こころとからだ

アロママの日々感じた事、思った事。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私たちは選んだものから出来ている

2008-06-11 | こころ
最近の気になる言葉、それは、
「わたしたちは、私達が選んだものから出来ている」
どこかで聞いたことあるな~と思った方、そうです。
車のCMでの冒頭の言葉です。

スピリチュアルな事を学んでいくと、自分や自分の周りで巻き起こる出来事、すべては自分の選択による結果であるという事が良く解ってきます。

今生で幼い頃に嫌な目にあったために、その傷を隠すために本当の自分を忘れ、自分の思い通りに生きられなくなってしまった人がたくさんいます。
小さい頃受けた傷はだいたいが両親からです。
「だったら自分の選択は関係ないじゃない、親のせいでしょ?」
と思いたくなるところですが、この両親も過去世からの課題を今生で克服するために、
自分自身が選んで生まれてくるのだそうです。そして、その状況を引き寄せているのだと。

何か周りで出来事があった場合、その反応の仕方は人それぞれ違います。
ある人には、別にどうって事のない出来事。
ある人にとっては、思いっきり考え込んでしまう出来事。
また別のある人にとっては、怒りや苛立ちを覚えるような出来事かもしれません。

同じ出来事が起こっても、その人がどういう思い込みを持っているかによって違います。
例えば、会社内の掃除の話だとします。
この会社では、特に掃除当番など決まってません。
各自に任せられています。
そして暗黙の了解で新人が掃除をするという事になっていたとします。

気の利くAさんは、気になる場所などあると暇な時間を見つけ、掃除をしています。
持ってる思い込みは「綺麗な空間は気持ちがいい」とかで自分がやりたいと思ったからしています。
全く気にしないタイプのBさんは、汚れていても散らかっていても全く気付かないので、掃除はやりません。
持ってる思い込みは「会社なんてこんなもんだ」で散らかっているとは思わないので掃除をしません。
気づいてはいるが、「掃除は新人の役目なのだから、私がやる必要はない」と思って気になるけどやらなかったり、「新人がやれ」と思いながら時々掃除をしているCさん。
持ってる思い込みは「掃除は新人がやるべきだ。」です。自分のやるべき事ではないと思うので、掃除をしても何か気持ちがスッキリとしません。

上の例えで考えるとストレスが貯まるのは当然Cさんです。
「新人のMさんはなんでこんなに汚れているのに、掃除をしないの?」
「掃除もあなたの仕事よ、あなたがやるべきではないの?」などなど考えそのうち、Mさんに対して怒りを覚える様になるかもしれません。

Cさんが選んだ「掃除は新人がやるべきだから、私はやらない」という思いと行動の結果は、苛立ちや怒りでした。
この「新人がやるべきだ」の中には色々な思いが込められています。
「新人の仕事を私がやったら新人になめられる」
「新人の仕事を私がやったら、新人を甘やかすことになる」
「新人の仕事を私がやったら、暇な人(仕事のできない人)だと思われる」
そんな事は誰も考えてないかもしれませんが、本人がそう思っていればCさんの世界ではそうなのです。

もしかしたらCさんは幼い頃に自分より下の子に優しくしたために、何か嫌な目にあった事があるかもしれません。
また、過去世で人の為にした事で自分が命を落とすような結果になった事がある為に「人のために何かをすると自分が損をする」
という思い込みを持っているのかもしれません。
そして、この思い込みを克服するために、幼い頃の嫌な出来事を引き寄せ、Mさんを引き寄せ、状況を引き寄せたのかもしれないのです。

自分にある思い込みから起こした行動の結果を引き受けるのは自分です。
誰のせいでもありません。
気の利かない新人のMさんがいけないのかもしれませんが、同じ環境で仕事をしているAさんやBさんは別に、お掃除の件ではストレスになってはいないのです。

