと解った時から、
だんだんとこのエゴからさよなら出来るようになってきました。

しかし、そこは自称「エゴの女王」。
多過ぎます。
どんどん出てきます。
その一つ一つをしっかりと見つめ、手放していく作業をもうず~っと繰り返している気がします。
手放したと思ってたエゴがまた帰ってきている事も多々あるので、「3歩進んで2歩下がる~」という状態です。

エゴとは、思い込みや信念です。

「仕事は早くできる人が偉い」言い換えれば「早くやらなければならない」です。
せっかちな私が良く思っていた事です。遅いけど、丁寧に仕事をする人もムカつく対象になってました。
でも今はこの思い込みは幼い頃に作ってしまった「のろまな子は嫌われる」という恐怖から生まれたものだという事が解ります。
母に愛されたい私は「のろまな子は嫌われる」と思っているので、なんでも早くやっていい子だと思われたかったのでしょう。
最近では、私が早くやるのが好きなだけで、早く終わると自分がすっきりするから早くやっているのだと思うようになりました。
自分がやりたいからやっていると思えるようになったのです。
今はもう「早くやらなければならない」とは思いません。

「自分の事は自分でやらなければならない」言い換えれば「人に頼ってはいけない」になります。
これも幼い頃から大人になってもよく母に言われていたセリフです。
母に自分の面倒は自分で見れるというところを見せて気に入られなければならないので、幼い頃は自分なりに頑張っていたように思います。
でもそこは親なので甘える事もしばしば。
結局は「他人に頼ってはいけない」になりました。
なので、私は今でも人にものを頼むのが苦手です。
そのかわり、他人にもやるべき事をちゃんとやる事を求めます。
「他人に頼ってはいけない」と言う事は、私にだけではなくもちろん周りの人にもあてはめて考えますから。
「私は自分のやるべき事をやっているのに、何故あなたは自分のやるべき事ができないの?」
「自分の事は自分でやれ、私に迷惑をかけるな」

私は他人をコントロールする事は出来ないという事を学びました。
学びましたが、この思い込みは中々克服できません。
大丈夫と思う事もあれば、この「自分の事は自分でやれ」というエゴの声が聞こえてきてイライラする事もしばしばです。
だけど、今の私は無意識からイライラしているのではなく、意識してイライラしています。
このような状況になって自分がイライラした時は「あ~、また私ったらエゴの言う事聞いてるのね~」と。
イライラする自分を許します。まだ私には自分に厳しく他人に甘えることを許さない自分がいるんだな~と優しく見つめます。

と、いうわけで最近の私はめちゃくちゃ自分に甘いです。
I♡自分です。
やりたいと思った事をやります。
やりたいと思っても不安があって動けない自分がある時は無理して動きません。
ただそんな自分を優しく見つめます。「怖いんだね、不安なんだね」って。
自分をコントロールするのではなく、流れに身を任せているという感じです。
何があっても「間違え」はなく、「良い」も「悪い」もない。
自分の選択の結果を受け入れて自分の選択に責任を持つ。
誰も責めない。自分も責めない。ただ選択するものを変えよう。
コメント