こころとからだ

アロママの日々感じた事、思った事。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無気力からの脱出~グラウディング~

2007-08-23 | こころとからだ
さて、前回の続きです。
無気力でふわふわ、そわそわな状態から私が脱出した方法。
それは...、瞑想です。
瞑想と聞くと、やっぱりアロママさん宗教に?!と思われる方もいるかと思いますが、違いますよ。
私も瞑想なんて信じていなかった人間でした。
瞑想なんかで何が変わるの?と、思ってました。
でも、これがやってみると気持ちがいいんです

瞑想とは、心をなにかに集中させること。仏教でいうと「内観」に相当します。
今回私がやった瞑想は『心を自分の心と体に集中させる』事です。
みなさんは、自分の心や体に気持ちを集中させた事がありますか?
あまりないという方が多いのではないでしょうか?
いつも当たり前のようにある体。
あって当然の体と『私』という感覚。
あまりにも当たり前すぎて、意識をすることなく日々の生活を送っていませんか?
たまには存分に味わってみて下さい。

では、私がやった瞑想をご紹介します。
座っても立っても寝転んでてもいいです。
深呼吸を何度かして、気持ちを落ち着けます。
そして、足の裏から木の根っこがニョキニョキ生えてくるのを想像します。
その根っこがドンドン伸びて、地面の中に入り、地球の中心までどんどん伸びていく事を想像します。
そうしたら、その地球の中心まで伸びた根っこからとても暖かくて愛情に満ちた地球のエネルギーが根っこを通して、自分の足まで流れてくるのを想像します。
足まできたらもっと上まで、腰を通って、お腹の中にまで流れこんでくるのを想像します。
お腹の中は、地球の暖かく、愛情で満ちたエネルギーで一杯になります。
このエネルギーが、全身を浄化している様子を想像して下さい。
お腹だけでなく、背中や腕、首や肩、顔や頭と全身にエネルギーが満ちていきます。
心と体の中の負のエネルギー、不要なものがどんどん足の裏の根っこから地球に還っていきます。
地球はどんなものでも受け止めて中和させ、蘇らせてくれます。
しっかりと地球のエネルギーとつながり、この感覚を存分に味わったら根っこを引き上げます。

と、いう感じです。
もっと簡単なのだと、自分が電球になったと想像して、コンセントを地球の中心まで伸ばし、しっかりと地球の中心にあるプラグに差し込み、ピカーッッッと自分が電球のように光り輝いているのを想像する、なんてのもあります。
というか、なんでもアリです。
たくさんの瞑想法があります。

以上はグラウディングと呼ばれています。
しっかりと地に足を付けるという事です。
ふわふわしちゃっている自分をしっかりと地に足がつくように、地球のエネルギーと繋げてあげるのです。

みなさんも地球のエネルギーを是非感じてみて下さいね。
コメント

無気力 ~ルートチャクラ~

2007-08-21 | こころとからだ
暑くてポーっとしてしまう今日はまたチャクラの話しでも...、というわけで、ルートチャクラです。
このチャクラは股の下にある赤い色をしたチャクラです。
生後数カ月の時に発達するといわれています。

肉体にエネルギーを供給するエネルギーセンターの役割を主に引き受け、他のチャクラすべてに影響を与えるこのチャクラは、食欲や睡眠、性欲、種の保存等といった、人間の基本的な本能を司っています。
家を建てると言う事で考えれば、土台の部分です。ここがしっかりしていないと安心して生活ができません。

このチャクラが正常に機能していないと、体がだるくなったり、無気力になったり、沸き上がる不安感や生きる価値に対する疑問など、とんでもなく、ブルーな気持ちにさせてくれちゃいます。


私はしょっちゅう、このチャクラがおかしくなります。
つい、この前もそわそわしちゃうばかりで、なんだかやる気がおきない...。なんて事になってました。
これを読んで、あら?アロママさんったらそんなやる気のない状態でトリートメントをしてたの?なんて思われたお客様、ご安心下さい。
なぜかアロママのトリートメント中は正気に還ります。
だけど、お客様のいない時間、事務仕事やら、資料の作成やらとやらなきゃいけない仕事があるのに、なんだかできないんです。そのかわり、ねむ~くなります。
頭がポーっとしちゃって、なんだかどうでも良くなり、やらなきゃなーと思いつつ、無気力状態になります。
そわそわしちゃって集中力もないので、本も読めません。