でも「自分が悪いからいけないんだ」なんて思わないで下さいね。
この状況から学べる事を学んで、克服するために今の状況があるのですから。
自分を責めるのではなくて、自分と向き合い、なぜこんなふうに思う事になったのかをきちんと見極めて、そんな自分を許す事から癒しは始まっていきます。
そうして、自分が癒されると自然に周りも変わっていきます。
自分を許せれば、他人もまた許す事ができるようになります。

私達が自分で選んだもの(思い)が自分を苦しめているのなら、選ぶものを変えればいいんです。
無意識の内に選んでいたのなら、その無意識のパターンに気がつきましょう。
そして意識的に選んでいくうちに、きっとその思いはあなたにとって本物になります。
コメント

私達のエネルギー

2008-01-13 | こころ
スピリチュアルな世界では『気』は『エネルギー、プラーナ』と同義語としてよく使われています。そして、体を包むエネルギー体をオーラと呼んだりします。東洋的に言うと、経絡を流れる『気の流れ』という感じですね。


日本語で使っている『気』のつく言葉はたくさんあります。
『気の迷い』『気を良くする』『気のせい』『気を引く』『気をのまれる』『気が合う』etc...
この他にもたくさんの言葉があります。
この言葉を見ていると『気』=『気持ち』です。
この『気』の部分に『エネルギー』という言葉を置き換えてみて下さい。
別に変ではありませんよね?
言いたい事の意味は解ります。
ということは、『気』=『気持ち』=『エネルギー』ということになるのではないかと思うのです。
スピリチュアルな事を学んでいると、「いかに、想像することが大切か」ということが書かれているのを目にします。
想像する事、『自分がやりたい、こうなりたい』という「気持ち」を思い描く行為です。
私達は想像できない事は現実には出来ないそうです。
その証拠に今ある世界は過去に、『こんな便利なものがあったらいいな~』という夢のような想像から作られたもので溢れかえっています。
私達の気持ちがエネルギーとなり、想像から創造力へと変わっていきます。
みなさんの『気、気持ち、エネルギー』はどうですか?

去年は
『「気」がのらない』事ばかりをやっていた人も
『「気」を落とす』事があった人も
今年は
『「気」をひきしめ』て
『「気」を楽に』して
楽しい事をたくさん想像して、素敵な未来を創造していきましょうね。










コメント

陰陽五行説とアロマセラピー

2007-12-02 | こころ
私は現在、精油と五行との関係に夢中です、
アロマセラピーに携わってはや10年。ちょっと飽きてきた...、いえ、嘘です。
違う視点から改めて精油を見る事ができるので新鮮なのです。

各々の精油は五行(5つのエレメント)に分類され、そのエレメントの働きを助けます。
5つのエレメントは『水』『木』『火』『土』『金』で、自然界の5つの要素(5元素)からなります。
陰陽五行説は森羅万象をこの5つの要素で説明する、シンプルにして壮大な宇宙観で、古くから占いや疾病の診断と治療法に摘要されていました。

またこの五行はそれぞれの臓腑(経絡)とも結びついていて、その働きとの関係性もみていくのです。

例えば、ゼラニウム。
ゼラニウムは『水』のエレメントに属します。
『水』に関係する経絡は「腎」で、「陰」の性質を持っています。
ですから、『水』のバランスの崩れた人にはとてもお勧めな精油になります。

『水』のバランスが崩れると、無気力、虚脱感、自信喪失、不安感などの感情が沸き上がります。
『水』の根源的な感情は『恐れ』です。
ですから、バランスを崩すとなにかしらの『恐れ』が元になって、行動を起こしやすくなります。
環境が自らに及ぼす力への恐れや、自分の力不足による失敗への恐れ。
『恐れ』が不安を生み、不安に打ちひしがれると面倒を避けて閉じこもりたく(無気力)なる。
という感じでどんどん、『水』のバランスが崩れていくのです。そうすると、他の4つのエレメントも当然影響を受けて、バランスを崩していきます。
『水』が崩れれば、その相生関係にある『木』のバランスまで影響を受けるかもしれません。
『木』は新しい出発や成長を意味しています。
その『木』が『水』をしっかりと吸い上げ、『水』に秘めていた生命力を呼び起こし、方向性を与えるのです。
ですから、『水』のバランスがとれていないと、『木』はその特質をうまく活かしきれない事になります。
また、『腎経』は生命力の貯蔵庫とも言われ、精神的な強さともかかわりがあります。

「どんな犠牲を払っても成功を収めなければならない」という不安感に突き動かされ、ついには気も陰も使い果たし、神経の消耗をきたしてしまう...。
消耗したと感じても、かまわず駆り立てられるタイプの人、感情に時間を向ける余裕のない、過度に達成を追い求めるタイプの人には陰気を補うゼラニウムが役立ちます。

そして、私の大好きな精油はフランキンセンスです。
この精油は『土』のエレメントに属します。
『土』は概念や情報の吸収と分析に携わっています。ですから『土』のバランスが崩れると、集中力にかけ、考えがまとまらなくなります。そして、考え過ぎて混乱し、泥沼にはまって身動きできない状態となる場合があるのです。
考え過ぎて心のおしゃべりが多く、混乱しやすいせっかちな私には『土』のバランスを整えてくれる、心をしずめ、集中させる働きのあるフランキンセンスがピッタリとくるのでしょう。

という感じなのですが、かなり奥が深いです。
私もまだまだ頭にしっかり入りきれていませんが、こんな観点から精油のアドバイスもできたら、また違ったオイルの選び方ができるのではないかと思ってます。

お勉強、頑張りまーす。







コメント

陰陽説

2007-09-28 | こころ
みなさん、陰陽説ってご存じでしょうか?
これは、世の中に存在するすべてが、それだけ独立してあるのではなく、陰と陽という対立した形で世界ができあがっていると考える原理で、陰と陽はおたがいに影響しあい、陽が極まれば陰が萌(きざ)してくるというようにして新たな発展を生むという考え方です。
例えば、男(陽)女(陰)、天(陽)地(陰)など、また善悪、昼夜、右左まで、すべてのものが陰陽に例えられます。

また森羅万象の状態を表す概念として、占いなどにも用いられています。

光り(陽)の中に一点の闇(陰)があり、逆に闇(陰)の中に一点の光り(陽)がある...。
いいことだらけに見える中にも必ず、闇があり、どんなに大変で辛い事の中にも必ず、光りがる...。
そして、また新しいナニカが始まる...。
なんか素敵です。
この事を考えるとなんか勇気が出てきます。

光りがなければ闇は存在できません。
逆に闇があるからこそ光りの存在に気付く事ができる。

闇だらけで光りなんて見えないって思っていたら、ちゃんとほのかに光る「光り」があって、今度はその光りに向かって新しく動きだしていったら、ゆくゆくは光りだらけになり闇はほんの少しになっていた。
なんて経験をされた事がある人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

アロママのお客様の中にも、大変な思いをされて永く苦しんで辛い思いをされたというのに、
とても明るく『でも、自分の事を見直すいいきっかけになりました。』
とおっしゃっていた素敵なお客様がいらっしゃいます。
闇の中に美しい光をちゃんと見つけていらっしゃいました。
これからきっと、その方は光りに向かって行かれるんだな~と思いました。
新しい自分になって、また新しい始まりを迎えられるのですね。

終わりはない。
死すら終わりではない。
また新しいナニカが始まるだけ。

光りしか見たくないって思っても闇は必ずあります。
その闇を『まあ、いいか』で放って置いて、気がついたらかなりの大きさになっている事の多い私の人生。
変化が恐く、臆病になっている私に勇気をくれる陰陽説です。





コメント

妄想力

2007-08-05 | こころ
今日は、私が永い事、悩みの種にしている『観念』について書いてみようかと思います。
この『観念』、辞書でひくと、物事について抱く考えや意識。となっていました。
こんな短い説明しかありませんが、この『観念』というやつはとても私の日常を不安定なものにしてきました。