そこで『なんで、すぐ私ってば、ふわっふわになっちゃうのかしら?』
と今回は考えてみました。
そうしたら、私がこうなってしまう時のよくあるパターンを発見する事ができました。

忙しい日々が続く、でもやる気はあるのでガンガン行く。
やる気があるから、あれもしたい、これもしたいと思う。
でも忙しいから、今はできない。
でも、やることやんなきゃ、やりたい事を進める事ができない。
でも時間がない。
と、以上のような考えがまず頭の中をぐるぐると回ります。
その内に、あれもしたい、これもしたい→やらなければならない。
に変化していきます。
でも忙しくて時間がとれない。
そして、頭の中が「やらなければいけない」事でいっぱいになってくる。
そうなってくると、もう『今、ここに』在る自分ではなくなってきて、未来に『やらなければいけない』事ばかりに気がいく自分になる。
そして最終的には「やらなければならない」事をやれない事に不安を感じるようになるのです。
あれも、これも、こんなにやらなきゃならない事がある...。
どうしよう~、でもお休みも欲しいし、体のメンテナンスだってしたい。
あー、そんな事よりやることあんでしょっっ!わたし!
と、自分の中で休みたい私とやることやれっっっ!と訴えてくる私が戦いだすのです。

そうして、私は無気力になっていくのです。
まあ、現実逃避ですかね。
そして、いざ時間ができてやれますよ、って時にそわそわするばっかりで「やらなければならない」事ができないっていう、悲しい結末になります。

この状態に気がつかずに何週間も過ごしていると、以前にブログでも書いた様に経絡にもブロックが発生し、その内に痛みとなって自分に襲いかかってくるのかもしれません。

よくよく考えてみれば、今すぐに「やらなければならない」事なんてないんですよね。
特に私の場合は、1人で仕事をしているので誰かに命令をされるわけでもないし、やらなくても迷惑がかかるのは自分です。

「やらなければならない」事をしない結果の未来におこるかもしれない面倒な事を心配し、
「やらなければならない」事をやれない自分にがっかりしている。
暇が出来たらやればいいだけなのに、今すぐにやらないとイケないと思っているからでしょう。

自分で創った物語りにハマって動けないようなもんです。

だけど今回は私も少し成長してました。
すぐに、おかしいぞ、と気付き、この無気力状態から脱出できたのです。
なので、今回は3日程ですみました。
どう脱出したのかは次回に続きます。
コメント

妄想でダイエットは可能なの?

2007-08-17 | こころとからだ
以前にブログで『楽をしてダイエットは無理』と書きましたが、前回書いた妄想の事を考えた時にふっ、と思いました。
もしかして、「これもただの思い込みなの?!」
と...。
よく聞きませんか?
『私って水飲んでも太るのよ』とか
『何やっても痩せないの』とか
『体重落としても、下半身だけは痩せないのよね』とか
『このお腹だけは何をやっても落ちないの』とか...。

自分で自分に『ダイエットは楽じゃないよ、大変なんだよ』『私は何やったって無駄なんだよ』って言い聞かせているようなモノですよね...。

そして、ダイエットをしている人の話しを聞くと、毎日運動してますやら、食事は制限してますやらと
『とてもじゃないけど、私には無理だわ~。偉いわ~。』
なんて思ってしまい、『やっぱり痩せるって大変なのね』と結論付けてしまいます。
そして自分もダイエットに挑戦し、失敗したり、成功しても結局リバウンドを起こしたりして努力が無駄だった、なんて経験をして、さらに、『楽じゃない』に拍車がかかります。
まるで『ダイエットは楽じゃない』という経験をする為にダイエットをしているかのようなそんな不毛な自分との戦い...。

じゃあ、『ダイエットは簡単だ、とっても楽しい』と思い込んでいたらどうなるのでしょうか?
楽しく楽にダイエットはできてしまうのでしょうか?