『観念』は私が親からすりこまれたものや、成長する過程で経験してきたことなどからなっています。
私は自他ともに認めるネガティブ思考でした。
その時が幸せで、楽しい事が続くと「こんなに今幸せなんだから絶対不幸な事が起きる...。」と考え、
その時不幸なら「どんどん、悪いほうへいって、最後には不幸のドン底へ」とか
新しい環境へと変わる時は「みんなにとけ込めなかったらどうしよう」とか
とにかく、悪い方へ悪い方へと考えるのです。

最悪のシュミレーションをして、それでも対処できる、と自信があれば行動に移す。
最悪のシュミレーションは私の最も得意とするものでした。

友達もあきれ、「よくそんなに長く嫌な妄想物語りを語れるねー」と言ってました。
それくらい、完璧に不幸のシナリオをつくるのです。
要らない妄想ですよね
どうせなら幸せの妄想をすればいいのに、最悪の妄想ばかり。

そんなマイナス思考の私が唯一できた幸せな妄想は、アロママの事でした。
22才位の時から独立を夢みて、整体師となりアロマセラピーと出会ってからはアロマのサロンをやりたいと願い、自分でつくるサロンなのだからと勝手な妄想によく浸ってました
だからこそ、アロママは実現したのだと思います。
サロンで夜遅くまで働き、やりたくない営業もして、くたびれ、ストレスもたまり、嫌になる事もたくさんありましたが、「今の苦労が独立への足掛かりになる」と思い頑張れました。
また「苦労した事は絶対に報われる」とあまり良くない観念(だって苦労をしないと報われないと言っているのと同じなので、成功するには苦労をしなくちゃだめって言っているようなものですからね)を信じていたのもここではプラスになりました。

観念はとてもやっかいです。
自分の勝手な思い込みなのに、なかなかそこから抜け出す事ができません。
『何を信じているか』コレを変えれば全く違う感情が生まれ、行動が変わります。
私は『結婚して子供ができたらサロンなんて無理』と思ってました。
『サロンの成功と結婚と子育ての3つも幸せな事を抱えるなんて、贅沢だ。どこかに不幸のしわ寄せがくるはず。』と信じて疑ってませんでした。
だから、今現在、独身でサロンをやっています。もちろん、開業前の妄想にも優しい旦那やかわいい子供は出てきませんでした。
つくづく思います。妄想どおりだな~って。
妄想なんだからもっと大胆に自由に発想しておけば良かった...
このように、観念は妄想さえコントロールしてしまう恐ろしいものなんです。

サロンに来てくれるお客様の中には、結婚もして、子供もいて、やりがいのある仕事をして、(または、その仕事へつくための勉強をしている)なんて、とてもアグレッシブな方もいます。
また、最近、自宅の1室をサロンとして開業される方が増えました。かなりの確立で結婚されて、子供さんもいらっしゃいます。
みなさん、当然のように私が無理と思っていた幸せを手に入れてます。
なぜ、私は無理なんて思いこんでしまったのか?
今だに良くわかりません。
なぜ、いつからそんな事を考えるようになってしまったんだろう?
なんて、深く考える前にセラピーを受けて解決してしまったので、今の私にはこの観念が嘘のように消えています。
いま、私は自由です。この考えに関しては、ですが...。

このセラピーをきっかけにして、自分の思い込みへの興味が広がりました。
そしたら、出てくる、出てくる。
次から次へといらない、思い込み、観念が出てくるのです。
こんなにろくでもない観念ばかりがあるんじゃ、マイナス思考も仕方がないか...、と自分を慰めながら、日々、自分との話し合いをしています。

みなさんにもありませんか?
そんな自分だけの思い込みって。

○○でなければならない
○○になるに決まってる
○○がなきゃ、無理
私は○○だから、どうせ無理

あー、なんか書いてるだけで、暗くなってきました。

この日記を読まれている皆さんに感謝します。

読んでくれてありがとうございます

私は、とても幸せ者です

と、いうわけで、みなさんも今日から自由に楽しく妄想を楽しんで下さいね。
どこかで、「それは、ありえないっしょ」という思いが出てきても、妄想なんだから好きにすればいいのですからね


コメント