ダイエットを成功されてキレイになられているお客様を見ていると、かなりダイエットを楽しんでいるように見えます。
ドンドン細くなっていく脚や腰。上がっていくお尻。締まっていくお腹。
自分の頑張りが実際に成果となって自分に還ってきます。洋服を着た時のラインが間違いなく違い、理想のボディラインに少しづつ近付いていっているのを実感します。
楽しくなって当然ですよね。
努力は必要だけど、ダイエットを楽しむ事は可能なのだと思います。
そして、楽しんで続けられる人がダイエットを成功させられる人なんだなーって。
『楽はないけど楽しいはある』
それか
『楽しいのなら、楽に感じるかもしれない』
『楽』と『楽しい』は同じ漢字だし...。

せめてこれくらいに考え方を柔軟にしてダイエットに挑めばまた違った結果が出てくるのかも。
そして、ある本に書かれてた事なんですが、『私って何食べても太らない』と言いながら食事をする人はホントに太らないと。
反対に『私って何を食べても太る』といいながら食事をしてる人は太っている人が多いと。
ネガティブな言葉を吐きながら、その行為をしていると、体はそのとおり、太らなければならない体になってしまうと。
だから逆に『食べれば食べるほど、痩せちゃうのよねー』といいながら食べると痩せる。そして痩せ過ぎて危険だから『食べても食べての○キロまでは痩せちゃうの』と理想体重をいいながら食べると良いと...。
きゃーーーっっっっ!!
ホントですか???

是非、試してみて下さいね!!



コメント

妄想力

2007-08-05 | こころ
今日は、私が永い事、悩みの種にしている『観念』について書いてみようかと思います。
この『観念』、辞書でひくと、物事について抱く考えや意識。となっていました。
こんな短い説明しかありませんが、この『観念』というやつはとても私の日常を不安定なものにしてきました。

『観念』は私が親からすりこまれたものや、成長する過程で経験してきたことなどからなっています。
私は自他ともに認めるネガティブ思考でした。
その時が幸せで、楽しい事が続くと「こんなに今幸せなんだから絶対不幸な事が起きる...。」と考え、
その時不幸なら「どんどん、悪いほうへいって、最後には不幸のドン底へ」とか
新しい環境へと変わる時は「みんなにとけ込めなかったらどうしよう」とか
とにかく、悪い方へ悪い方へと考えるのです。

最悪のシュミレーションをして、それでも対処できる、と自信があれば行動に移す。
最悪のシュミレーションは私の最も得意とするものでした。

友達もあきれ、「よくそんなに長く嫌な妄想物語りを語れるねー」と言ってました。
それくらい、完璧に不幸のシナリオをつくるのです。
要らない妄想ですよね
どうせなら幸せの妄想をすればいいのに、最悪の妄想ばかり。

そんなマイナス思考の私が唯一できた幸せな妄想は、アロママの事でした。
22才位の時から独立を夢みて、整体師となりアロマセラピーと出会ってからはアロマのサロンをやりたいと願い、自分でつくるサロンなのだからと勝手な妄想によく浸ってました
だからこそ、アロママは実現したのだと思います。
サロンで夜遅くまで働き、やりたくない営業もして、くたびれ、ストレスもたまり、嫌になる事もたくさんありましたが、「今の苦労が独立への足掛かりになる」と思い頑張れました。
また「苦労した事は絶対に報われる」とあまり良くない観念(だって苦労をしないと報われないと言っているのと同じなので、成功するには苦労をしなくちゃだめって言っているようなものですからね)を信じていたのもここではプラスになりました。

観念はとてもやっかいです。
自分の勝手な思い込みなのに、なかなかそこから抜け出す事ができません。
『何を信じているか』コレを変えれば全く違う感情が生まれ、行動が変わります。
私は『結婚して子供ができたらサロンなんて無理』と思ってました。
『サロンの成功と結婚と子育ての3つも幸せな事を抱えるなんて、贅沢だ。どこかに不幸のしわ寄せがくるはず。』と信じて疑ってませんでした。
だから、今現在、独身でサロンをやっています。もちろん、開業前の妄想にも優しい旦那やかわいい子供は出てきませんでした。
つくづく思います。妄想どおりだな~って。
妄想なんだからもっと大胆に自由に発想しておけば良かった...
このように、観念は妄想さえコントロールしてしまう恐ろしいものなんです。

サロンに来てくれるお客様の中には、結婚もして、子供もいて、やりがいのある仕事をして、(または、その仕事へつくための勉強をしている)なんて、とてもアグレッシブな方もいます。
また、最近、自宅の1室をサロンとして開業される方が増えました。かなりの確立で結婚されて、子供さんもいらっしゃいます。
みなさん、当然のように私が無理と思っていた幸せを手に入れてます。
なぜ、私は無理なんて思いこんでしまったのか?
今だに良くわかりません。
なぜ、いつからそんな事を考えるようになってしまったんだろう?
なんて、深く考える前にセラピーを受けて解決してしまったので、今の私にはこの観念が嘘のように消えています。
いま、私は自由です。この考えに関しては、ですが...。

このセラピーをきっかけにして、自分の思い込みへの興味が広がりました。
そしたら、出てくる、出てくる。
次から次へといらない、思い込み、観念が出てくるのです。
こんなにろくでもない観念ばかりがあるんじゃ、マイナス思考も仕方がないか...、と自分を慰めながら、日々、自分との話し合いをしています。

みなさんにもありませんか?
そんな自分だけの思い込みって。

○○でなければならない
○○になるに決まってる
○○がなきゃ、無理
私は○○だから、どうせ無理

あー、なんか書いてるだけで、暗くなってきました。

この日記を読まれている皆さんに感謝します。

読んでくれてありがとうございます

私は、とても幸せ者です

と、いうわけで、みなさんも今日から自由に楽しく妄想を楽しんで下さいね。
どこかで、「それは、ありえないっしょ」という思いが出てきても、妄想なんだから好きにすればいいのですからね


コメント

波動温泉

2007-08-02 | ひとりごと
31日と1日の2連休にまたまた温泉に行っちゃいました。
今回は自転車では行けません。厚木にある七沢温泉です。

私は厚木は初めての土地で、小田急線の本厚木の駅に着いた時は、あまりの都会っぷりにびっくりしちゃいました。こんなパルコやら駅ビルやらある都会にホントに波動の良い温泉があるの??
でも、車で10分位走るとすぐに田んぼや山が見えてきて、とてものどかな雰囲気になってきました。
そして着いた先は七沢荘
ペットと一緒に泊れるコテージがあったり、日帰り入浴もできる旅館です。
なんだか、田舎のお家に泊まりに着たような、ホッとできる旅館です。
なんでもこの敷地内に0磁場(N極S極の磁気が互いに打ち消し合って、
磁力がゼロに近い状態に保たれている場所)と呼ばれるスポットがあるらしく、この旅館のある敷地全体にとても良いエネルギーが流れているとの事なんです。
この場所に来て気のエネルギーを浴びると幸せになる、願い事がかなう、体調がよくなるなどといわれています。

そしてさっそく温泉へ。

湯は無色透明で、臭いもなく見ためでは全くクセは無ありません。
でも入ると肌がツルツルになるんです

それもそのはずで、ここの湯のphは9.8と強アルカリ性。
全国名湯百選・美肌の湯として全国でナンバー9に位置づけられています。

鈍い私でも何か感じとれるかしらと思い気持ちを集中して、温泉につかっていると、手を着いている底からジンジンと手にナニカが伝わってきます。
でも特別なナニカを感じなくても、リラックスしてなんだか心と体が緩むような和むようなそんな気がする温泉なんです。
とてもまろやかなヌルヌルっとした温泉にやさしく体を包まれて癒されている。。。。

そんな癒しの温泉の後は、この旅館の館長さんが創設した『縄文気功』という不思議な療法を受けました。
この療法は手やかかとで叩いたりします。
その振動で心と体のコリをほぐしていくのだそうです。
調子の良い場所は、その振動がとても心地良く、調子が悪く、筋肉の張っている場所はとても痛いです
終わったあとはなんだか背中がとてもすっきりしました

そして、今日の私はとても元気です。
新宿から1時間位のところにこんなにいい温泉があったなんて全く知りませんでした。
教えてくれたS子さんとその彼の縄文気功をしてくれたMさんに感謝です
また絶対に行きたいと思います!!
コメント